2014/01/07

ウガンダのゲイ終身刑法案に大統領は未だ署名せず

2009年10月に始まり、2011年には失速していたウガンダのゲイ死刑法案が、ウガンダ議会をゲイ終身刑法案として、2013年12月20日に通過した。しかし、2014年1月2日時点で、ウガンダ大統領Yoweri Museveniは法案に署名していない。
Kampala − Uganda President Yoweri Museveni will not rush to approve a controversial anti-gay draft law, widely criticised internationally but overwhelmingly backed by local political and religious leaders, his spokesman said on Thursday.

Uganda's parliament adopted the bill on December 20. It will see repeat offenders jailed for life, sparking an international outcry as lawmakers hailed it as a victory against "evil".

"There has been pressure from religious leaders and parliament to sign the bill into law," presidential spokesman Tamale Mirundi told AFP, adding that Museveni "won't rush to assent the bill before he studies it" fully.

"President Museveni is a practical president, he takes decisions based on analysis and not on how many support or are against it," he added.

Deputies voted overwhelmingly in favour of the text, which has been condemned by rights activists and world leaders -- with US President Barack Obama describing it as "odious" and Nobel Peace laureate Desmond Tutu comparing it to apartheid.

ウガンダ大統領Yoweri Museveniは、国際的に広く批判されていて、国内政治勢力及び宗教指導者たちから圧倒的に支持されている、異論のある反ゲイ法の承認を急がないと、大統領報道官が2014年1月2日に述べた。

ウガンダ議会は2013年12月20日に法案を可決した。再犯者を終身刑にする法案は、国際的に抗議され、議員たちからは「悪」に対する勝利として歓迎された。

大統領報道官Tamale MirundiはAFPに対して「法案へ署名するよう宗教指導者たちと議会から圧力があった。Museveni大統領は自身が十分に法案を研究するまでは、法案に署名しない。Museveni大統領は実践的な大統領であり、支持や反対がどれだけあるかではなく、分析に基づいて決断する。」

Barack Obama米国大統領が「嫌悪すべき」と記述し、ノーベル平和賞受賞者Desmond Tutuはアパルトヘイトを引き合いにだし、人権運動家や世界の指導者から非難された法案を、議員たちは圧倒的に支持した。

{Uganda president 'won't be pressured' to sign anti-gay law (2014/01/02) by AFP hosted by Google]
国際的圧力が効いているのか、Yoweri Museveni大統領は決断を先送りしているようである。


追記 2014/01/18

CNNの2014/01/17付け報道によれば、ウガンダ大統領Yoweri Museveniは「ゲイは助けが必要な病気の人々だが、議会は違法に法案を可決した」として、拒否権を発動した。
posted by Kumicit at 2014/01/07 00:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする