2017/03/14

人生に意味を与えるUFO

エイリアンアブダクションは、宗教的体験のようなもので、人生に意味を与えるものだという心理学の示唆がある。

エイリアンアブダクティたちの心理研究と(それの一般向け解説書)で知られるDr. Susan A. Clancyは、その本の出版の際して、エイリアンアブダクションは宗教的体験と同様なものではないかとコメントしている。
Yet abduction narratives often have another, less explicit, dimension that Dr. Clancy suspects may be central to their power. Consider this comment, from a study participant whom Dr. Clancy calls Jan, a middle-age divorcée engaged in a quest for personal understanding: "You know, they do walk among us on earth. They have to transform first into a physical body, which is very painful for them. But they do it out of love. They are here to tell us that we're all interconnected in some way. Everything is."

At a basic level, Dr. Clancy concludes, alien abduction stories give people meaning, a way to comprehend the many odd and dispiriting things that buffet any life, as well as a deep sense that they are not alone in the universe. In this sense, abduction memories are like transcendent religious visions, scary and yet somehow comforting and, at some personal psychological level, true.

Dr. Clancy said she regretted not having asked the abductees she interviewed about religious beliefs, which were not a part of her original research. The reader may regret that, too. The warmth, awe and emotion of abduction stories and of those who tell them betray strong spiritual currents that will be familiar to millions of people whose internal lives are animated by religious imagery.

エイリアンアブダクション事件には、別の、あまり明白ではない面があり、Dr. Clancyはそれらの力のが中心となる可能性があると考えている。Dr. ClancyがJanと呼ぶ、個人的理解を求めている中年の離婚者である、研究の被験者の証言を考えてみよう。「知っての通り、彼らは地球上を我々とともに歩いている。そのために彼らはまず、物理的肉体に変容する必要があるが、それは彼らの取っては非常に苦痛である。しかし、彼らはそれを愛のために行っている。、何らかの形で我々はつながっていると、伝えるために、彼らはここにいる。」

Dr. Clancyは基本的なレベルで、「エイリアンアブダクション事件は人々に『人生を打ちのめす、多くの奇妙で忌まわしいものの意味、あるいはそれらを理解する方法』を与えるものであり、『彼らが宇宙で一人ではないという深い感覚』を与えるものである」と結論している。

Dr. Clancyは、もともとの研究には含まれていなかった、インタビューしたアブダクティたちに、宗教的信念についても質問しておくべきだったと考えている。本の読者たちもそうだろう。エイリアンアブダクション事件とそれを語った人々の、温かさや畏敬の念や感情は、強い霊的な流れを示すものである。そのような流れは、宗教的なイメージによって内面的生活を高めている何百万人もの人々によく知られているものである。

[Benedict Carey: "Explaining Those Vivid Memories of Martian Kidnappers" (2005/08/09) on NY Times]


心理学者Dr. Stephen A. Diamondは、人生に意味を与えるものとして、人々はUFOを必要とすると論じる。
Myth is how we attribute meaning to our existence and experience--no myth, no meaning. Myth is a way of looking at the world, the cosmos, ourselves and our place in and relationship to reality. UFO's, in this sense, are very much part of our collective mythology, both past and present. ... As with all natural or metaphysical phenomena, once science dissects, analyzes and mechanistically explains such mysteries, their numinous, spiritual, potentially healing power is deadened or lost. Like religion, faith in the reality of UFO's provides something to believe in for many in need of more meaningful lives. Today, in a time of cultural chaos and economic crisis, when many are prone to lose or question their faith, sense of purpose, and capacity to find life meaningful and worth living, we may need UFO's--whatever their origin, nature, enigmatic mission or psychological meaning may be--more than they need us.

神話は、我々の存在と経験に意味を与えるものである。神話がなければ意味もない。神話は、現実及び現実との関連における、世界や宇宙や我々自身や我々の場所を見る、一つの方法である。この意味で、UFOはまさしく過去と現在の両方の集団的神話である。...すべての自然現象と形而上学的現象とともに、科学がそのようなミステリーを解体・分析・機械論的に説明してしまうと、それらのミステリーが持つ、数えきれない精神的あるいは潜在的な治癒力が失われる。宗教と同様、UFOが存在するという信仰は、意味のある人生を必要とする多くの人々に対して、信じるべきものを提供する。文化的カオスと経済危機の時代においては、多くの人々が信仰や、目的感や、意味や価値ある人生を見出す力を失ったり疑問に思ったりする。そのとき、その起源や性質や謎のミッションや心理学的意味合いが何であれ、UFOが我々を必要とする以上に、我々がUFOを必要とする。

[Stephen A. Diamond Ph.D.: "UFO's, Close Encounters, and the Cry for Meaning" (2010/10/17) on PsychologyToday]



posted by Kumicit at 2017/03/14 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UFO統計

UFO_awesomeというUFO目撃のopen dataがある。
年別に推移を見てみると、1995年以降急増。これはネットでの情報収集が容易になったことによるかも。
UFOannul.png

UFO映画は1950年あたりから年数本製作されており、直近に増えているわけではない。
UFOmovies.png

UFO目撃は6〜8月に多く、曜日では土日。暇な週末、夜の外出がしやすい季節に多い様だ。
DayOfWeekUFO.png
MonthUFO.png

UFO目撃件数と月齢にはあまり関係が見られない。満月と新月で少し差異はあるが、ささやか。
MoonUFO.png

UFOの形状には少し流行があるようで、1950年ころは人気のあった円盤(Disk)が人気を落とし、光(Light)の人気が高まっている。
FormDecades.png

UFO目撃情報の大半は米国。収集言語が英語であることも影響していると思われるが、やはりUFO流行の地であることが大きい。
posted by Kumicit at 2017/03/14 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017/01/30

2011年9月20日

2011年9月11日のテロから9日後、George W, Bush大統領(当時)は、演説の中で、米国 内及び友好国のイスラム教徒は米国の敵ではないと述べた。
I also want to speak tonight directly to Muslims throughout the world. We respect your faith. It's practiced freely by many millions of Americans and by millions more in countries that America counts as friends. Its teachings are good and peaceful, and those who commit evil in the name of Allah blaspheme the name of Allah. The terrorists are traitors to their own faith, trying, in effect, to hijack Islam itself. The enemy of America is not our many Muslim friends. It is not our many Arab friends. Our enemy is a radical network of terrorists and every government that supports them.

私は今夜、世界のイスラム教徒たちに直接話しかけたい。我々は皆さんの信仰に敬意を持っている。幾百万の米国人が自由に信仰しており、米国の友好国の幾億の人々が信仰している。 その教えは良きものであり、平和的であり、アッラーの名によって悪を犯す者は、アッラーの御名を冒涜している。テロリストたちは、イスラムを実質的に乗っ取ろうとする、自らの信仰の裏切り者である。米国の敵は、我々の多くのイスラム教徒の友人たちではない。敵は我々の多くのアラブの友人たちではない。我々の敵は、テロリストのラジカルネットワークであり、それを支持する諸国政府である。

[George W. Bush Addresses Muslims in the Aftermath of the 9/11 Attacks (2001/09/20) via ian bremmer]
「 アッラーの名によって悪を犯す者は、アッラーの御名を冒涜している」と述べたところで、拍手が起こる。

今や、このような保守エスタブリッシュメントの主張は、共和党支持者の怒りを買うようになってきている。その数が、共和党支持者の過半数に達しているなら、共和党の連邦上下院議員たちは、Bushではなく、Trumpのように振る舞わなければ、予備選を勝ち抜けなくなる。

そして、今のところ、共和・民主・中立あわせたTrumpの仕事支持率はこんなところなので、共和党議員がBushのように振る舞うのは、次の選挙を考えれば得策ではないだろう。
Galluptrump.JPG
[Gallup Daily: Trump Job Approva]
posted by Kumicit at 2017/01/30 05:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016/08/06

180年くらい歴史がありそうな都市伝説「ブアメードの血」

昨日の続き...

出版年代が1835年と表示されるフランス語文献を見つけた。
Imagination1835a.PNG
Imagination1835b.PNG
Imagination1835c.PNG

IMAGINATION. Faculté de se retracer vivement les choses absentes et d'en produire de nouvelles par association, par combinaison et par production. L'analyse psychologique de l'imagination, le rôle éminent qu'elle joue dans les sciences, les lettres, les arts, l'induslrie et les circonstances les plus ordinaires de la vie, ne nous occuperont pas dans cet article, nous devons circonscrire notre sujet dans le point de vue médical; c'est- à-dire l'influence de l'imagination sur l'organisme, et d'autre part l'influence de l'organisation et des agents physiques qui la modifient, sur l'imagination elle-même.

想像力: 足りないものを素早く見つけて、新しいものを連想や組み合わせや作成によって作り出すこと。我々の生活の最も普通の部分である科学や人文学や芸術や産業などで重要な役割を果たす想像力の心理学分析は、ここでは取り上げない。ここでは医学的見地のみを取り扱う。すなわち、想像力の身体への影響と、器官や身体変化を生じさせるものの創造力への影響と、想像力自体についてである。

On annonce à un criminel condamnê à mort que sa derniêre heure est venue, mais qu'on adoucira le supplice de l'arrêt irrêvocable en lui ouvrant une veine aux quatre membres. On lui bande les yeux, on pratique quatre piqûres sur lesquelles on fait doucement jaillir un filet d'eau, et le malheureux, que tout, autour de lui, confirme artificieusement dans une illusion funeste, ne doute pas qu'il ne perde tout son sang. L'effroi de la mort qui a glacê son àme, enchaine bientôt les mouvements du corps, la respiration se ralentit, le coeur cesse de battre, on appelle au bout de quelques minutes, et le cadavre ne rêpond pas.

死刑宣告を受けた犯罪者は、死刑執行の時が来たが、四肢の血管を開くことで刑執行の苦痛を緩和すると告げられた。目隠しされ、四肢を刺され、そこに緩やかに水が流れ、彼の周りはすべてが、疑いようもなく血液が流れ出るという、死に至る幻想を彼に信じ込ませた。

Un malade touche à sa fin, le dêsespoir s'est joint à la maladie pour conspirer sa perte. Un mêdecin cêlêbrem un remêde superstitieux raniment l'espêrance, et le malade ressaisit l'existence prês de s'envoler. Qui est-ce qui a opêrê ces prodiges? C'est l'magination. Elle est done bien puissante cette facultê, qui peut tuer et rappeler à la vie!

患者は最期のときに、病気に絶望が重なって死に至る。迷信な治療で希望を呼び覚まし、患者が死の瀬戸際から回復するのを、医師は祝う。これらの驚異に働いたのは何者か?それは想像力である。想像力は力強く働き、人の生命を奪い、回復させる。

["Dictionnaire de medecine usuelle et domestique, ou sont exposés avec clarté et dans un langage dépouillé de termes scientifiques, Volume 2" (1835), p109]
これまでの文献と同じく、場所や時期の記載はない。「死刑囚・目隠し・血液だと思い込ませるための水」など基本設定は他の文献と同様。傷は四肢(quatre membres)とされる。

なお、「ブアメード」の旅路は以下の通り:

出典人名場所年代針の場所固定場所流出したと信じた量
Dictionnaire de medecine (1835)---四肢--
Laws of Health (1878)-フランス-台(table)-
The Cincinnati Lancet and Clinic (1880)-----
Daniel Hack Tuke (1884)-----
Lancet (1886)---台(table)- (6分後)
Items of Interest (1886)---台(table)- (6分後)
Chambers's Journal (1887)------
Chambers's Journal, Volume 64 By William Chambers, Robert Chambers (1887)-フランス(の医師)数年前(ナポレオン3世の許可)台(table)- (6分後)
Columbus Medical Journal (1889)------
Rochas 1887-英国前世紀7-8パイント
Flammarion (1900)[F]-コペンハーゲン1750台(table)7-8リットル
Flammarion (1900)[E]-英国前世紀台(table)7-8クォート
フラマリオン 著 ; 大沼十太郎 訳(1924)-英國先世紀テーブル六、七升
Toledo News Bee (1922)-英国の医科大学-心臓近くの皮膚手術台-
St. Petersburg Times (1926)-フランス(の医師)数年前動脈台(table)- (5分)
Arthur Brisbane (1930)---裸足の裏全体椅子-
谷口雅春 (1932)--或る時頸部椅子全身の血液の三分の二
PHILADELPHIA NEUROLOGICAL SOCIETY (1935)-インド(の医学誌)-四肢の先端台(table)-
谷口雅春 (1962)--あるとき頸椎椅子全身の血液の三分の二
広告屋のネタ帳 (1998)-アメリカ----
笠巻勝利 (1999)ブアメードオランダ1883足の親指ベッド全身の1/3
長谷川淳史(2000)ブアメードヨーロッパのある国第2次大戦前足の全指ベッド全身の10%


posted by Kumicit at 2016/08/06 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016/08/05

143年の歴史を誇る都市伝説「ブアメードの血」Update 2016/08/05

2009/07/11から、ときどき追いかけてきた「(1999年に笠巻勝利氏が命名した)ブアメードの血」だが、前回(2016/03/29)から少し進展があった。(Googleの雑誌スキャンが進んで、オンライン情報が増えているようだ。)

  • 英国のLancetが"Can Imagination Kill"という記事を掲載したのが1886年。それよりも13年前に、同様の記述を掲載した医学誌が米国にあった。
  • 英国のLancetの記事では、傷つける箇所は「首」だったが、米国では1884年まで「腕」とする記載が複数見られた。
  • いつ実験が行われたか記載はなく、場所もフランスだったり、ドイツだったり


で、まずは、1873年、米国ミシガン州Battle Creekの"The health Reform Institute"が発行している"The Health Reform"に、「多くの読者にとって新たに知ることではない」事例として、死刑囚を使った実験例に触れた記事が掲載された。
GoodHealth1873s.PNG

GoodHealth1873a.PNG

GoodHealth1873b.PNG

「実際に死の瞬間まで、まったく疾患ではないのに、想像力によって人が死ぬことがある」と私は言った。ここでは、多くの読者にとって新たに知ることではないが、そのような症例をここで指摘しよう。一人の男が、フランスで犯罪により、死刑を宣告された。数人の医師たちが、その男をただちにギロチンにかけるのではなく、実験に使うことを許可された。実験計画では、男の想像力を刺激し、心の働きによって、実際に死亡するのか、見極めることになっていた。医師たちは男に、出血死することになると信じ込ませたが、実際には、その男は一滴の血も流れることはなかった。医師たちは、「自分が出血するという想像が神経系に強く働きかけ、男は死亡する」と主張した。その男の例では、それが実証された。

男に見えるように、血液を受けるためのボウルが置かれた。一人の医師の手にある鋭いメスがきらりと光った。傷をつけるために、男の腕がむき出しにされた。そして、男は目隠しをされ、テーブル(台)の上に寝かされた。医師たちは話し合い、大動脈を探し、男がすぐに出血死する、適したところを指した。医師たちは、出血しない程度に、男の腕を刺した。医師たちは、血が流れ出ているかのように会話した。欺瞞を完全なものにするため、暖かい水を男の腕に流して、ボウルへと流し落とした。医師たちは出血量を話した。医師たちは男の脈をとり、そのゆらぎを話した。経過時間を少し長めに話した。男は実際に意識が遠くなり、出血死の症状を呈して、実際には一滴も出血することなく、死亡した。医師たちが男の想像力に働きかけた欺瞞だが、男にとっては実際に出血死すると思っていたことにより、男は死亡した。

[Good Health 1873, p233]
具体的な記述だが、いつ、起きたのかは書かれていないが、フランスで起きたことになっていた。。また、出血したと思い込ませるために傷つける箇所は腕だった。

1879年、米国ペンシルバニア州Wernersvilleの医学誌に、同じく「腕」を傷つけるストーリーが掲載された。ただし、場所はフランスではないようだ。
LawsOfHealth1879s.PNG
LawsOfHealth1879m.PNG

LawsOfHealth1879a.PNG

LawsOfHealth1879b.PNG

私は別の例にも触れずにはなるまい。多くの医師たちが、ドイツ王子に、死刑を宣告された犯罪者を使って、心がどの程度、身体に影響を及ぼすのかの実験を求めていたという。ある人物が、首を刎ねるかわりに出血死させられると信じ込ませされた。指定時刻に医師たちは、彼の独房に出かけた。彼は簡易ベッドに寝かされ、目隠しをされた。そして、医師たちは血液を受ける容器を用意した。医師たちは彼の腕を傷つけ、暖かい水が腕を流れるようにし、床に落ちるようにした。目隠しされた人物は、出血死すると信じ込んでおり、医師たちはそのように印象付けるべく、脈拍を計測し、流れ出た血の量を計測し、弱っていく状態を調べた。彼が聞こえることは、彼が死にかけていると彼の心に思い込ませるものだた。そして彼は死亡した。まさしく想像力によって死亡した。彼は一滴の血も失っていなかった。これは凄いことだろう? 出血死するところ、あるいは事故か何かで死亡しかかっていると考えたとき、どんな気分になるか考えたことがあるだろうか?

[Laws of Health, 1878, p96]


続いて、1880年に、米国オハイオ州シンシナティの医学誌"The Cincinnati Lancet and Clinic"に、次のような記事が掲載された。これも出血したと思い込ませるために傷つける箇所は腕だった。
CincinnatiLancet1880s.PNG

CincinnatiLancet1880a.PNG

CincinnatiLancet1880b.PNG
CincinnatiLancet1880c.PNG

Attention with imagination is a fruitful source of physical disorder. The schoolmen had an axiom: A strong imagination begets the events. The suggestion of a disease has been known to cause that disease, more especially if the disorder be a neurosis. Even death has ensued from a vivid imagination. A criminal is blindfolded, it having previously been represented that he was to be bled to death: a scratch is made upon his arm and trickling water represents to his ears the flowing blood, and he dies. Another dies upon the scaffold, just awaiting the descent of the fatal ax; a reprieve comes, but the man is already dead.

想像力に注意することが、身体的障害の豊かな源泉である。教師は格言を持っている。強い創造力は事象を生み出す。疾患を示唆すると、疾患を生じることが知られている。特に神経症ではそうである。死さえもが鮮やかな想像力によって起きた。一人の犯罪者が目隠しをされる。彼は出血死させられると、事前に告げられる。彼の腕に引っかき傷がつけられ、彼の耳には血の流れに聞こえるように、水を滴らせる。そうすると、彼は死亡する。別の死亡例もある。男は死刑執行を待っている。そこに執行猶予の知らせが来る。しかし
男は既に死亡している。

[The Cincinnati Lancet and Clinic 1880, p528]
この記事では、「腕に引っかき傷」以上の情報はない。いつ、どこで起きたのかも、椅子に座っているか、ベッドの上かもわからない。

そして、1884年のDaniel Hack Tukeの本には、1880年の記述と同様に、腕から出血していると信じ込んだ男と、執行猶予前に死亡した男の話があった。
Imagination1884b.PNG

[Daniel Hack Tuke: "Illustrations of the Influence of the Mind Upon the Body in Health and Disease: Designed to Elucidate the Action of the Imagination" (1884)]



この後、傷つける箇所が「首」になったLancet (1886)の記事が登場する。そして、「首」系列から、指などの派生バーションが登場する。
出典人名場所年代針の場所固定場所流出したと信じた量
Lancet (1886)---台(table)- (6分後)
Items of Interest (1886)---台(table)- (6分後)
Chambers's Journal (1887)------
Chambers's Journal, Volume 64 By William Chambers, Robert Chambers (1887)-フランス(の医師)数年前(ナポレオン3世の許可)台(table)- (6分後)
Columbus Medical Journal (1889)------
Annales médico psychologiques (1886)-英国前世紀7-8パイント
Rochas 1887-英国前世紀7-8パイント
Flammarion (1900)[F]-コペンハーゲン1750台(table)7-8リットル
Flammarion (1900)[E]-英国前世紀台(table)7-8クォート
フラマリオン 著 ; 大沼十太郎 訳(1924)-英國先世紀テーブル六、七升
Toledo News Bee (1922)-英国の医科大学-心臓近くの皮膚手術台-
St. Petersburg Times (1926)-フランス(の医師)数年前動脈台(table)- (5分)
Arthur Brisbane (1930)---裸足の裏全体椅子-
谷口雅春 (1932)--或る時頸部椅子全身の血液の三分の二
PHILADELPHIA NEUROLOGICAL SOCIETY (1935)-インド(の医学誌)-四肢の先端台(table)-
谷口雅春 (1962)--あるとき頸椎椅子全身の血液の三分の二
広告屋のネタ帳 (1998)-アメリカ----
笠巻勝利 (1999)ブアメードオランダ1883足の親指ベッド全身の1/3
長谷川淳史(2000)ブアメードヨーロッパのある国第2次大戦前足の全指ベッド全身の10%
Lowel(1996)-インド(の医師)-四肢の先端ベッド-
Sones&Sones(2004)-インド1936四肢の先端ベッド-
Minasian(2010)--20世紀初頭--(翌朝)

posted by Kumicit at 2016/08/05 06:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする