2014/01/15

英国ではホメオパシーは実際には信じられていないのかもしれないという研究

英国における代替補完医療支持は実際には少数しかいないのではないかという研究がある。
Yet while binary opposition between support for homeopathy (and other complementary and alternative (CAM) treatments) is how public debate is framed, it is far from clear that the public thinks and does the same.

ホメオパシーや代替補完医療の支持についての二項対立という形でパブリックな議論が形付けられているが、人々の考えや行動が、それと同じかは明確ではない。

In research we carried out using the Wellcome Monitor Survey, we interviewed a random sample of 1179 UK adults aged over 18 about homeopathy and other CAM. We also wanted to know why some people chose or not to use these treatments.

Wellcome Monitor Surveyを使った我々の研究では、18歳以上の英国人1179名に、ホメオパシーや代替補完医療について質問した。我々は、人々が何故これらの治療法を選択するのか、あるいは選択しないのか知ろうとした。

image.jpg

[What does the public really think about homeopathy? (2014/01/13) on TheConvesation]
英国では、過半数は代替補完医療を使っていない。また、最も使われている代替補完医療はハーブで、ホメオパシーはそれより少ない。ただし、英語圏では漢方薬をハーブに分類している。
To explore this further, we used a statistical modelling technique called latent class analysis, which helps identify groups of persons that are similar to each other in their profile of survey responses. We selected questions for analysis based on the key dimensions of public debate: the importance of science education, belief in the effectiveness of homeopathy, use of CAM, trust in medical doctors and optimism about medical advances in general.

さらに深堀するために、調査回答プロファイルの類似した人々の集団を特定することに役立つ、Latent Class Analysisと呼ばれる統計モデルテクニックを使った。科学教育の重要性、ホメオパシーの効果についての信条、代替補完医療の利用、通常医師への信頼、医学の発展への楽観性という、人々の議論の主要な軸に基づいて、分析の質問項目を選定した。

We found that we could split the public into three groups. The first, who we called the “disaffected”, comprise just under 30%. They are generally pessimistic about medicine, don’t see the value of science education and don’t believe in the efficacy of homeopathy either.

A second “conventional” group, accounting for just over 30% of citizens, are likely to be supportive and trusting of conventional medicine, reject CAM and value science education.

The third and largest group (just over 40% of the population) is the most interesting. This group is likely to have used CAM and to think that homeopathy is effective. Yet they are overwhelmingly trusting of medical doctors, value science education and are optimistic about medical advances. We call this group the “dissonants” (although they are unlikely to call themselves that).

我々は人々が3つのカテゴリに分かれていることを発見した。第1が、"disaffected(不満)"で、30%弱をしめる。彼らは医療に対して悲観的で、科学教育の重要性に価値を見出さず、ホメオパシーの効果も信じない。

第2は通常集団で、30%強を占め、通常医療を支持し、信頼し、代替補完医療を拒否し、科学教育に価値を見出す。

第3は最大の集団で40%強を占めていて、最も興味深い。この集団は代替補完医療を使う傾向にあり、ホメオパシーに効果があると考えている、しかし、彼らは圧倒的に通常医師を信頼し、科学教育に価値を見出し、医学の発展に楽観的である。この集団を我々は"dissonants(不協和)"と呼ぶ(おそらく彼ら自身は、そうは自称しないだろうが)。

[What does the public really think about homeopathy? (2014/01/13) on TheConvesation]
二項対立ではなく、「通常医療支持・代替補完医療不支持」「通常医療支持・代替補完医療支持」「通常医療不支持・代替補完医療不支持」の3集団があるように統計的には見えていることは興味深い。また「通常医療不支持・代替補完医療支持」という集団はあっても少数のようで、統計的には姿が見えない。

なお、この不協和に入る傾向があるのは、男性より女性、学歴は高い方(ただし、理系の学歴が高かったり、科学のクイズの正答率が高い人々は入らない)だった。
image.jpg
[Paul Stoneman: et al"Incommensurable Worldviews? Is Public Use of Complementary and Alternative Medicines Incompatible with Support for Science and Conventional Medicine?, PLOSONE 2013]
このあたりは、特に違和感のない結果である。
posted by Kumicit at 2014/01/15 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする