2014/01/09

ヴァージニア州下院に反科学州法案HB207登場

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、ヴァージニア州下院の反科学法案が登場した。
House Bill 207, prefiled in the Virginia House of Delegates on December 27, 2013, and referred to the Committee on Education, is the first antiscience bill of 2014. The sponsor (or "chief patron") of the bill is Richard P. "Dickie" Bell (R-District 20).

2013年12月27日にヴァージニア州下院に事前登録され、州下院教育委員会に送られたHB207は、 2014年の最初の反科学の法案である。州法案の提案者は、共和党District-20選出のRichard P. "Dickie" Bell州下院議員である。

The bill calls upon the state board of education and local school boards to "create an environment in public elementary and secondary schools that encourages students to explore scientific questions, learn about scientific evidence, develop critical thinking skills, and respond appropriately and respectfully to differences of opinion about scientific controversies in science classes" and to "assist teachers to find effective ways to present scientific controversies in science classes"; they are forbidden to "prohibit any public elementary or secondary school teacher from helping students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of existing scientific theories covered in science classes." Presumably attempting to immunize the bill against the accusation that it is religiously motivated, the bill also provides, "Nothing in this section shall be construed to promote or discriminate against any religious or nonreligious doctrine, promote or discriminate against a particular set of religious beliefs or nonbeliefs, or promote or discriminate against religion or nonreligion."

州法案は州教育委員会と学区教育委員会に対して「生徒たちに、理科の授業で、科学的な問いを探求し、科学的証拠を学び、批判的思考を発達させ、異なる意見に適切かつ敬意を以って対応できるように奨励する環境」を公立小中学校に創り、「理科の授業で、科学的論争を効果的に提示する方法を教師たちが見出すのを支援する」ことを義務付ける。そして、「生徒たちが理科の授業で取り上げられる既存の科学理論の強いところと弱いところを客観的に理解、分析、批判、レビューするのを、教師たちが支援するを禁じる」を禁じる。おそらく、宗教的に動機付けられているという批判から州法案を守るために「このセクションは、宗教あるいは非宗教の教義の促進あるいは差別、特定の信条あるいは非信条の促進あるいは差別、宗教あるいは非宗教の促進あるいは差別するものと解釈してはならない」という記載がある。

No specific supposed scientific controversies are mentioned in the text of the bill, but press reports on the bill, such as WHSV's (January 7, 2014), suggest that Bell was thinking about evolution.

州法案文に、特定の科学的論争と称するもには記載されていないが、2014年1月7日のWHSVの報道によれば、Bell州下院議員は進化論について考えていたことを示唆している。

[Antiscience bill introduced in Virginia (2014/01/07) on ncse]
「生物進化、生命の化学起源、気候変動及ぶヒトクローンを含むが、それらに限らず」という例示がない以外は、特に従来の反進化論州法案と違いがない。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは1個:

  • ヴァージニア州下院に反科学州法案HB207登場 (2014/01/09)




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/01/09 05:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする