2014/03/30

ラベルに記載のないED治療薬成分を含む精力増強サプリBlack Ant及びXZenがリコール

Nova Products社はラベルに記載のない薬効成分シルデナフィル(ED治療薬バイアグラの成分)とタダラフィル(ED治療薬シアリスの成分)を含むBlack Ant製品群及びXZen製品群をリコールしている。
[Nova Products, Inc. Issues Voluntary Nationwide Recall of Dietary Supplements with Undeclared Active Pharmaceutical Ingredients (2014/03/28) ]

FOR IMMEDIATE RELEASE - March 27, 2014 - Nova Products, Inc. of Aston, Pennsylvania is voluntarily recalling the following products: African Black Ant (Lot# 2006-000926), Black Ant (Lot# 2006-3627878), XZen Gold (Lot# 130310GL), ZXen Platinum (Lot# 130520PL), XZen 1200 (Lot# 13051012), XZone Gold (Lot# 131110GL), and XZone 1200 (Lot# 13071012) at the retail level. Lot numbers are identified on the back or side of each product. FDA laboratory analysis on these products has determined that they contain undeclared amounts of sildenafil and tadalafil, active ingredients of FDA-approved drugs used to treat erectile dysfunction.

These undeclared active ingredients pose a threat to consumers because they can interact with nitrates found in some prescription drugs (such as nitroglycerin), resulting in decreased blood pressure. Prescription drugs containing nitrates are frequently prescribed for individuals with diabetes, high blood pressure, high cholesterol, or heart disease. Additionally, these products may cause side effects such as headaches and flushing.

These products are marketed as dietary supplements for sexual enhancement and packaged in blister packs, envelopes, bottles, and/or boxes distributed to consumers nationwide at retail stores. Nova Products, Inc. has discontinued distribution and sales of these products.

ペンシルベニア州AstonのNova Products社は以下の製品を小売レベルで自主回収している。African Black Ant (Lot# 2006-000926), Black Ant (Lot# 2006-3627878), XZen Gold (Lot# 130310GL), ZXen Platinum (Lot# 130520PL), XZen 1200 (Lot# 13051012), XZone Gold (Lot# 131110GL), XZone 1200 (Lot# 13071012). ロット番号は各製品の背面あるいは側面にある。これらの製品についてのFDAラボの分析により、勃起不全の治療に使うためにFDAが承認した医薬品の有効成分であるシルデナフィルとタダラフィルが、記載のない量含まれていることがわかった。

これらの記載のない有効成分は、処方薬に含まれる(ニトログリセリンなどの)硝酸塩と相互作用して、血圧降下をもたらす可能性があるので、消費者に対する脅威となる。硝酸塩を含む処方薬は、糖尿病や高血圧や高コレステロールや心疾患を有する患者に対して頻繁に処方される。さらに、これらの製品は、頭痛や顔面紅潮などの副作用を引き起こす可能性がある。

これらの製品は、精力増強のための栄養補助食品として販売され、ブリスターパック・分包・ボトル・箱の形で全米の小売店で販売されている。Nova Products社はこれらの製品の流通販売を中止した。
間違って混入するわけもなく、Nova Products社はED治療薬成分シルデナフィルとタダラフィルを違法に成分として加えて、ラベルに記載せずに販売していたと思われる。

米国のダイエットサプリ製品は、事前承認などの法規制がなく、バレなければ何でもありの状態にある。Black Ant製品群及びXZen製品群はたまたまバレたためにリコールとなったが、これら以外の製品が安全なわけでは全くない。
posted by Kumicit at 2014/03/30 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/27

シブトラミンとフェノールフタレインを含むダイエットサプリBella Vi製品群がリコール

Pure Edge Nutrition社はラベルに記載のない薬効成分シブトラミンやフェノールフタレインを含むダイエットサプリBella Vi製品群をリコールしている。
[Pure Edge Nutrition, LLC Issues Voluntary Nationwide Recall of Bella Vi Brand Products Due to Undeclared Sibutramine and Phenolphthalein (2014/03/26) ]

FOR IMMEDIATE RELEASE - March 26, 2014 - Toms River, NJ, Pure Edge Nutrition, LLC is voluntarily recalling one lot of each: Bella Vi Insane Bee Pollen Capsules, Bella Vi BTrim Ultimate Boost, Bella Vi BTrim Max, Bella Vi Extreme Accelerator, Bella Vi Insane Amp’d, and two lots of Bella Vi Amp’d Up to the consumer level. The products have been found to contain undeclared Sibutramine or a combination of both Sibutramine and Phenolphthalein through FDA laboratory analyses. Sibutramine a previously approved controlled substance, was removed from the US market in October 2010 for safety reasons, Phenophthalein is used medicinally as a laxative and not approved for marketing in the US. Therefore, these products are unapproved new drugs.

Products containing sibutramine and phenophthalein pose a threat to consumers because Sibutramine can increase blood pressure and/or pulse rate in some patients and may present a risk for those with a history of coronary artery disease, congestive heart failure, arrhymias or stroke. These products may also interact in life threatening ways with other medications a consumer may be taking. To date, the company has not received any reports of adverse events related to this recall. The recall was initiated after discovering the Sibutramine and Phenophthalein were included as ingredients by the manufacturer.

ニュージャージー州Toms RiverにあるPure Edge Nutrition社は、Bella Vi Insane Bee Pollen CapsulesとBella Vi BTrim Ultimate BoostとBella Vi BTrim MaxとBella Vi Extreme Accelerator,とBella Vi Insane Amp’d, aを各1ロット、 Bella Vi Amp’d Upを2ロットリコールしている。これらの製品に、ラベルに記載のないシブトラミンあるいは、シブトラミンとフェノールフタレインが含まれていることが、FDAの試験でわかった。シブトラミンはかつては承認された成分だったが、安全上の理由により2010年10月に米港市場から撤去された。フェノールフタレインは医療用に下剤として使われており、米国で販売が承認されていない。したがって、これらの製品は、未承認の新薬である。

シブトラミンは、一部の患者に血圧や脈拍数を増加させる可能性があり、冠動脈疾患や鬱血性心不全や発作や脳卒中の病歴があるものにはリスクとなるので、シブトラミン及びフェノールフタレインを含む製品は消費者に対して脅威となりうる。これらの製品は消費者が服用している薬剤との相互作用により、生命に関わる場合がある。現時点では、当社は、このリコールに関連する有害事象の報告は受けていない。リコールは、シブトラミンとフェノールフタレインが含まれていることを製造業者が発見した後に開始した。
間違って混入するわけもなく、Pure Edge Nutritionはシブトラミンとフェノールフタレインが米国で販売できないことをわかっていてラベルから消して販売していたと思われる。

米国のダイエットサプリ製品は、事前承認などの法規制がなく、バレなければ何でもありの状態にある。Bella Vi製品群はたまたまバレたためにリコールとなったが、これら以外の製品が安全なわけでは全くない。
posted by Kumicit at 2014/03/27 22:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペニシリンを含むホメオパシー製品Pleoがリコール

Terra-Medicaが製造販売するホメオパシー製品が、ペニシリンあるいはペニシリン誘導体が含まれている可能性があるという理由でリコールになっている。これらの製品はよくある30C(1/1060)といった原物質が1分子も残っていない水や砂糖ではなく、5X(1/10000)程度の希釈度の製品である。
[Terra-Medica Issues Voluntary Nationwide Recall of Specified Lots of Pleo Homeopathic Drug Products Due to the Potential for Undeclared Penicillin (2014/03/18)]

FOR IMMEDIATE RELEASE - March 18, 2014 - Terra-Medica, Inc. is voluntarily recalling 56 lots of Pleo-FORT, Pleo-QUENT, Pleo-NOT, Pleo-STOLO, Pleo-NOTA-QUENT, and Pleo-EX homeopathic drug products in liquid, tablet, capsule, ointment, and suppository forms to the consumer level. FDA has determined that these products have the potential to contain penicillin or derivatives of penicillin, which may be produced during the fermentation process.

In patients who are allergic to beta-lactam antibiotics, even at low levels, exposure to penicillin can result in a range of allergic reactions from mild rashes to severe and life-threatening anaphylactic reactions. To date, Terra-Medica has not received any reports of adverse events related to this recall, nor any reports of product tests indicating penicillin content in the products.

Terra-Medica社は、液体や錠剤やカプセルや軟膏や坐薬の形態の、Pleo-FORT, Pleo-QUENT, Pleo-NOT, Pleo-STOLO, Pleo-NOTA-QUENT, Pleo-EX の全56ロットをリコールしている。FDAはこれらの製品に発酵過程で発生したと思われるペニシリンあるいはペニシリン誘導体が含まれている可能性があると判定した。

βラクタム抗生物質にアレルギーがある患者が使った場合、ペニシリンは低用量でも、軽度の発疹や、生命にかかわるアナフィラキシーショックを起こす怖れがある。現時点ではTerra-Medica社に副作用の報告はない。
ホメオパシー製品はダイエットサプリと同じく法規制回避ルートとなっており、必ずしも、効果も副作用もない、ただの水やただの砂糖玉というわけではない。今回リコールとなったPleoは、希釈度4Xから7X(1/1000〜1/107)の製品であり、原物質が残っている。


posted by Kumicit at 2014/03/27 04:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シブトラミンとフェノールフタレインを含むダイエットサプリSuper Fat BurnerとMaxi GoldとEsmeraldaがリコール

New Life Nutritional Center社はラベルに記載のない薬効成分シブトラミンやフェノールフタレインを含むダイエットサプリSuper Fat BurnerとMaxi GoldとEsmeraldaをリコールしている。
[New Life Nutritional Center Issues Voluntary Nationwide Recall of Super Fat Burner, Maxi Gold and Esmeralda Dietary Supplements Due to the Presence of Undeclared Sibutramine and Phenolphthalein (2014/03/25)]

FOR IMMEDIATE RELEASE - March 25, 2014 - New Life Nutritional Center is recalling all lots of “Super Fat Burner capsules, Maxi Gold capsules and Esmeralda softgels” to the user level after FDA analysis revealed the products contain undeclared active pharmaceutical ingredients: sibutramine, phenolphthalein or a combination of both sibutramine and phenolphthalein.

Sibutramine is an appetite suppressant that was withdrawn from the U.S. market in October 2010 (due to increased risk of seizures, heart attacks, arrhythmia and strokes). Phenolphthalein is an ingredient previously used in over-the-counter laxatives, but because of concerns of carcinogenicity, it is not currently approved for marketing in the United States. These undeclared ingredients make these products unapproved new drugs for which safety and efficacy have not been established. At this time no illnesses or injuries have been reported to New Life Nutritional Center in connection with these products.

ラベルに記載のない薬効成分シブトラミンあるいはフェノールフタレインあるいは両方を含んでいることがFDAの分析で明らかになったため、New Life Nutritional CenterはSuper Fat BurnerとMaxi GoldとEsmeraldaの全ロットをリコールしている。

シブトラミンは食欲抑制剤で、発作や心臓発作や不整脈や脳卒中のリスクがあるため、2010年10月以降、米国市場から回収された。フェノールフタレインは以前は下剤として店頭販売されていたが、発癌性のため米国での販売が認められていない。これらのラベル記載のない成分により、これらに製品は安全性と効果の証明されていない未承認医薬品にあたる。現時点では、New Life Nutritional Centerは、これらの製品に関して、疾病や傷害の報告を受けていない。

間違って混入するわけもなく、New Life Nutritional Centerはシブトラミンとフェノールフタレインが米国で販売できないことをわかっていてラベルから消して販売していたと思われる。

米国のダイエットサプリ製品は、事前承認などの法規制がなく、バレなければ何でもありの状態にある。Super Fat BurnerとMaxi GoldとEsmeraldaはたまたまバレたためにリコールとなったが、これら以外の製品が安全なわけでは全くない。
posted by Kumicit at 2014/03/27 04:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/25

SeesaaWikiに引っ越し


インテリジェントデザインとハガルの関係は、インテリジェントデザイン運動が自然選択と突然変異による進化を嫌う理由を象徴的に表現している。

Giovanni Lanfranco: "Hagar in the wilderness" at Musee du Louvre Paris.
これには神学的帰結がある。進化が神の制御のもとにないなら、神が地球とその上の居住者のために将来必要なものを与えるという、摂理の概念とは相いれない。たとえば、神はハガル[創世記16章: Abrahamとの間にIshmaelをもうけた女性]が構成員である人類が原始の海から出現することすら保証できないので、ハガルが砂漠で必要とするものを準備できない。(ダーウィンのメカニズムの根源的な偶発性はダーウィニストSteven J. Gouldによってうまく表現されている。彼は進化のテープが巻き戻されて、再生されるなら、結果はまったく違うものになるだろうと書いている。神がひとたびAdamとEveを生み出す過程を起動したら、AdamとEveが生み出されるか、尖った耳のバルカン人が生み出されるのか、あるいは細菌に満ちた海が生み出されるのか、神は制御できない。)

[ Thomas Cudworth: "Theistic Evolutionists, Your Position Is Incoherent But We Can Help You!" (2008/06/21) on Uncommon Descent ]


気に入ったので、Giovanni Lanfranco:の描く天使をアイコンに使い、ATWIKI「忘却からの帰還 創造論/ID論」の表紙にも掲げてきた。

で、このATWIKIはblockquote内外の記述ルールが同一で、ネストできるとか、バックアップが容易とか、ページタイトル長無制限とか、使い勝手が良い。気に入っていたが、ここのところ、ATPAGEとATWIKIのセキュリティインシデントが続いたので、3連休で以下に引っ越しした。

==>忘却からの帰還 創造論とインテリジェントデザイン論 ( http://seesaawiki.jp/transact/ )

ページタイトル長制限のために、無理矢理切り縮めて変になったページタイトルもないわけではないが、まあそこそこの引っ越し。
posted by Kumicit at 2014/03/25 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワイオミング州議会の民主的な科学の改訂の試み

ワイオミング州議会は民主的に、気候変動をめぐる科学の改訂を試みている。
In allocating funds to the state department of education, House Bill 1 provides, "neither the state board of education nor the department shall expend any amount appropriated under this section for any review or adoption of the next generation science standards as developed by the national science teachers association, the American association for the advancement of science, the national research council, and 'Achieve'" (capitalization as in original). The bill was signed into law on March 5, 2014.

州教育省への予算配分において、HB1は「全米理科教師協会とAAASとnational research councilとAchieveによって作成された次世代理科教育基準のレビューあるいは採択について、州教育委員会と州教育省が支出することを禁じる。」この州法案は2014年3月
5日に州法となった。

The exact requirements of the provision are unclear, the Casper Star-Tribune (March 14, 2014) observes: "Some say the provision, which came through a last-minute footnote, blocks the state from considering any part" of the NGSS. "Others, including the provision's author, say it prevents the wholesale adoption of the standards as they are written." As a result, legal staff at the state board of education, the state department of education, and the legislature are attempting to clarify its meaning.

厳密な法規定は明確ではないが、Casper Star-Tribuneは「土壇場の注記により州政府は次世代理科教育基準のどの部分も検討してはならないと言う者もいる。規定の提案者などは、現状での次世代理科教育基準の採択を禁じると言う」と報じている。結果として、州教育委員会と州教育省と州議会は意味の明確化を試みている。

What is clear, however, is that the NGSS were targeted in part because of their treatment of global climate change (which is one of four sub-ideas in the core idea of Earth and Human Activity at both the middle school and high school level). Matt Teeters (R-District 5), who coauthored the provision, told the Star-Tribune that the NGSS "handle global warming as settled science," adding, "There's all kind of social implications involved in that that I don't think would be good for Wyoming."

しかし、明らかなことは、地球気候変動(中学及び高校のコアアイデア地球と人間活動の4つのサブアイデアの一つ)の扱いを理由として次世代理科教育基準を標的としていることである。この規定の共同提案者である共和党District5のMatt Teeters州議会議員はCasper Star-Tribuneに「次世代理科教育基準は地球温暖化を確定した科学として扱っている。これは私がワイオミング州にとって良くないと考える、あらゆる社会的影響を含んでいる。」と語った。

[Wyoming blocks NGSS over climate(2014/03/14) on NCSE]
州法として成立した以上は、策定された次世代理科教育基準を民主的に改訂する他ない。「気候変動は理論に過ぎない」とか「気候変動モデルの強いところと弱いところ」とか、反進化論ノリになるかどうかはわかたないが、似たようなことをするかも。
posted by Kumicit at 2014/03/25 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/22

ミズーリ州下院の反進化論州法案HB1472が委員会通過

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、ミズーリ州下院の2つの反進化論州法案のひとつHB1472が州下院初等中等教育委員会を通過した。
Missouri's House Bill 1472, which would require school districts to allow parents to have their children excused from learning about evolution, was passed by the House Committee on Elementary and Secondary Education on March 12, 2014, after having a public hearing on February 13, 2014. The bill is not yet on the House calendar.

親が子供に進化論を学ばせなくてもよくすることを学区に対して義務付けるミズーリ州下院HB1472が、2014/2/13の公聴会を経て、2014/3/12に州下院初等中等教育委員会を通過した。今のところ、本法案は審議日程に載っていない。

As NCSE previously reported, the bill's sponsor Rick Brattin (R-District 55) told the Kansas City Star (February 6, 2014) that requiring students to study evolution is "an absolute infringement on people's rights" and that evolution is "just as much faith and, you know, just as much pulled out of the air as, say, any religion."

NCSEが既に報告したように、提案者である共和党District55のRick Brattin州下院議員はKansas City Star に「生徒たちに進化論を学ぶことを義務付けることは全くの人権侵害である。進化論は信仰であり、いかなる宗教と同じく、宙空より引き出されたものだ」と語っている。
...
A separate antievolution bill in Missouri, House Bill 1587, which would deprive administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies" around evolution, is still with the House Committee on Elementary and Secondary Education, where no hearing for it is yet scheduled.

進化論についての科学的論争について誤った教育を生徒に行う教師を阻止する権限を管理者から奪う、ミズーリ州下院のもう一つの反進化論州法案HB1587は州下院初等中等教育委員会にあって、公聴会などはスケジュールされていない。

[Missouri antievolution bill advances (2014/03/19) on NCSE]






現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の2個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/03/22 06:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/19

途方もない主張には途方もない証明・証拠が必要であり、単一の研究に懐疑的になるべきだ

途方もない主張には途方もない証明・証拠が必要であり、単一の研究に懐疑的になるべきだ。
We should be skeptical of single studies. That should be the case even if we have every reason to trust the lab. Until the work is replicated under a variety of conditions, we should suspend judgment. ... We should trust concensus science even though the majority is not always right.

我々は、単一の研究に懐疑的になるべきだ。たとえ研究室を信頼するためにあらゆる理由がある場合でも同様である。研究結果が様々な条件下で再現されるまで、我々は判断を留保すべきである。マジョリティが常に正しくなくても、我々はコンセンサス科学を信頼すべきである。

[Robert Carroll:"Unnatural Acts: Critical Thinking, Skepticism, and Science Exposed! " (2011)]

Truzzi was an investigator of various protosciences and pseudosciences and, as fellow CSICOP cofounder Paul Kurtz dubbed him "the skeptic's skeptic". He is credited with originating the oft-used phrase "Extraordinary claims require extraordinary proof." (Marcello Truzz)

Sagan is also widely regarded as a freethinker or skeptic; one of his most famous quotations, in Cosmos, was, "Extraordinary claims require extraordinary evidence"(Carl Sagan)
実際にところ...

Brigham and Women’s Hospital (Harvard Medical School)の麻酔科長をつとめるCharles Vacanti, MDはStem Cell研究界の人ではない。その彼の「成果」であるSTAPは、当然のごとく、驚きと懐疑を以って受け取られた、
Dr. George Q. Daley, director of the stem cell transplantation program at Boston Children’s Hospital, said that it had been a long time since he read a scientific paper and felt both so amazed and perplexed. The technique must be repeated in many labs, he said, and probed to see whether it could be useful, but it’s a provocative reminder of the malleability of cells−a concept that has undergone a revolution in biology over the past decade.

“It’s a startling result that makes you stand up and go, ‘Wow!’” Daley said. “With an equal dose of amazement and skepticism.”

ボストン小児病院のStem cell移植プログラムのディレクターDr. George Q. Daleyは科学論文を読んで、大きな驚きと当惑を両方感じたことは久しくなかったと言う。「テクニックは多くの研究室で再現されなければならず、役に立つか調べなければならない。しかし、それは、過去10年間にわたる生物学の革命を経た概念​​である細胞可鍛性に対する、挑発的な主張である。」

Dr. George Q. Daleyは言う「これは飛び上がって声を上げる成果だ。ただし、驚きと等量の懐疑を以って」

[Carolyn Y. Johnson:"Scientists discover a new, simpler way to make stem cells" (2014/01/29) on Boston.com


今回のSTAPと似たような「発見」をCharles Vacantiと弟Martinは2001年にしている。ただし、そのときは同僚たちからも否定され、研究結果は注目を浴びる事なく埋れて行った。
For more than a year, Martin struggled, but then he tried using a procedure used to isolate fetal stem cells from rodent brains. He cut up an adult rat brain with a scalpel he borrowed from an operating supply room. He passed the mashed-up tissue through progressively thinner tubes, squeezing and even injuring the cells. Then he looked in the microscope.

“All I had was junk and garbage and debris,” Martin recalled. “But I noticed these very, very small, tiny rounded” structures.

A colleague dismissed them as nothing, and a depressed Martin returned to the lab, debating whether to throw out the Petri dish or stick it in the incubator. He decided to see whether anything would grow. After a weekend had passed, still feeling sorry for himself, he looked at the dish and saw that the dots had grown into spherical clusters that seemed to be acting like stem cells.

1年以上、Martin Vacantiは苦戦したが、その後、齧歯類の脳から胎児の幹細胞を単離する手順を使ってみた。彼は手術用品室から借りたメスで、成体ラットの脳をカットした。彼はマッシュアップした組織片を次第に細くなる管を通し、スクイーズし、傷つけた。

「全てはジャンクとゴミと破片だった。しかし、とても小さな丸いものがあった。」とMartin Vacantiは振り返る。

同僚たちは何もないとして、それを否定した。落ち込んだマーティンは実験室にもどり、ペトリ皿を投げ捨てるか、培養器で頑張るか議論した。彼は、何が成長するか確認することにした。週末が過ぎたても、まだ落ち込んでいた彼はペトリ皿を見て、点がドットが球状のクラスターに成長し、Stem cellのように動いているのを見た。

The initial, tiny seed cells seemed to be very hardy and resistant to harsh conditions, so he and his brother dubbed them spore-like cells and published their results in 2001 in a respectable, though not prominent journal.

Other UMass scientists were extremely skeptical of the results. Eventually, tired of having to defend his work internally, Charles moved to Brigham. He made a conscious choice during the job interview not to mention the research.

“I didn’t want to tell them about my little flop on spore-like stem cells,” Vacanti recalled.

当初、小さな種細胞は、非常に丈夫で、過酷な条件に耐えるように見えたので、彼と彼の弟(Charles and Martin Vacanti)は、"spore-like cells"と名付けて、著名ではないが真っ当な学術誌に、2001年にその結果を発表した。

マサチューセッツ大学の他の科学者たちは、その結果に物凄く懐疑的だった。学内で自分の成果を擁護するのに疲れ果てたCharles Vacantiは最終的に、Brigham病院に転職した。彼は、就職の面接ではもちろん、意図的にその研究には触れなかった。

「私はspore-like stem cellsについてのささやかな失敗について語りたくなかった」とVacantiは振り返る。

[Carolyn Y. Johnson: "Ignorance led to invention of stem cell technique -- Discoverer was freed by what he didn’t know (2014/02/02) on BostonGlobe]
研究は何らかの偶然からか成功したように見えて、論文誌掲載にたどり着いていた。しかし、マサチューセッツ大学の同僚たちから否定され、研究は注目を浴びることなく、埋れていった。理研が組織的にプロモーションをかけていなければ、同様に埋れて行っただろう。

ただこのあたりで、専門知識を持たずにアプローチすることが成果につながるという信念を強めたかも。
His discovery is a reminder that as specialized as science is, sometimes, a little ignorance may be a virtue. A stem-cell expert would probably never have even bothered to try the experiment Vacanti has been pursuing, on and off, since the late 1990s.

”In science, the prevailing opinion is called dogma. And dogma is often right, and often wrong,” said Arnold Caplan, a biology professor at Case Western Reserve University and friend who has acted as a sounding board for some of Vacanti’s ideas.

“He tests them out on me and if I think they’re totally stupid, I tell him, since I’m not known to be subtle,'’ Caplan said. “Most of the time, I’m encouraging, because every time we think we know something, we don’t know it exactly.”

Sitting in his office a day after he shook up the stem cell world, Vacanti was unguarded and modest.

“I know I’m wrong a lot of times, but do you know how happy I am when I’m right once in awhile?” he said. “That’s what I live for.”

彼の発見は、ちょっとした無知が時には美徳になるという、科学にありがちなことを思い起こさせる。1990年代後半から時折、Vacantiが追求してきたような実験を、普通のStem Cell専門家なら、おそらくやろうとはしないだろう。

Case Western Reserve Universityの生物教授で、Vacantiの考えを試す役割をしている友人でもあるArnold Caplanは言う「科学では有力な意見は定説と呼ばれる。定説は多くの場合正しいが、多くの場合間違っている。彼は私を使ってアイデアを試す。私は繊細ではないので、それが完全に愚かだと思えば、私はそう告げる。しかし、多くの場合、私は彼を応援する。我々は何かを知っていると思ったとき、いつも我々は正確には知らないのだから。」

Stem Cell研究界を大きく揺るがした翌日、Vacantiは無防備に控えめにオフィスにすわって、言う。「私は何度も間違ってきた。しかし、ひとたび正しければ、とてもハッピーだ。そのために私は生きている」と。

[Carolyn Y. Johnson: "Ignorance led to invention of stem cell technique -- Discoverer was freed by what he didn’t know (2014/02/02) on BostonGlobe]
Stem cell分野ではシロウトである奇矯なネタを追求する研究者Charles Vacantiは、どうやら今回も間違えたようである。

このような研究者のもとで、Stem cell研究に博士課程の数年を費やそうとする大学院生がいるのか疑問だ。結果に到達できず、学術誌にアクセプトされる論文を書けず、学位を取得し損ねるリスクが大きく見える。だからこそ、弟Martinを動員して以降、「成果」らしきものに到達したのが2014年のSTAPまで見当たらないのだろう。

もちろん偉大なる成果はコンセンサスから離れたところにあったりするが、コンセンサスから離れたところの大半はハズレ。もし、その発見が正しければ、いずれ証拠が積み上がるだろう。積み上がらなければ、おそらくそれはハズレ。だからこそ、途方もない主張には途方もない証明・証拠が必要であり、単一の研究に懐疑的になるべきだ。
posted by Kumicit at 2014/03/19 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/16

キレーション療法には死亡リスクがある

重金属中毒の治療法として使われるキレーション療法には、まれに死亡症例がある。そのリスクを考えても、重金属中毒治療のメリットでキレーション療法が使われる。しかし、自閉症やMCSなど効果が証明されないものに対して、代替医療師たちがキレーション療法を使うのは、リターンなしのリスクありなので、有害である。

以下は2006年の情報だが、CDCがまとめた通常医療&代替医療の3名の死亡症例である。
[Deaths Associated with Hypocalcemia from Chelation Therapy --- Texas, Pennsylvania, and Oregon, 2003--2005 (2006/03/03) on CDC]

In 2005, the Texas Department of Health childhood lead poisoning surveillance program reported a death attributable to chelation-associated hypocalcemia to CDC. Subsequently, CDC queried state and local lead-surveillance programs regarding chelation-related fatalities; additional deaths were identified in Pennsylvania and Oregon.

2005年に、テキサス州保健省子供鉛中毒調査プログラムがキレーション療法に関連する低カルシウム血症による死亡症例をCDCに報告した。CDCは州および地方の鉛中毒調査プログラムに対して、キレーション療法に関連する死亡症例の報告を求めた。ペンシルバニア州及びオレゴン種でも死亡症例が確認された。

Case Reports 症例報告

Texas. In February 2005, a girl aged 2 years who was tested for blood lead during routine health surveillance had a capillary BLL of 47 μg/dL. A venous BLL of 48 μg/dL obtained 12 days later confirmed the elevated BLL. A complete blood count and iron study conducted concurrently revealed low serum iron levels and borderline anemia. On February 28, 2005, the girl was admitted to a local medical center for combined oral and IV chelation therapy.

The patient's blood electrolytes at admission were within normal limits. Initial medication orders included IV Na2EDTA and oral succimer (an agent primarily used for treatment of lead poisoning). The medication order subsequently was corrected by the pediatric resident to IV CaEDTA. At 4:00 p.m. on the day of admission, the patient received her first dose of IV CaEDTA (300 mg in 100 mL normal saline at 25 mL/hr). At 4:35 p.m., she was administered 200 mg of oral succimer. Her vital signs remained normal throughout the night. At 4:00 a.m. the next day, a dose of IV Na2EDTA (instead of IV CaEDTA) was administered. An hour later, the patient's serum calcium had decreased to 5.2 mg/dL (normal value for pediatric patients: 8.5--10.5 mg/dL). At 7:05 a.m., the child's mother noticed that the child was limp and not breathing. Bedside procedures did not restore a normal cardiac rhythm, and a cardiac resuscitation code was called at 7:25 a.m. The child had no palpable pulse or audible heartbeat. Repeat laboratory values for serum drawn at 7:55 a.m. indicated that the serum calcium level was <5.0 mg/dL despite repeated doses of calcium chloride. All attempts at resuscitation failed, and the girl was pronounced dead at 8:12 a.m.

An autopsy revealed no results of toxicologic significance. A postmortem radiologic bone survey indicated areas of sclerosis at the metaphyses (growth arrest and recovery lines compatible with lead exposure). The cause of death was recorded as sudden cardiac arrest resulting from hypocalcemia associated with chelation therapy. The hospital's child mortality review board findings indicated that a dose of IV Na2EDTA was unintentionally administered to the child.

テキサス州。 2005年2月に、定期健康診断で血中鉛濃度の試験を受けた2歳の少女の血中鉛濃度が47μg/dLだった。12日後にも血中鉛濃度が48μg/dLであり、高血中鉛濃度が確認された。並行して行われた全血球数と鉄分の検査で、低血清鉄レベルと境界線貧血が明らかになった。2005年2月28日に、少女は経口及びIVによるキレーション療法のために地域医療センターに入院した。

入院時の患者の血液電解質は正常範囲内であった。最初の投薬指示はIV(静脈注射)Na2EDTAと経口サクシマー(鉛中毒治療にまず使われる薬品)だった。その後、小児科レジデントがIV CaEDTAに変更した。入院した日の4:00pmに、患者は最初のIV CaEDTA(25mL/hrの生理食塩水中に300mg)投与を受けた。4:35pmに患者は200mgの経口サクシマー投与を受けた。彼女のバイタルサインは一晩中正常だった。翌日、4:00amに、IV CaEDTAの代わりにIV Na2EDTAの投与を受けた。1時間後、患者の血中カルシウム濃度は5.2mg/dL(小児の正常値は8.5-10.5mg/dL)だった。7:05amに子供の母親が、子供がぐったりしていて、息をしていないのに気付いた。ベッドサイドでの蘇生措置では正常な心拍数を回復できず、7:25amに心肺蘇生チームが呼ばれた。子供にはまったく心拍がなかった。塩化カルシウムを繰り返し登用されたが、繰り返し行われた検査は、7:55am時点で、血中カルシウム濃度は5.0mg/dL以下であったことを示していた。蘇生の試みは失敗し、少女の死が8:12amに確認された。

剖検では、有意な毒学の存在を示す結果がないことが明らかになった。死後の放射線による骨の検査で、骨幹端での多発性硬化症の領域(鉛曝露と合致した、成長停止回復線)が示された。死因は、キレーション療法に関連した低カルシウム血症に起因する突然の心停止と記録された。病院の小児死亡審査委員会の調査結果はIV Na2EDTA投与が意図せずして小児に対しておこなわれたことを示している。

Pennsylvania. In August 2005, a boy aged 5 years with autism died while receiving IV chelation therapy with Na2EDTA in a physician's office. During the chelation procedure, the mother noted that the child was limp. The physician initiated resuscitation, and an emergency services team transported the child to the hospital. At the emergency department (ED), further resuscitation was attempted, including administration of at least 1 and possibly 2 doses of IV calcium chloride. Subsequently, the boy's blood calcium level was recorded in the ED as 6.9 mg/dL. The child did not regain consciousness. The coroner examination indicated cause of death as diffuse, acute cerebral hypoxic-ischemic injury, secondary to diffuse subendocardial necrosis. The myocardial necrosis resulted from hypocalcemia associated with administration of Na2EDTA. The case is under investigation by the Pennsylvania State Board of Medicine.

ペンシルバニア州。医院でIV Na2EDTAによるキレーション療法を受けていた自閉症の5歳の男の子が2005年8月に死亡した。キレーション療法中に、子供がぐったりしているのに母親が気づいた。医師は蘇生を開始し、緊急医療チームが病院に子供を搬送した。ED(救急治療室)では、さらに蘇生が試みられ、少なくとも1回、あるいは2回のIV 塩化カルシウム投与が行われた。その後、EDでの子供のカルシウム濃度の記録は6.9mg/dLだった。子供は意識を回復しなかった。検死官の調査では、主因は急性低酸素性虚血性脳障害、副因は心内膜下壊死だった。この症例はペンシルバニア州医療委員会により調査中である。

Oregon. In August 2003, a woman aged 53 years with no evidence of coronary artery disease, intracranial disease, or injury was treated with 700 mg IV EDTA in a naturopathic practitioner's clinic. The EDTA was provided by a compounding laboratory (Creative Compounding, Wilsonville, Oregon) and was administered by the practitioner to remove heavy metals from the body. The practitioner had provided a similar treatment to the patient on three previous occasions, once in June 2003 and twice in July 2003. Approximately 10--15 minutes after treatment began, the patient became unconscious. Cardiopulmonary resuscitation was initiated, and an emergency services team was contacted. Attempts to revive the patient en route to and in the ED were unsuccessful. The medical examiner determined the cause of death to be cardiac arrhythmia resulting from hypocalcemia associated with EDTA infusion and vascuolar cardiomyopathy. The patient's ionized calcium level during code was 3.8 mg/dL (normal value for adult patients: 4.5--5.3 mg/dL) after one IV injection of calcium gluconate administered by emergency medical technicians en route to the hospital and another IV injection of calcium chloride in the ED. The Oregon State Naturopath Licensing Board is conducting an investigation to determine whether Na2EDTA or CaEDTA was administered to this patient.

オレゴン州。2003年8月に、冠動脈疾患や頭蓋内疾患あるいは損傷の証拠のない、53歳の女性がナチュロパスのクリニックで700mg IV EDTA治療を受けた。EDTAはオレゴン州WilsonvilleにあるCreative Compoundingが配合したものであり、人体から重金属を除去するためにナチュロパスによって投与された。ナチュロパスは同様の療法を、過去の3人の患者に投与している(2003/6に1人, 2003年7月に2人)。療法が始まって10-15分後に、患者は意識不明となった。心肺蘇生を開始し、緊急医療チームに連絡した。EDへの移送途中及びED内での蘇生の試みは成功しなかった。監察医は、死因はEDTA投与と血管心筋症に関連した低カルシウム血症に起因する心臓不整脈であると判断した。EDへ移送中のグルコン酸カルシウム投与及びEDでの塩化カルシウム投与後の患者のカルシウムイオン濃度は3.8mg/dL (通常の成人の値は4.5-5.3mg/dL)だった。オレゴン州ナチュロパス免許委員会は、ナチュロパスがNa2EDTAかCaEDTAのどちらを投与したか調べている。
さらには、本来はOTCで販売されることがないキレーション製品だが、FDAの承認を受けずにOTC販売されている例がある。
[FDA issues warnings to marketers of unapproved ‘chelation’ products (2010/10/14) on FDA]

FDAは未承認キレーション製品について販売業者に警告した。

The U.S. Food and Drug Administration today warned eight companies that their over-the-counter (OTC) chelation products are unapproved drugs and devices and that it is a violation of federal law to make unproven claims about these products. There are no FDA-approved OTC chelation products.


FDAは本日(2010/10/14)、8社に対して、OTCキレーション製品は未承認医薬品・機器であり、これらの製品について証明されない主張を行うことは連邦法違反であると警告した。FDAが承認するOTCキレーション製品は存在しない。

...
The companies must take prompt action to correct the legal violations cited in the warnings letters or face possible legal action, including seizure and injunction. The FDA issued warning letters to the following companies:

World Health Products, LLC: Detoxamin Oral, Detoxamin Suppositories, and the Metal Detector test kit
Hormonal Health, LLC and World Health Products, LLC: Kelatox Suppositories, and the METALDETECTOR Instant Toxic Metals Test
Evenbetternow, LLC: Kids Chelat Heavy Metal Chelator, Bio-Chelat Heavy Metal Chelator, Behavior Balance DMG Liquid, AlkaLife Alkaline Drops, NutriBiotic Grapefruit Seed Extract, Natur-Leaf, Kids Clear Detoxifying Clay Baths, EBN Detoxifying Bentonite Clay, and the Heavy Metal Screen Test
Maxam Nutraceutics/Maxam Laboratories: PCA-Rx, PC3x, AFX, AD-Rx, AN-Rx, Anavone, AV-Rx, BioGuard, BSAID, CF-Rx, CreOcell, Dermatotropin, Endotropin, GTF-Rx, IM-Rx, Keto-Plex, Natural Passion, NG-Rx, NX-Rx, OR-Rx, Oxy-Charge, PN-Rx, Ultra-AV, Ultra Pure Yohimbe, and the Heavy Metal Screening Test
Cardio Renew, Inc: CardioRenew and CardioRestore
Artery Health Institute, LLC: Advanced Formula EDTA Oral Chelation
Longevity Plus: Beyond Chelation Improved, EndoKinase, Viral Defense, Wobenzym-N
Dr. Rhonda Henry: Cardio Chelate (H-870)
これは2010年の警告書簡だが、根絶したと考えるべきではないだろう。

posted by Kumicit at 2014/03/16 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/15

メモ「Ignorance led to ...」

Brigham and Women’s Hospital (Harvard Medical School)の麻酔科長をつとめるCharles Vacanti, MDはStem Cell研究界の人ではない。2014年2月2日のBoston Globeの報道によれば...
His discovery is a reminder that as specialized as science is, sometimes, a little ignorance may be a virtue. A stem-cell expert would probably never have even bothered to try the experiment Vacanti has been pursuing, on and off, since the late 1990s.

”In science, the prevailing opinion is called dogma. And dogma is often right, and often wrong,” said Arnold Caplan, a biology professor at Case Western Reserve University and friend who has acted as a sounding board for some of Vacanti’s ideas.

“He tests them out on me and if I think they’re totally stupid, I tell him, since I’m not known to be subtle,'’ Caplan said. “Most of the time, I’m encouraging, because every time we think we know something, we don’t know it exactly.”

Sitting in his office a day after he shook up the stem cell world, Vacanti was unguarded and modest.

“I know I’m wrong a lot of times, but do you know how happy I am when I’m right once in awhile?” he said. “That’s what I live for.”

彼の発見は、ちょっとした無知が時には美徳になるという、科学にありがちなことを思い起こさせる。1990年代後半から時折、Vacantiが追求してきたような実験を、普通のStem Cell専門家なら、おそらくやろうとはしないだろう。

Case Western Reserve Universityの生物教授で、Vacantiの考えを試す役割をしている友人でもあるArnold Caplanは言う「科学では有力な意見は定説と呼ばれる。定説は多くの場合正しいが、多くの場合間違っている。彼は私を使ってアイデアを試す。私は繊細ではないので、それが完全に愚かだと思えば、私はそう告げる。しかし、多くの場合、私は彼を応援する。我々は何かを知っていると思ったとき、いつも我々は正確には知らないのだから。」

Stem Cell研究界を大きく揺るがした翌日、Vacantiは無防備に控えめにオフィスにすわって、言う。「私は何度も間違ってきた。しかし、ひとたび正しければ、とてもハッピーだ。そのために私は生きている」と。

[Carolyn Y. Johnson: "Ignorance led to invention of stem cell technique -- Discoverer was freed by what he didn’t know (2014/02/02) on BostonGlobe]
Stem Cellの普通の研究者が手を出さないようなアフォネタを繰り出して、ひたすら間違えてきた人らしい。こういう人は当たるとデカイが、なかなか当たりにめぐりあわない。そこで博士課程を過ごす場合、Stem Cellネタをやったら、成果が出せずに学位を取り損ねそう。

posted by Kumicit at 2014/03/15 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/11

メモ「Kelemen et al 2013の目的論な自然についての記述の例文」

Kelemen et al.(2013)が、目的論思考を調べるために、以下の例文を使った。
Bats hunt mosquitoes in order to control over-population.蚊の過剰個体数を制御するために、コウモリは蚊を狩る。目的論な自然の記述
Bees frequent flowers in order to aid pollination.受粉を助けるためにミツバチ頻繁に花を訪れる。目的論な自然の記述
Birds transfer seeds in order to help plants germinate.植物が発芽するのを助けるために、鳥は種子を運ぶ。目的論な自然の記述
Mites live on skin in order to eliminate dead skin cells.死んだ皮膚細胞を掃除するためにダニは皮膚に住んでいる。目的論な自然の記述
Trees produce oxygen so that animals can breathe.動物が呼吸できるように、木々は酸素を生成する。目的論な自然の記述
Ferns grow at ground level in order to conserve humidity.地面の水分を保持するために、シダは地面近くで成長する。目的論な自然の記述
Microbes convert nitrogen in order to enrich the soil.土壌を豊かにするために、微生物は窒素を固定する。目的論な自然の記述
Moss forms around rocks in order to stop soil erosion.土壌浸食を抑止するために、岩の周りに苔が形成される。目的論な自然の記述
Water exists so that life can survive on Earth.生命が地球で生存できるように、水が存在している。目的論な自然の記述
Earthworms tunnel underground in order to aerate the soil.土に通気するために、ミミズが地下にトンネルを掘る。目的論な自然の記述
The fittest animals survive so that species can grow stronger.種が強くなることができるように、最も適応した動物が生き残る。目的論な自然の記述
Finches diversified in order to survive.生き残るために、フィンチは多様化した。目的論な自然の記述
Germs mutate in order to become drug resistant.薬剤耐性を持つために、細菌は突然変異する。目的論な自然の記述
Lemurs have adapted in order to avoid extinction.絶滅を回避するために、キツネザルは適応している。目的論な自然の記述
Parasites multiply in order to infect a host.宿主に感染するために、寄生虫は増殖する。目的論な自然の記述
Molecules fuse in order to create matter.物質を形成するために、分子は結合する。目的論な自然の記述
Particles collide in order to produce chemical reactions.化学反応を起こすために、粒子は衝突する。目的論な自然の記述
Rain falls in order to allow plants to grow.植物が成長することを可能にするために、雨が降る。目的論な自然の記述
Sand dunes form in order to stop waves eroding vegetation.植生の侵食を防ぐために、砂丘が形成される。目的論な自然の記述
The sun makes light so that plants can photosynthesize.植物が光合成できるように、太陽が光を作る。目的論な自然の記述
The Earth rotates around the sun so that it can receive light.太陽光を受け取れるように、地球は太陽の周りを公転する。目的論な自然の記述
Glaciers compact snow in order to conserve volume.体積を節約するために、氷河は雪を固める。目的論な自然の記述
The Earth has an ozone layer in order to protect it from UV light. 紫外線から保護するために、地球はオゾン層を有している。目的論な自然の記述
Hurricanes circulate seawater in order to gather energy.エネルギーを収集するために、ハリケーンは海水を循環させる。目的論な自然の記述
Lightning releases electricity in order to travel.稲妻が前進するために、電気を放出する。目的論な自然の記述
Mountains fold inwards in order to maintain mass.山の質量を維持するために、山は内側に褶曲する。目的論な自然の記述
Oceans dissolve rocks in order to retain ocean minerals.海洋ミネラル成分を保持するために、海洋は岩石を溶かす。目的論な自然の記述
*Earthquakes happen because tectonic plates must realign.テクトニックプレートを再調整する必要があるので、地震が起きる。目的論な自然の記述*
*Volcanoes erupt in order to release underground pressure.地下の圧力を解放するために、火山は噴火する。目的論な自然の記述*
*Geysers blow in order to discharge underground heat.地中の熱を排出するために、間欠泉は吹き上がる。目的論な自然の記述*
Alarm clocks beep in order to wake people up.人々を目覚めさせるために、目覚まし時計は鳴る。正しい目的論
Bicycles have handlebars so that people can steer them.人々が操縦できるように、自転車はハンドルを持っている。正しい目的論
People wear contact lenses in order to see more clearly.人々がより明確に見えるように、コンタクトレンズを着用する。正しい目的論
Doctors prescribe antibiotics in order to treat infections.感染症を治療するために、医師は抗生物質を処方する。正しい目的論
Children wear mittens in the winter in order to keep their hands warm. 温かい手を保つために、子供たちは冬に手袋を着用する。正しい目的論
People buy microwaves in order to heat their food.食品を加熱するために、人々は電子レンジを購入する。正しい目的論
Pencils exist so that people can write with them.人々が書くことができるように、鉛筆が存在する。正しい目的論
Women put on perfume in order to smell pleasant.心地よい香りがするように、女性は香水を使う。正しい目的論
Schools exist in order to help people learn new things.人々が新しいことを学ぶのを助けるために、学校は存在している。正しい目的論
Stoplights change color in order to control traffic.交通を制御するために、停止信号は色を変える。正しい目的論
Houses have doorbells in order to make dogs bark. 犬が吠えるために、家にはドアベルがある。間違った目的論
Window blinds have slats so that they can capture dust. 埃を取り込めるように、窓のブラインドはスラットを持っている。間違った目的論
People chew food in order to strengthen their jaw muscles.顎の筋肉を強化するために、人々は食べ物をかむ。間違った目的論
People put coins into meters in order to get rid of spare change. 小銭を取り除くために、人々はメーターにコインを入れる。間違った目的論
Cows have udders in order to allow farmers to milk them.農民が搾乳できるように、牛は乳房を持っている。間違った目的論
Hair becomes grey so that people can look older.老けて見えるように、人々の髪が白髪になる。間違った目的論
Musicians have two hands in order to play instruments.楽器を演奏するために、ミュージシャンは2つの手を持っている。間違った目的論
Kittens have soft fur so that people will want to pet them. 人々がペットにしたくなるように、子猫はソフトな毛をしている。間違った目的論
Lamps shine brightly so that they can produce heat.熱を発生させるために、ランプは明るく輝く。間違った目的論
Mice run away from cats in order to get exercise.運動するために、ねずみは猫から逃げる。間違った目的論
A lightbulb shines because electricity passes through its filaments. 電気がフィラメントを通過するので、電球が光る。正しい因果関係
Butter is greasy because it contains a great deal of fat.大量の脂肪を含んでいるので、バターは脂っこい。正しい因果関係
Clothes cling in the dryer because tumbling together produces static. 洗濯物が絡み合って静電気を発生させるので、洗濯物は乾燥機の中でくっつきあう。正しい因果関係
Conception occurs because sperm and egg cells fuse together. 精子と卵子の細胞が合体したので、受胎が起きた。正しい因果関係
Candles melt because the wax becomes very hot.ロウが非常に熱くなったので、ロウソクが融けた。正しい因果関係
Fireworks explode because gunpowder ignites when a fuse is lit. ヒューズが点火されると火薬に点火されるので、花火が爆発する。正しい因果関係
Objects fall downwards because they are affected by gravity. 物体は重力の影響を受けるので、下方向に落下する。正しい因果関係
Icicles melt because the temperature increases.温度が高くなったので、つららが溶けた。正しい因果関係
Butcher knives slice through meat because they have sharp edges. 肉屋のナイフは鋭いエッジを持っているので、肉をスライスできる。正しい因果関係
Lily pads float on the water because they have a large surface area. スイレンの葉は大きな表面積を有するので、水に浮く。正しい因果関係
Lollipops are sweet because sugar is a main ingredient.砂糖が主成分なので、ロリポップは甘い。正しい因果関係
Lizards shed their skins because they outgrow them.トカゲは皮膚より大きく成長したので、脱皮した。正しい因果関係
Magnets stick together because their poles attract.極同士が引き合うので、磁石がくっつい。正しい因果関係
Otters are water resistant because their fur has natural oils.カワウソの毛皮は天然オイルを持っているので、耐水性がある。正しい因果関係
Redwood trees stay firmly planted because they have strong roots. 強力な根を持っているので、レッドウッドの木はしっかり留まる。正しい因果関係
Suction cups stick because they create a pressure vacuum. 圧力真空を作り出すので、吸盤が吸い付く。正しい因果関係
Mushrooms grow in the forest because the soil has the right nutrients. 土が正しい栄養素を持っているのでキノコは森の中で成長する。正しい因果関係
Soda fizzes because carbon dioxide gas is released.炭酸ガスが放出されるので、ソーダでシューという音を立てる。正しい因果関係
Tadpoles become frogs because they undergo metamorphosis. オタマジャクシは変態するので、カエルになる。正しい因果関係
Teeth decay because the enamels are dissolved.エナメル質が溶解したために、歯が傷む。正しい因果関係
Billboards are brightly colored because they are large.ビルボード(屋外広告)は大きいので、明るく着色されている。間違った因果関係
Soda cans are cylindrical because they are made of aluminum. ソーダ缶はアルミニウムで作られているので、円筒形である。間違った因果関係
Chocolate is brown because it contains a significant amount of sugar. チョコレートにはかなりの量の糖が含まれているので、チョコレートは茶色である。間違った因果関係
Chipmunks hibernate in the winter because they eat nuts.シマリスはナッツを食べるので、冬に冬眠する。間違った因果関係
Cleaning fluids are corrosive because they have pungent odors. 清浄液は刺激臭を有するので、腐食性がある。間違った因果関係
Coyotes howl because they live in the hot desert.暑い砂漠に住んでいるので、コヨーテは遠吠えする。間違った因果関係
Peppermint gum is chewy because it freshens peoples’ breath.人々の息をフレッシュにするので、ペパーミントガムにはコシがある。間違った因果関係
Keys open locked doors because they are made of metal.キーは金属製なのでドアのロックを開けることができる。間違った因果関係
Male lions have large manes because they are carnivores.肉食動物なので、オスのライオンは立派なタテガミを持っている。間違った因果関係
Cows make mooing noises because they graze on grass.牛は草地で放牧されているので、モーモーと音を立てる。間違った因果関係
The moon shines brightly because it has many craters.月には多くのクレーターがあるので、明るく輝いている。間違った因果関係
Pebbles have rounded edges because they are little.小石は小さいので、丸みを帯びている。間違った因果関係
Cellphones receive text messages because they are portable.携帯電話はポータブルなので、テキストメッセージを受信する。間違った因果関係
Polar bears are white because they swim in icy ocean water.ホッキョクグマは氷の海を泳ぐので、白色である。間違った因果関係
Potatoes contain starch because they grow in the ground.ジャガイモは地下で育つので、でんぷんが含まれている。間違った因果関係
American prairies are flat because they are covered with grass. アメリカの平原は草で覆われているので平坦である。間違った因果関係
Pruning shears have sharp blades because they have handles.剪定ばさみには取っ手があるので、鋭い刃がある。間違った因果関係
Rivers have rapids because a lot of fish swim in them.魚が多く泳いでいるので、川が急流になっている。間違った因果関係
Rocks are heavy because they are made of inorganic material.岩は無機物でできているので重い。間違った因果関係
Roses have delicate petals because they have prickly thorns.薔薇はトゲを持っているので、デリケートな花びらを持っている。間違った因果関係
Raspberries are bright red because they grow on bushes.ラズベリーは茂みで成長するので、明るい赤色をしている。間違った因果関係
Sea lions have a thick layer of blubber because they feed on fish.アシカは魚を食べるので、厚い脂肪層を持っている。間違った因果関係
Snakes make hissing noises because they move by slithering on the ground. 地面を這って動くので、ヘビはシューシューと音を立てる間違った因果関係
Snowflakes are white because they are symmetrical.雪は対称なので白い。間違った因果関係
Soup is hot because it is primarily liquid.スープは主として液体なので熱い。間違った因果関係
Spiders spin intricate webs because they have eight legs.蜘蛛は8本足なので、複雑な蜘蛛の巣をつくる。間違った因果関係
Saturn is a planet because it has rings surrounding it.リングに取り負けれているので、土星は惑星である。間違った因果関係
Toads make croaking noises because they catch flies with their tongues. 自分の舌でハエを捕まえるため、ヒキガエルはガーガーと音を立てる。間違った因果関係
Paper towels are absorbent because they are thin.ペーパータオルは薄いので、水を吸収する、間違った因果関係
Oceans have waves because they contain a lot of saltwater.海洋は大量の海水を含んでいるので、波が起きる。間違った因果関係


*Test sentences were reviewed by two independent scientific experts prior to testing and deemed inaccurate. However, during testing, three test sentences received unexpectedly high levels of endorsement by unspeeded scientists. Six independent scientific experts were then interviewed about all test items but produced no consensus view on these three sentences (while also displaying difficulty justifying judgments that the statements were accurate, whereas other similarly worded statements were not). To avoid potentially inflating any report of teleological bias, we have excluded these sentences from all analyses. It should be noted that including them does not alter the pattern of results reported here. All of the removed sentences could be regarded as implying that nature self-regulates in a Gaia-like fashion (see Study 2, Kelemen & Rosset, 2009)

例文は、テストの前に独立な2人の科学の専門家によってレビューされ、間違い[目的論な自然の記述]だと判定された。しかし、実際のテストでは、通常速度の回答において、科学者から予想外に正しいと判定された例文が3つあった。6人の独立した科学の専門家に対して行った全問についてのインタビューで、これら3つの例文についてはコンセンサスが得られなかった(これらの例文が正しいという判断を正当化するのは困難だったが、他の同様のワーディングの例文についてはそうではなかった)。潜在的に目的論的バイアスの高めに報告しないように、分析からはこれら3つの例文を除外した。しかし、これら3つの例文を分析に加えても、結果のパターンを変えないことに留意すべきである。除外した例文はすべて、自然がガイアのように自己制御することを意味すると見なせるものだった。

[Deborah Kelemen, Joshua Rottman, and Rebecca Seston:"Professional Physical Scientists Display Tenacious Teleological Tendencies: Purpose-Based Reasoning as a Cognitive Default", Journal of Experimental Psychology: 2013, Vol. 142, No. 4, 1074–1083 0096-3445/13/$12.00 DOI: 10.1037/a0030399]
「テクトニックプレートを再調整する必要があるので、地震が起きる」と「下の圧力を解放するために、火山は噴火する」と「地中の熱を排出するために、間欠泉は吹き上がる」は、誤ったる目的論な自然の記述である。しかし、わりと一般に使われている表現であるためか、科学者でも目的論とみなさない場合があるようだ。

この研究(Kelemen et al.2013)は、人間の判断のデフォルトは目的論であることを調べることを目的としたものである。方法として、回答の制限時間を短くして直感的に答えさせることで、目的論な自然についての記述を正しいと判断しやすくなるかどうかを確かめている。結果は、間違った因果関係や、間違った目的論を、正しいと誤判定する傾向はそれほど強まらなかったが、目的論な自然についての記述を、正しいと回答する率は高まっていた。そのことは、人間は自然現象についてもデフォルトでは目的論な解釈をしていて、それを意図的に修正していることを示唆している。


posted by Kumicit at 2014/03/11 02:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/08

ルーマニアで"だうじんぐマシン"の特許

BBCの報道によれば、10年の有罪判決を受けたJim McCormickの販売していた"だうじんぐマシン"な爆発物検知器とよく似た製品が、ルーマニアの企業Mira Telecomによって特許登録された。
The Bucharest-based firm, which specialises in security and telecoms, claims on its website to have received an EU grant to research the production of detection equipment for explosives and drugs.

Det Insp Ed Heath, from Avon and Somerset Police, worked on the fraud investigation which led to McCormick's conviction.

He said: "We uncovered a number of invoices and paperwork that linked ATSC to a Romanian company called Mira Telecom.

"And there were invoices for ADE devices and also for parts which help make up the ADE devices."

Mr Heath said it was "clear from the evidence" that Mira telecom and McCormick were "business associates".

ブカレストにあるセキュリティとテレコムの専門会社が、爆破物及び薬物を検出する製品を研究するEU資金を得たと、自社ウェブサイトで主張した。

Avon-Somerset警察のEd Heath警部補は、McCormick有罪につながる詐欺事件捜査を行った。彼は「Jim McCormickの会社ATSCとルーマニアの会社Mira Telecomのつながりを示す多くの請求書や書類を我々は発見した。そして、ADEデバイスとADEデバイスの組み立てにつかう部品の請求書もあった。これはMira TelecomとMcCormickの"ビジネス関係"があったことを示す明白な証拠である。

[Bomb detectors similar to fake devices get patents in Romania, the BBC learns (2014/03/03) on BBC]
"だうじんぐマシン"で、McCormickは5000万ポンドを稼いだと考えられるMcCormickは2013年11月に有罪判決を受けている。

BBCが現地ブカレストで、Mira telecomで"だうじんぐマシン"の特許の名義人である科学者と話をした。
Dr Marian Apostol, who is based at the Institute of Atomic Physics, is named on the patent for the new device.

He was also a defence witness, via video link, at McCormick's trial.

He told the court he had tested McCormick's device and said it had performed well.

Speaking to BBC Inside Out last month, he said: "I'm an expert in this field and I know what I'm talking about.

"Maybe I'm wrong but a scientific guy at the same level of competence like me should disprove me, not the BBC."

原子物理研究所のDr Marian Apostolは、この新しい装置の特許簿の名義人である。彼は、McCormick裁判のときに、ビデオリンクで弁護側の証人として証言した。法廷に対して、彼はMcCormickの装置をテストし、それはちゃんと動いたと証言した。

BBC Inside Out番組制作チームに対して先月彼は「私はこの分野の専門家であり、何について話しているかわかっている。私は間違っているかもしれないが、それを証明すべきは私と同レベルの科学者であって、BBCではない」と語った。

[Bomb detectors similar to fake devices get patents in Romania, the BBC learns (2014/03/03) on BBC]
ということで、BBCは専門家に話を聞いている。
The BBC showed the patent for the new device to Dr Michael Sutherland, from Cambridge University, who was an expert witness for the prosecution at McCormick's trial.

Dr Sutherland said: "I've had a very close look at this patent and as far as I can tell it's exactly the same device, it just simply has a battery and a flashing LED light and an extra little bit of circuitry that allows it to generate some electromagnetic signals.

"Based on the physics behind this, I can't see any way that either this device [points at patent] or this device can work.

"There's just not enough strength in these signals to cause the antenna to swivel. It just can't happen."

BBCは、McCormick裁判で検察側専門家として証言した、Cambridge UniversityのDr Michael Sutherlandに、新しい装置の特許を見てもらった。

Dr. Sutherlandは「この特許を子細に見たが、私が言えることは、まったく同じ装置だということだ。電池とLEDとちょっとした電磁信号を発生させる回路がついているだけだ。これの背後の物理に基づけば、特許になるような点も、装置が機能するという点も見出せない。それでは、この信号の強さでは、アンテナを動かせない。何も起きない」と述べた。

[Bomb detectors similar to fake devices get patents in Romania, the BBC learns (2014/03/03) on BBC]
ルーマニアのMira telecomは、それらしい偽装を施した特許を書いたようだが、所詮は偽装でしかない。

まお、Mira telecomが研究助成金を得たのかどうかは不明である。また、McCormickが刑務所にいる間に、商売を乗っ取りつもりだったのか、共犯関係にあるのかも不明である。



関連エントリ





posted by Kumicit at 2014/03/08 13:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/07

サイエントロジーは暗闇で光を放つカクテルである=13%

最近話題の「HTMLを性感染症だと思った米国人が11%」という調査:
A recent study found that many Americans are lost when it comes to tech-related terms, with 11% saying that they thought HTML − a language that is used to create websites − was a sexually transmitted disease.

The study was conducted by Vouchercloud.net, a coupons website, as a way to determine how knowledgeable users are when it comes to tech terms.

最近の調査によれば、米国人は技術用語がわからなくなっており、ウェブサイトを作るときに使う言語であるHTMLを、11%が性感染症だと回答した。

この調査は、技術用語についてのユーザの認知度を調べるために、クーポンサイトVouchercloud.netが行った。

[Salvador Rodriguez:"1 in 10 Americans think HTML is an STD, study finds" (2014/03/04) on LA Times]
これの設問と選択肢と回答率が公表された。
18歳以上の全米2392名

  • Gigabyte

       
    • 27% 南米でよく見つかる昆虫
       
    • 61% デジタル情報の単位
       
    • 13% 大きな一口分の食べ物


  • Blue sky thinking

       
    • 45% オープンマインドなアプローチ
       
    • 32% 青い空のことを考える
       
    • 24% 天体観測


  • SEO

       
    • 41% 安全エネルギー最適化
       
    • 36% 標準エンジン出力
       
    • 23% 検索エンジン最適化


  • Migraine

       
    • 68% 強い頭痛
       
    • 29% 米の一種
       
    • 3% 動いている国の行動


  • USB

       
    • 82% デバイス接続の標準規格
       
    • 12% 欧州のある国の略号
       
    • 6% 豆の一種


  • Texting

       
    • 97% モバイル機器からメッセージを送る
       
    • 2% 手書きで長い文章を書く
       
    • 1% インターネット用のコードを書く


  • Motherboard

       
    • 54% コンピュータ内のプリント基板
       
    • 42% 遊覧船のデッキ
       
    • 4% 女性経営職の名前


  • Dialect

       
    • 6% 腸の病気
       
    • 3% サイボーグ手術する医師
       
    • 91% 方言


  • MP3

       
    • 62% デジタルオーディオのエンコードフォーマット
       
    • 15% クリーニング製品
       
    • 23% スターウォーズのロボット


  • Blu-Ray

       
    • 12% 1930年代の有名なソウル歌手
       
    • 18% 海洋生物の一種
       
    • 70% 高解像度動画や音楽を保存する光学ディスクフォーマット


  • Hash Browns

       
    • 5% 靴のブランド
       
    • 81% フライパンで揚げたポテト
       
    • 14% ソーシャルメディア使われる#で始まる単語や句


  • Software

       
    • 73% コンピュータを動かすために使われるプログラム
       
    • 12% 家具調度品
       
    • 15% 心地よい衣服


  • Jargon

       
    • 83% 専門家が使う理解し難い用語
       
    • 5% 太陽系の惑星の名前
       
    • 12% 肉の一種


  • HTML

       
    • 10% 英国全土の基幹道路構成
       
    • 11% 性感染症
       
    • 79% ウェブサイトを作るために使うプログラミング言語


  • Scientology

       
    • 18% 理科授業の課外活動
       
    • 69% 宗教の名前
       
    • 13% 暗闇で光を放つカクテル


  • Tablet computer

       
    • 2% 錠剤服用をリマインドしてくれるコンピュータ
       
    • 88% モバイルコンピュータ
       
    • 10%


  • Is it important to have a good knowledge of technology in this day and age?

       
    • 61% イエス
       
    • 39% ノー

    [Survey breakdown]
英語の意味がわからないと、誤答を誘導している選択肢の面白さが感じられないものもある。

bite(咬む、刺す)とbyteの取り違えとか、grain(穀物)っぽいmigraine(偏頭痛)とか、Jupiter(木星)っぽいJargonとか。boardには取締役会や理事会や役所委員会などの意味があり、tabletは錠剤タブレットの意味があったり。

2014/03/05

オクラホマ州下院に反科学州法案HB1674-2013が州下院本会議を通過

2013年にオクラホマ州下院に提案され、審議期限切れで廃案になった反進化論州法案HB1674が、再度審議日程に載り、2014年2月18日に案文が修正された。提案時点では....
The Oklahoma Legislature finds that an important purpose of science education is to inform students about scientific evidence and to help students develop critical thinking skills they need in order to become intelligent, productive, and scientifically informed citizens. The Legislature further finds that the teaching of some scientific concepts including but not limited to premises in the areas of biology, chemistry, meteorology, bioethics and physics can cause controversy, and that some teachers may be unsure of the expectations concerning how they should present information on some subjects such as, but not limited to, biological evolution, the chemical origins of life, global warming, and human cloning.

オクラホマ州議会議員は理科教育の目的は、生徒たちに科学的証拠についての情報を与え、知的で生産的で科学的に情報を与えられた市民となるために必要な批判的思考スキルを生徒たちが身につけるのを助けることであるとわかった。さらに、オクラホマ州議会議員は、生物学や化学や気象学や生命倫理や物理学の分野の命題を含むが、これらに限らず科学概念の教育が論争を引き起こし、生物進化や生命の化学起源や地球温暖化やヒトクローンを含むがこれらに限らず、いくつかの単元についての情報提示をいかにすべきか確信を持っていない教師がいることを知った。

[HB1674 Original]
という形で、「生物進化や生命の化学起源や地球温暖化やヒトクローン」という、いつもの例を挙げていたが、HB1674 Amendment]では削除された。

この修正で明示的な反進化論州法案から、もわっとした反科学州法案になったせいなのか、米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、オクラホマ州下院本会議を通過した。
Oklahoma's House Bill 1674, which would, if enacted, deprive administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies," passed the Oklahoma House of Representatives on a 79-6 vote on March 3, 2014. 

HB 1674 would, if enacted, require state and local educational authorities to "assist teachers to find more effective ways to present the science curriculum where it addresses scientific controversies" and permit teachers to "help students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of existing scientific theories pertinent to the course being taught," prohibiting administrators from interfering.

成立すれば「科学的論争」について教師が生徒に誤ったことを教えるのを、教育当局が阻止できなくなるオクラホマ州HB1674が州下院を79-6で、2014/03/03に通過した。

[Antiscience bill passes the Oklahoma House (2014/03/04) on NCSE]
この後、HB1674は州上院教育委員会に送られる。審議期限の2014年4月24日までに可決されない場合は廃案となる。州上院は同様の進化論や温暖化を明示しない反科学州法案を放置モードで期限切れ廃案にしている。州上院が、このHB1674を審議日程に載せるかどうかはわからない。

ただし、共和党72名・民主党29名の州下院を79-6の圧倒的多数で通過しているので、共和党36名・民主党12名の州上院議員たちが方向を変えることもあるかもしれない。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の2個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/03/05 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/03

ワクチン接種キャンペーンは逆効果となりうる

誤情報をデバンクするのは、なかなかむつかしい。よほど注意してないと、誤情報をデバンクするための努力が、意図せずして、正そうとした誤情報を逆に強化してしまうことがある。そうしない方法を模索する試みを以前取り上げた。

==>バックファイアー効果

ワクチン接種を推進しようとする公衆衛生機関の想定宣伝が無効果、場合によってバックファイアー効果を持つ事を示す研究がUniversity of Exeterの政治科学者Dr Jason Reiflerたちによって行われた。
Dr Jason Reifler, a political scientist at the University of Exeter−in collaboration with colleagues from Dartmouth College, Georgia State University, and the University of Michigan−tested four types of messages designed to promote MMR vaccination with a nationally representative sample of parents in the US. Their study is forthcoming in the April 2014 issue of the journal Pediatrics. It will be published online March 3.

In the trial, parents were randomly assigned to one of five conditions. These conditions represent four potential strategies available to public health agencies to promote vaccination, as well as a control group for comparison. They were given one of the following:

University of Exeterの政治科学者Dr Jason Reiflerは、Dartmouth CollegeとGeorgia State UniversityとUniversity of Michiganの共同研究者たちとともに、MMRワクチンを推進するようにデザインされた4種類のメッセージを、米国全土から抽出した親たちに対してテストした。研究結果は、2014年3月3日に発行されるPediatrics誌の2014年4月号に掲載される。

実験で、親たちはランダムに5つの条件のうち1つに割り当てられた。これらの条件は、公衆衛生機関がワクチンを宣伝するために取りうる4つの戦略に対応しており、もうひとつが対照群である。彼らは以下のうち、一つのメッセージを提示された。
  • Information adapted from (but not attributed to) the Centers for Disease Control and Prevention (CDC) explaining the lack of evidence that the MMR vaccine causes autism
  • Written information about the dangers of the diseases
  • Images of children who have diseases prevented by the MMR vaccine
  • A dramatic narrative about an infant who almost died of measles from a CDC fact sheet
  • A control condition in which respondents read material unrelated to health

  • 米国CDCと明記されていないが、米国CDCによる、MMRワクチンと自閉症の関連には証拠がないという説明
  • 病気の危険性について書かれた情報
  • MMRワクチンによって病気を予防された子供たちの画像イメージ
  • CDCファクトシートに掲載された、麻疹で死にかけた幼児のドラマティックな記述
  • 健康と無関係な文書を読んだ対照群


Parents' beliefs and attitudes about vaccines were surveyed before and after receiving the material. The trial showed that none of the messages increased parents’ intent to vaccinate, and some of them backfired.

Dr Jason Reifler, a political scientist at the University of Exeter, explained the response to the trial. He said: “Providing parents with information debunking the supposed link between the MMR vaccine and autism did reduce the misperception that vaccines cause autism. While this result seems encouraging, there is also significant cause for alarm. The debunking information led some parents--those who are most sceptical about vaccines−to report that they were less likely to vaccinate a future child compared to equally sceptical parents in the control condition”.

Dr Reifler added: “Our results show some of the challenges faced in promoting public health. The intervention that was effective in correcting the misperception also reduced intent to vaccinate among some parents. Some interventions increased misperceptions. Waiting for a deadly measles outbreak−like in Wales last year−to convince parents to vaccinate is too costly. Knowing how systems like the NHS can effectively promote immunisation is a crucial component of public health.”

ワクチンについての親たちの信条と態度を、文書を受け取る前後で調べた。実験は、どのメッセージも親たちのワクチンについての意図を変えなかった。幾つかは逆効果だった。

University of Exeterの政治科学者Dr Jason Reiflerはこの結果を次のように説明した。「MMRワクチンと自閉症の関係をデバンクする情報を与えられた親たちの、ワクチンが自閉症を起こすという誤解が少なくなった。この結果は勇気づけられるもののようにみえるが、非常に警告的でもある。デバンク情報を受け取った、ワクチンについて最も懐疑的な親たちは、将来子供たちにワクチンを接種させる率が、対照群の同様に懐疑的な親たちより少なくなった。」

「我々の結果は、公衆衛生の宣伝が幾つかの課題に直面していることを示している。誤解をなくすことに効果のある介入が、ワクチンを接種させる意図を減少させている。介入によっては、誤解を増大させている。親たちを納得させるために、昨年のWalesのような麻疹の死を招くアウトブレイクを待つのはコストがあまりに高すぎる。NHSのような機関が効果的なワクチン接種の宣伝方法を知ることが、公衆衛生の重要な要素である。」

[MMR vaccination campaign messages can 'backfire', research shows (2014/03/03) on Univ. Exeter ]
普通に思いつくよな宣伝は、ワクチン接種率の向上に効きそうにないという結果である。

このことは、同じくDr Jason Reiflerたちの陰謀論についての研究でも、同様であることが示されている
posted by Kumicit at 2014/03/03 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/02

実問題化するエジプトの"だうじんぐマシン"

WHOのC型肝炎のページによれば、HCV(C型肝炎ウィルス)の感染率は世界全体で3%程度ある。Thomas(2013)によれば、エジプトを含む中東方面は、感染率の高い地域である。
image.jpg
[Figure 2: Global prevalence of HCV-specific antibodies, of David L Thomas:"Global control of hepatitis C: where challenge meets opportunity", Nature Medicine 19, 850–858 (2013) doi:10.1038/nm.3184]
C型肝炎ウィルス対策はエジプト政府及び軍が対処しなければならない長期的問題であり、解決できれば国民から信頼も高まるだろう。

しかし、エジプト軍の"だうじんぐマシン"は逆方向に事態を推移させるかもしれない。
Egypt's military leaders have come under ridicule after the chief army engineer unveiled what he described as a "miraculous" set of devices that detect and cure AIDS, hepatitis and other viruses. The claim, dismissed by experts and called "shocking to scientists" by president's science adviser, strikes a blow to the army's carefully managed image as the savior of the nation. ...
Well-known writer Hamdi Rizk noted that video clips of the presentation had gone viral on social media, with tweets and blogs saying the military had made a fool of itself and put its reputation in jeopardy.

軍の技術者のトップが奇跡と描写するAIDSや肝炎などのウィルスを検出し治療するというデバイスを公表したことで、エジプト軍首脳部は笑い者いなっている。その主張は専門家たちから否定され、大統領科学顧問から「科学者にとってショッキング」と評され、注意深く管理されてきた、国家の救世主という軍のイメージにダメージを与えている。

有名な著作家Hamdi Rizkは、軍は自ら馬鹿をやって、評判を地に落としているというツイートやブログ記事とともに、デバイス発表動画がソーシャルメディアで拡散されていると書いている。

[Egypt army "AIDS detector" instead finds ridicule (2014/02/28) by The Associated Press]
事態はネットのお笑いネタから、エジプト軍の信頼性や政権の支持に影響を与える実問題になり始めているようである。
posted by Kumicit at 2014/03/02 12:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする