2014/01/26

やっていることに違いはない

草の根レベルのアンチサイエンスとして、創造論と反ワクチン運動がある。これらいずれもが、科学的に実証されたことを否定している。
Across Texas, Arkansas and Indiana, Slate reports, about 17,000 students in publicly funded Responsive Education Solutions charter schools are given textbooks that put creationism in the classroom on the sly. The Supreme Court ruled creationism unconstitutional, and a federal court judge equated so-called intelligent design with creationism and declared it unconstitutional.

Slate誌が報じたように、テキサス州やアーカンソー州やインディアナ州では、約17000名の生徒が公的資金によるチャータースクールで、創造論を教える教科書を与えられている。最高裁は創造論を教えることを違憲とし、連邦法廷はいわゆるインテリジェントデザインも創造論と等価なもので、違憲であると判決している。

And the Council on Foreign Relations adds its data to frightening findings that in parts of North America and Europe where parents are refusing to immunize their children, childhood diseases that vaccinations all but wiped out two generations ago are sickening and killing children again, in no small part because so many parents are rejecting more than 150 years of scientific proof that vaccines work.

外交問題評議会は、親が免疫するために拒否している北米やヨーロッパの一部では、ワクチンによって二世代前に一掃された病気によって、子供たちが病気になり死亡しているという、恐ろしい調査結果をデータに加えている。それが少なからぬ地域に広がっており、それは150年以上前に科学的に証明されたワクチンに有効性を、あまりにも多くの親たちが拒否していることによる。

[ "What creationists and anti-vaxxers have in common" (2014/01/23) on LA times]
この動きに参加する人々の重複はほとんどないかもしれないが、両者には共通するものがある。
They are about refusing to acknowledge the facts in evidence, to the detriment not only of themselves but of others. There are undoubtedly creationist parents who vaccinate their children, and anti-vaccinator parents who wouldn’t question the truth of evolution. But they have this in common. The consequences of their beliefs reach beyond their own sphere of believers. These are public schools, and this is public health.

いずれもが、証拠が示す事実を認めることを拒否しており、それが自分たちだけでなく他人をも犠牲にしている。疑いもなく、創造論者な両親は子供にワクチンを受けさせ、反ワクチンな両親は進化論の正しさを疑わない。しかし、彼らは共通したものを持っている。彼らの信条の帰結が信者側だけに留まらないことだ。これらは公立学校と公衆衛生に影響を及ぼす。

[ "What creationists and anti-vaxxers have in common" (2014/01/23) on LA times]
そして、創造論者たちは、これまでに見てきたように、反進化論州法という「民主的な形」で、法的に自らの主張を実現しようとしてしてきた(時に成功して、進化論教育の禁止や、創造科学の等時間教育を一時的に実現した)。同様に反ワクチン運動も、州レベルで法的にオプトアウトする権利を確保してきた。

イデオロギー的には対立する関係にある二者だが、やっていることに違いはない。
posted by Kumicit at 2014/01/26 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あらためて陰謀論は連鎖する

陰謀論支持者は自らを懐疑論者と位置づけていたとしても、実際にはそうではない。選択的に疑う対象を選んでいるだけだという。
How can so many people, in the name of skepticism, promote so many absurdities? The answer is that people who suspect conspiracies aren’t really skeptics. Like the rest of us, they’re selective doubters. They favor a worldview, which they uncritically defend. But their worldview isn’t about God, values, freedom, or equality. It’s about the omnipotence of elites.

かくも多くの人々が、懐疑論の名のもとに、不条理を宣伝するのか? 答えは、陰謀を疑う者たちは本当は懐疑論者でないことにある。我々同様に、彼らは選択的に疑っている。彼らは、ある種の世界観を好んであり、彼らはその世界観を無批判に擁護する。しかし、その世界観は神や価値や自由や平等についてではない。全能のエリートたちについての世界観だ。

[William Saletan: "Conspiracy Theorists Aren’t Really Skeptics" (2013/11/19) on Slate]
ひとつの陰謀論を信じる者は、他の陰謀論も信じる傾向がある。これは多くの調査で示されている。
Many studies and surveys have documented this pattern. Several months ago, Public Policy Polling asked 1,200 registered U.S. voters about various popular theories. Fifty-one percent said a larger conspiracy was behind President Kennedy’s assassination; only 25 percent said Lee Harvey Oswald acted alone. Compared with respondents who said Oswald acted alone, those who believed in a larger conspiracy were more likely to embrace other conspiracy theories tested in the poll. They were twice as likely to say that a UFO had crashed in Roswell, N.M., in 1947 (32 to 16 percent) and that the CIA had deliberately spread crack cocaine in U.S. cities (22 to 9 percent). Conversely, compared with respondents who didn’t believe in the Roswell incident, those who did were far more likely to say that a conspiracy had killed JFK (74 to 41 percent), that the CIA had distributed crack (27 to 10 percent), that the government “knowingly allowed” the 9/11 attacks (23 to 7 percent), and that the government adds fluoride to our water for sinister reasons (23 to 2 percent).

多くの研究や調査がこのパターンを記録している。数か月前、Public Policy `Pollingは米国有権者1200名に、良く知られた陰謀論について調査した。51%がケネディ大統領の暗殺には巨大な陰謀が背後にあると回答した。25%がLee Harvey Oswaldの単独犯行と回答した。Oswald単独犯行と回答した人々と比べて、巨大な陰謀を信じる人々は、調査で質問した他の陰謀論も支持する傾向があった。1947年のRoswellのUFO墜落(32% vs 16%)や、CIAが米国の都市にクラックコカインを撒いているについて(22% vs 9%)、2倍がイエスと回答している。逆に、Roswell墜落事故を信じない回答者たちと比べると、ケネディが暗殺された(74% vs 41%)や、CIAが米国の都市にクラックコカインを撒いている(27% vs 10%)や、9.11の攻撃を知りながら見逃した(23% vs 7%)や、政府が不吉な理由で水道にフッ素を添加している(23% vs 2%)にイエスと回答する比率は明かに高かった。

[William Saletan: "Conspiracy Theorists Aren’t Really Skeptics" (2013/11/19) on Slate]
これまでも繰り返し示されてきたことだが、陰謀論信条は連鎖しており、自らを懐疑論者だと思っていたとしても、実際にそのようには行動できていない。
posted by Kumicit at 2014/01/26 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする