2013/12/31

米国の民間防衛映画"Radiological Defense"(1961)

1961年に制作された米国の民間防衛映画"Radiological Defense"に字幕をつけてみた。

基本的には、爆風・熱線の破壊領域は諦めて、その外側での放射性降下物対策により、人口の半数を生存させる想定。


その他の核戦争関連動画はこちら:
posted by Kumicit at 2013/12/31 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/29

メモ「bias blind point(バイアス盲点)」

ラジオ番組A Prairie Home Companionの架空の街Lake Wobegonでは、すべての女性は強く、すべての男性はイケメンで、すべての子供は平均以上である。その街の名をとって、自分の達成度や能力を過大評価するIllusory superiorityLake Wobegon Effectと呼ぶこともある。「未熟な人が、誤って自らの能力を平均よりも、はるかに高いと評価して、幻想上の優位性を患う認知バイアス」であるダニング・クルーガー効果も、この認知バイアスのひとつである。

一群のLake Wobegon Effectのひとつに、"bias blind spot(バイアス盲点)"がある。これは、他人のバイアスを認識できるのに、自分の同じバイアスを認識できないというものである。
Human judgment and decision making is distorted by an array of cognitive, perceptual, and motivational biases. This research concerns recent evidence that people are quite capable of recognizing the operation of bias in human judgment - except when that bias is their own. Aside from the general motive to self-enhance, two primary sources of this "bias blind spot" have been identified. One involves people's heavy weighting of introspective evidence when assessing their own bias, despite the tendency for bias to occur nonconsciously. The other involves people's conviction that their perceptions directly reflect reality, and that those who see things differently are therefore biased. People's tendency to deny their own bias, even while recognizing bias in others, reveals a profound shortcoming in self-awareness with important consequences for interpersonal and intergroup conflict.

人間の判断や意思決定は、認知や知覚や動機付けのバイアスによって歪んでいる。この研究は「人々が、人間の判断におけるバイアスの動作を認識する能力を持っているが、自分自身のバイアスについてはそうではない」ことを示す最近の証拠に関するものである。自己強化の一般的動機をさておいて、この「バイアス盲点」の主たる原因の2つが特定されている。ひとつは、人々が自分自身のバイアスを評価するとき、無意識に起きるバイアスの傾向があるにもかかわらず、内省的証拠に重きを置くことである。もうひとつは、「知覚は現実を直接に反映しており、違って見えている者たちにはバイアスがかかっていると考える」人々の信念である。たとえ他人の同じバイアスの存在を認識しても、人々には自分自身のバイアスを否定する傾向があり、そのことは「個人間及び集団間のコンフリクトの重大な結果をもたらす自己認識に重大な欠点がある」ことを、明らかにしている。

[Emily Pronin: "The Bias Blind Spot: Psychological Dynamics and Social Consequences" ]
他人と認識が一致しないなら、それは他人の側にバイアスがあると考え、自分の側にバイアスがあるとは考えないという...

posted by Kumicit at 2013/12/29 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/27

体のランダムなところに鍼を置いて刺さないシャム vs 普通の鍼

「体のランダムなところに鍼を置いて刺さないシャム vs 普通の鍼」で、乳癌治療の副作用を緩和できるか調べたら、有意差は見られなかったという研究が論文掲載された。
Acupuncture has been practiced for thousands of years − but that doesn't mean it actually works.

A new study published online in the journal Cancer suggests that any relief acupuncture brings may be the result of a placebo effect.

Researchers followed a group of 47 women being treated with aromatase inhibitors, a breast cancer medication that can cause menopause-like side effects (hot flashes, night sweats) as well as joint and muscle pain. Twenty-three of the women received eight weeks of acupuncture; the rest received eight weeks of something called "sham acupuncture," where needles are placed on the skin somewhat randomly − not at traditional acupuncture points − and then not actually inserted.

The result? All of the patients reported that their side effects had improved, especially the severity of their hot flashes.

鍼は数千年にわたり実践されてきたが、そのことは実際に効くことを意味しない。Cancer誌オンライン掲載された新たな研究は、鍼の効果はプラセボ効果の結果であることを示唆している。

研究者たちは、「更年期症状様の副作用(顔面潮紅、寝汗)や関節痛や筋肉痛を起こす可能性のある、アロマターゼ阻害剤の治療を受けている、乳癌治療中の47名の女性たち」をフォローした。23名の女性たちは8週間の鍼治療を受け、24名の女性たちは8週間のいわゆるシャム鍼(鍼を皮膚上のランダムな場所に置くが、その場所は伝統的な鍼のポイントではなく、実際に鍼を刺すこともない)を受けた。

結果はといえば、患者全員が副作用の改善、特に顔面潮紅強度が完全改善したと自己申告した。

[Lauren F Friedman: "New Study Exposes Acupuncture As Pseudoscience" (2013/12/26) on SFgate]
この結果は、実際に刺す必要もなければ、場所も適当で良いことを示唆している。

これの原論文のAbstractは...
[Patient-reported outcomes in women with breast cancer enrolled in a dual-center, double-blind, randomized controlled trial assessing the effect of acupuncture in reducing aromatase inhibitor-induced musculoskeletal symptoms", Cancer, 2013, DOI: 10.1002/cncr.28352.]

BACKGROUND: Aromatase inhibitors (AIs) have been associated with decrements in patient-reported outcomes (PROs). The objective of this study was to assess whether real acupuncture (RA), compared with sham acupuncture (SA), improves PROs in patients with breast cancer who are receiving an adjuvant AI.

METHODS: Postmenopausal women with a stage 0 through III breast cancer who received an AI and had treatment-associated musculoskeletal symptoms were randomized to receive 8 weekly RA versus SA in a dual-center, randomized controlled trial. The National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project (NSABP) menopausal symptoms questionnaire, the Center for Epidemiological Studies Depression (CESD) scale, the Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS), the Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI), the hot flash daily diary, the Hot Flash-Related Daily Interference Scale (HFRDI), and the European quality-of-life survey (EuroQol) were used to assess PROs at baseline and at 4weeks, 8 weeks, and 12 weeks.

RESULTS: The intention-to-treat analysis included 23 patients in the RA arm and 24 patients in the SA arm. There were no significant differences in baseline characteristics between the 2 groups. Compared with baseline, scores in the RA arm improved significantly at week 8 on the CESD (P = .022), hot flash severity (P = .006), hot flash frequency (P = .011), the HFRDI (P = .014), and NSABP menopausal symptoms (P = .022); scores in the SA arm improved significantly on the EuroQol (P = .022),the HFRDI (P = .043), and NSABP menopausal symptoms (P = .005). Post-hoc analysis indicated that African American patients (n = 9) benefited more from RA than SA compared with non-African American patients (n = 38) in reducing hot flash severity (P < .001) and frequency (P < .001) scores.

CONCLUSIONS: Both RA and SA were associated with improvement in PROs among patients with breast cancer who were receiving AIs, and no significant difference was detected between arms. Racial differences in response to acupuncture warrant further study

アロマターゼ阻害剤(AIs)は、患者自己申告アウトカム(PRO)の減少と関連している。本研究の目的は、本物の鍼(RA)は、シャム鍼(SA)と比べて、アジュバントアロマターゼ阻害剤の投与を受けている乳癌患者のPROを改善するか否かを評価することである。

アロマターゼ阻害剤の投与を受けていて、治療に伴う筋骨格症状のあるステージ0〜IIIの乳癌患者で閉経後の女性たちは、デュアルセンター・ランダム化対照試験で、8週間にわたり毎週、本物の鍼(RA)あるいはシャム鍼(SA)を受けた。米国外科アジュバント胸部・腸プロジェクト(NSABP)の更年期症状アンケート、疫学的研究センター鬱スケール(CESD)、病院不安・抑鬱スケール(HADS)、ピッツバーグ睡眠質指数(PSQI)、顔面潮紅の日々記録、顔面潮紅日次干渉スケール(HFRDI)、欧州QOL調査(EuroQol)を使って、ベースライン・4週間後・8週間後・12週間後のPROを評価した。

治療意図に基づく解析にはRA側の患者23名とSA側の患者24名が含まれている。この2集団にベースラインでの有意差はなかった。ベースラインと比較して、RA側のスコアは8週間後に、CESD(P=0.022)、顔面潮紅強度(P=0.006),顔面潮紅頻度(P=0.011)、HFRDI(P=0.014)、NSABP更年期症状(P=0.022)が有意に改善した。SA側は、EuroQol(P=0.022)、HFRDI(P=0.043)、NSABO更年期症状(P=0.005)が有意に改善した。事後解析では非アフリカ系米国人患者(n=38)と比べて、アフリカ系米国人患者(n=9)の顔面潮紅強度(p<0.001)と顔面潮紅頻度(P<0.001)は、SAよりもRAの方が効果が有意に大きかった。

本物の鍼(RA)とシャム鍼(SA)の療法が、アロマターゼ阻害剤の投与を受けた乳癌患者について、PROの改善と関連していた。RAとSAの間で有意差は見られなかった。鍼の効果の人種依存性については、さらなる研究が必要である。
同様の研究としては、鍼治療の効果を調べるために、単盲検でリアル鍼・Streitbergerのプラセボ鍼・電気刺激による模擬を比較した研究[White et al, 2011]があった。このときは、この3つの間に、有意差はなかった。

これらの結果はそれはそれで、鍼治療にとって有益な情報である。本当に刺す場合、ディポーザル鍼を使い、血液経由の感染症を確実に阻止しなければならない。しかし、刺さなくていいなら、安全性は大いに高まる。また、場所も適当でよければ、鍼灸師の養成も楽になる。
posted by Kumicit at 2013/12/27 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/26

温暖化否定団体の資金についての社会学者の研究

数年前に米国の温暖化否定活動を概観した。このとき、理系スタッフのほとんど存在しない保守系シンクタンクが出版物などの形で広めている状況を見た。このような保守系シンクタンクへの資金の流れについて、社会学者Suzanne GoldenbergRobert Brulleの研究が論文掲載された。
Conservative groups may have spent up to $1bn a year on the effort to deny science and oppose action on climate change, according to the first extensive study into the anatomy of the anti-climate effort.

The anti-climate effort has been largely underwritten by conservative billionaires, often working through secretive funding networks. They have displaced corporations as the prime supporters of 91 think tanks, advocacy groups and industry associations which have worked to block action on climate change. Such financial support has hardened conservative opposition to climate policy, ultimately dooming any chances of action from Congress to cut greenhouse gas emissions that are warming the planet, the study found.

保守団体が、気候変動の科学を否定し、気候変動対策に反対する活動に年間最大限10億ドルを支出してきた可能性がある。反気候変動活動は、秘密資金ネットワークを通じて働く保守の資産家によって概ね支えられている。彼らは、気候変動対策を阻止するために働いている91のシンクタンク・擁護団体・業界団体の主要な支持者として企業に動かしている。このような財政支援は、気候変動政策に対する保守の反対を強化し、最終的には、地球温暖化を進行させる温室効果ガス排出を抑制しようとする議会の動きを阻止する。

“I call it the climate-change counter movement,” said the author of the study, Drexel University sociologist Robert Brulle. “It is not just a couple of rogue individuals doing this. This is a large-scale political effort.”

Brulle's study, published on Friday in the journal Climatic Change, offers the most definitive exposure to date of the political and financial forces blocking American action on climate change.

この研究論文の著者であるDrexel Universityの社会学者Robert Brulleは「私はこれを気候変動カウンター運動と呼ぶ。これは極少数の悪党によるものではない。これは大規模な政治活動である。」Brulleの研究は金曜日にClimatic Change誌に掲載され、米国の気候変動対策を妨害する、今日の政治的及び資金的な力を明瞭にしている。
...
The vast majority of the 91 groups on Brulle's list ? 79% ? were registered as charitable organisations and enjoyed considerable tax breaks. Those 91 groups included trade organisations, think tanks and campaign groups. The groups collectively received more than $7bn over the eight years of Brulle's study ? or about $900m a year from 2003 to 2010. Conservative think tanks and advocacy groups occupied the core of that effort.

The funding was dispersed to top-tier conservative think tanks in Washington, such as the AEI and Heritage Foundation, which focus on a range of issues, as well as more obscure organisations such as the Atlas Economic Research Foundation and the John Locke Foundation.

Brulleのリストにある91団体の79%は、非営利団体として登記されており、何らかの税の減免措置を受けている。これら91団体には営利団体・シンクタンク・キャンペーングループも含まれている。Brulleの研究によれば、過去8年で、これら団体全体で70億ドル、すなわち2003年から2010年の間に毎年9億ドルを受け取っている。保守系シンクタンクと宣伝団体が、この活動のコアを占める。

資金は、AEIやHeritage Foundationのようなこの問題のフォーカスしたワシントンの一流の保守系シンクタンクから、Atlas Economic Research FounationやJohn Locke Foundationのような曖昧な団体にまで分散している。
...

[Suzanne Goldenberg: "Conservative groups spend up to $1bn a year to fight action on climate change" (2013/12/20) on TheGuardian]
大手のシンクタンクは複数の問題を取り上げている。また、特定メンバーだけが温暖化否定を担当していて、組織全体としては気候変動についてポジションを明示していない場合もある。このため、資金量を厳密に特定することは困難だが、Suzanne GoldenbergRobert Brulleの調査ではおおよそ年間9億ドルが、温暖化否定活動に流れている。資金を提供している人々にとっては、それだけの資金を使っても見返りが十分にあるということなのだろう。
posted by Kumicit at 2013/12/26 09:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | Sound Science | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/24

ウガンダのゲイ終身刑法案の背後に、米国の福音主義キリスト教セクトThe Family

昨日も触れたように、米国で最強かつ秘密主義の原理主義組織のひとつであるThe Fellow Ship(別名The Familiy)は、ウガンダの反ゲイの背後にある知的運動体であり、Yoweri Museveni大統領をキリスト教の反ゲイに転向させている。

そして、法案の提案者Bahati議員もその一員だという報道もある。
Bahati is a member of "The Family," also known as "The Fellowship," a secretive and powerful U.S.-based evangelical sect that has been sending money and missionaries to African nations, including Uganda, to promote anti-gay public sentiment and legislation. According to Ralph Stone of the San Francisco-based Fog City Journal, "the Family and other anti-gay groups have long viewed Uganda as a laboratory to experiment with Christian theocracy."

[法案の提案者である]Bahati議員は、米国の秘密主義かつ強力な福音主義セクトである、"The Fellowship"という名でも知られる"The Family"の一員である。このセクトはウガンダなどアフリカ諸国に資金と宣教師を送り、反ゲイの大衆センチメントと立法を推進している。San Franciscoを本拠地とするFog City JournalのRalph Stoneによれば「The Familyやその他の反ゲイ団体は、長きにわたり、ウガンダをキリスト教神権政治の実験室と見てきた。

[Brett Wilkins: "U.S. evangelicals helped write draconian Uganda anti-gay bill" (2013/12/23) on DigitalJournal]
また、2年ほど前のIBTimesの記事によれば...
American Christian evangelical organisations have actively lobbied for the re-introduction of the anti-homosexuality bill in Uganda, which was presented in the parliament Tuesday, according to local activists.

The Uganda-based Family Life Network (FLN), founded by Stephen Langa, is the main organisation behind the efforts to revive the bill, according to Kikonyogo Kivumbi, executive director of civil rights organisation Uhspa-Uganda.

"Many people in Uganda subscribe to the FLN ideology," he said. "We tried to engage with them, but they turned down the dialogue. They are part of a foreign, illiterate agenda that has all the intentions to make the bill pass through."

According to experts, there are close links between many American anti-gay preachers and their Ugandan counterparts. David Bahati, the Anti-Homosexuality Bill's sponsor, is the secretary of the Ugandan branch of The Family, a secretive American evangelical organisation, according to Kivumbi. Langa himself is an affiliate of the Phoenix-based group Disciple Nations Alliance.

地元の活動家によれば、米国の福音主義キリスト教団体が活発に、ウガンダの反ホモセクシュアル法案の再提案のロビー活動をしていた。この法案は火曜日に議会に提案された。

人権団体Uhspa-Ugandaの代表者であるKikonyogo Kivumbiによれば、ウガンダを本拠地とするFamily Life Network(FLN)は、Shephen Langaにより設立され、この法案の復活の動きの背後にいる主要団体である。「多くのウガンダ人がFLNのイデオロギーを受け入れている。我々は彼らと関わろうとしたが、彼らは対話をトーンダウンさせた。彼らは、この法案を通過させようという意図を持つ外国の無教養なアジェンダの一部である。」と彼は述べた。

専門家によれば、多くの米国の反ゲイ説教師とウガンダのカウターパートは密接な関係を持っている。Kikonyogo Kivumbiによれば、反ホモセクシュアル法案の提案者であるDavi Bahatiは、米国の秘密主義な福音主義団体であるThe Familyのウガンダ支部の事務局長である。Langa自身も、Phoenixを本拠地とする団体Disciple Nations Allianceと提携している。

[Gianluca Mezzofiore: "Christian Evangelical Family Network Behind Anti-Gay Bill in Uganda" (2012/02/08) on IBtimes]
米国でできそうにないことを、アフリカでやっていこうという米国の福音主義団体。このような団体の動きが、ゲイを生きながら焼き殺す群衆を生み出している。

このような行為は、しかし、聖書に基づいている。レビ記 / 20章 13節には「女と寝るように男と寝る者は、両者共にいとうべきことをしたのであり、必ず死刑に処せられる。彼らの行為は死罪に当たる。 」とある。
posted by Kumicit at 2013/12/24 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/23

ウガンダ議会をゲイ終身刑法案が通過

2009年10月に始まり、2011年には失速していたウガンダのゲイ死刑法案が、ゲイ終身刑法案としてウガンダ議会を通過した。
Uganda's parliament has passed a bill to toughen the punishment for homosexual acts to include life imprisonment in some cases.

The anti-homosexuality bill also makes it a crime punishable by a prison sentence not to report gay people. The prime minister opposed the vote, saying not enough MPs were present.
...
The BBC's Catherine Byaruhanga in Kampala says that Prime Minister Amama Mbabazi might follow up on his complaints about a lack of quorum, while it remains to be seen whether President Yoweri Museveni will sign the bill into law.

ウガンダ議会は、ホモセクシュアル行為について、終身刑を含む、懲罰を強化する法案を通過させた。反ホモセクシュアル法案は、ゲイの人々を通報しなかった場合にも、懲役刑で懲罰することを可能とする。首相は出席議員が定足数不足であると述べて、採決に反対した。Kampala駐在のBBCのCatherine Byaruhangaによれば、Amama Mbabazi首相は議決の定足数不足を追及するかもしれない。Yoweri Museveni大統領が法案に署名するまでは、法律として成立しない。

The private member's bill originally proposed the death penalty for some offences, such as if a minor was involved or the perpetrator was HIV-positive, but this has been replaced with life in prison.

この議員立法案は、もともとは、被害者が未成年であるか加害者がHIV陽性の場合に死刑を提案していたが、終身刑に修正された。

[Ugandan MPs pass life in jail anti-homosexual law (2013/12/20) on BBC]
政府側はゲイ終身刑法案に反対している。そして、Guardianの報道によれば、ゲイ権利運動家たちは、Yoweri Museveni大統領に拒否権発動を求めている。また、国外からの圧力(援助削減など)もあり、拒否権発動の可能性もある。

なお、このゲイ死刑あらためゲイ終身刑法案の背後には、米国の福音主義キリスト教団体がいる。



背後に米国の福音主義キリスト教


2009年10月



2009年10月に始まったウガンダのゲイ死刑法案の背後には米国の福音主義キリスト教勢力がいる。ウガンダの大統領や閣僚は法案に憂慮の念を表明していたが、議会が突き進んでいた。

BBC報道によれば、ゲイを非合法化しているウガンダで、ゲイに対する最高刑を死刑にする法案が審議されている:
Ruling party MP David Bahati wants the death penalty for those having gay sex with disabled people, under-18s or when the accused is HIV-positive.

ウガンダの与党MPのDavid Bahatiは、障害者あるいは18未満とゲイセックスするか、ゲイセックスしたときHIV陽性なゲイを死刑にしようとしている。 ....

The BBC's Joshua Mmali, in the capital Kampala, says the bill has a good chance of being passed as senior figures from the ruling National Resistance Movement are likely to back it.

首都Kampala駐在のBBCのJoshua Mmaliによれば、この法案を与党National Resistance Movementが支持するもようであり、法案が成立する可能性が高い。

[Uganda MP urges death for gay sex (2009/10/15) on BBC]
またGuardianの報道によれば...
Gay sex is already illegal in Uganda, and can result in long prison sentences. The bill broadens the definition to include any form of sexual relations between people of the same sex, which could result in life imprisonment, and threatens those guilty of "promotion of homosexuality" with up to seven years in prison, an attack on freedom of expression which would also damage Aids prevention efforts.

ウガンダではゲイセックスは既に違法であり、長期禁固刑になる可能性がある。法案はこの定義を拡大し、いかなる同性間の性的関係も含めるようにし、刑罰も終身刑までとする。さらに、同性愛の宣伝・推進で有罪なら最高懲役7年にしようとしている。このことは表現の自由への攻撃であり、AIDS対策にもダメージをもたらしかねない。

A new offence of "aggravated homosexuality" would carry the death penalty, covering sex with someone under 18 or who is disabled or in the case of a "serial offender". This also undermines the right of disabled adults capable of informed consent to enjoy intimate relationships, insultingly reducing them to the status of "victims". Any "person in authority" aware of an offence under the new law who did not report it to the authorities could face three years' imprisonment, including anyone who exercises "religious, political, economic or social authority". ... The law would apply not only within Uganda but also to Ugandans abroad.

「悪化する同性愛」への新たな刑罰は、18歳未満もしくは障害者とのゲイセックスおよび連続犯に対して死刑もありうる。これは告知に基づく深い関係を楽しむ障害成人を被害者とすることで、その権利をむしばむものでもある。犯罪を知りながら当局の届け出なかった、宗教・誠意・経済・社会的な「権力者」は3年以下の懲役になる可能性がある。... この法律は、ウガンダ国内のみならず、海外居住のウガンダ人にも適用される。
[Savitri Hensman:"A new homophobic law in Uganda" (2009/10/27) on Guardian]
ウガンダのキリスト教聖職者たちは、この法案の推進する方向に動いている:
The bill is a particular challenge for Christians because clergy have helped to whip up fear and hatred and undermine respect for human rights. Nicodemus Okille, Dean of the Province of Uganda, in his Christmas sermon in 2007 as Bishop of Bukedi, reportedly condemned advocates of gay rights as having no place in the kingdom of God. "The team of homosexuals is very rich," claimed Archbishop Henry Orombi in 2008. "They have money and will do whatever it takes to make sure that this vice penetrates Africa. We have to stand out and say no to them." However Angl
ican Bishop Stanley Ntagali of Masindi-Kitara diocese has recently spoken out against the death penalty for homosexuality, while supporting imprisonment.

聖職者が恐れと憎悪を刺激し、人権尊重を傷つけてきたので、この法案はキリスト教徒への挑戦でもある。ウガンダ大聖堂主任司祭であるNicodemus OkilleはBukedi主教として2007年の説教で、伝えられるところにでは、ゲイ権利運動は神の国にはあってはならないと非難した。「同性愛者たちは非常に豊かである。彼らは金を持っていて、この悪癖をアフリカに浸透させるためならなんでもやる。我々は立ち上がり、彼らにノート言わなければならない」とHenry Orombi大主教は2008年に述べた。しかし、聖公会Masindi-KitaraのBishop Stanley Ntagali主教は懲役は支持するが、死刑には反対だと述べた。
国外のキリスト教徒にも、この動きを支持・黙認する動きがある:
Christian leaders overseas who have helped to give credibility to homophobic Ugandan bishops and pastors while supposedly proclaiming a message of love and justice for all. Some US evangelists have endorsed Pa
stor Martin Ssempa, an anti-LGBT crusader. Anglican leaders such as the Archbishop of Canterbury have avoided challenging their Ugandan associates' complicity in anti-LGBT abuses while soundly condemning Anglican provinces moving towards equality for all.

海外のキリスト教指導者たちは、すべての人に愛と正義のメッセージを宣言する一方で、ホモ嫌悪のウガンダの宗教や牧師に信憑性を与えた。米国の一部の福音主義者たちは、反LGBT改革運動者Martin Ssempa牧師を支持した。カンタベリー大主教のような英国国教会の指導者たちは、反LGBT虐待について、ウガンダの聖公会の共謀について疑問を呈することを避けつつ、すべての人の平等へ向けてのウガンダの聖公会の動きを非難した。

[Savitri Hensman:"A new homophobic law in Uganda" (2009/10/27) on Guardian]
海外からの大きな影響として、米国を本拠地とするキリスト教団体The Fellowship(設立1935年、旧称The Family, 1969年以降Douglas Coeが指導者)が挙げられている。
Sadly, this witch-hunt has the blood stained fingerprints of leading American evangelicals. The Fellowship, (aka The Family) one of America's most powerful and secretive fundamentalist organization's, converted Uganda's President Yoweri Museveni to its anti-gay brand of Christianity, which is the "intellect
ual" impetus behind the anti-gay crackdown. The clandestine organization's leader, Doug Coe, calls Museveni The Fellowship's "key man" in Africa. Jeff Sharlet, author of "The Family", writes of the African strongman's conversion:

悲しいことに、この魔女狩りには、米国の指導的福音主義者たちの血染めの指紋がある。米国で最強かつ秘密主義の原理主義組織のひとつであるThe Fellow Ship(別名The Familiy)は、ウガンダのYoweri Museveni大統領をキリスト教の反ゲイに転向させた。この団体は、反ゲイの背後にある知的運動体である。この秘密団体の指導者であるDoug Coeは、Museveni大統領をアフリカにおけるThe Fellowshipのキーマンと位置づけている。"The Family"の著者Jeff Sharletは、アフリカの有力者の転向について、こう書いている:
So," Doug Coe told us, "my friend said to the president, 'why don't you come and pray with me in America? I have a good group of friends-senators, congressmen-who I like to pray with, and they'd like to pray with you.' And that president came to the Cedars (a religious retreat), and he met Jesus. And his name is Yoweri Museveni...And he is a good friend o
f the Family.

Doug Coeは我々に「我が友が大統領に『米国に来て私たちとともに祈りませんか?私には上下両院議員のグループがあり、私は彼らと、そして彼らはあなたとともに祈りたいと思っています』と告げた。そして大統領はCedars(宗教施設)に来て、イエスと相まみえた。その人の名はYoweri Museveniである。彼はThe Familityの良き友である。


[Wayne Besen: "American Evangelicals Play Role In Uganda Effort To ‘Wipe Out’ Gays" (2009/10/21) on Falls Church News-Press Online]
このThe Fellopshipのウガンダへの関与はこの件だけではない。
It is important for people to understand that The Fellowship and other anti-gay groups have long viewed Uganda as a laboratory to experiment with Christian theocracy. For example, fundamentalist organizations recently undermined successful HIV programs in Uganda by demanding abstinence only education, over condom use, which had been working to reduce infection rates.

The Fellowshipや他の反ゲイグループが長きにわたりウガンダをキリスト教神政の実験場とみなしてきたことを知ることは重要である。たとえば、原理主義団体は最近、感染率を削減することに役立っていたコンドーム使用よりも禁欲教育計画を要求することで、うまくいっていたHIV対策を損なっている。

[Wayne Besen: "American Evangelicals Play Role In Uganda Effort To ‘Wipe Out’ Gays" (2009/10/21) on Falls Church News-Press Online]
ウガンダでゲイ死刑や禁欲教育を推進する一方で、The Fellowship(The Family)のメンバーはといえば...
The Family, of course, recently made headlines because one of its key members, Sen. John Ensign (R-NV) had sex with his best friends wife, while they were working together.

The Familyはもちろん最近、キーメンバーのひとりである共和党ネバダ州選出John Ensign連邦上院議員が共に働く親友の妻とセックスしたことで、報道をにぎわわせた。

[Wayne Besen: "American Evangelicals Play Role In Uganda Effort To ‘Wipe Out’ Gays" (2009/10/21) on Falls Church News-Press Online]

WASHINGTON — Early last year, Senator John Ensign contacted a small circle of political and corporate supporters back home in Nevada — a casino designer, an airline executive, the head of a utility and several political consultants — seeking work for a close friend and top Washington aide, Douglas Hampton.

“He’s a competent guy, and he’s looking to come back to Nevada. Do you know of anything?” one patron recalled Mr. Ensign asking.

The job pitch left out one salient fact: the senator was having an affair with Mr. Hampton’s wife, Cynthia, a campaign aide.

[ERIC LICHTBLAU and ERIC LIPTON: "Senator’s Aid After Affair Raises Flags Over Ethics" (2009/10/02) on New York Times]



2010年1月



この法案の提案より前の2009年3月にウガンダを訪れた米国の福音主義キリスト教団体の3人がいる。
KAMPALA, Uganda ― Last March, three American evangelical Christians, whose teachings about “curing” homosexuals have been widely discredited in the United States, arrived here in Uganda’s capital to give a series of talks.

The theme of the event, according to Stephen Langa, its Ugandan organizer, was “the gay agenda ― that whole hidden and dark agenda” ― and the threat homosexuals posed to Bible-based values and the traditional African family.

米国では評判の悪い「同性愛の治療」を教えている、米国の福音キリスト教徒3人が2009年3月に一連の講演のためにウガンダの首都Kampalaに到着した。

イベントのテーマはウガンダ側のオーガナイザーStephen Langaによれば、「ゲイのアジェンダ、隠されたダークなアジェンダと、聖書を基盤とする価値観および伝統的アフリカの家族に対する同性愛の脅威」だった。

For three days, according to participants and audio recordings, thousands of Ugandans, including police officers, teachers and national politicians, listened raptly to the Americans, who were presented as experts on homosexuality. The visitors discussed how to make gay people straight, how gay men often sodomized teenage boys and how “the gay movement is an evil institution” whose goal is “to defeat the marriage-based society and replace it with a culture of sexual promiscuity.”

その3日間に、参加者や録音によれば、警官や教師や中央政治家を含む何千人ものウガンダ人が、同性愛者の専門家だと紹介された米国人の話を熱心に聞き入った。米国人たちはゲイの人々を異性愛にもどす方法や、ゲイの男性がティーンエイジの少年とどうやって同性愛行動を行うか、そして、ゲイ運動が「結婚を基礎とする社会を破壊して、性的に混乱した社会へと転換することを最終目標とする」悪の組織であることを論じた。

Now the three Americans are finding themselves on the defensive, saying they had no intention of helping stoke the kind of anger that could lead to what came next: a bill to impose a death sentence for homosexual behavior.

そして、この3人の米国人たちは守勢に立たされていることに気づいて、次に来るもの、すなわち同性愛行動に対する死刑を定めた法案につながるような種類の怒りをかきたてる意図はなかったと述べた。

One month after the conference, a previously unknown Ugandan politician, who boasts of having evangelical friends in the American government, introduced the Anti-Homosexuality Bill of 2009, which threatens to hang homosexuals, and, as a result, has put Uganda on a collision course with Western nations.

イベントの1ヶ月後に、これまで名の知られていなかったウガンダの政治家が、米国政府の福音主義キリスト教徒な友人がいることを自慢して、2009年の反同性愛法案の提案した。これにより同性愛者たちは死刑の脅威にさらされ、結果としてウガンダを西洋国家たちとの衝突コースに入れた。

[JEFFREY GETTLEMAN: "Americans’ Role Seen in Uganda Anti-Gay Push (2010/01/03) on NY Times]
そして、ウガンダでの反同性愛に関与した米国人福音キリスト教徒たちは全力退避を始めた:
The three Americans who spoke at the conference ― Scott Lively, a missionary who has written several books against homosexuality, including “7 Steps to Recruit-Proof Your Child”; Caleb Lee Brundidge, a self-described former gay man who leads “healing seminars”; and Don Schmierer, a board member of Exodus International, whose mission is “mobilizing the body of Christ to minister grace and truth to a world impacted by homosexuality” ― are now trying to distance themselves from the bill.

イベントで講演した3人の米国人は、「あなたの子供を陸軍新兵にする7ステップ」など同性愛に関する本を書いたScott Liveryと、自称元ゲイで"ゲイ治療セミナー"を指導するCaleb Lee Brundidgeと、同性愛の影響を受ける世界に優美と真理を広めるためにキリスト教団体を動員することをミッションとする"Exodus International"の理事である Don Schmiererで、彼らは今や法案から距離をとろうとしている。

“I feel duped,” Mr. Schmierer said, arguing that he had been invited to speak on “parenting skills” for families with gay children. He acknowledged telling audiences how homosexuals could be converted into heterosexuals, but he said he had no idea some Ugandans were contemplating the death penalty for homosexuality.

“That’s horrible, absolutely horrible,” he said. “Some of the nicest people I have ever met are gay people.”

Schmierer氏は「私は騙されたと思う。自分はゲイの子供を持つ家族に対して"育児技術"について講演するように招待された。聴衆に対して同性愛者たちをどうやって異性愛に転換するかについて話したが、ウガンダが同性愛に対して死刑を考えているとは思ってもみなかった。それは恐ろしい。まったく恐ろしい。私がこれまでに会った最も素敵な人々の何人かは、同性愛者だった」と述べた

[JEFFREY GETTLEMAN: "Americans’ Role Seen in Uganda Anti-Gay Push (2010/01/03) on NY Times]
全力回避行動中のScott Livelyは、イベントがあった2009年3月に次のように書いていた。
And remember that homosexuality is literally illegal in this country. Imagine how bad things would be if the criminal law were abandoned. By the way, the false accusation against me, now circulating in the US, is that I called on the Ugandan government to force homosexuals into therapy. What I actually said is that the law against homosexuality should be liberalized to give arrestees the choice of therapy instead of imprisonment, similar to the therapy option I chose after being arrested for drunk driving in 1985 (during which time I accepted the L
ord and was healed and transformed into a Christian activist).

この国(ウガンダ)では同性愛は文字通り非合法である。刑法がなくなることが、どれだけ悪いことか想像してみよう。それはさておき、私に対して誤った指弾が米国を駆け巡っている。私がウガンダ政府に対して同性愛者の矯正治療を求めているのだという。しかし、私が実際に言ったことは、反同性愛法は逮捕された者が収監ではなく治療を望めば釈放すべきだというもので、これは私が1985年に飲酒運転で逮捕されたときに治療を選択したのと同様のことである。このとき私は神を受け入れ、癒されて、キリスト教活動家になった。

...

On the positive side, my host and ministry partner in Kampala, Stephen Langa, was overjoyed with the results of our efforts and predicted confidently that the coming weeks would see significant improvement in the moral climate of the nation, and a massive increase in pro-family activism in every social sphere. He said that a respected observer of society in Kampala had told him that our campaign was like a nuclear bomb against the "gay" agenda in Uganda. I pray that this, and the predictions, are true.

良い面として、私を招待した、KampalaでのミニストリのパートナーでもあるStephen Langaは、我々の努力を喜び、自信を持って、ウガンダの倫理の雰囲気が今後数週間で大きく改善し、社会のあらゆるところに家族を優先する活動が大きく増えることを予言した。彼は、Kamplaの社会の敬意を払われているオブザーバーから、我々の運動がウガンダでゲイのアジェンダに対して核爆弾のようなものだと告げられた。私はこれと、予言が真実になるように祈る。

[Dr. Scott Lively: " Report from Uganda (2009/03/17)]


2010年5月



全速回避行動を取る、米国Kansas Cityの福音主義キリスト教団体TheCallのLou Engleは、ウガンダのゲイ死刑法案について、次のような声明をだしていた:
TheCall had no knowledge at the time, of the Uganda homosexual bill and the controversy surrounding it...TheCall has been wrongfully marked and vilified as an organization promoting hatred and violence against homosexuals and as one that supports the Uganda bill as currently written... We do not see the character of Christ reflected in some key aspects of the language of the current bill.

その時点でTheCallはウガンダの同性愛法案とそれをめぐる論争について知らなかった。TheCallは、同性愛者に対する憎悪と暴力を推進し、ウガンダの同性案法案を支持する団体だと、不当にみなされ、中傷されている。我々は、現行法案の記述の重要な部分がキリスト教の特徴を反映していないと考えている。
しかし、New York Timesの報道によれば、2010年5月2日にウガンダのMakerere Universityでの1300人を集めた礼拝で、Lou Engleは次のような発言をしていた:
But when he took the stage late on Sunday afternoon, with Ugandan politicians and pastors looking on, he praised the country’s “courage” and “righteousness” in promoting the bill.

“NGOs, the U.N., Unicef, they are all coming in here and promoting an agenda,” Mr. Engle said, referring to nongovernmental organizations. “Today, America is losing its religious freedom. We are trying to restrain an agenda that is sweeping through the education system. Uganda has become ground zero.”

しかし、日曜日の午後遅くに、ウガンダの政治家と牧師たちが見守る中で舞台に立ったLou Engleは法案を推進するウガンダの勇気と正義を称賛した。

「NGOや国連やユニセフがここに来て自らのアジェンダを推進している。今日、米国は宗教の自由を失っている。我々は教育制度全体で猛威をふるうアジェンダを抑え込もうとしている。ウガンダはグラウンドゼロとなるのだ。」

[JOSH KRON: "In Uganda, Push to Curb Gays Draws U.S. Guest" (2010/05/02) on NewYork Times, 魚拓]
この礼拝&集会について、Huffington PostのWaymon Hudson:はこの礼拝について、現地のLGBT[レズ・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)の権利擁護団体からのレポートを紹介している:
One long-time Ugandan LGBT rights activist, who asked that I not share his name for fear of his safety and that of his family, sent me this chilling first-hand report of TheCall Uganda rally, which he attended:

彼と家族の安全のために名前を公開しないことを求めているウガンダのLGBT権利活動家が、彼が参加したTheCall Uganndaの集会のレポートを直接、私に送ってくれた。
Pastor John Mulinde of Trumpet Church, in his prayer, condemned evils in society done by both homosexuals and heterosexuals. He emphasized that homosexuality is in schools, families, and the entire community. He also pointed out that many children are being deceived with school fees from homosexuals and recruit them into the act.

Pastor Lou Engle from America noted that he didn't know by the time of his invitation to Uganda that there was a homosexuality bill. He went ahead to emphasize that it is the Western World using non-government organizations to promote homosexuality. He warned the youth in the crowd that when America allowed homosexuals freedom it was the end of their nation.

He [Engle] called upon the government of Uganda to be firm and hold on its righteous stand against the evil. He mentioned that homosexuals have penetrated the educational system and Ugandans must be aware of the evil. He also lectured about how God planned marriage only between man and woman and that marriage is for procreation.

Honorable Minister of Ethics Nsaba Buturu was worse. He spoke out against homosexuality, saying that for those who think it's a human right issue 'Uganda cannot listen to that nonsense.' He asked the audience to pray for president Museveni and his government to maintain their firms stand against evil in our society.

Pastor Mulinde then called his fellow pastor to come forward and pray for Buturo and Bahati and the government to continue with their crusade against homosexuality.

Trumpet ChurchのJohn Mulinde牧師は、同性愛者と異性愛者が行う社会の悪を非難した。彼は同性愛が学校と家族と社会全体に存在することを強調した。彼はさらに、多くの子どもたちが、同性愛者たちの負担してくれる授業料に騙され、同性案者の活動にリクルートされていると指摘した。

米国から来たLou Engle牧師は、ウガンダに招待された時、同性愛法案について知らなかったと述べた。彼は非政府組織を使って同性愛を推進するのが西側世界だと強調した。彼は聴衆の中の若者たちに、米国が同性愛者の自由を認めた時、国が終わりを告げたと警告した。

Engle牧師は、ウガンダ政府に対して、悪に対する正しい立場をゆるがせにすることなきように訴えた。また彼は、同性愛者たちが教育制度に侵入したと述べて、ウガンダ人は悪について知らなければならないと述べた。彼はさらに、神がいかに男と女の間でのみ結婚するように計画したこと、結婚は出産のためにのものであることを述べた。

栄光ある倫理相Nsba Buturuはさらに悪かった。彼は同性愛者に敵対する発言をし、それが人権問題だと考える人々に対して「ウガンダはそのようなナンセンスに対して聞く耳持たない」と述べた。彼は、我々の社会の悪に対してゆるぎない立場を堅持するように、Museveni大統領と政権に対して祈るように聴衆に求めた。

[Waymon Hudson:American Evangelical Lou Engle Promotes 'Kill the Gays' Bill at Sunday's Rally in Uganda" (2010/05/04) on Huffington Post]
米国カンザス州のLou Engle牧師は現地では元気よく、アンチゲイをぶちあげている。招待をうけたときゲイ死刑法案を知らなかったという言い訳を何故したのか、忘れてしまったようだ。


2011/5-9月



その後、ウガンダのゲイ死刑法案は2011年前半に審議未了のまま放置された。
[Uganda's parliament has adjourned without debating a controversial bill which includes the death penalty for some homosexual acts. (2011/05/13) on BBC]
ウガンダ議会は、ある種のホモセクシャル行動に対する死刑を含む、論争の的となった法案を審議することなく、閉会した。

It had been reported that a vote could be held on Friday. The Anti-Homosexuality Bill has been condemned by Western leaders and human rights groups, some of whom are celebrating victory. The bill, first introduced in 2009, could still be brought up when the new parliament meets later this year. Uganda is a largely conservative society and many people condemn homosexuality both as un-African and un-Christian. ...

金曜日に採決は可能だったが採決されなかったと報告されている。反ゲイ法案は西洋世界の指導者たちや人権団体などが懸念していた。それらの人々の中にはは、この勝利を祝福している人々もいる。この法案は最初2009年に提案され、今年後半に新たに議会が招集されたとき、再度審議される可能性が残されている。ウガンダはおおよそ保守的社会で、多くの人々がホモセクシュアリティを反アフリカ的かつ反キリスト教的だとして懸念している。...


一方、この法案の背後で動いていた米国福音主義者たちのひとりで、全速退避行動をしたScott Livelyが、このたび、反ゲイ団体"Americans for Truth About Homesexuality"から表彰されることになった。
Scott Lively to be honored

As you will know if you have ever attended an Americans For Truth banquet or speaking event, they are very special occasions. Our banquet this year will be made more special by the appearance of Scott Lively (right), a brilliant, veteran Christian culture warrior who has been leading the resistance against the homosexualist juggernaut − in the USA and across the world – for more than two decades. We will honor Scott, who has suffered greatly for doing good and honoring God and His Truth.

"Americans For Truth"のバケットや講演会に参加したことがある人なら、ご存じのように、これらは特別な機会である。我々の今年のバンケットは、ホモセクシュアリストな判決に対して、米国と世界中で20年にわたり戦い続けた、すぐれたベテランキリスト教文化の戦士であるScott Livelyの登場で、さらに特別な機会となる。善行と神と神の真理への崇拝について苦しんできたScottを我々は表彰する。

[Moody Pastor Dr. Erwin Lutzer to Keynote AFTAH Banquet October 15 (2011/08/23) on Americans for Truth About Homesexuality]
もちろん、Scott Lively本人も元気よく吠え続けている。
We need to stand firmly and unapologetically on the hard truth that homosexuality is not a benign, morally neutral social phenomenon. It is an insidious and contagious form of sexual perversion condemned by God as an abomination. I cringe even writing these words because I know the wrath I am inviting on myself. Still, someone needs to say this boldly and publicly because it is the truth, and only the truth can set us free of the political correctness that has imprisoned us until now.

The homosexual agenda represents an existential threat to Christian civilization and we're in the final phase of the war, losing badly. It all hinges upon you, Christian reader. Either get into the "game" in earnest, immediately, or wave goodbye.

ホモセクシュアリティは良き道徳的に中立的な社会現象などではないという不動の真理の立場を、確固として、ためらうことなく、取る必要がある。ホモセクシュアリティは性的倒錯の油断ならない、伝染性の形態であり、神が醜態として非難しているものである。自らを駆り立てている怒りを知っているので、私はこれらの言葉をうんざりするまで書いている。それでもなお、これが真理であり、今まで我々を捕えてきた政治的正しさから我々を解放する唯一の真理だからこそ、誰かがこれを大胆かつ公然と言う必要がある。

ホモセクシュアルのアジェンダは、キリスト教文明の実存的な脅威であり、我々はこの戦いの最終段階で、ひどい敗北をしようとしている。これを覆せるかどうかは、キリスト教徒な読者諸君にかかっている。直ちに本格的に参戦するか、それとも去るか。

[Scott Lively: "'Gay' culture war: It's nearly lost" (2011/09/23) on WolrdNetDaily]
ウガンダでの戦いは敗北方向だが、一歩も引かないようである。
posted by Kumicit at 2013/12/23 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/20

薬理効果を謳ってサプリ等を製造販売し、裁判所の禁止命令を無視した製造販売業者に民事法廷侮辱罪判決


米国FDAによれば、裁判所命令に反して未承認新薬の製造販売を継続したモンタナ州のサプリメント製造業者に対して損害賠償8万ドルの支払いを命じる民事法廷侮辱罪判決を下した。
The U.S. Food and Drug Administration announced today that on Dec. 4, 2013, a Livingston, Mont., dietary supplement maker was found in civil contempt of court for repeatedly violating the terms of a consent decree of permanent injunction that resolved a 2010 civil case against the company and its owner.

Federal judge Sam E. Haddon of the District of Montana found that Toby McAdam, owner of Risingsun Health, continued to violate a November 2010 consent decree that barred the company from developing and selling topical bloodroot and graviola products, new drugs, new animal drugs and dietary supplements in violation of the law.

米国食品医薬品局(FDA)は本日、 2013年12月4日に、モンタナ州リビングストンのサプリメント製造業者が、企業とその所有者に対する2010年民事訴訟を解決する終局的差止命令同意判決の規約に繰り返しに違反したとして、民事法廷侮辱罪判決を出した。

モンタナ州地方裁判所地区の連邦判事Sam E. Haddonは、Risingsun HealthのオーナーであるToby McAdamが、違法なブラッドルート及びgraviola製品・新薬・動物新薬・サプリメントの製造販売を禁じた2010年11月同意判決に違反し続けたと、判断した。

The U.S. Department of Justice initiated the case against Risingsun Health and McAdam on behalf of the FDA in February 2010, in response to the advertisement and sale of unapproved drugs that claimed to treat cancer on various Risingsun Health websites. In November 2010, the court entered a consent decree that resolved the case. In February 2013, the United States sought an order of civil contempt because McAdam and his company continued to manufacture and distribute products, including bloodroot-containing products, in violation of the consent decree, despite receiving several letters from the FDA about the violative conduct. A hearing on the government’s contempt motion was completed on Oct. 21, 2013.

In addition to finding McAdam in contempt, Judge Haddon’s order requires McAdam to cease selling dietary supplements and new drugs, and to pay both $80,000 in liquidated damages and $4,936.48 in attorneys’ fees.

米国司法省は、Risingsun HealthとMcAdamが多様なRisingsun Healthのウェブサイト上で癌を治療すると主張する未承認薬の広告及び販売を行ったことを受けて、 2010年2月にFDAに代わってRisingsun HealthとMcAdamに対する訴訟を開始した。 2010年11月に、裁判所は訴訟を解決する同意判決を出した。FDAから複数の手紙を受け取ったにもかかわらず、同意判決に違反して、McAdamと彼の会社はブラッドルート含有製品を含め、これらの製品を製造配布し続けているため、2013年2月に米国は、McAdamと彼の会社による同意判決違反行為について民事侮辱罪判決を求めた。政府の侮辱訴訟に関する審理は2013年10月21日に完了した。

Sam E. Haddon裁判官は、McAdamに対して民事侮辱罪判決を出すとともに、サプリメント及ぶ薬の販売を中止し、損害賠償8万ドルと弁護士費用4,936ドル48セントを支払うことをMcAdamに命じた。

[FDA NEWS RELEASE For Immediate Release: Dec. 19, 2013]
この判決を受けたRisingsun Healthは....

We apologize inconvenience, but we are designing our web site to comply with the FDA. The compliance will be resolved shortly. Until this is resolved, you will not be able yo order product on line.
不便をお詫びします。我々はFDAの規制を遵守するために、ウェブサイトを設計中です。コンプライアンスはすぐに解決します。それまではオンライン注文できません。

[Rigibgsun Health]
薬理効果についての記述を消したら、商品販売を再開するようである。
posted by Kumicit at 2013/12/20 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/19

クリスマスについての世論調査

Pew Research Centerが2013年12月3-6日に、米国の成人2001名に対して、クリスマスについての世論調査を実施した。

クリスマスを宗教イベントとして祝うか、カルチャーイベントとして祝うか、いわわないか?

[Celebrating Christmas and the Holidays, Then and Now(2013/12/18) on PEW]

ここで注目点は世代の差。65歳以上では宗教とカルチャーは66対19だが、18-29歳では39対44とカルチャー側に傾いている。このまま推移すれば、半世紀後にはクリスマスをカルチャー祝日と思う人々が多数派になる。

これほど明瞭ではないが、処女懐胎についても世代の差が見えている。
処女懐胎を信じるか?

[Celebrating Christmas and the Holidays, Then and Now(2013/12/18) on PEW]
白人の福音主義キリスト教徒や黒人プロテスタントはさておき、他宗派では処女懐胎を信じない人々がいる。少しずつではあるが、若い世代の方が処女懐胎を信じなくなってきている。

若い世代ほど宗教から距離を取り始めているようにも見える世論調査結果だが、実際のところはわからない。確かに米国全体では宗教を重要だと思う人々の比率は漸減している。一方で、若い世代に、MTD(Moralistic therapeuitic deism)と呼ばれる「神が存在して、我々がナイスであることを望んでおり、人生の要点は幸福である」という、もわっとした擬似宗教が広まり始めている。今しばらく、宗教宗派及び無宗教の比率や、教会へ行く頻度の推移などとともに、MTDの調査を眺めて行く必要があるだろう。

posted by Kumicit at 2013/12/19 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/18

フィラデルフィア子供病院のサプリメント対応

2013年10月に取り上げたように、フィラデルフィア子供病院(Children’s Hospital of Philadelphia)は、栄養補助食品(ダイエットサプリ)の使用を禁じる米国初の病院となった。

このフィラデルフィア子供病院の感染症科長Paul A. Offitと薬局部門の臨床マネージャSarah Erushが、この方針を広報・説明する投稿記事をNY Timesが掲載している。
PARENTS whose children are admitted to our hospital occasionally bring along something extra to help with their care: dietary supplements, like St. John’s wort to ameliorate mild depression or probiotics for better health.

Here’s the problem: The Joint Commission, which is responsible for hospital accreditation in the United States, requires that dietary supplements be treated like drugs. It makes sense: Vitamins, amino acids, herbs, minerals and other botanicals have pharmacological effects. So they are drugs.

But the Food and Drug Administration doesn’t regulate dietary supplements as drugs ? they aren’t tested for safety and efficacy before they’re sold. Many aren’t made according to minimal standards of manufacturing (the F.D.A. has even found some of the facilities where supplements are made to be contaminated with rodent feces and urine). And many are mislabeled, accidentally or intentionally. They often aren’t what they say they are. For example:

当病院に入院する子供たちの親たちおは時々、子供たちのケア支援のために、余分なものを持参することがある。たとえば、サプリメント(栄養補助食品)、軽度欝のためのオトギリソウや、よりよい健康のためのプロバイオティクス。

ここで問題がある。米国の病院認証を担当するJoint Commissionは、サプリメントを薬物と同様に扱うことを義務付けている。これは理にかなっている。ビタミン・アミノ酸・ハーブ・ミネラル・他植物などは薬理効果を有するので、それらは薬物である。

しかし、食品医薬品局(FDA)は、医薬品としてサプリメントを規制していない。それらの発売前に、有効性や安全性を試験されていない。多くは製造の最低基準に従っていない(FDAは齧歯類の糞と尿が混入しているサプリメント製造現場さえ発見している)。偶然か意図的か、多くは誤ったラベルが貼られている。ラベルの記載と実態は違っていることが多い。たとえば:

In 2003, researchers tested “ayurvedic” remedies from health food stores throughout Boston. They found that 20 percent contained potentially harmful levels of lead, mercury or arsenic.

In 2008, two products were pulled off the market because they were found to contain around 200 times more selenium (an element that some believe can help prevent cancer) than their labels said. People who ingested these products developed hair loss, muscle cramps, diarrhea, joint pain, fatigue and blisters.

Last summer, vitamins and minerals made by Purity First Health Products in Farmingdale, N.Y., were found to contain two powerful anabolic steroids. Some of the women who took them developed masculinizing symptoms like lower voices and fewer menstrual periods.

Last month, researchers in Ontario found that popular herbal products like those labeled St. John’s wort and ginkgo biloba often contained completely different herbs or contaminants, some of which could be quite dangerous.

The F.D.A. estimates that approximately 50,000 adverse reactions to dietary supplements occur every year. And yet few consumers know this.

2003年には、研究者たちは、ボストン全域の健康食品店にあるアーユルヴェーダレメディを検査した。彼らは、それらのうち20%から潜在的に有害なレベルの鉛や水銀や砒素を検出した。

2008年には、ラベル記載の200倍のセレン(癌を予防できる元素だと信じている者がいる)を含んでいたため、2つの製品が市場から撤去された。これらの製品を服用した人々は、脱毛・筋肉の痙攣・下痢・関節痛・疲労・水疱を起こした。

昨夏には、ニューヨーク州FarmingdaleにあるPurity First Health Products社の製造したビタミンとミネラルに、2種の強いアナボリックステロイドが含まれていることがわかった。これを服用した女性たちの一部は、低い声や少ない月経のような男性化症状を起こした。

先月には、オンタリオ州の研究者たちが、オトギリソウやイチョウとラベルにかかれた人気のハーブ製品にしばしば、まったく異なるハーブや異物を含んでいることを発見した。それらの一部は非常に有害な可能性がある。

FDAはサプリメントによる有害事象が年間約5万件発生していると推定している。そして、ほとんどの消費者はこのことを知らない。

Parents of children admitted to our hospital often request that we continue treating their child with dietary supplements because they believe in them, even if that belief isn’t supported by evidence. More disturbing were the times when children were taking these supplements without our knowledge. Doctors always ask parents if their children are taking any medicines. Unfortunately, because most parents don’t consider dietary supplements to be drugs, we often never knew about their use, let alone whether they might react dangerously with the child’s other treatments.

The F.D.A. has the mandate, but not the manpower, to oversee the labeling and manufacture of these supplements. In the meantime, doctors ? and consumers ? are on their own.

Our hospital has acted to protect the safety of our patients. No longer will we administer dietary supplements unless the manufacturer provides a third-party written guarantee that the product is made under the F.D.A.’s “good manufacturing practice” (G.M.P.) conditions, as well as a Certificate of Analysis (C.O.A.) assuring that what is written on the label is what’s in the bottle.

当病院に入院した子供の親たちは、多くの場合、我々医師たちにサプリメントによる治療の継続を求めてくる。なぜなら、たとえ、証拠に支持されなくても、彼らはサプリメントを信じているからである。より問題なのは、我々医師たちが知らないところで、子供たちがサプリメントを服用している場合である。医師は親に対して必ず、子供たちが何らかの医薬品を服用しているか質問する。残念ながら、大半の親たちはサプリメントを医薬品とは思っていないので、我々医師たちは、サプリメントが他の治療と危険な相互作用をする可能性があるかどころか、子供たちがサプリメントを服用していることすら知りえない。

FDAはこれらのサプリメントのラベルと製造を監督する権限はあるが、マンパワーはない。しばらくの間は。医師と消費者が自分でやるしかない。

当病院は、患者の安全を守るために行動してきた。FDAの「適正製造基準」(GMP)の条件を満たしていることを示すサードパーティによる保証書及び、ラベル通りのものがボトルに入っていることを保証する分析証明書(COA)を製造業者が提示しない限り、当病院はサプリメントを投与しない。

The good news is that we’ve been able to find some vitamins, amino acids, minerals and a handful of other supplements that meet this standard. For example, melatonin has been shown to affect sleep cycles and has a record of safety, and we identified a product that met manufacturing and labeling standards.

The bad news is that this was a vanishingly small percentage of the total group. Around 90 percent of the companies we reached out to for verification never responded. They didn’t call us back, or their email or manufacturing addresses changed overnight. Of the remainder, many manufacturers refused to provide us with either a statement of G.M.P. or a C.O.A.; in other words, they refused to guarantee that their products were what they said they were. Others lied; they said they met G.M.P. standards, but a call to the F.D.A. revealed they had been fined for violations multiple times. Perhaps most surprising, some manufacturers willingly furnished information that their product didn’t meet standards ? like one company that provided a C.O.A. showing that its product contained 47,000 International Units of beta-carotene, when the label stated 25,000.

良いニュースは、我々はいくつかのビタミン・アミノ酸・ミネラルと一握りのサプリメントがこの基準を満たしていることである。たとえば、メラトニンは睡眠サイクルに影響を与えることが示されており、安全性の記録を有しており、我々は、製造およびラベル基準を満たした製品であることを確認している。

悪いニュースは、これが全体の無視しうるほど小さいパーセンテイジだったということである。検証のために我々が連絡を取った企業の約90%は回答しなかった。彼らは電話を我々にかけてこなかったか、一夜にして、メールアドレスや製造場所の住所が変更された。それ以外も、多くの製造業者は、適正製造基準保証書あるいは分析証明書の提示を拒否した。言い換えるなら、彼らは彼らの製品が言い値どおりのものであることを保証することを拒否した。それ以外の業者は嘘をついた。彼らは適正製造基準を満たしていると言ったが、FDAに確認すると、彼らが複数回の規準違反の罰金を科されていることが明らかになった。おそらく最も驚くことは、いくつかの製造業者は喜んで、彼らの製品が気jんを満たしていないという情報を提供した。ある会社が提供した分析証明書は製品が47000IUのベータカロチンを含んでいることを示していたが、ラベルには25000IUと書かれていた。

Now, when parents in our hospital still want to use products whose quality can’t be assured, we ask them to sign a waiver stating that the supplement may be dangerous, and that most have not been studied for their effectiveness. “Use of an agent for which there are no reliable data on toxicity and drug interactions,” the waiver reads, “makes it impossible to adequately monitor the patient’s acute condition or safely administer medications.”

What can other individuals who are concerned about supplement safety do? They can look for “U.S.P. Verified” on the label ? this proves the supplement has been inspected and approved under the United States Pharmacopeial Convention. Unfortunately, fewer than 1 percent of the 55,000 or so supplements on the market bear this label. The real answer is that, until the day comes when medical studies prove that these supplements have legitimate benefits, and until the F.D.A. has the political backing and resources to regulate them like drugs, individuals should simply steer clear.

For too long, too many people have believed that dietary supplements can only help and never hurt. Increasingly, it’s clear that this belief is a false one.

当病院では、親たちが品質保証できない製品を使いたい場合、「サプリメントが危険である可能性があり、効果はほとんど研究されていない」と書かれた権利放棄書に署名することを求められる。それには「毒性や薬物相互作用についての信頼できるデータがない製品を使用すると、患者の急性症状や安全な投薬をモニタできない」と書かれている。

では、サプリメントの安全性を懸念している人には何ができるだろか? ラベルに"USP Verified"という文字を探すことだ。これはサプリメントが米国薬局方の下で検査・承認されていることを示すものである。残念ながら、55000種かそこいらのサプリメントが市場に出回っているが、そのうち1%以下しか、そのような記述はない。医学研究が進んで、これらのサプリメントが合理的な利点を持っていることを証明され、FDAが薬品のようにサプリメントを規制する政治的支持と人員を持てるまでは、個人が明確にハンドルを握る必要がある。

あまりにも長い間、あまりにも多くの人々が、サプリメントは役に立つことは会っても、害はないと信じている。このような信念が誤りであることは、ますます明らかになってきている。

[Paul A. Offit and Sarah Erush: "OPINION: Skip the Supplements" (2013/12/15) on NY Times]
まさしく「毒性や薬物相互作用についての信頼できるデータがない製品を使用すると、患者の急性症状や安全な投薬をモニタできない」というサプリメントの問題。
posted by Kumicit at 2013/12/18 01:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/14

エジプトで雪といえば14世紀前半の...

エジプトの降雪は特に珍しいものではなく、2-3年に1回くらいは見られる[カイロ空港の気象]。

ただ、本気に寒波と言えるものは、歴史的には14世紀前半の寒冷化だろう。
1323年1月、デルタのガルビーヤ(Gharbia)地方では大雨と強風に続いて巨大な雹が降り注ぎ、作物や家畜に被害があった。この時、ガルビーヤ地方の71の村、ブハイラ(Beheira)地方でも32の村が荒廃したという。同様の雹についての記事は1316年、1338年、1346年にも見られるが、1344-1345年の降雹は特に激烈な異常気象として詳述されている。この年、エジプトでは稲妻・雷とともに雹が降り続いた。その後激しい熱波が襲来し、次に大雨とともに膨大な数の雹が降った。そのため村々の地面は白くなり、寒さの厳しさから上エジプト地方でも死者を出した。この時、水害と風害は多くの場所で見られ、デルタのナスティラーワ湖やダミエッタ湖、カイロの「象池」などであまりの寒さから魚が大量に死んだという。

注目したいのは、こうした厳しい寒さについての記述が多いことである。14世紀前半のシリアについては、さらに数多くの冷害に関する情報を集めることが可能であるが、エジプトについても冬期の寒さが異常であるとする記事は少なくない。1337年11月には大量の降雪があった。以上のことから、世界的規模での寒冷化という14世紀の気候変動の影響がエジプトにも及んでいたことが推察されるのである。

ペスト大流行の直前に連続した異常気象・自然災害についても触れておかなければならない。特に1337年以降、エジプトの住民にとって自然環境の厳しさは度を越していたように見える。大雨・暴風・大雪・雹・洪水・渇水・熱風・ネズミの異常発生・地震などが絶え間なく続いた。そして、こうした異常気象をはじめとした自然災害の影響を最も強い形で受けたのが農業であったと考えられる。農民たちの中には村を棄ててカイロに向かう者が多くなり、そのためにカイロは乞食で溢れてしまったという。シリア・イラク・イランなどでも同様に自然災害が頻発したので、1340年代にはいると食糧価格の騰貴はこうした広い地域で慢性化した。シリアでは1342年と1346-1347年にイナゴの大群が農地を荒らしたことも特記しておかなければならない。つまり、エジプトだけでなく、近隣諸地域を含めて食糧の供給は極めて不安定な状態にあった。食糧供給の不安定さが疫病の流行に結び付きやすいという点からいえば、エジプトにおいてはペスト大流行の前提条件は、1337年以後の約10年間に完全に整えられていたのである。

[長谷部史彦, 14世紀エジプト社会と異常気象・飢饉・疫病・人口激減, 『歴史における自然』, 1989 pp.64-65]
このときは、欧州方面でも同様の状況に陥り、ペストの大流行にみまわれることになる。
posted by Kumicit at 2013/12/14 15:17 | Comment(0) | TrackBack(1) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まだ以前の水準にまで静かにはなっていない (Update 〜2013/12/12)

震源(北緯24-50, 東経122-152)のM≧4の地震の推移(週次)を見てみた。(2010年12月あたりのピークは父島近海の地震である。)(回数が少ないところは、最大値50回/週の下図で)
EQtrend2011_2013g..png
[Source: EQLIST + 気象庁]
なお、2013年4月初は三陸沖、4月中旬は与那国島・三宅島・千島など辺境方面の地震がメイン。2013年10月下旬は福島沖がメイン。2年半経過しても、まだ以前の水準にまで静かにはなっていない
posted by Kumicit at 2013/12/14 14:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/11

南アフリカのHIV感染拡大は1990年から [Updated]

以前Chigwedere et al.[2008]による「南アフリカのThabo Mbeki前大統領[1998-2008]が自らの信じるニセ科学たるHIV否定論によって出した犠牲者数推定(死者33万, 母子感染35000)」をとりあげた。

33万という数を考えれば、「HIVはAIDSの原因ではない」というHIV否定論によって、死なずに済んだかもしれない人々を死へと追いやった、Thabo Mbeki前大統領責任は大きい。しかし、南アフリカにAIDSが蔓延することになった責任はThabo Mbeki前大統領にはない。

HIV感染拡大は、南アフリカ最後の白人政権のときに既に進行していた。HIVの感染の広まりを反映していると思われる産婦人科来院者のHIV感染率が、それを示している:
SouthAfricaHIVprevalenceantenatal women.png
南アフリカの産婦人科来院者のHIV感染率の推移
[The 2011 National Antenatal Sentinel HIV & Syphilis Prevalence Survey in South Africa (2012) by National Department of Health, South Africa]


  • Frederik Willem de Klerk (15 August 1989 – 10 May 1994)
    在職1年経過した1990年には産婦人科来院者のHIV感染率は0.7%だったが、政権を去る前には4%を超えていた。
  • Nelson Mandela (27 April 1994 – 14 June 1999)
    Nelson Mandela大統領は、人種融和を最優先にしていて、AIDS対策には消極的だった。そのため、在職最後の1999年には感染率は22%を越えてしまっている。まさにアウトブレーク。
  • Thabo Mvuyelwa Mbeki (14 June 1999 – 24 September 2008)
    感染率はさらに増大するが、感染拡大なアウトブレークから、平衡状態なエンデミックに移行している。Thabo Mbekiが政権を獲得した時点では、HIV感染は拡大しつくしていた。
  • Jacob Zuma (9 May 2009 – )
    引き続き、エンデミック状態。

FW_de_Klerk.jpg.Mbeki_SAJacobZuma.jpg

南アフリカ初の黒人政権誕生を祝っていた時、HIV感染が拡大していた。
そして、ドキュメンタリー映画"Angels in the Dustが伝えるような状況に。


私たちはティーンエイジャーたちを埋葬している。
私たちの友達。
週末には数百人の人々が埋葬される。
墓地はいっぱいで、空きがなくなってしまった。
20年後には本当にここには誰もいなくなってしまう。

(2010年までに、HIV/AIDSによって親を亡くす子供たちの数は最大2500万人になるだろう)
(しかし、南アフリカのある一家が500人の子供たちの面倒を見ている)
....
posted by Kumicit at 2013/12/11 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/08

O'Reilly曰く「イエスはフードスタンプを良い考えだとは言わないだろう」

おなじみFoxnewsのホストBill O'Reillyが、イエスはフードスタンプを良い考えだとは言わないだろうと、自分の番組での、ペンテコステ派牧師との対談で述べた。
“The problem I have, as I stated is that you’re helping one group by hurting another group and a bigger group, and so I don’t know if Jesus is going to be down with that,” O’Reilly told Pentecostal Pastor Joshua Dubois.

“Jesus would be down for the poor,” Dubois pointed out. “He would want to make sure every single person in this country had enough food to eat. And the bottom line is if you add up every single private charitable dollar that feeds hungry people in this country, it’s only 10 percent of what we would need to make sure everyone has food in their stomachs. The rest comes from the federal government.”

“You’re making a powerful argument, but there is one huge mistake in it,” O’Reilly opined. “And that is that some of the people who don’t have enough to eat, it’s their fault they don’t have enough to eat. Particularly with their children.”

He continued: “If you’re an alcoholic or heroin addict or a drug addict and you can’t hold a job, alright, and you can’t support your children − and that’s a circumstance of millions and millions of people, not most, but a lot, a substantial minority − then it’s your fault, you’re bringing the havoc, that you’re asking people who may be struggling themselves to put food on the table to give their tax money to you. And then you’re not even going to buy food with it, you’re going to buy booze and drugs with it.”

“With all due respect, there’s a lot of misconceptions in what you just said,” Dubious replied. “The vast majority of that program goes to elderly people, people who are disabled, 46 percent are children and most people are working families.”

“My parents didn’t make a lot of money and they were able to put food on the table,” O’Reilly grumbled. “I give a lot of money − and you probably know this − to children’s charities, okay? Children who have derelict parents. And I say, it’s not the kids’ fault so I’m going to give the money to the kids. But I don’t give it to charities unless the charity hands it to the kids, gets it right to the kids. So, I’m circumventing the drugs and the alcohol and the other craziness, alright?”

“I don’t live in a derelict country,” Dubois insisted. “There are some folks that have the problems that you described, but that is not the vast majority of food stamp recipients.”

FoxNewsホスト Bill O'Reilly: 問題は述べたように、あなたが別の集団、より大きい集団を損ねることで、ある集団を助けていることです。したがって、イエスがそれを良い考えだと言うとは思えない。

ペンテコステ派牧師 Joshua Dubois: イエスは貧しき者たちのためにしてみようとするでしょう。イエスはこの国の最後の一人にまでも食べ物を十分に行き渡らせようとするでしょう。ボトムラインは、もしこの国で飢えた人々の面倒を見ている慈善団体の資金を10%増やすだけで、すべての人々の腹を満たせるのです。残りの資金は連邦政府が出しています。

O'Reilly: あなたは強力な論を展開しているが、大きな間違いが一つあります。そして、それこそが、十分に食べられない人々がいる理由なのです。彼ら自身のせいで十分に食べられないのです。特に子供たちが。

もし、アルコール依存やヘロイン依存や薬物依存で仕事につけないなら、子供を食べさせられないでしょう。そのような状況が幾百万もあるのです。大半ではないにせよ、多く、無視しえない少数派がいるのです。それは彼らのせいです。自力で食べ物を確保しようとしている人々に対して、税金を彼らに渡すことを求めているのです。彼らは食べ物を買わずに、そのお金で薬物を買うでしょう。

Dubois: そのすべてについて、多くの誤解があります。フードスタンプの利用者の大多数は、老人や障害者であり、46%は子供であり、大半の人々は労働しています。

O'Reilly: 私の両親は多くのお金を稼げず、十分な食料を確保できませんでした。私はご存じのように、多くのお金を子供向け慈善団体に寄付しています。養育義務を放棄した親たちを持つ子供たちに。それは子供たちの責任ではないと私は言っています。だから、私は子供たちにお金を出しています。しかし、慈善団体が子供にお金を渡さないなら、私は寄付していません。だから、私は薬物やアルコールやその他の愚行を忌避しています。

Dubois: 我々はそのような国には住んでいません。そのような問題は一部にはありますが、フードスタンプ受給者の大多数はそんなことはありません。

[David Edwards: "Bill O’Reilly: Jesus is not ‘down with’ food stamps because most poor people are drug addicts" (2013/12/04) on RawStory]
これは、ユニバーサルに存在する「論争」のようだ。
posted by Kumicit at 2013/12/08 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッチョなイエス

American Family AssociationのBryan Fischerによれば、資本主義はイエス自身の教えに上に築かれている。
it was pretty interesting to see Bryan Fischer suddenly join the movement today on his radio program when he declared that the "secret of capitalism" came right out of Mark 10:45, which says that "For even the Son of Man did not come to be served, but to serve, and to give his life as a ransom for many."

In fact, said Fischer, the entire concept of capitalism "is built on the teaching of Jesus himself" and this passage is even the source for the idea that the customer is always right

Bryan Fischerが自身のラジオ番組で動きに絡んできたのはとても面白い。彼は「資本主義の秘密はマルコによる福音書10章45節の『人の子は仕えられるためではなく仕えるために、また、多くの人の身代金として自分の命を献げるために来たのである。』から来ている」と述べた。実際、Fischerは資本主義の概念全体が「イエス自身の教えの上に築かれており」、この節が、顧客が常に正しいという考えの源泉だと述べた。

[Kyle Mantyla: "Fischer: 'Capitalism is Built on the Teaching of Jesus Himself'" (2012/04/17) on Right Wing Watch]


Family Research CouncilのJerry Boykin退役中将によれば、イエスはマッチョである。
As Boykin explained, Jesus was a carpenter and stone mason for most of his life, which required him to be constantly lifting heavy pieces of wood and stone. All this lifting, in turn, meant that Jesus had calluses on his hands and "big, bulging biceps, big ole veins popping out of his arms, thin waist, [and] strong shoulders."

Boykinによれば。イエスは生涯の大半を大工と石工として過ごした。そのような仕事では重い木材や石材を常に持ち上げている。このような運搬で、イエスの手にはまめができていて、上腕二頭筋が腕から盛り上がり、腰は引き締まり、静脈が浮出て、頑健な肩をしていた。

"He was a man," Boykin said. "He was a man's man, but we feminized him in the church ... He was a tough guy and that's the Jesus that I want to be like. That's the side that I want to be like. But we've feminized Jesus in the church and the men can't identify with him anymore; not the kind of men that I want to hang out with, they can't identify with this effeminate Jesus that we've tried to portray. He was a tough guy. He was a man's man"

「イエスは男だ。男の中の男だ。しかし、教会ではイエスは女性化されている。イエスはタフガイであり、私はイエスはそうあってほしいと私が思っている姿である。そのような面こそ、私があってほしいと思う面である。しかし、我々は教会でイエスを女性化している。そして、それ以外の姿を思い浮かばないようにしている。私が思うような姿など。我々が描こうとしている女々しいイエスでは。イエスはタフガイだった。イエスは男の中の男だった。

[Kyle Mantyla: "Boykin: Jesus 'Was A Tough Guy, He Was A Man's Man'"(2013/11/18) on Right Wing Watch]
こんなかじだったようだ。
MachoJesus.jpg
[BUFF JESUS]

きっと十字架から自力脱出し、十字架を振り回して、ジーザス無双とかやってたのだろう。

で、さらに "Pray In Jesus Name" showの "Pray In Jesus Name" showによれば、イエスはゲイを地獄に突き落すであろう。
Klingenschmitt said that even if a court orders the church to allow the ceremony, God will never bless the marriage, saying that "God is going to withhold his blessing from sodomy because God has defined that as sin."

Klingenschmitt went on to add that one day "Jesus will come back and rule. In fact, he'll strike down the judge, he'll strike down the law in Britain, he'll strike down the sodomites and throw them into Hell"

Klingenschmittは「たとえ法廷が結婚式を認めるように教会に命じようとも、神はその結婚を絶対祝福しない。神はゲイを罪であると定めているので、ゲイを祝福することはない。」と述べた。

さらに「イエスはいつの日か還ってきて、支配する。実際イエスはそのような判決を叩き壊し、英国の法律を叩き壊し、ゲイをぶちのめして、地獄に突き落とすだろう。」

[Kyle Mantyla:"Klingenschmitt: Jesus Will 'Strike Down The Sodomites And Throw Them Into Hell'" (2013/08/13)on Right Wing Watch]
民数記15章 32-36節によれば、土曜出勤は死刑なので、休日出勤を認める法律も叩き壊すのかな?

posted by Kumicit at 2013/12/08 13:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/03

今日もどこかで誰かが...

服用して、死亡を含む重篤な症例が起きたことがメディアで報道されたダイエットサプリだけが危険かというと、そうではないかもしれない。最近も、アンフェタミン様化合物を含むダイエットサプリメントが見つかったり、>禁じられない限りリスキーなサプリメントも販売が続いたりと、何でもあり状態。

そして、報道されることなく、ダイエットサプリによる障害は起きているかもしれない。
I recently cared for a patient with worsening kidney failure. After a full investigation, I could find no cause but a coincidence that he had used "Kangaroo," a sex-enhancing supplement, around the time he got sick.

While there is no way to prove or disprove the link between the pill and the ailment, it made me consider how little we know about the toxicity of supplements despite how common they are, and the significant number of deaths and life-threatening events they cause each year.

私は腎臓障害を悪化させた患者の看病をしたことがある。色々調べ尽くしたが、彼が病気になった頃に偶然使っていたKangarooという性力増強サプリ以外に原因を見出せなかった。サプリと病気の関係を証明する手段も、否定する手段もない。しかし、かくも広く使われていながら、サプリの毒性についても、毎年、相当数の死亡と生命の危険に瀕する症例を起こしていることについても、我々はほとんど知らないということに、私は思い至った。

....

It's clear that we need better FDA surveillance of these products and national databases to track and report toxicity. Physicians and patients also need to be better educated about them.

Or the next encounter with "Kangaroo" may not be a happy one.

これらの製品に対するFDAのより良いサーベイランスと、毒性にトラッキングと報告のための全米データベースが必要なには明らかだ。でないと、次にKangarooに遭遇したときは、不幸な出会いになるかもしれない。

[Janani Rangaswami: "Health supplements can have harmful side effects" (2013/12/01) on Philly]
MrKangarooは実在するカンガルーエキスサプリである。これが腎臓障害を起こしたのか否かはわからない。ただ、このような例は他の製品でも、報道されることなく、起きていても不思議ではない。何しろ、米国のサプリには、ラベルに記載されていない成分が入っていたり、記載された成分が入ってなかったり、リスキーな成分が入っていたりするからだ。

効果の有無はともかくも、安全性は医薬品と同等の法規制を課すべきだが、さて。
posted by Kumicit at 2013/12/03 04:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/02

信頼に値しない米国のダイエットサプリ

米国CDC( Centers for Disease Control and Prevention)のdisease detectiveであるDr. Seema Yasminが、OxyEliteなどサプリメント問題について意見を、製造元USPLabの本社のあるDallasの地方紙Dallas Newsが掲載した。
Not quite medicines, not quite food, dietary supplements fall into a regulatory black hole. A big black hole. And one of the most glaring examples of what can go wrong occurred in Dallas, where a company continued to manufacture dietary supplements with an illegal ingredient, DMAA, one year after this laboratory-made stimulant was deemed unsafe.

The story begins in 1994, when Sens. Orrin Hatch, R-Utah, and Tom Harkin, D-Iowa, introduced a federal law, the Dietary Supplements Health and Education Act, that opened the door for supplements to be sold without safety testing.

医薬品でもなく、食品でもない、ダイエットサプリは法規制のブラックホールの落ちている。大きなブラックホールだ。それが問題を起こした例で最も注目されるものの一つがDallasでおきた。Dallasでは、実験室でつくられた覚醒剤が安全ではないと判断されてから1年にわたり、違法成分DMAAを含むダイエットサプリの製造が続けられた。

話は、ユタ州選出共和党Orrin Harch連邦上院議員、アイオワ州選出Tom Harkin連邦上院議員が、ダイエットサプリ健康教育連邦法を提案し、これが安全検査なしにサプリを販売することへの扉を開いた、1994年に始まる。

...

Originally developed as a nasal decongestant by Eli Lilly in the 1940s, DMAA was removed from the market in 1983 at the company’s request. Scientific studies of its effects had demonstrated increases in heart rate and blood pressure, alongside nervousness and tremors. But DMAA enjoyed a comeback after 2006. Touted as a natural derivative of geranium, it became an active ingredient of performance-enhancing and weight-loss supplements.

After six deaths and more than 100 reports of sickness were linked to DMAA, it was banned by the FDA in April 2012.

もとは1940年代にEli Lillyによって、鼻充血除去剤として開発されたDMAAは、当社の要請で1983年に市場から撤去された。その効果の科学的研究は、心拍数と血圧の上昇及び、神経質と振顫の増大を招くことを示した。しかし、DMAAは2006年に市場に帰ってきた。ゼラニウムの天然派生物として宣伝され、運動パフォーマンス向上と減量サプリの有効成分となった。

DMAAと関連する6名の死亡と100件以上の症例報告の後に、FDAは2012年4月にDMAAの使用を禁止した。

[Dr. Seema Yasmin: "The risky business of dietary supplements" (2013/11/29) on Dallas News]
最終的に、DMAAを含む各社のダイエットサプリが市場から撤去されたのは2013年秋になってからである。

そして、USPlabなどがDMAAバージョンのダイエットサプリの製造販売を中止するかわりに行ったことは、aegelineを有効成分とするダイエットサプリの製造販売だった。これが、ハワイでの肝臓障害の多発につながっていく。米国において製造販売されているダイエットサプリはまったく信頼するに値しない。

posted by Kumicit at 2013/12/02 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UFO目撃データを見てみる

2010年までのUFO目撃証言を収録したデータセットがここで公開されている。総件数は6万件を超える。大半は米国だが、欧州や中国もある(証言は英訳済み)。

ということで、とりあえず、さらっと整理してみた。

まずは月齢と目撃件数の関係。ほとんど依存性は見れない。満月と新月に大きな差があるわけでもない。
UFO_Moon.png

曜日依存は大きく、週末に偏っている。暇な土曜の夜には目撃が多いようだ。
UFO_weekly.png

月別だと(月の日数は補正してないので2月が不利だが)、夏から初秋にかけてが多い。夜間外出の季節ということだろうか?
UFO_Monthly.png

そして、経年変化。これは証言の集めやすさにも依存する。ネットの発展によるものかもしれない。
UFO_annual.png

UFO形状の流行などを見ていくと面白いかもしれない。
posted by Kumicit at 2013/12/02 22:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする