2014/03/15

メモ「Ignorance led to ...」

Brigham and Women’s Hospital (Harvard Medical School)の麻酔科長をつとめるCharles Vacanti, MDはStem Cell研究界の人ではない。2014年2月2日のBoston Globeの報道によれば...
His discovery is a reminder that as specialized as science is, sometimes, a little ignorance may be a virtue. A stem-cell expert would probably never have even bothered to try the experiment Vacanti has been pursuing, on and off, since the late 1990s.

”In science, the prevailing opinion is called dogma. And dogma is often right, and often wrong,” said Arnold Caplan, a biology professor at Case Western Reserve University and friend who has acted as a sounding board for some of Vacanti’s ideas.

“He tests them out on me and if I think they’re totally stupid, I tell him, since I’m not known to be subtle,'’ Caplan said. “Most of the time, I’m encouraging, because every time we think we know something, we don’t know it exactly.”

Sitting in his office a day after he shook up the stem cell world, Vacanti was unguarded and modest.

“I know I’m wrong a lot of times, but do you know how happy I am when I’m right once in awhile?” he said. “That’s what I live for.”

彼の発見は、ちょっとした無知が時には美徳になるという、科学にありがちなことを思い起こさせる。1990年代後半から時折、Vacantiが追求してきたような実験を、普通のStem Cell専門家なら、おそらくやろうとはしないだろう。

Case Western Reserve Universityの生物教授で、Vacantiの考えを試す役割をしている友人でもあるArnold Caplanは言う「科学では有力な意見は定説と呼ばれる。定説は多くの場合正しいが、多くの場合間違っている。彼は私を使ってアイデアを試す。私は繊細ではないので、それが完全に愚かだと思えば、私はそう告げる。しかし、多くの場合、私は彼を応援する。我々は何かを知っていると思ったとき、いつも我々は正確には知らないのだから。」

Stem Cell研究界を大きく揺るがした翌日、Vacantiは無防備に控えめにオフィスにすわって、言う。「私は何度も間違ってきた。しかし、ひとたび正しければ、とてもハッピーだ。そのために私は生きている」と。

[Carolyn Y. Johnson: "Ignorance led to invention of stem cell technique -- Discoverer was freed by what he didn’t know (2014/02/02) on BostonGlobe]
Stem Cellの普通の研究者が手を出さないようなアフォネタを繰り出して、ひたすら間違えてきた人らしい。こういう人は当たるとデカイが、なかなか当たりにめぐりあわない。そこで博士課程を過ごす場合、Stem Cellネタをやったら、成果が出せずに学位を取り損ねそう。

posted by Kumicit at 2014/03/15 02:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。