2014/02/26

まだ以前の水準にまで静かにはなっていない (Update 〜2014/02/25)

震源(北緯24-50, 東経122-152)のM≧4の地震の推移(週次)を見てみた。(2010年12月あたりのピークは父島近海の地震である。)(回数が少ないところは、最大値50回/週の下図で)
EQtrend2011_2014b..png
[Source: EQLIST + 気象庁]
なお、2013年4月初は三陸沖、4月中旬は与那国島・三宅島・千島など辺境方面の地震がメイン。2013年10月下旬は福島沖がメイン。2年半経過しても、まだ以前の水準にまで静かにはなっていない。
posted by Kumicit at 2014/02/26 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オクラホマ州上院の反科学州法案SB1765が時間切れ廃案

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、オクラホマ州上院の反科学州法案SB1765が審議期限切れで廃案となった。
Oklahoma's Senate Bill 1765 (PDF), which would, if enacted, have deprived administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies," died in the Senate Education Committee on February 24, 2014, when a deadline for senate bills to pass committee expired.
...
Still alive in the Oklahoma legislature is the similar House Bill 1674 (PDF), sponsored by Gus Blackwell (R-District 61) and Sally Kern (R-District 84); Josh Brecheen is listed as its sponsor in the Senate.

オクラホマ州上院SB1765は、成立すれば、「科学的論争」について誤った教育を生徒に行う教師を阻止する権限を損なうものだったが、2014年2月24日に、州上院教育委員会で、州上院提案法なの委員会通過期限を超えたため廃案となった。... 共和党District61選出Gus Blackwell州下院議員と共和党District84選出Sally Kern州下院議員が提案しているオクラホマ州議会にはHB1674が残っている。Josh Brecheen州上院議員がこの州法案の州上院の提案者となっている。

[One down in Oklahoma (2014/02/25)]
州上院教育委員会は、この州法案を審議するほど暇なわけもなく、州法案は放置モードのまま終了した。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは3個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の3個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/26 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプトのC型肝炎診断治療だうじんぐマシンへのネガティブな反応

昨日のつづき...

Egypt Independeの報道(2014/02/24)によれば、C型肝炎やAIDSの診断治療ができるというエジプト軍の"だうじんぐマシン"と見られるC-FASTについて、エジプト大統領科学顧問の懐疑的な発言を報じた。
Presidential Scientific Adviser Essam Heggy has stressed necessity that Egyptian scientific institutions stick to international standards of scientific research, publishing and production ahead of declaring results reached.

Heggy posted on Facebook saying that President Adly Mansour ordered having the results reviewed by specialized scientific committees and then communicate with scientific research centers and institutions at the world’s capitals to ensure the results are correct.

大統領科学顧問Essam Heggyは、エジプト科学研究機関は科学研究の国際標準にしたがって、成果を宣伝する前に論文発表する必要があると強調した。Heggy顧問はFacebookへの投稿で、「Adly Mansour大統領は、特別科学委員会で結果をレビューし、その後に世界各国の主要な科学研究機関と連絡とをとり、結果が正しいことを確認するよう命じた」と書いた。

[Al-Masry Al-Youm: "President orders review of AIDS-detecting device" (2014/02/24) on Egypt Independet]
Heggy顧問はMansour大統領の説得に成功したようで、ただちに実用に動くことはなさそうに見える。

これまで、軍やエジプト政府保険当局は浮かれた声を上げていたのだが...
Military Spokesperson Ahmed Mohamed Ali earlier announced that armed forces came up to new results related to discovering infection with AIDS and Hepatitis C virus.

Meanwhile, Abdel Hamid Abaza, deputy health minister, told the state-run TV that the C-Fast apparatus, produced by the armed forces’ engineering authority is the first of its kind in the world to detect Hep C, adding that it’s considered a historic turn in the way of diagnosing and treating the virus in Egypt and the whole world. He explained that the study revealed its accuracy ranged between 98-100 percent.

Depending on the new system, according to Abaza, will save hundreds of millions of pounds for Egypt, that are paid for importing chemical substances used for analyzing the virus.

軍広報官Ahmed Mohamed Aliはその前に、軍がAIDS及びC型肝炎ウィルス感染の検出に関連する新たな結果を得たと公表していた。

一方で、保健省副大臣Abdel Hamid Abazaは国営テレビで、軍の技術当局が作成したC-Fastは、C型肝炎検出についての世界初のものであり、エジプトと世界のウィルス診断治療方法を歴史的に転換するものだと述べていた。彼は研究の精度を98-100%だと述べていた。

Abaza副大臣によれば、この新システムにより、ウィルス分析のために輸入される化学物質に要する、エジプト政府の予算が数億ポンド節減できるという。

[Al-Masry Al-Youm: "President orders review of AIDS-detecting device" (2014/02/24) on Egypt Independet]
銭に言及してるところからも、エジプトはC型肝炎の高い感染率(20%程度)に悩まされており、政府や軍が怪しいネタに飛びつきやすい状況であることが示唆される。

本件について、BBCがソーシャルメディアの盛り上がりを取り上げるBBCtrendingの記事として取り上げている。BBCは、いかにも"だうじんぐマシン"な特許図面や、昨年の同件報道や、先日の軍広報官の発表、上記のEgypt Independentの記事など、これまでの流れを書いた上で、批判的なオンラインの反応を伝えている。
Egypt has the highest rate of hepatitis C in the world, with around 20% of people either suffering or having recovered from the disease according to the World Health Organisation. Sunday's announcement has caused a stir, with a video of the inventor being shared 12,000 times on Facebook and an ongoing Twitter discussion under the hashtag "Virus C miracle". A few of the tweets were supportive of the government, but what is striking is that the majority were satirical and questioned the science. "There is no such thing as secret military reports in m
edicine," TV presenter Khalid Muntasir told his 20,000 Twitter followers. "For a medical discovery to be recognized and be declared as such, it must be revealed to the public."

WHOによれば、エジプトは、約20%がC型肝炎を発症中もしくは発症後回復しているという、世界的に高い感染率の状態にある。日曜日の発表は注目を浴び、発明者の動画はFacebookで12000回以上シェアされ、Twitterではハッシュタグ"Virus C miracle"で議論が続いている。エジプト政府を支持するツイートも少しあるが、多くは皮肉的で科学的に疑問を呈している。「医学において秘密群報告のようなものはない。そのように認識され宣言される医学的発見は、公表されなければならない」とテレビプレゼンターKhalid Muntasirは20000人のフォロアーに向けてツイートした。

[#BBCtrending: Egyptian public sceptical about military’s HIV ‘breakthrough’ (2014/02/25) on BBC]
この騒ぎへのエジプト政府及び軍の対応次第では、次期大統領の最有力候補と見られているAbdel Fattah el-Sisi元帥へにダメージとなるかも。
posted by Kumicit at 2014/02/26 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/25

エジプト怪しいc型肝炎を検出治療するデバイスの政府プレスリリース

2013年2月には見るからに"だうじんぐマシン"だったエジプトのC型肝炎を検出するデバイスは、2013年4月に姿を変えて、それらしい外見になっていた。そして、エジプト軍の報道官が、HIVとC型肝炎を検出治療できるデバイスを軍が開発したと述べた。

これについて、エジプト政府サイトにプレスリリースが掲載された。
[Armed Forces achieve scientific breakthrough on State Information Services Egypt via Pepjin]
Sunday, 23 February 2014
President Adly Mansour and Field Marshal Abdel Fattah el-Sisi inaugurated the first college of medicine that is affiliated to the Armed Forces.

The new college is the first military educational entity which aims at graduating medical cadres who are highly qualified.

Mansour and Sisi, along with a number of senior officials, were presented with the first system for discovering and treating Hepatitis and AIDS patients.

The Armed Forces personnel achieved a scientific breakthrough by inventing systems for diagnosing Hepatitis and AIDS without any need to take a sample of blood from the patient. The invention was registered in the name of the Engineering corps of the Armed Forces and was authorized by the Ministry of Health.

MENA
現第一副首相アブドルファッターフ・アッ=シーシー陸軍元帥とアドリー・マンスール暫定大統領が、軍医学校開校とともに、AIDSとC型肝炎を検出治療するデバイスの開発を発表している。が、相変わらず正体不明。

posted by Kumicit at 2014/02/25 08:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/24

C型肝炎を検出する"だうじんぐマシン"のつづき

C型肝炎を検出する"だうじんぐマシン"について、もう少し調べてみた。

まず昨日取り上げたGuardianの記事(2013/2/25, 27, 28)にあったDr Gamal Shihaは、この検出器"C-FAST"について、2013年4月24-28日の"European Association for the Study of the Liver"のポスターセッションで発表していた。ただし、Proceedingsの記載にも、実際のポスターにもC-FASTが何なのか、まともな説明はなかった。
CFAST1.png
CFASTi.pngCFASTm.png

[Shiha et al:A novel method for non-invasive diagnosi of Hepatitis C Virus using Electromagnetic Signal Detection: Amulticenter international study,2013 (Poster at European Association for the Study of the Liver (jpg) via Hepatitis-Bg forum (2013/05/23) and Pepijn van Erp (2013/04)]
ADE651などの"だうじんぐマシン"とほぼ同じ形だったGuradianの報道の時と違って、一見もっともらしい形になっている。

ポスターセッションで発表するのは何とでもなるが、その後に査読論文として発表されたかというと...

==>Shiha et al:"A Novel Method for Non-Invasive Diagnosis of Hepatitis C Virus Using Electromagnetic Signal Detection: A Multicenter International Study", International Journal of Medical, Pharmaceutical Science and Engineering Vol:7 No:12, 2013

これはオープンアクセス論文誌で、Beall's Listにある、"Potential, possible, or probable predatory scholarly open-access publishers"な出版社World Academy of Science, Engineering and Technologyが発行している。なので、おそらく査読は意味をなしておらず、クズ論文と考えるべき。このような論文誌に論文掲載する理由は、真っ当な論文誌に載せることができなかったが、査読論文として成果としてリストアップしたいという本数稼ぎか、査読論文を宣伝材料にするかどちらか。
posted by Kumicit at 2014/02/24 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/23

無効化されているルイジアナ州創造論進化論均等取扱州法を廃止する2度目のチャレンジ

Edwards v. Aguillard裁判(1987年)で違憲判決が確定し、無効化されたルイジアナ州創造論進化論均等取扱州法は、まだ条文としては残っていた。昨年(2013年)、この残骸を廃止する条文を州法案SB205に盛り込んで、州上院本会議を通過したが、その条文は州下院で消滅していた。

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、この残骸を廃止する州法案が再び提案された。
Louisiana's Senate Bill 70 (PDF) would, if enacted, repeal the state's Balanced Treatment for Creation-Science and Evolution-Science Act, which was enacted in 1981 and declared to be unconstitutional by the United States Supreme Court in Edwards v. Aguillard in 1987. Yet the law remains on the books. SB 70 was prefiled by Dan Claitor (R-District 16) on February 17, 2014, and referred to the Senate Committee on Education.

ルイジアナ州上院州法案SB70は成立すれば、1981年に成立し、Edwards v. Aguillard裁判の連邦最高裁所の違憲判決により無効化されたルイジアナ州創造論進化論均等取扱州法を廃止する。この州法はまだ記述上は残っている。SB70はDan Claitor(共和党District 16)による予備登録され、州上院教育委員会に送られた。

It is Claitor's second attempt to repeal the Balanced Treatment Act. In 2013, he amended Senate Bill 205, which concerned foreign language immersion programs in public school districts, to repeal the obsolete law, and the amended bill passed the Senate, despite the opposition of Ben Nevers (D-District 12), the senate sponsor of the so-called Louisiana Science Education of 2008, who argued that it would be useful for the law to be on the books in case the Edwards decision is ever reversed.

これは創造論進化論均等取扱州法を廃止しようとするClaitor州上院議員の2度目の試みである。2013年には公立学校の外国語Immersion問題についての州法案SB205を修正し、均等取扱い州法の廃止条項を加えた。2008年のルイジアナ理科教育州法の州上院提案者であり、Edwards裁判の判例が覆った場合には使えると述べていた、Ben Nevers(民主党District12)州上院議員が反対したが、州法案は州上院を通過した。

When SB 205 went to the House Education Committee, however, the provision repealing the Balanced Treatment Act was stripped from the bill, in part owing to the bill's original sponsor describing it as "oddball." The Senate rejected the House version of the bill, but a conference committee then agreed on a version of the bill lacking the repeal provision, which was subsequently passed by both houses of the legislature, leaving the Balanced Treatment Act intact.

SB205が州下院教育委員会に送られると、創造論進化論均等取扱州法を廃止する条項は削除された。これは州法案のもともとの提案者がその条項をoddballだと述べたことも一因である。州上院は州下院バージョンの条文を拒否したが、両院協議会で廃止条項を削除したバージョンで合意し、州上下両院を通過したため、創造論進化論均等取扱州法は残っていた。

[Louisiana to repeal 1981 creationist law? (2014/02/21) on NCSE]
こんどは独立した州法案として提案された。ただし、審議日程に載せて、州上下両院本会議まで到達するかは不明。

なお、ルイジアナ州議会は上階両院とも民主党が多数を占めており、反進化論州法である2008年の理科教育州法も民主党州上院議員の提案で、共和党全員と民主党の大半という圧倒的多数で可決されている。そして、創造論進化論均等取扱州法の廃止に動いているのが共和党議員。
posted by Kumicit at 2014/02/23 14:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプトに"だうじんぐマシン"がAIDS検出治療器として登場?

すごく怪しいネタが流れてきた。
[via nofrills]

残念ながら記事はアラビア語だったが、Googleで英訳してみると、意味が通ったので...
[متحدث الجيش: القوات المسلحة اخترعت نظامًا لاكتشاف ≪الإيدز≫ دون أخذ عينة د(2014/02/22)
Dalia Osman, Mohammed Kassab: "軍広報担当曰く、軍は血液検査せずにAIDSを検出するシステムを開発した"

قال العقيد أركان حرب أحمد علي، المتحدث العسكري، إن المستشار عدلي منصور، رئيس الجمهورية، والمشير عبدالفتاح السيسي، وزير الدفاع والإنتاج الحربي، شاهدا ≪أحدث المبتكرات العلمية والبحثية المصرية لصالح البشرية والمتمثلة في اختراع أول نظام علاجي في العالم لاكتشاف وعلاج فيروسات الإيدز، كما يمكنه القضاء على فيروس سي بتكلفة أقل من مثيله الأجنبي بعشرات المرات وبنسبة نجاح تجاوزت 90%≫.

وأضاف في بيان نشره في صفحته الرسمية على ≪فيس بوك≫، السبت، أن رجال القوات المسلحة حققوا طفرة علمية باختراع أجهزة للكشف عن المصابين بفيروسي ≪سي≫ والإيدز، وذلك دون الحاجة إلى أخذ عينة من دم المريض والحصول على نتائج فورية وبأقل تكلفة.
...

Said Colonel Staff of Ahmed Ali , a military spokesman , said the Chancellor Adli Mansour , President of the Republic , Field Marshal Abdel Fattah al-Sisi , Minister of Defense and Military Production , a witness ≪ latest scientific innovations and research Egyptian for the benefit of mankind and of the invention of the first therapeutic system in the world for the detection and treatment of AIDS viruses , as can eradicate the virus C at a lower cost than that of foreign tens of times and the success rate exceeded 90 % ≫ .

He said in a statement posted on his official ≪ Facebook ≫ , on Saturday that the men of the armed forces have made a scientific breakthrough by inventing devices for the detection of infected Pfirose ≪ C ≫ and AIDS , without the need to take a sample of the patient's blood and get immediate results and at the lowest cost.

陸軍報道官アハメド・アリ大佐は「国防大臣兼エジプト国軍総司令官、現第一副首相アブドルファッターフ・アッ=シーシー陸軍元帥がアドリー・マンスール暫定大統領に、『最新の科学的イノベーションと研究により、エジプトは、外国なら10倍以上するものを低コストで、成功率90%以上で、AIDSウィルスをC型肝炎と同様に検出・治療する世界初のシステムを発明した。これは人類に貢献するものである』と告げた」と述べた。

彼は土曜日に公式Facebookアカウントに投稿した声明で、軍の人間が「患者の血液を採取することなく、ただちに低コストで結果が得られる、C型肝炎とAIDSに感染しているのを検出するデバイス」を発明して、科学的ブレイクスルーを成し遂げた。...
確かにAhmed AliのFacebookアカウントは存在し、本件についての記載がポストされていた。

「中東と軍と検出と低コスト」で普通に思い浮かぶのは"だうじんぐマシン"である。

調べてみると、昨年(2013年)2月に、エジプトで、"だうじんぐマシン"でC型肝炎を診断できるという主張がなされたという報道があった。
[Patrick Kingsley: "Scientists sceptical about device that 'remotely detects hepatitis C'" (2013/02/25 on Guardian]
C型肝炎を遠隔診断できるというデバイスに科学者たちは懐疑的

Developers say C-Fast – developed from bomb detection technology – will revolutionise diagnosis of other diseases

The device the doctor held in his hand was not a contraption you expect to find in a rural hospital near the banks of the Nile.

For a start, it was adapted from a bomb detector used by the Egyptian army. Second, it looked like the antenna for a car radio. Third, and most bizarrely, it could – the doctor claimed – remotely detect the presence of liver disease in patients sitting several feet away, within seconds.

爆弾検出のテクノロジーから開発された、開発者の言うC-FASTは病気の診断を革命的に変える。医師が手にしたデバイスはナイル河畔の田舎の病院にあるような道具ではなかった。

まずこれはエジプト軍で使われていた爆弾検出器の応用だった。そして、カーラジオのアンテナのように見える。さらに、最も奇妙なのは、数フィート離れた場所に座っている患者の肝臓障害を数秒で検出できるという医師の主張である。
...
"It will change chemistry, biochemistry, physics and biophysics," claimed Dr Gamal Shiha – one of Egypt's most respected liver specialists, and one of the device's developers. Shiha demonstrated its apparent capabilities at the Egyptian Liver Research Institute and Hospital (ELRIAH) in rural Dakahlia, a province in northern Egypt.

「これは化学と生化学と物理と生物物理を変えるだろう」とエジプトの肝臓の最も著名な専門家の一人であり、デバイスの開発者の一人であるDr Gamal Shihaは言う。Shihaは、エジプト北部の田舎のDakahliaにあるエジプト肝臓研究所病院で、そのデバイスの能力をでもんストレーションした。


[Suzi Gage: "Scientists are not divided over device that 'remotely detects hepatitis C'" (2013/02/27) on Guardian]
遠隔でC型肝炎を検出できるデバイスについて、科学者の意見は一致している

Without any peer-reviewed evidence or an adequate explanation of how it works, scientists are rightly sceptical about a device that can diagnose hepatitis C remotely

To claim that scientists are divided over a new device that can remotely detect hepatitis C is akin to claiming that scientists are divided over homeopathy. Yet an article that was tagged as "science" on the Guardian website (though it was posted by Egypt correspondent Patrick Kingsley) did just this. The original headline (which has now been changed) was describing C-Fast: a device, supposedly based on bomb detection technology, that its developer claims will "change chemistry, biochemistry, physics and biophysics".

査読された証拠もなく、デバイスがどう働くかの適切な説明もないので、科学者たちは、遠隔でC型肝炎を診断できるというデバイスについて真っ当に懐疑的である。

C型肝炎を遠隔診断できる新たなデバイスについて科学者の意見が割れていると主張するのは、ホメオパシーについて科学者の意見が割れていると主張するようなものだ。Guardianのサイトで記事は今も"Science"に分類されているが(これはエジプト駐在のPatrick Kingsleyがやったことだが)、ちゃんと対応した。元々の記事のタイトルはC-FASTについて「爆弾検出テクノロジーに基づくと称するデバイスは、開発者によれば化学・生化学・物理・生物物理を変える」と書かれていた。



[Síle Lane: "Hepatitis C detector promises hope and nothing more" (2013/02/28)]
C型肝炎検出器は希望を約束するが、それだけだ

Gamal-Shiha-dowsing.jpg

What is being plugged here is hope and nothing more. The device looks like a car radio aerial attached to a handle. It is said to work by detecting a specific frequency emitted by infected liver cells. It is claimed it can detect the disease in a patient from across a room, has never failed to pick up the disease in any patient who has it, and wrongly detects hepatitis where there is none (a "false positive") only 2% of the time.

This degree of reliability is a miracle if you consider that most commonly used blood test for hepatitis C give a false positive result around 15% of the time. No blinded tests have been published, which is surprising given how implausible it is that this new device should work at all, never mind achieve these kinds of detection rates.

ここにあるのは希望だけで、それ以上は何もない。デバイスはハンドルとそれに取り付けられたカーラジオアンテナのように見える。感染した肝臓細胞が放射する特定周波を検出して働くと言われている。そして、部屋の反対側にいる患者の肝炎を確実に検出し、健康なのに誤って肝炎だと検出する(誤検出)ことは2%だと主唱されている。

通常の血液検査によるC型肝炎の診断の誤検出率は15%程度であることを考えれば、奇跡的な信頼度だ。盲検の結果は発表されておらず、この新しいデバイスが動作するとは全く考えられない。この検出率を気にすることなどない。
この件のつづきであるのか、別件なのかはアラビア語圏であるため、追いかけていない。内容からすると、つづきだと思われる。

posted by Kumicit at 2014/02/23 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/20

「人類は進化してきていない&わからない - 初期の人類は恐竜と共存していた&わかならい」

創造論者の主張などにもあるように...「人類は創造された・人類は進化してきていない」と「人類と恐竜は共存していた」という主張はリンクしている。

しかし、科学知識の調査結果は少し違っている。欧州諸国及びロシアの調査をプロットしてみると、「人類は進化してきた - 初期の人類は恐竜と共存していない」という正解は相関しているように見える。
EvolveDinosaurPolls1.png
[Source: EU 2005, Russia 2011, Japan 2001]

しかし、「人類は進化してきていない - 初期の人類は恐竜と共存していた」という誤答には(突出しているトルコ以外に)相関は見られない。
EvolveDinosaurPolls3.png
[Source: EU 2005, Russia 2011, Japan 2001]


「人類は進化してきていない&わからない - 初期の人類は恐竜と共存していた&わかならい」にしてみると、相関しているように見える。
EvolveDinosaurPolls2.png
創造論者たちの主張は、創造論を支持する人々にあまり浸透しているわけではなく、「人類は進化してきていない - 初期の人類は恐竜と共存していた」と回答している人々は多くないかもしれない。

なお、日本の傾向が欧州諸国とは多く異なり、きわめて高い「人類は進化してきた」支持でありながら、「初期の人類は恐竜と共存していた」がそれなり多い。理由は不明である。
posted by Kumicit at 2014/02/20 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/19

オクラホマ州下院に反進化論州法案HB1674-2013修正

昨日取り上げたオクラホマ州下院の反進化論州法案HB1674だが、2014年2月18日に案文が修正された。提案時点では....
The Oklahoma Legislature finds that an important purpose of science education is to inform students about scientific evidence and to help students develop critical thinking skills they need in order to become intelligent, productive, and scientifically informed citizens. The Legislature further finds that the teaching of some scientific concepts including but not limited to premises in the areas of biology, chemistry, meteorology, bioethics and physics can cause controversy, and that some teachers may be unsure of the expectations concerning how they should present information on some subjects such as, but not limited to, biological evolution, the chemical origins of life, global warming, and human cloning.

オクラホマ州議会議員は理科教育の目的は、生徒たちに科学的証拠についての情報を与え、知的で生産的で科学的に情報を与えられた市民となるために必要な批判的思考スキルを生徒たちが身につけるのを助けることであるとわかった。さらに、オクラホマ州議会議員は、生物学や化学や気象学や生命倫理や物理学の分野の命題を含むが、これらに限らず科学概念の教育が論争を引き起こし、生物進化や生命の化学起源や地球温暖化やヒトクローンを含むがこれらに限らず、いくつかの単元についての情報提示をいかにすべきか確信を持っていない教師がいることを知った。

[HB1674 Original]
という形で、「生物進化や生命の化学起源や地球温暖化やヒトクローン」という、いつもの例を挙げていた。しかし、修正後はその部分がなくなっている。
The Oklahoma Legislature finds that an important purpose of science education is to inform students about scientific evidence and to help students develop critical thinking skills they need in order to become intelligent, productive, and scientifically informed citizens.

オクラホマ州議会議員は理科教育の目的は、生徒たちに科学的証拠についての情報を与え、知的で生産的で科学的に情報を与えられた市民となるために必要な批判的思考スキルを生徒たちが身につけるのを助けることであるとわかった。
[HB1674 Amendment]
「生物進化や生命の化学起源や地球温暖化やヒトクローン」という例を挙げないのが、最近の流行のようで、提案者のBlackwell州下院議員はそれに合わせたようだ。

なお、この州法案HB1674がこの後に審議されていくかはわからない。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の2個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/19 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/18

オクラホマ州下院に反進化論州法案HB1674-2013復活?

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、昨年(2013)に廃案になったオクラホマ州下院の反進化論州法案HB1674-2013が復活した。
A bill in Oklahoma that would, if enacted, deprive administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies" is back from the dead. House Bill 1674, styled the Scientific Education and Academic Freedom Act, was supposed to have died in the Oklahoma House of Representatives on March 14, 2013, when a deadline for bills to have their third reading in their house of origin passed. But it is now listed as available for consideration on the House floor in the afternoon of February 18, 2014. The first antiscience bill in Oklahoma for 2014, Senate Bill 1765, sponsored by Josh Brecheen (R-District 6), is currently before the Senate Education Committee.

House Bill 1674, would, if enacted, require state and local educational authorities to "assist teachers to find more effective ways to present the science curriculum where it addresses scientific controversies" and permit teachers to "help students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of existing scientific theories pertinent to the course being taught," prohibiting administrators from interfering. As introduced, the bill specifically mentions "biological evolution, the chemical origins of life, global warming, and human cloning" as subjects which "some teachers may be unsure" about how to teach.

成立すれば教師が科学的論争について生徒に対して誤った教育を教師が行うのを当局が阻止するのを禁じるオクラホマ州下院の州法案が廃案から復活した。学問の自由形式の州法案であるHB1674は、2013年3月14日に州下院提案の第3読会の期限切れで廃案になったとみられていた。しかし、今や2014年2月18日午後の州下院本会議で審議対象リストに挙がっている。オクラホマ州の2014年の一つめの反科学州法案SB1765はJosh Brecheen州下院議員(共和党District-6)の提案であり、州上院教育委員会の前にある。

HB1674は成立すれば、州および地域教育当局に「科学論争に関する理科カリキュラムを有効に提示する方法を教師が探求するのを支援する」ことを義務付け、教師が「生徒が、教程にある既存科学理論の強いところと弱いところ客観的方法で理解・分析・批判・レビューするのを助ける」ことを許可することを義務付け、これを妨害することを学校管理者に禁じる。既に紹介したように、この州法案は特に「生物進化と生命の化学起源と地球温暖化とヒトクローン」を教師が教育方法について確信をもっていないかもしれない主題として挙げている。

[A second antiscience bill in Oklahoma(2014/02/17) on NCSE]
2014/2/18の15:32からのセッションに22本の州法案が積み上げられているので、実際にアクションがあるかはわからない。とりあえず模様眺め。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の2個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/18 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/17

Survive-All #2 Comparison

Survive-All社の核シェルターのとてもアメリカンなラジオCMから、2本目"Comparison"に字幕をつけてみた。


1本目の"Maximum Protection"はこちら:


音源はこっちから:
Maximum Protection (General)
Comparison
Value
Equipment
DYS
Maximum Protection (Steel and Concrete)
DYS (short)
Maximum Protection (Steel and Concrete) (short)
Maximum Protection (General) (short)

[Survive-All Fallout Shelter Radio Ads (2008/03/28) on DinosaurGardens]



当時のセールスキットについては...

==>The Survive-All Shelter Sales kit(1961) (2010/09/05) on Conelrad Adjacent
posted by Kumicit at 2014/02/17 23:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/15

2014年2月14-15日の停電の推移

東京電力停電履歴情報を2014年2月14日-15日について県別に停電戸数を集計してみた。100戸未満は100戸として集計したので精度はその程度である。突き抜けている群馬県で、2014年02月15日02:08頃の数分間である。
KantoSnow2b.png
千葉方面は雪ではなく、風によるものと思われる。また、山梨県の停電戸数は4000だが、2月14日夜の停電以降、動きがなく、24時間以上経過しても回復していない。
[東電履歴情報のアップデート2014/02/16 10:00時点に合わせて修正。特に栃木県の2/15夜の復旧履歴の2/16深夜追加分]

比較のために先週(2014年2月8〜9日)の推移を示す。
KantoSnow1b.png
先週よりも、今週の被害の方が大きい。先週は北茨城市及び日立が送電系の被害により6時間にわたり大規模に停電した。今週は栃木県が同じく送電系の被害により、大規模停電した。
posted by Kumicit at 2014/02/15 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/12

ヴァージニア州下院の反科学州法案HB207が時間切れで廃案

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、ヴァージニア州下院の反科学集法案が、州下院教育委員会と州下院司法委員会の間を迷走したあと、時間切れで廃案になった。
Virginia's House Bill 207 died in the House Education Committee on February 11, 2014, when a deadline for bills to pass their house of origin passed. The bill, which would have deprived administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies," was previously referred by the House Education Committee to the House Committee of Courts on Justice. Unusually, the latter committee refused to accept the
bill, so it returned to the former committee, which failed to consider it again before the passage of the deadline.

ヴァージニア州下院のHB207が、州下院提案法案の委員会通過期限の2014年2月11日に廃案になった。この州法案は、教師が生徒に「科学的論争」について誤った教育を行うのを、学区管理者が阻止することを禁じるもので、州下院教育委員会から州下院司法委員会に送られていた。通常と異なり、州下院司法委員会は州法案の受理を拒否し、州下院教育委員会に差し戻した。そして、委員会通過期限までに再審議されなかった。

[Antiscience bill in Virginia dies(2014/02/11) on NCSE]
ヴァージニア州下院議員たちで、この反科学州法案を相手にしようとしたのは、極少数だったようで、ゴミ箱行きに。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは3個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の2個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/12 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/11

2014年2月8-9日の停電と雪の推移

東京電力停電履歴情報を2014年2月8日-9日について県別に停電戸数を集計してみた。100戸未満は100戸として集計したので精度はその程度である。突き抜けている神奈川県の値は、2014年02月8日19:16-19:24の8分間の鎌倉・横須賀方面を中心にした約18万戸の停電を含む、合計約239000戸。
KantoSnow.png
静岡から神奈川及び東京、千葉そして茨城へと停電地域が移動しているのが見える。なお、茨城県の停電が大規模かつ長引いたのは局所的な配電系ではなく、送電系のトラブルによるものと思われる。

関東の降水量の推移をAMEDAS地図表示で見てみると、雪の移動が見える。停電地域はこれを追いかける形になっている。

posted by Kumicit at 2014/02/11 02:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/10

韓国のラドン濃度は世界2位という報道

昨秋(2013/10)、韓国の住宅のラドン濃度が世界2位という報道が韓国であった。
According to Rep. Jang Ha-na of the main opposition Democratic Party, the average annual concentrations of radon gas was 124.9 becquerels per cubic meter (Bq/m3) in 7,885 randomly selected homes around the country, the second highest after the Czech Republic's 140 Bq/m3.

Under the 2010 World Health Organization (WHO) guidelines for air quality, the Czech Republic topped the list of countries with the highest levels of radon concentrations, followed by Finland (120 Bq/m3), Luxembourg (115 Bq/m3) and Sweden (108 Bq/m3). The comparable figures for other Asian countries were 16 Bq/m3 for Japan and 44 Bq/m3 for China.

The finding is based on a comparison of data compiled by the National Institute of Environmental Research with the levels of 29 countries surveyed under the 2010 WHO air quality guidelines, the lawmaker said.

野党民主党のJang Ha-na議員によれば、韓国全体からランダムに選んだ住宅の年間平均ラドン濃度は124.9Bq/m3であり、チェコ共和国の140Bq/m3に次ぐ、世界2位の高さだった。

2010年のWHOの大気汚染ガイドラインでは、チェコ共和国が屋内ラドン濃度の世界1位で、フィンランド(120Bq/m3)、ルクセンブルク(115Bq/m3)、スウェーデン(108Bq/m3)が続いていた。他のアジア諸国では、日本が16Bq/m3で、中国が44Bq/m3だった。

2010年のWHOの大気汚染ガイドラインに基づく29か国の調査と国立環境研究所のまとめたデータに基づいていると、Jang Ha-na議員は述べている。
...
South Korea's primary schools, where children spend many hours a day, were measured to have an annual average radon concentration of 98.4 Bq/m3.

子供たちが長時間を過ごす小学校の計測結果の年間平均は98.4Bq/m3だった。

[S. Korea's radon level in homes world's second-highest (2013/10/14) on Yonhapnews]
年間21000人がラドン関連肺癌で死亡している米国と同程度の濃度だとしても、韓国では年間4000人程度が死亡している可能性がある。


関連エントリ


posted by Kumicit at 2014/02/10 05:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/08

サウスダコタ州上院のインテリジェントデザイン教育州法案SB112が提案者の要請で廃案

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、サウスダコタ州上院のインテリジェントデザイン教育州法案SB112が廃案になった。
South Dakota's Senate Bill 112, which would, if enacted, provide that "[n]o school board or school administrator may prohibit a teacher in public or nonpublic school from providing instruction on intelligent design or other related topics," was killed in the Senate Education Committee on February 6, 2014, according to the Rapid City Journal (February 6, 2014).

The bill was killed at the request of its primary sponsor, Jeff Monroe (R-District 24), who told the Associated Press (February 6, 2014) that he decided that it was poorly written: "Some [members of the Senate Education Committee] agreed with the bill, but they would have had to vote against it, based on the fact that it was written poorly."

成立すれば「公立及び私立学校の教師がインテリジェントデザインあるいは関連するトピックの授業を行うことを、学区委員会あるいは学校管理者が禁じることを、禁じる」サウスダコタ州上院のSB112が、Rapid City Journalの2014年2月6日付の報道によれば、州上院教育委員会で廃案になった。

州法案は主提案者Jeff Monroe(共和党District24)の要請によるもので、彼はAssociated Press(2014/02/06)に対して「州法案文には欠陥があると判断した。州上院教育委員会の中には州法案に賛成してくれた委員もいたが、彼らは、案文に欠陥があることを理由に反対票を投じざるをえなかった。」と語った。

Monroe told the Sioux Falls Argus Leader (February 6) that the bill "was getting too big for the amount of benefit that would come of it. ... I think there are better ways to do this that don't scare the daylights out of school boards and get everybody riled up." He also told the newspaper that he thought that students should be allowed to "see both sides."

Monroe州上院議員はSioux Falls Argus Leader(2014/02/06)に対して「州法案はその利点に比して大きくなりすぎていた。同じことを実現するのに、学区教育委員会を怖がらせず、誰も怒らせない、より良い方法があると考えている」と述べた。彼は新聞に対して、生徒たちは「両論を見る」のを許されるべきだと考えていると語った。

[South Dakota "intelligent design" bill killed (2014/02/06) on ncse]
インテリジェントデザインを可能とする条文は、Kitzmiller et al v. Dover Area School District et al(2005)裁判の判例により違憲であるため、成立したとしても裁判で勝ち抜けないことは明らかだった。提案者であるMonroe州上院議員は、それに後から気が付いたのかわからないが、審議日程を浪費するわけにはいかず、審議を断念した模様。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の1個:

  • サウスダコタ州上院のインテリジェントデザイン教育州法案SB112が提案者の要請で廃案 (2014/02/08)





2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/08 23:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/07

リコール後もOxyElite Proを入手して、摂取して、肝臓障害になった人々がいる

ハワイを中心として発生した肝臓障害に関連するとみられるダイエットサプリOxyElite Pro(第1世代製品の成分DMAAが心臓疾患と関連するとみられため、代替成分Aegelineを配合した第2世代製品)が2013年11月に製造元USP Labによりリコールされた。しかし、その後も、OxyElite Pro第2世代によるとみられる肝臓障害が2014年1月にも発生している。
"We're still seeing people who are sick... with yellow jaundice. So it's still happening," said Dr. Naoky Tsai, director of Queen's Medical Center's Liver Center.

More than 50 people nationwide, including 33 people in Hawaii, have gotten sick from taking the OxyElite Pro supplement, including a Maui mother of seven who died in October.

The Liver Center said its latest patient came in just last week.

"In a way it makes me sad that despite the effort we put in, the Department of Health put in, the CDC, the FDA. Patients are still taking it and they're still able to get it, and they get hurt," said Dr. Marina Roytman, an Internist at the Liver Center.

Today, leaders from the Queen's Liver Center told state lawmakers they're almost certain that the harmful ingredient is aegeline, a synthetic version of a natural substance found in bael trees.

「我々は今も、肝臓障害となる人がいるのを見ている。まだ、問題は続いている」とQueen's Medical Centerの肝臓センター長Dr. Naoky Tsaiは言う。

ハワイの33名を含む、全米で50名以上がOxyElite Proサプリの摂取により病気になっており、2013年10月には7人の子供を持つ女性が死亡している。肝臓センターによれば、先週にも肝臓障害となった患者が出ている。

「我々や、ハワイ州保健省や、CDCやFDAが努力しているだけに、とても悲しい。患者たちは今も摂取していて、今も入手できていて、そして障害を発生させている」と内科専門医Dr. Marina Roytmanは言う。

本日(2014/01/28)、Queen's Medical Centerの肝臓センター長はハワイ州議会に対して、有害な成分が、Bael Treeの実から見つかる成分の合成品であるaegelineであることはほぼ確実であると通知している。

[Rick Daysog:"Months after recall, new OxyElite Pro illnesses reported" (2014/01/28) on HawaiiNewsNow]
実際、リコール後にOxyElite Proを入手して、肝臓障害になった人物についての報道記事がある。

OxyElite Proを摂取し、運動をして、23kgの減量に成功し、とても健康的になったが、肝臓を悪くして、今はOxyElite製造元と販売店を訴えている、南フロリダ在住のEric Rizzoは、リコール後にOxyElite Proを購入したという。
The U.S. Food and Drug Administration had been sending warning letters to Oxy Elite Pro’s maker, which recalled the product in November. But Rizzo’s lawyer says his client was still able to buy it in Fort Lauderdale after the recall.

“I couldn’t find it in the store, and the salesgirl had taken it out from underneath the counter and sold me two,” Rizzo said.

米国FDAが警告書簡をOxy Elite Proの製造元に送付し、製造元が製品のリコールを2013年11月に行った。しかし、Rizzoの弁護士によれば、彼はリコール後に、Fort Lauderdaleで購入できた。

「店頭で見つけられなかったが、販売員の女性はカウンターの下から取り出して、私に2個売ってくれた」とRizzoは述べた。

[Willard Shepard |: "South Florida Man Blames Liver Disease on Weight Loss Product" (2014/02/06) on NBC Miami]
販売店は、表向きは売っていないが、希望者にはこっそり売っていたようだ。



関連エントリ



posted by Kumicit at 2014/02/07 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/06

特に5歳以下の子供のベジタリアン生活をする場合の問題

昨日の、厳格な食餌ルールに従った夫婦が生後5か月の赤ちゃんを死なせた件について。

MedlinePlusによれば、母乳だけで養育した場合、ビタミンD不足になることがある。
Rickets is a disorder caused by a lack of vitamin D, calcium, or phosphate. It leads to softening and weakening of the bones.

くる病はビタミンDやカルシウムやリンの不足によって起きる病気であり、骨格が脆弱になる。
...
Infants who are breastfed only may develop vitamin D deficiency. Human breast milk does not supply the proper amount of vitamin D. This can be a particular problem for darker-skinned children in winter months (when there are lower levels of sunlight).

Not getting enough calcium and phosphorous in your diet can also lead to rickets. Rickets caused by a lack of these minerals in diet is rare in developed countries, because calcium and phosphorous are found in milk and green vegetables.

母乳だけで養育された乳児はビタミンD不足になることがある。人間の母乳は十分な量のビタミンDを供給できない。これは特に、冬場の太陽光の弱い数ヶ月に、肌色の濃い子供たちで問題になる。 

カルシウムやリンの摂取不足でも、くる病になることがある。先進国で子供がこれらのミネラル不足で、くる病になることは稀である。カルシウムとリンは牛乳と緑色野菜に十分に含まれているからである。

[Rickets -- MedlinePlus]
今回、犠牲になったのは、ロンドン在住の、ジンバブエ生まれのアフリカン夫婦の、真冬に生まれた子供だった。

ということで、米国小児科学会は乳児のビタミンDサプリメント推奨摂取量を提示している。
The American Academy of Pediatrics (AAP) recommends that exclusively and partially breastfed infants receive supplements of 400 IU/day of vitamin D shortly after birth and continue to receive these supplements until they are weaned and consume ≥1,000 mL/day of vitamin D-fortified formula or whole milk. Similarly, all non-breastfed infants ingesting <1,000 mL/day of vitamin D-fortified formula or milk should receive a vitamin D supplement of 400 IU/day.

[VitaminD-HealthProfessional]
特に、5歳以下の子供がVegitarian生活を送る場合の危険性は指摘されてきた。
Paediatric dietician Helen Wilcock, a member of the British Dietetic Association, says she tries not to be judgmental about the rights and wrongs of vegan diets for young children, but any parent wanting to raise their child as a vegan needs to be very well-informed. "Vegan children can be deficient in vitamin D, calcium, iron and possibly vitamin B12, so they need supplements," she says.

Another big issue is that a vegan diet isn't very energy-dense: you have to eat a lot of it to get enough energy. But children typically don't eat a lot, so getting enough calories into them can be difficult. "I recommend adding oil to their food," Wilcock says, "because that gives them more calories."

Another difficulty is protein. "If a child eats meat and fish, it's easy to get all the right amino acids. But if a child is getting protein from pulses, the problem is that one type of bean might not provide every amino acid, so there has to be a good balance of pulses. In other words, a child who only eats chicken will get all the amino acids – but a child who only eats one type of bean won't."

[Is veganism safe for kids? (2010/04/20) on Theaguardian]


一方、Adventist Chuechは、Nkosiyapha Kunene(36)とVirginia Kunene(32)は, 宗派には登録されていたが、実際には教会に来ていなかったと発表した。
The Adventist Church’s British Union Conference released a statement last week saying that while the couple was registered as members of the denomination at the time of their marriage in 2009 they do “not appear to have attended any specific Adventist church on a regular basis after that time.”
...
Sharon Platt-McDonald, Health Ministries director for the British Union Conference. said Adventist health professionals “would always advise church members to seek and listen to medical advice.” 

[ Adventist News 2014/02/04]
信者には医療忌避しないように助言してきたと、教会側に問題がないことを主張している。
posted by Kumicit at 2014/02/06 06:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/02/05

ヴァージニア州下院の反科学州法案HB207が迷走中

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、ヴァージニア州下院の反科学州法案が迷走している。
Virginia's House Bill 207, which would deprive administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies," is in search of a home. On February 3, 2014, the House Committee on Education referred the bill to the House Committee on Courts of Justice on a 14-8 vote. But, unusually, the latter committee refused to accept the bill, so it returns to the former committee, which is expected to consider it again at its February 5, 2014, meeting.

The referral was recommended by the House Subcommittee for Elementary and Secondary Education, which voted 4-3 for it at its January 30, 2014, meeting, according to the Washington Post (January 31, 2014). The bill's sponsor Richard P. "Dickie" Bell (R-District 20), who chairs the subcommittee, was one of the three voting against the referral, so the vote is regarded as a setback for the bill.

「科学的論争」について生徒たちに教師が誤った教育を行うことを、阻止する権限を教育当局から奪うことになるヴァージニア州下院のHB207が審議先を求めて彷徨っている。2014年2月3日に、州下院教育委員会は14:8で、州法案を州下院司法委員会に送った。しかし、異例なことに、司法委員会は受け取りを拒否したため。州下院教育委員会に差し戻された。その後、2014年2月5日の委員会で再審議されることになる。

Washington Postによれば、司法委員会への送付は、2014年1月30日に、州下院初等中等教育小委員会で4:3で推奨されたものである。州法案の提案者Richard P. "Dickie" Bell (共和党District20)は、この小委員会委員長であり、司法委員会への送付に対する反対票3票のうちの一人である。したがって、この採決は州法案を後退させるものだと見なされている。

[Mixed news from Virginia (2014/02/03) on ncse]
何やらゴミを押し付けあっているような状況だが、審議日程の都合により立消えるかもしれず、もうちょっと生き延びるかもしれず。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは5個:



2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/02/05 01:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Seventh-Day Adventistの教義の定める厳格な食餌ルールに従おうとして、生後5か月の息子をくる病で死なせた夫婦

Telegraphの報道によれば、ジンバブエ生まれの夫婦が、Seventh-Day Adventistの教義の定める厳格な食餌ルールに従おうとして、生後5か月の息子をくる病で死なせた。
Nkosiyapha Kunene, 36, and his wife Virginia, 32, were told at the Old Bailey on Monday that they could face jail after admitting the manslaughter of their son Ndingeko.

Acute rickets, from which Ndingeko died on June 14, 2012, sees the bones soften because of a deficiency of vitamin D, phosphorus or calcium. The case comes after health professionals raised concerns that the Victorian disease is returning to Britain as a result of poor diets and children not being exposed to sufficient sunshine.

It is believed Ndingeko’s parents belong to the Seventh-day Adventist Church, whose members follow a lacto-ovo vegetarian diet – one that allows milk and eggs, but not animal flesh.

Richard Whittam QC, prosecuting, described five-month-old Ndingeko’s death from rickets as “tragic”.

Ndingeko’s parents were born in Zimbabwe, although Mrs Kunene is now a British citizen. They were arrested soon after his death and later charged with manslaughter and cruelty to a child between Jan 1, 2012 and June 15, 2012. The pair both deny cruelty, but have admitted manslaughter.

月曜日に、Nkosiyapha Kunene(36)と妻のVirginia(32)は息子Ndingekoの故殺を認めた後、ロンドン中央刑事裁判所から実刑の可能性があることを告げられた。

2012年6月24日にNdingekoが死亡した原因である急性くる病は、ビタミンDとリンとカルシウムの欠乏により、骨格が弱くなる病気である。貧しい食生活と日光不足の結果、ビクトリア朝時代の病気が英国にもどってくると医療専門家が懸念を表明した後に、この事件が起きた。

Ndingekoの両親はSeventh-Day Adventist Churchの所属していると考えらている。この宗教の信者は、牛乳と卵は良いが、肉食はみとめられないというlacto-ovo菜食主義に従っている、

訴追にあたっているRichard Whittam QC(Queen's Counsel=勅撰弁護士)は、生後5か月のNdingekoのくる病による死を「悲劇的」と評した。

Ndingekoの両親はジンバブエで生まれたが、Virginia Kuneneは英国の市民権を取得している。夫婦は息子の死後、逮捕され、故殺と2012年1月1日〜6月15日の間の虐待で訴追された。夫婦はともに虐待を否認したが、故殺は認めた。

[Nicola Fifield:"Baby dies of rickets from vegetarian mother" (2014/01/27) on Telegraph]
ひとたび医学の力で撃滅したはずの病気が、宗教の力で復活した。

なお、このLacto-ovo菜食主義を教義としているのは、Seventh-Day Adventists以外に、20世紀に中国で生まれた一貫道(I-Kuan Tao, Yiguandao)がある。
posted by Kumicit at 2014/02/05 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする