2013/12/31

米国の民間防衛映画"Radiological Defense"(1961)

1961年に制作された米国の民間防衛映画"Radiological Defense"に字幕をつけてみた。

基本的には、爆風・熱線の破壊領域は諦めて、その外側での放射性降下物対策により、人口の半数を生存させる想定。


その他の核戦争関連動画はこちら:
posted by Kumicit at 2013/12/31 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/29

メモ「bias blind point(バイアス盲点)」

ラジオ番組A Prairie Home Companionの架空の街Lake Wobegonでは、すべての女性は強く、すべての男性はイケメンで、すべての子供は平均以上である。その街の名をとって、自分の達成度や能力を過大評価するIllusory superiorityLake Wobegon Effectと呼ぶこともある。「未熟な人が、誤って自らの能力を平均よりも、はるかに高いと評価して、幻想上の優位性を患う認知バイアス」であるダニング・クルーガー効果も、この認知バイアスのひとつである。

一群のLake Wobegon Effectのひとつに、"bias blind spot(バイアス盲点)"がある。これは、他人のバイアスを認識できるのに、自分の同じバイアスを認識できないというものである。
Human judgment and decision making is distorted by an array of cognitive, perceptual, and motivational biases. This research concerns recent evidence that people are quite capable of recognizing the operation of bias in human judgment - except when that bias is their own. Aside from the general motive to self-enhance, two primary sources of this "bias blind spot" have been identified. One involves people's heavy weighting of introspective evidence when assessing their own bias, despite the tendency for bias to occur nonconsciously. The other involves people's conviction that their perceptions directly reflect reality, and that those who see things differently are therefore biased. People's tendency to deny their own bias, even while recognizing bias in others, reveals a profound shortcoming in self-awareness with important consequences for interpersonal and intergroup conflict.

人間の判断や意思決定は、認知や知覚や動機付けのバイアスによって歪んでいる。この研究は「人々が、人間の判断におけるバイアスの動作を認識する能力を持っているが、自分自身のバイアスについてはそうではない」ことを示す最近の証拠に関するものである。自己強化の一般的動機をさておいて、この「バイアス盲点」の主たる原因の2つが特定されている。ひとつは、人々が自分自身のバイアスを評価するとき、無意識に起きるバイアスの傾向があるにもかかわらず、内省的証拠に重きを置くことである。もうひとつは、「知覚は現実を直接に反映しており、違って見えている者たちにはバイアスがかかっていると考える」人々の信念である。たとえ他人の同じバイアスの存在を認識しても、人々には自分自身のバイアスを否定する傾向があり、そのことは「個人間及び集団間のコンフリクトの重大な結果をもたらす自己認識に重大な欠点がある」ことを、明らかにしている。

[Emily Pronin: "The Bias Blind Spot: Psychological Dynamics and Social Consequences" ]
他人と認識が一致しないなら、それは他人の側にバイアスがあると考え、自分の側にバイアスがあるとは考えないという...

posted by Kumicit at 2013/12/29 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/27

体のランダムなところに鍼を置いて刺さないシャム vs 普通の鍼

「体のランダムなところに鍼を置いて刺さないシャム vs 普通の鍼」で、乳癌治療の副作用を緩和できるか調べたら、有意差は見られなかったという研究が論文掲載された。
Acupuncture has been practiced for thousands of years − but that doesn't mean it actually works.

A new study published online in the journal Cancer suggests that any relief acupuncture brings may be the result of a placebo effect.

Researchers followed a group of 47 women being treated with aromatase inhibitors, a breast cancer medication that can cause menopause-like side effects (hot flashes, night sweats) as well as joint and muscle pain. Twenty-three of the women received eight weeks of acupuncture; the rest received eight weeks of something called "sham acupuncture," where needles are placed on the skin somewhat randomly − not at traditional acupuncture points − and then not actually inserted.

The result? All of the patients reported that their side effects had improved, especially the severity of their hot flashes.

鍼は数千年にわたり実践されてきたが、そのことは実際に効くことを意味しない。Cancer誌オンライン掲載された新たな研究は、鍼の効果はプラセボ効果の結果であることを示唆している。

研究者たちは、「更年期症状様の副作用(顔面潮紅、寝汗)や関節痛や筋肉痛を起こす可能性のある、アロマターゼ阻害剤の治療を受けている、乳癌治療中の47名の女性たち」をフォローした。23名の女性たちは8週間の鍼治療を受け、24名の女性たちは8週間のいわゆるシャム鍼(鍼を皮膚上のランダムな場所に置くが、その場所は伝統的な鍼のポイントではなく、実際に鍼を刺すこともない)を受けた。

結果はといえば、患者全員が副作用の改善、特に顔面潮紅強度が完全改善したと自己申告した。

[Lauren F Friedman: "New Study Exposes Acupuncture As Pseudoscience" (2013/12/26) on SFgate]
この結果は、実際に刺す必要もなければ、場所も適当で良いことを示唆している。

これの原論文のAbstractは...
[Patient-reported outcomes in women with breast cancer enrolled in a dual-center, double-blind, randomized controlled trial assessing the effect of acupuncture in reducing aromatase inhibitor-induced musculoskeletal symptoms", Cancer, 2013, DOI: 10.1002/cncr.28352.]

BACKGROUND: Aromatase inhibitors (AIs) have been associated with decrements in patient-reported outcomes (PROs). The objective of this study was to assess whether real acupuncture (RA), compared with sham acupuncture (SA), improves PROs in patients with breast cancer who are receiving an adjuvant AI.

METHODS: Postmenopausal women with a stage 0 through III breast cancer who received an AI and had treatment-associated musculoskeletal symptoms were randomized to receive 8 weekly RA versus SA in a dual-center, randomized controlled trial. The National Surgical Adjuvant Breast and Bowel Project (NSABP) menopausal symptoms questionnaire, the Center for Epidemiological Studies Depression (CESD) scale, the Hospital Anxiety and Depression Scale (HADS), the Pittsburgh Sleep Quality Index (PSQI), the hot flash daily diary, the Hot Flash-Related Daily Interference Scale (HFRDI), and the European quality-of-life survey (EuroQol) were used to assess PROs at baseline and at 4weeks, 8 weeks, and 12 weeks.

RESULTS: The intention-to-treat analysis included 23 patients in the RA arm and 24 patients in the SA arm. There were no significant differences in baseline characteristics between the 2 groups. Compared with baseline, scores in the RA arm improved significantly at week 8 on the CESD (P = .022), hot flash severity (P = .006), hot flash frequency (P = .011), the HFRDI (P = .014), and NSABP menopausal symptoms (P = .022); scores in the SA arm improved significantly on the EuroQol (P = .022),the HFRDI (P = .043), and NSABP menopausal symptoms (P = .005). Post-hoc analysis indicated that African American patients (n = 9) benefited more from RA than SA compared with non-African American patients (n = 38) in reducing hot flash severity (P < .001) and frequency (P < .001) scores.

CONCLUSIONS: Both RA and SA were associated with improvement in PROs among patients with breast cancer who were receiving AIs, and no significant difference was detected between arms. Racial differences in response to acupuncture warrant further study

アロマターゼ阻害剤(AIs)は、患者自己申告アウトカム(PRO)の減少と関連している。本研究の目的は、本物の鍼(RA)は、シャム鍼(SA)と比べて、アジュバントアロマターゼ阻害剤の投与を受けている乳癌患者のPROを改善するか否かを評価することである。

アロマターゼ阻害剤の投与を受けていて、治療に伴う筋骨格症状のあるステージ0〜IIIの乳癌患者で閉経後の女性たちは、デュアルセンター・ランダム化対照試験で、8週間にわたり毎週、本物の鍼(RA)あるいはシャム鍼(SA)を受けた。米国外科アジュバント胸部・腸プロジェクト(NSABP)の更年期症状アンケート、疫学的研究センター鬱スケール(CESD)、病院不安・抑鬱スケール(HADS)、ピッツバーグ睡眠質指数(PSQI)、顔面潮紅の日々記録、顔面潮紅日次干渉スケール(HFRDI)、欧州QOL調査(EuroQol)を使って、ベースライン・4週間後・8週間後・12週間後のPROを評価した。

治療意図に基づく解析にはRA側の患者23名とSA側の患者24名が含まれている。この2集団にベースラインでの有意差はなかった。ベースラインと比較して、RA側のスコアは8週間後に、CESD(P=0.022)、顔面潮紅強度(P=0.006),顔面潮紅頻度(P=0.011)、HFRDI(P=0.014)、NSABP更年期症状(P=0.022)が有意に改善した。SA側は、EuroQol(P=0.022)、HFRDI(P=0.043)、NSABO更年期症状(P=0.005)が有意に改善した。事後解析では非アフリカ系米国人患者(n=38)と比べて、アフリカ系米国人患者(n=9)の顔面潮紅強度(p<0.001)と顔面潮紅頻度(P<0.001)は、SAよりもRAの方が効果が有意に大きかった。

本物の鍼(RA)とシャム鍼(SA)の療法が、アロマターゼ阻害剤の投与を受けた乳癌患者について、PROの改善と関連していた。RAとSAの間で有意差は見られなかった。鍼の効果の人種依存性については、さらなる研究が必要である。
同様の研究としては、鍼治療の効果を調べるために、単盲検でリアル鍼・Streitbergerのプラセボ鍼・電気刺激による模擬を比較した研究[White et al, 2011]があった。このときは、この3つの間に、有意差はなかった。

これらの結果はそれはそれで、鍼治療にとって有益な情報である。本当に刺す場合、ディポーザル鍼を使い、血液経由の感染症を確実に阻止しなければならない。しかし、刺さなくていいなら、安全性は大いに高まる。また、場所も適当でよければ、鍼灸師の養成も楽になる。
posted by Kumicit at 2013/12/27 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/26

温暖化否定団体の資金についての社会学者の研究

数年前に米国の温暖化否定活動を概観した。このとき、理系スタッフのほとんど存在しない保守系シンクタンクが出版物などの形で広めている状況を見た。このような保守系シンクタンクへの資金の流れについて、社会学者Suzanne GoldenbergRobert Brulleの研究が論文掲載された。
Conservative groups may have spent up to $1bn a year on the effort to deny science and oppose action on climate change, according to the first extensive study into the anatomy of the anti-climate effort.

The anti-climate effort has been largely underwritten by conservative billionaires, often working through secretive funding networks. They have displaced corporations as the prime supporters of 91 think tanks, advocacy groups and industry associations which have worked to block action on climate change. Such financial support has hardened conservative opposition to climate policy, ultimately dooming any chances of action from Congress to cut greenhouse gas emissions that are warming the planet, the study found.

保守団体が、気候変動の科学を否定し、気候変動対策に反対する活動に年間最大限10億ドルを支出してきた可能性がある。反気候変動活動は、秘密資金ネットワークを通じて働く保守の資産家によって概ね支えられている。彼らは、気候変動対策を阻止するために働いている91のシンクタンク・擁護団体・業界団体の主要な支持者として企業に動かしている。このような財政支援は、気候変動政策に対する保守の反対を強化し、最終的には、地球温暖化を進行させる温室効果ガス排出を抑制しようとする議会の動きを阻止する。

“I call it the climate-change counter movement,” said the author of the study, Drexel University sociologist Robert Brulle. “It is not just a couple of rogue individuals doing this. This is a large-scale political effort.”

Brulle's study, published on Friday in the journal Climatic Change, offers the most definitive exposure to date of the political and financial forces blocking American action on climate change.

この研究論文の著者であるDrexel Universityの社会学者Robert Brulleは「私はこれを気候変動カウンター運動と呼ぶ。これは極少数の悪党によるものではない。これは大規模な政治活動である。」Brulleの研究は金曜日にClimatic Change誌に掲載され、米国の気候変動対策を妨害する、今日の政治的及び資金的な力を明瞭にしている。
...
The vast majority of the 91 groups on Brulle's list ? 79% ? were registered as charitable organisations and enjoyed considerable tax breaks. Those 91 groups included trade organisations, think tanks and campaign groups. The groups collectively received more than $7bn over the eight years of Brulle's study ? or about $900m a year from 2003 to 2010. Conservative think tanks and advocacy groups occupied the core of that effort.

The funding was dispersed to top-tier conservative think tanks in Washington, such as the AEI and Heritage Foundation, which focus on a range of issues, as well as more obscure organisations such as the Atlas Economic Research Foundation and the John Locke Foundation.

Brulleのリストにある91団体の79%は、非営利団体として登記されており、何らかの税の減免措置を受けている。これら91団体には営利団体・シンクタンク・キャンペーングループも含まれている。Brulleの研究によれば、過去8年で、これら団体全体で70億ドル、すなわち2003年から2010年の間に毎年9億ドルを受け取っている。保守系シンクタンクと宣伝団体が、この活動のコアを占める。

資金は、AEIやHeritage Foundationのようなこの問題のフォーカスしたワシントンの一流の保守系シンクタンクから、Atlas Economic Research FounationやJohn Locke Foundationのような曖昧な団体にまで分散している。
...

[Suzanne Goldenberg: "Conservative groups spend up to $1bn a year to fight action on climate change" (2013/12/20) on TheGuardian]
大手のシンクタンクは複数の問題を取り上げている。また、特定メンバーだけが温暖化否定を担当していて、組織全体としては気候変動についてポジションを明示していない場合もある。このため、資金量を厳密に特定することは困難だが、Suzanne GoldenbergRobert Brulleの調査ではおおよそ年間9億ドルが、温暖化否定活動に流れている。資金を提供している人々にとっては、それだけの資金を使っても見返りが十分にあるということなのだろう。
posted by Kumicit at 2013/12/26 09:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | Sound Science | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013/12/24

ウガンダのゲイ終身刑法案の背後に、米国の福音主義キリスト教セクトThe Family

昨日も触れたように、米国で最強かつ秘密主義の原理主義組織のひとつであるThe Fellow Ship(別名The Familiy)は、ウガンダの反ゲイの背後にある知的運動体であり、Yoweri Museveni大統領をキリスト教の反ゲイに転向させている。

そして、法案の提案者Bahati議員もその一員だという報道もある。
Bahati is a member of "The Family," also known as "The Fellowship," a secretive and powerful U.S.-based evangelical sect that has been sending money and missionaries to African nations, including Uganda, to promote anti-gay public sentiment and legislation. According to Ralph Stone of the San Francisco-based Fog City Journal, "the Family and other anti-gay groups have long viewed Uganda as a laboratory to experiment with Christian theocracy."

[法案の提案者である]Bahati議員は、米国の秘密主義かつ強力な福音主義セクトである、"The Fellowship"という名でも知られる"The Family"の一員である。このセクトはウガンダなどアフリカ諸国に資金と宣教師を送り、反ゲイの大衆センチメントと立法を推進している。San Franciscoを本拠地とするFog City JournalのRalph Stoneによれば「The Familyやその他の反ゲイ団体は、長きにわたり、ウガンダをキリスト教神権政治の実験室と見てきた。

[Brett Wilkins: "U.S. evangelicals helped write draconian Uganda anti-gay bill" (2013/12/23) on DigitalJournal]
また、2年ほど前のIBTimesの記事によれば...
American Christian evangelical organisations have actively lobbied for the re-introduction of the anti-homosexuality bill in Uganda, which was presented in the parliament Tuesday, according to local activists.

The Uganda-based Family Life Network (FLN), founded by Stephen Langa, is the main organisation behind the efforts to revive the bill, according to Kikonyogo Kivumbi, executive director of civil rights organisation Uhspa-Uganda.

"Many people in Uganda subscribe to the FLN ideology," he said. "We tried to engage with them, but they turned down the dialogue. They are part of a foreign, illiterate agenda that has all the intentions to make the bill pass through."

According to experts, there are close links between many American anti-gay preachers and their Ugandan counterparts. David Bahati, the Anti-Homosexuality Bill's sponsor, is the secretary of the Ugandan branch of The Family, a secretive American evangelical organisation, according to Kivumbi. Langa himself is an affiliate of the Phoenix-based group Disciple Nations Alliance.

地元の活動家によれば、米国の福音主義キリスト教団体が活発に、ウガンダの反ホモセクシュアル法案の再提案のロビー活動をしていた。この法案は火曜日に議会に提案された。

人権団体Uhspa-Ugandaの代表者であるKikonyogo Kivumbiによれば、ウガンダを本拠地とするFamily Life Network(FLN)は、Shephen Langaにより設立され、この法案の復活の動きの背後にいる主要団体である。「多くのウガンダ人がFLNのイデオロギーを受け入れている。我々は彼らと関わろうとしたが、彼らは対話をトーンダウンさせた。彼らは、この法案を通過させようという意図を持つ外国の無教養なアジェンダの一部である。」と彼は述べた。

専門家によれば、多くの米国の反ゲイ説教師とウガンダのカウターパートは密接な関係を持っている。Kikonyogo Kivumbiによれば、反ホモセクシュアル法案の提案者であるDavi Bahatiは、米国の秘密主義な福音主義団体であるThe Familyのウガンダ支部の事務局長である。Langa自身も、Phoenixを本拠地とする団体Disciple Nations Allianceと提携している。

[Gianluca Mezzofiore: "Christian Evangelical Family Network Behind Anti-Gay Bill in Uganda" (2012/02/08) on IBtimes]
米国でできそうにないことを、アフリカでやっていこうという米国の福音主義団体。このような団体の動きが、ゲイを生きながら焼き殺す群衆を生み出している。

このような行為は、しかし、聖書に基づいている。レビ記 / 20章 13節には「女と寝るように男と寝る者は、両者共にいとうべきことをしたのであり、必ず死刑に処せられる。彼らの行為は死罪に当たる。 」とある。
posted by Kumicit at 2013/12/24 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする