2014/03/25

ワイオミング州議会の民主的な科学の改訂の試み

ワイオミング州議会は民主的に、気候変動をめぐる科学の改訂を試みている。
In allocating funds to the state department of education, House Bill 1 provides, "neither the state board of education nor the department shall expend any amount appropriated under this section for any review or adoption of the next generation science standards as developed by the national science teachers association, the American association for the advancement of science, the national research council, and 'Achieve'" (capitalization as in original). The bill was signed into law on March 5, 2014.

州教育省への予算配分において、HB1は「全米理科教師協会とAAASとnational research councilとAchieveによって作成された次世代理科教育基準のレビューあるいは採択について、州教育委員会と州教育省が支出することを禁じる。」この州法案は2014年3月
5日に州法となった。

The exact requirements of the provision are unclear, the Casper Star-Tribune (March 14, 2014) observes: "Some say the provision, which came through a last-minute footnote, blocks the state from considering any part" of the NGSS. "Others, including the provision's author, say it prevents the wholesale adoption of the standards as they are written." As a result, legal staff at the state board of education, the state department of education, and the legislature are attempting to clarify its meaning.

厳密な法規定は明確ではないが、Casper Star-Tribuneは「土壇場の注記により州政府は次世代理科教育基準のどの部分も検討してはならないと言う者もいる。規定の提案者などは、現状での次世代理科教育基準の採択を禁じると言う」と報じている。結果として、州教育委員会と州教育省と州議会は意味の明確化を試みている。

What is clear, however, is that the NGSS were targeted in part because of their treatment of global climate change (which is one of four sub-ideas in the core idea of Earth and Human Activity at both the middle school and high school level). Matt Teeters (R-District 5), who coauthored the provision, told the Star-Tribune that the NGSS "handle global warming as settled science," adding, "There's all kind of social implications involved in that that I don't think would be good for Wyoming."

しかし、明らかなことは、地球気候変動(中学及び高校のコアアイデア地球と人間活動の4つのサブアイデアの一つ)の扱いを理由として次世代理科教育基準を標的としていることである。この規定の共同提案者である共和党District5のMatt Teeters州議会議員はCasper Star-Tribuneに「次世代理科教育基準は地球温暖化を確定した科学として扱っている。これは私がワイオミング州にとって良くないと考える、あらゆる社会的影響を含んでいる。」と語った。

[Wyoming blocks NGSS over climate(2014/03/14) on NCSE]
州法として成立した以上は、策定された次世代理科教育基準を民主的に改訂する他ない。「気候変動は理論に過ぎない」とか「気候変動モデルの強いところと弱いところ」とか、反進化論ノリになるかどうかはわかたないが、似たようなことをするかも。
posted by Kumicit at 2014/03/25 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/22

ミズーリ州下院の反進化論州法案HB1472が委員会通過

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、ミズーリ州下院の2つの反進化論州法案のひとつHB1472が州下院初等中等教育委員会を通過した。
Missouri's House Bill 1472, which would require school districts to allow parents to have their children excused from learning about evolution, was passed by the House Committee on Elementary and Secondary Education on March 12, 2014, after having a public hearing on February 13, 2014. The bill is not yet on the House calendar.

親が子供に進化論を学ばせなくてもよくすることを学区に対して義務付けるミズーリ州下院HB1472が、2014/2/13の公聴会を経て、2014/3/12に州下院初等中等教育委員会を通過した。今のところ、本法案は審議日程に載っていない。

As NCSE previously reported, the bill's sponsor Rick Brattin (R-District 55) told the Kansas City Star (February 6, 2014) that requiring students to study evolution is "an absolute infringement on people's rights" and that evolution is "just as much faith and, you know, just as much pulled out of the air as, say, any religion."

NCSEが既に報告したように、提案者である共和党District55のRick Brattin州下院議員はKansas City Star に「生徒たちに進化論を学ぶことを義務付けることは全くの人権侵害である。進化論は信仰であり、いかなる宗教と同じく、宙空より引き出されたものだ」と語っている。
...
A separate antievolution bill in Missouri, House Bill 1587, which would deprive administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies" around evolution, is still with the House Committee on Elementary and Secondary Education, where no hearing for it is yet scheduled.

進化論についての科学的論争について誤った教育を生徒に行う教師を阻止する権限を管理者から奪う、ミズーリ州下院のもう一つの反進化論州法案HB1587は州下院初等中等教育委員会にあって、公聴会などはスケジュールされていない。

[Missouri antievolution bill advances (2014/03/19) on NCSE]






現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の2個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/03/22 06:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/19

途方もない主張には途方もない証明・証拠が必要であり、単一の研究に懐疑的になるべきだ

途方もない主張には途方もない証明・証拠が必要であり、単一の研究に懐疑的になるべきだ。
We should be skeptical of single studies. That should be the case even if we have every reason to trust the lab. Until the work is replicated under a variety of conditions, we should suspend judgment. ... We should trust concensus science even though the majority is not always right.

我々は、単一の研究に懐疑的になるべきだ。たとえ研究室を信頼するためにあらゆる理由がある場合でも同様である。研究結果が様々な条件下で再現されるまで、我々は判断を留保すべきである。マジョリティが常に正しくなくても、我々はコンセンサス科学を信頼すべきである。

[Robert Carroll:"Unnatural Acts: Critical Thinking, Skepticism, and Science Exposed! " (2011)]

Truzzi was an investigator of various protosciences and pseudosciences and, as fellow CSICOP cofounder Paul Kurtz dubbed him "the skeptic's skeptic". He is credited with originating the oft-used phrase "Extraordinary claims require extraordinary proof." (Marcello Truzz)

Sagan is also widely regarded as a freethinker or skeptic; one of his most famous quotations, in Cosmos, was, "Extraordinary claims require extraordinary evidence"(Carl Sagan)
実際にところ...

Brigham and Women’s Hospital (Harvard Medical School)の麻酔科長をつとめるCharles Vacanti, MDはStem Cell研究界の人ではない。その彼の「成果」であるSTAPは、当然のごとく、驚きと懐疑を以って受け取られた、
Dr. George Q. Daley, director of the stem cell transplantation program at Boston Children’s Hospital, said that it had been a long time since he read a scientific paper and felt both so amazed and perplexed. The technique must be repeated in many labs, he said, and probed to see whether it could be useful, but it’s a provocative reminder of the malleability of cells−a concept that has undergone a revolution in biology over the past decade.

“It’s a startling result that makes you stand up and go, ‘Wow!’” Daley said. “With an equal dose of amazement and skepticism.”

ボストン小児病院のStem cell移植プログラムのディレクターDr. George Q. Daleyは科学論文を読んで、大きな驚きと当惑を両方感じたことは久しくなかったと言う。「テクニックは多くの研究室で再現されなければならず、役に立つか調べなければならない。しかし、それは、過去10年間にわたる生物学の革命を経た概念​​である細胞可鍛性に対する、挑発的な主張である。」

Dr. George Q. Daleyは言う「これは飛び上がって声を上げる成果だ。ただし、驚きと等量の懐疑を以って」

[Carolyn Y. Johnson:"Scientists discover a new, simpler way to make stem cells" (2014/01/29) on Boston.com


今回のSTAPと似たような「発見」をCharles Vacantiと弟Martinは2001年にしている。ただし、そのときは同僚たちからも否定され、研究結果は注目を浴びる事なく埋れて行った。
For more than a year, Martin struggled, but then he tried using a procedure used to isolate fetal stem cells from rodent brains. He cut up an adult rat brain with a scalpel he borrowed from an operating supply room. He passed the mashed-up tissue through progressively thinner tubes, squeezing and even injuring the cells. Then he looked in the microscope.

“All I had was junk and garbage and debris,” Martin recalled. “But I noticed these very, very small, tiny rounded” structures.

A colleague dismissed them as nothing, and a depressed Martin returned to the lab, debating whether to throw out the Petri dish or stick it in the incubator. He decided to see whether anything would grow. After a weekend had passed, still feeling sorry for himself, he looked at the dish and saw that the dots had grown into spherical clusters that seemed to be acting like stem cells.

1年以上、Martin Vacantiは苦戦したが、その後、齧歯類の脳から胎児の幹細胞を単離する手順を使ってみた。彼は手術用品室から借りたメスで、成体ラットの脳をカットした。彼はマッシュアップした組織片を次第に細くなる管を通し、スクイーズし、傷つけた。

「全てはジャンクとゴミと破片だった。しかし、とても小さな丸いものがあった。」とMartin Vacantiは振り返る。

同僚たちは何もないとして、それを否定した。落ち込んだマーティンは実験室にもどり、ペトリ皿を投げ捨てるか、培養器で頑張るか議論した。彼は、何が成長するか確認することにした。週末が過ぎたても、まだ落ち込んでいた彼はペトリ皿を見て、点がドットが球状のクラスターに成長し、Stem cellのように動いているのを見た。

The initial, tiny seed cells seemed to be very hardy and resistant to harsh conditions, so he and his brother dubbed them spore-like cells and published their results in 2001 in a respectable, though not prominent journal.

Other UMass scientists were extremely skeptical of the results. Eventually, tired of having to defend his work internally, Charles moved to Brigham. He made a conscious choice during the job interview not to mention the research.

“I didn’t want to tell them about my little flop on spore-like stem cells,” Vacanti recalled.

当初、小さな種細胞は、非常に丈夫で、過酷な条件に耐えるように見えたので、彼と彼の弟(Charles and Martin Vacanti)は、"spore-like cells"と名付けて、著名ではないが真っ当な学術誌に、2001年にその結果を発表した。

マサチューセッツ大学の他の科学者たちは、その結果に物凄く懐疑的だった。学内で自分の成果を擁護するのに疲れ果てたCharles Vacantiは最終的に、Brigham病院に転職した。彼は、就職の面接ではもちろん、意図的にその研究には触れなかった。

「私はspore-like stem cellsについてのささやかな失敗について語りたくなかった」とVacantiは振り返る。

[Carolyn Y. Johnson: "Ignorance led to invention of stem cell technique -- Discoverer was freed by what he didn’t know (2014/02/02) on BostonGlobe]
研究は何らかの偶然からか成功したように見えて、論文誌掲載にたどり着いていた。しかし、マサチューセッツ大学の同僚たちから否定され、研究は注目を浴びることなく、埋れていった。理研が組織的にプロモーションをかけていなければ、同様に埋れて行っただろう。

ただこのあたりで、専門知識を持たずにアプローチすることが成果につながるという信念を強めたかも。
His discovery is a reminder that as specialized as science is, sometimes, a little ignorance may be a virtue. A stem-cell expert would probably never have even bothered to try the experiment Vacanti has been pursuing, on and off, since the late 1990s.

”In science, the prevailing opinion is called dogma. And dogma is often right, and often wrong,” said Arnold Caplan, a biology professor at Case Western Reserve University and friend who has acted as a sounding board for some of Vacanti’s ideas.

“He tests them out on me and if I think they’re totally stupid, I tell him, since I’m not known to be subtle,'’ Caplan said. “Most of the time, I’m encouraging, because every time we think we know something, we don’t know it exactly.”

Sitting in his office a day after he shook up the stem cell world, Vacanti was unguarded and modest.

“I know I’m wrong a lot of times, but do you know how happy I am when I’m right once in awhile?” he said. “That’s what I live for.”

彼の発見は、ちょっとした無知が時には美徳になるという、科学にありがちなことを思い起こさせる。1990年代後半から時折、Vacantiが追求してきたような実験を、普通のStem Cell専門家なら、おそらくやろうとはしないだろう。

Case Western Reserve Universityの生物教授で、Vacantiの考えを試す役割をしている友人でもあるArnold Caplanは言う「科学では有力な意見は定説と呼ばれる。定説は多くの場合正しいが、多くの場合間違っている。彼は私を使ってアイデアを試す。私は繊細ではないので、それが完全に愚かだと思えば、私はそう告げる。しかし、多くの場合、私は彼を応援する。我々は何かを知っていると思ったとき、いつも我々は正確には知らないのだから。」

Stem Cell研究界を大きく揺るがした翌日、Vacantiは無防備に控えめにオフィスにすわって、言う。「私は何度も間違ってきた。しかし、ひとたび正しければ、とてもハッピーだ。そのために私は生きている」と。

[Carolyn Y. Johnson: "Ignorance led to invention of stem cell technique -- Discoverer was freed by what he didn’t know (2014/02/02) on BostonGlobe]
Stem cell分野ではシロウトである奇矯なネタを追求する研究者Charles Vacantiは、どうやら今回も間違えたようである。

このような研究者のもとで、Stem cell研究に博士課程の数年を費やそうとする大学院生がいるのか疑問だ。結果に到達できず、学術誌にアクセプトされる論文を書けず、学位を取得し損ねるリスクが大きく見える。だからこそ、弟Martinを動員して以降、「成果」らしきものに到達したのが2014年のSTAPまで見当たらないのだろう。

もちろん偉大なる成果はコンセンサスから離れたところにあったりするが、コンセンサスから離れたところの大半はハズレ。もし、その発見が正しければ、いずれ証拠が積み上がるだろう。積み上がらなければ、おそらくそれはハズレ。だからこそ、途方もない主張には途方もない証明・証拠が必要であり、単一の研究に懐疑的になるべきだ。
posted by Kumicit at 2014/03/19 09:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/16

キレーション療法には死亡リスクがある

重金属中毒の治療法として使われるキレーション療法には、まれに死亡症例がある。そのリスクを考えても、重金属中毒治療のメリットでキレーション療法が使われる。しかし、自閉症やMCSなど効果が証明されないものに対して、代替医療師たちがキレーション療法を使うのは、リターンなしのリスクありなので、有害である。

以下は2006年の情報だが、CDCがまとめた通常医療&代替医療の3名の死亡症例である。
[Deaths Associated with Hypocalcemia from Chelation Therapy --- Texas, Pennsylvania, and Oregon, 2003--2005 (2006/03/03) on CDC]

In 2005, the Texas Department of Health childhood lead poisoning surveillance program reported a death attributable to chelation-associated hypocalcemia to CDC. Subsequently, CDC queried state and local lead-surveillance programs regarding chelation-related fatalities; additional deaths were identified in Pennsylvania and Oregon.

2005年に、テキサス州保健省子供鉛中毒調査プログラムがキレーション療法に関連する低カルシウム血症による死亡症例をCDCに報告した。CDCは州および地方の鉛中毒調査プログラムに対して、キレーション療法に関連する死亡症例の報告を求めた。ペンシルバニア州及びオレゴン種でも死亡症例が確認された。

Case Reports 症例報告

Texas. In February 2005, a girl aged 2 years who was tested for blood lead during routine health surveillance had a capillary BLL of 47 μg/dL. A venous BLL of 48 μg/dL obtained 12 days later confirmed the elevated BLL. A complete blood count and iron study conducted concurrently revealed low serum iron levels and borderline anemia. On February 28, 2005, the girl was admitted to a local medical center for combined oral and IV chelation therapy.

The patient's blood electrolytes at admission were within normal limits. Initial medication orders included IV Na2EDTA and oral succimer (an agent primarily used for treatment of lead poisoning). The medication order subsequently was corrected by the pediatric resident to IV CaEDTA. At 4:00 p.m. on the day of admission, the patient received her first dose of IV CaEDTA (300 mg in 100 mL normal saline at 25 mL/hr). At 4:35 p.m., she was administered 200 mg of oral succimer. Her vital signs remained normal throughout the night. At 4:00 a.m. the next day, a dose of IV Na2EDTA (instead of IV CaEDTA) was administered. An hour later, the patient's serum calcium had decreased to 5.2 mg/dL (normal value for pediatric patients: 8.5--10.5 mg/dL). At 7:05 a.m., the child's mother noticed that the child was limp and not breathing. Bedside procedures did not restore a normal cardiac rhythm, and a cardiac resuscitation code was called at 7:25 a.m. The child had no palpable pulse or audible heartbeat. Repeat laboratory values for serum drawn at 7:55 a.m. indicated that the serum calcium level was <5.0 mg/dL despite repeated doses of calcium chloride. All attempts at resuscitation failed, and the girl was pronounced dead at 8:12 a.m.

An autopsy revealed no results of toxicologic significance. A postmortem radiologic bone survey indicated areas of sclerosis at the metaphyses (growth arrest and recovery lines compatible with lead exposure). The cause of death was recorded as sudden cardiac arrest resulting from hypocalcemia associated with chelation therapy. The hospital's child mortality review board findings indicated that a dose of IV Na2EDTA was unintentionally administered to the child.

テキサス州。 2005年2月に、定期健康診断で血中鉛濃度の試験を受けた2歳の少女の血中鉛濃度が47μg/dLだった。12日後にも血中鉛濃度が48μg/dLであり、高血中鉛濃度が確認された。並行して行われた全血球数と鉄分の検査で、低血清鉄レベルと境界線貧血が明らかになった。2005年2月28日に、少女は経口及びIVによるキレーション療法のために地域医療センターに入院した。

入院時の患者の血液電解質は正常範囲内であった。最初の投薬指示はIV(静脈注射)Na2EDTAと経口サクシマー(鉛中毒治療にまず使われる薬品)だった。その後、小児科レジデントがIV CaEDTAに変更した。入院した日の4:00pmに、患者は最初のIV CaEDTA(25mL/hrの生理食塩水中に300mg)投与を受けた。4:35pmに患者は200mgの経口サクシマー投与を受けた。彼女のバイタルサインは一晩中正常だった。翌日、4:00amに、IV CaEDTAの代わりにIV Na2EDTAの投与を受けた。1時間後、患者の血中カルシウム濃度は5.2mg/dL(小児の正常値は8.5-10.5mg/dL)だった。7:05amに子供の母親が、子供がぐったりしていて、息をしていないのに気付いた。ベッドサイドでの蘇生措置では正常な心拍数を回復できず、7:25amに心肺蘇生チームが呼ばれた。子供にはまったく心拍がなかった。塩化カルシウムを繰り返し登用されたが、繰り返し行われた検査は、7:55am時点で、血中カルシウム濃度は5.0mg/dL以下であったことを示していた。蘇生の試みは失敗し、少女の死が8:12amに確認された。

剖検では、有意な毒学の存在を示す結果がないことが明らかになった。死後の放射線による骨の検査で、骨幹端での多発性硬化症の領域(鉛曝露と合致した、成長停止回復線)が示された。死因は、キレーション療法に関連した低カルシウム血症に起因する突然の心停止と記録された。病院の小児死亡審査委員会の調査結果はIV Na2EDTA投与が意図せずして小児に対しておこなわれたことを示している。

Pennsylvania. In August 2005, a boy aged 5 years with autism died while receiving IV chelation therapy with Na2EDTA in a physician's office. During the chelation procedure, the mother noted that the child was limp. The physician initiated resuscitation, and an emergency services team transported the child to the hospital. At the emergency department (ED), further resuscitation was attempted, including administration of at least 1 and possibly 2 doses of IV calcium chloride. Subsequently, the boy's blood calcium level was recorded in the ED as 6.9 mg/dL. The child did not regain consciousness. The coroner examination indicated cause of death as diffuse, acute cerebral hypoxic-ischemic injury, secondary to diffuse subendocardial necrosis. The myocardial necrosis resulted from hypocalcemia associated with administration of Na2EDTA. The case is under investigation by the Pennsylvania State Board of Medicine.

ペンシルバニア州。医院でIV Na2EDTAによるキレーション療法を受けていた自閉症の5歳の男の子が2005年8月に死亡した。キレーション療法中に、子供がぐったりしているのに母親が気づいた。医師は蘇生を開始し、緊急医療チームが病院に子供を搬送した。ED(救急治療室)では、さらに蘇生が試みられ、少なくとも1回、あるいは2回のIV 塩化カルシウム投与が行われた。その後、EDでの子供のカルシウム濃度の記録は6.9mg/dLだった。子供は意識を回復しなかった。検死官の調査では、主因は急性低酸素性虚血性脳障害、副因は心内膜下壊死だった。この症例はペンシルバニア州医療委員会により調査中である。

Oregon. In August 2003, a woman aged 53 years with no evidence of coronary artery disease, intracranial disease, or injury was treated with 700 mg IV EDTA in a naturopathic practitioner's clinic. The EDTA was provided by a compounding laboratory (Creative Compounding, Wilsonville, Oregon) and was administered by the practitioner to remove heavy metals from the body. The practitioner had provided a similar treatment to the patient on three previous occasions, once in June 2003 and twice in July 2003. Approximately 10--15 minutes after treatment began, the patient became unconscious. Cardiopulmonary resuscitation was initiated, and an emergency services team was contacted. Attempts to revive the patient en route to and in the ED were unsuccessful. The medical examiner determined the cause of death to be cardiac arrhythmia resulting from hypocalcemia associated with EDTA infusion and vascuolar cardiomyopathy. The patient's ionized calcium level during code was 3.8 mg/dL (normal value for adult patients: 4.5--5.3 mg/dL) after one IV injection of calcium gluconate administered by emergency medical technicians en route to the hospital and another IV injection of calcium chloride in the ED. The Oregon State Naturopath Licensing Board is conducting an investigation to determine whether Na2EDTA or CaEDTA was administered to this patient.

オレゴン州。2003年8月に、冠動脈疾患や頭蓋内疾患あるいは損傷の証拠のない、53歳の女性がナチュロパスのクリニックで700mg IV EDTA治療を受けた。EDTAはオレゴン州WilsonvilleにあるCreative Compoundingが配合したものであり、人体から重金属を除去するためにナチュロパスによって投与された。ナチュロパスは同様の療法を、過去の3人の患者に投与している(2003/6に1人, 2003年7月に2人)。療法が始まって10-15分後に、患者は意識不明となった。心肺蘇生を開始し、緊急医療チームに連絡した。EDへの移送途中及びED内での蘇生の試みは成功しなかった。監察医は、死因はEDTA投与と血管心筋症に関連した低カルシウム血症に起因する心臓不整脈であると判断した。EDへ移送中のグルコン酸カルシウム投与及びEDでの塩化カルシウム投与後の患者のカルシウムイオン濃度は3.8mg/dL (通常の成人の値は4.5-5.3mg/dL)だった。オレゴン州ナチュロパス免許委員会は、ナチュロパスがNa2EDTAかCaEDTAのどちらを投与したか調べている。
さらには、本来はOTCで販売されることがないキレーション製品だが、FDAの承認を受けずにOTC販売されている例がある。
[FDA issues warnings to marketers of unapproved ‘chelation’ products (2010/10/14) on FDA]

FDAは未承認キレーション製品について販売業者に警告した。

The U.S. Food and Drug Administration today warned eight companies that their over-the-counter (OTC) chelation products are unapproved drugs and devices and that it is a violation of federal law to make unproven claims about these products. There are no FDA-approved OTC chelation products.


FDAは本日(2010/10/14)、8社に対して、OTCキレーション製品は未承認医薬品・機器であり、これらの製品について証明されない主張を行うことは連邦法違反であると警告した。FDAが承認するOTCキレーション製品は存在しない。

...
The companies must take prompt action to correct the legal violations cited in the warnings letters or face possible legal action, including seizure and injunction. The FDA issued warning letters to the following companies:

World Health Products, LLC: Detoxamin Oral, Detoxamin Suppositories, and the Metal Detector test kit
Hormonal Health, LLC and World Health Products, LLC: Kelatox Suppositories, and the METALDETECTOR Instant Toxic Metals Test
Evenbetternow, LLC: Kids Chelat Heavy Metal Chelator, Bio-Chelat Heavy Metal Chelator, Behavior Balance DMG Liquid, AlkaLife Alkaline Drops, NutriBiotic Grapefruit Seed Extract, Natur-Leaf, Kids Clear Detoxifying Clay Baths, EBN Detoxifying Bentonite Clay, and the Heavy Metal Screen Test
Maxam Nutraceutics/Maxam Laboratories: PCA-Rx, PC3x, AFX, AD-Rx, AN-Rx, Anavone, AV-Rx, BioGuard, BSAID, CF-Rx, CreOcell, Dermatotropin, Endotropin, GTF-Rx, IM-Rx, Keto-Plex, Natural Passion, NG-Rx, NX-Rx, OR-Rx, Oxy-Charge, PN-Rx, Ultra-AV, Ultra Pure Yohimbe, and the Heavy Metal Screening Test
Cardio Renew, Inc: CardioRenew and CardioRestore
Artery Health Institute, LLC: Advanced Formula EDTA Oral Chelation
Longevity Plus: Beyond Chelation Improved, EndoKinase, Viral Defense, Wobenzym-N
Dr. Rhonda Henry: Cardio Chelate (H-870)
これは2010年の警告書簡だが、根絶したと考えるべきではないだろう。

posted by Kumicit at 2014/03/16 14:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/03/15

メモ「Ignorance led to ...」

Brigham and Women’s Hospital (Harvard Medical School)の麻酔科長をつとめるCharles Vacanti, MDはStem Cell研究界の人ではない。2014年2月2日のBoston Globeの報道によれば...
His discovery is a reminder that as specialized as science is, sometimes, a little ignorance may be a virtue. A stem-cell expert would probably never have even bothered to try the experiment Vacanti has been pursuing, on and off, since the late 1990s.

”In science, the prevailing opinion is called dogma. And dogma is often right, and often wrong,” said Arnold Caplan, a biology professor at Case Western Reserve University and friend who has acted as a sounding board for some of Vacanti’s ideas.

“He tests them out on me and if I think they’re totally stupid, I tell him, since I’m not known to be subtle,'’ Caplan said. “Most of the time, I’m encouraging, because every time we think we know something, we don’t know it exactly.”

Sitting in his office a day after he shook up the stem cell world, Vacanti was unguarded and modest.

“I know I’m wrong a lot of times, but do you know how happy I am when I’m right once in awhile?” he said. “That’s what I live for.”

彼の発見は、ちょっとした無知が時には美徳になるという、科学にありがちなことを思い起こさせる。1990年代後半から時折、Vacantiが追求してきたような実験を、普通のStem Cell専門家なら、おそらくやろうとはしないだろう。

Case Western Reserve Universityの生物教授で、Vacantiの考えを試す役割をしている友人でもあるArnold Caplanは言う「科学では有力な意見は定説と呼ばれる。定説は多くの場合正しいが、多くの場合間違っている。彼は私を使ってアイデアを試す。私は繊細ではないので、それが完全に愚かだと思えば、私はそう告げる。しかし、多くの場合、私は彼を応援する。我々は何かを知っていると思ったとき、いつも我々は正確には知らないのだから。」

Stem Cell研究界を大きく揺るがした翌日、Vacantiは無防備に控えめにオフィスにすわって、言う。「私は何度も間違ってきた。しかし、ひとたび正しければ、とてもハッピーだ。そのために私は生きている」と。

[Carolyn Y. Johnson: "Ignorance led to invention of stem cell technique -- Discoverer was freed by what he didn’t know (2014/02/02) on BostonGlobe]
Stem Cellの普通の研究者が手を出さないようなアフォネタを繰り出して、ひたすら間違えてきた人らしい。こういう人は当たるとデカイが、なかなか当たりにめぐりあわない。そこで博士課程を過ごす場合、Stem Cellネタをやったら、成果が出せずに学位を取り損ねそう。

posted by Kumicit at 2014/03/15 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。