2014/02/26

まだ以前の水準にまで静かにはなっていない (Update 〜2014/02/25)

震源(北緯24-50, 東経122-152)のM≧4の地震の推移(週次)を見てみた。(2010年12月あたりのピークは父島近海の地震である。)(回数が少ないところは、最大値50回/週の下図で)
EQtrend2011_2014b..png
[Source: EQLIST + 気象庁]
なお、2013年4月初は三陸沖、4月中旬は与那国島・三宅島・千島など辺境方面の地震がメイン。2013年10月下旬は福島沖がメイン。2年半経過しても、まだ以前の水準にまで静かにはなっていない。
posted by Kumicit at 2014/02/26 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オクラホマ州上院の反科学州法案SB1765が時間切れ廃案

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、オクラホマ州上院の反科学州法案SB1765が審議期限切れで廃案となった。
Oklahoma's Senate Bill 1765 (PDF), which would, if enacted, have deprived administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies," died in the Senate Education Committee on February 24, 2014, when a deadline for senate bills to pass committee expired.
...
Still alive in the Oklahoma legislature is the similar House Bill 1674 (PDF), sponsored by Gus Blackwell (R-District 61) and Sally Kern (R-District 84); Josh Brecheen is listed as its sponsor in the Senate.

オクラホマ州上院SB1765は、成立すれば、「科学的論争」について誤った教育を生徒に行う教師を阻止する権限を損なうものだったが、2014年2月24日に、州上院教育委員会で、州上院提案法なの委員会通過期限を超えたため廃案となった。... 共和党District61選出Gus Blackwell州下院議員と共和党District84選出Sally Kern州下院議員が提案しているオクラホマ州議会にはHB1674が残っている。Josh Brecheen州上院議員がこの州法案の州上院の提案者となっている。

[One down in Oklahoma (2014/02/25)]
州上院教育委員会は、この州法案を審議するほど暇なわけもなく、州法案は放置モードのまま終了した。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは3個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の3個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/26 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプトのC型肝炎診断治療だうじんぐマシンへのネガティブな反応

昨日のつづき...

Egypt Independeの報道(2014/02/24)によれば、C型肝炎やAIDSの診断治療ができるというエジプト軍の"だうじんぐマシン"と見られるC-FASTについて、エジプト大統領科学顧問の懐疑的な発言を報じた。
Presidential Scientific Adviser Essam Heggy has stressed necessity that Egyptian scientific institutions stick to international standards of scientific research, publishing and production ahead of declaring results reached.

Heggy posted on Facebook saying that President Adly Mansour ordered having the results reviewed by specialized scientific committees and then communicate with scientific research centers and institutions at the world’s capitals to ensure the results are correct.

大統領科学顧問Essam Heggyは、エジプト科学研究機関は科学研究の国際標準にしたがって、成果を宣伝する前に論文発表する必要があると強調した。Heggy顧問はFacebookへの投稿で、「Adly Mansour大統領は、特別科学委員会で結果をレビューし、その後に世界各国の主要な科学研究機関と連絡とをとり、結果が正しいことを確認するよう命じた」と書いた。

[Al-Masry Al-Youm: "President orders review of AIDS-detecting device" (2014/02/24) on Egypt Independet]
Heggy顧問はMansour大統領の説得に成功したようで、ただちに実用に動くことはなさそうに見える。

これまで、軍やエジプト政府保険当局は浮かれた声を上げていたのだが...
Military Spokesperson Ahmed Mohamed Ali earlier announced that armed forces came up to new results related to discovering infection with AIDS and Hepatitis C virus.

Meanwhile, Abdel Hamid Abaza, deputy health minister, told the state-run TV that the C-Fast apparatus, produced by the armed forces’ engineering authority is the first of its kind in the world to detect Hep C, adding that it’s considered a historic turn in the way of diagnosing and treating the virus in Egypt and the whole world. He explained that the study revealed its accuracy ranged between 98-100 percent.

Depending on the new system, according to Abaza, will save hundreds of millions of pounds for Egypt, that are paid for importing chemical substances used for analyzing the virus.

軍広報官Ahmed Mohamed Aliはその前に、軍がAIDS及びC型肝炎ウィルス感染の検出に関連する新たな結果を得たと公表していた。

一方で、保健省副大臣Abdel Hamid Abazaは国営テレビで、軍の技術当局が作成したC-Fastは、C型肝炎検出についての世界初のものであり、エジプトと世界のウィルス診断治療方法を歴史的に転換するものだと述べていた。彼は研究の精度を98-100%だと述べていた。

Abaza副大臣によれば、この新システムにより、ウィルス分析のために輸入される化学物質に要する、エジプト政府の予算が数億ポンド節減できるという。

[Al-Masry Al-Youm: "President orders review of AIDS-detecting device" (2014/02/24) on Egypt Independet]
銭に言及してるところからも、エジプトはC型肝炎の高い感染率(20%程度)に悩まされており、政府や軍が怪しいネタに飛びつきやすい状況であることが示唆される。

本件について、BBCがソーシャルメディアの盛り上がりを取り上げるBBCtrendingの記事として取り上げている。BBCは、いかにも"だうじんぐマシン"な特許図面や、昨年の同件報道や、先日の軍広報官の発表、上記のEgypt Independentの記事など、これまでの流れを書いた上で、批判的なオンラインの反応を伝えている。
Egypt has the highest rate of hepatitis C in the world, with around 20% of people either suffering or having recovered from the disease according to the World Health Organisation. Sunday's announcement has caused a stir, with a video of the inventor being shared 12,000 times on Facebook and an ongoing Twitter discussion under the hashtag "Virus C miracle". A few of the tweets were supportive of the government, but what is striking is that the majority were satirical and questioned the science. "There is no such thing as secret military reports in m
edicine," TV presenter Khalid Muntasir told his 20,000 Twitter followers. "For a medical discovery to be recognized and be declared as such, it must be revealed to the public."

WHOによれば、エジプトは、約20%がC型肝炎を発症中もしくは発症後回復しているという、世界的に高い感染率の状態にある。日曜日の発表は注目を浴び、発明者の動画はFacebookで12000回以上シェアされ、Twitterではハッシュタグ"Virus C miracle"で議論が続いている。エジプト政府を支持するツイートも少しあるが、多くは皮肉的で科学的に疑問を呈している。「医学において秘密群報告のようなものはない。そのように認識され宣言される医学的発見は、公表されなければならない」とテレビプレゼンターKhalid Muntasirは20000人のフォロアーに向けてツイートした。

[#BBCtrending: Egyptian public sceptical about military’s HIV ‘breakthrough’ (2014/02/25) on BBC]
この騒ぎへのエジプト政府及び軍の対応次第では、次期大統領の最有力候補と見られているAbdel Fattah el-Sisi元帥へにダメージとなるかも。
posted by Kumicit at 2014/02/26 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/25

エジプト怪しいc型肝炎を検出治療するデバイスの政府プレスリリース

2013年2月には見るからに"だうじんぐマシン"だったエジプトのC型肝炎を検出するデバイスは、2013年4月に姿を変えて、それらしい外見になっていた。そして、エジプト軍の報道官が、HIVとC型肝炎を検出治療できるデバイスを軍が開発したと述べた。

これについて、エジプト政府サイトにプレスリリースが掲載された。
[Armed Forces achieve scientific breakthrough on State Information Services Egypt via Pepjin]
Sunday, 23 February 2014
President Adly Mansour and Field Marshal Abdel Fattah el-Sisi inaugurated the first college of medicine that is affiliated to the Armed Forces.

The new college is the first military educational entity which aims at graduating medical cadres who are highly qualified.

Mansour and Sisi, along with a number of senior officials, were presented with the first system for discovering and treating Hepatitis and AIDS patients.

The Armed Forces personnel achieved a scientific breakthrough by inventing systems for diagnosing Hepatitis and AIDS without any need to take a sample of blood from the patient. The invention was registered in the name of the Engineering corps of the Armed Forces and was authorized by the Ministry of Health.

MENA
現第一副首相アブドルファッターフ・アッ=シーシー陸軍元帥とアドリー・マンスール暫定大統領が、軍医学校開校とともに、AIDSとC型肝炎を検出治療するデバイスの開発を発表している。が、相変わらず正体不明。

posted by Kumicit at 2014/02/25 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/24

C型肝炎を検出する"だうじんぐマシン"のつづき

C型肝炎を検出する"だうじんぐマシン"について、もう少し調べてみた。

まず昨日取り上げたGuardianの記事(2013/2/25, 27, 28)にあったDr Gamal Shihaは、この検出器"C-FAST"について、2013年4月24-28日の"European Association for the Study of the Liver"のポスターセッションで発表していた。ただし、Proceedingsの記載にも、実際のポスターにもC-FASTが何なのか、まともな説明はなかった。
CFAST1.png
CFASTi.pngCFASTm.png

[Shiha et al:A novel method for non-invasive diagnosi of Hepatitis C Virus using Electromagnetic Signal Detection: Amulticenter international study,2013 (Poster at European Association for the Study of the Liver (jpg) via Hepatitis-Bg forum (2013/05/23) and Pepijn van Erp (2013/04)]
ADE651などの"だうじんぐマシン"とほぼ同じ形だったGuradianの報道の時と違って、一見もっともらしい形になっている。

ポスターセッションで発表するのは何とでもなるが、その後に査読論文として発表されたかというと...

==>Shiha et al:"A Novel Method for Non-Invasive Diagnosis of Hepatitis C Virus Using Electromagnetic Signal Detection: A Multicenter International Study", International Journal of Medical, Pharmaceutical Science and Engineering Vol:7 No:12, 2013

これはオープンアクセス論文誌で、Beall's Listにある、"Potential, possible, or probable predatory scholarly open-access publishers"な出版社World Academy of Science, Engineering and Technologyが発行している。なので、おそらく査読は意味をなしておらず、クズ論文と考えるべき。このような論文誌に論文掲載する理由は、真っ当な論文誌に載せることができなかったが、査読論文として成果としてリストアップしたいという本数稼ぎか、査読論文を宣伝材料にするかどちらか。
posted by Kumicit at 2014/02/24 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。