2014/03/22

ミズーリ州下院の反進化論州法案HB1472が委員会通過

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、ミズーリ州下院の2つの反進化論州法案のひとつHB1472が州下院初等中等教育委員会を通過した。
Missouri's House Bill 1472, which would require school districts to allow parents to have their children excused from learning about evolution, was passed by the House Committee on Elementary and Secondary Education on March 12, 2014, after having a public hearing on February 13, 2014. The bill is not yet on the House calendar.

親が子供に進化論を学ばせなくてもよくすることを学区に対して義務付けるミズーリ州下院HB1472が、2014/2/13の公聴会を経て、2014/3/12に州下院初等中等教育委員会を通過した。今のところ、本法案は審議日程に載っていない。

As NCSE previously reported, the bill's sponsor Rick Brattin (R-District 55) told the Kansas City Star (February 6, 2014) that requiring students to study evolution is "an absolute infringement on people's rights" and that evolution is "just as much faith and, you know, just as much pulled out of the air as, say, any religion."

NCSEが既に報告したように、提案者である共和党District55のRick Brattin州下院議員はKansas City Star に「生徒たちに進化論を学ぶことを義務付けることは全くの人権侵害である。進化論は信仰であり、いかなる宗教と同じく、宙空より引き出されたものだ」と語っている。
...
A separate antievolution bill in Missouri, House Bill 1587, which would deprive administrators of the ability to prevent teachers from miseducating students about "scientific controversies" around evolution, is still with the House Committee on Elementary and Secondary Education, where no hearing for it is yet scheduled.

進化論についての科学的論争について誤った教育を生徒に行う教師を阻止する権限を管理者から奪う、ミズーリ州下院のもう一つの反進化論州法案HB1587は州下院初等中等教育委員会にあって、公聴会などはスケジュールされていない。

[Missouri antievolution bill advances (2014/03/19) on NCSE]






現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:



2014年の反進化論州法案で審議中あるいは放置中のものは4個:



2014年の反進化論州法案で廃案・先送り・提案断念・棚上げになったのは以下の2個:




2013年の反進化論州法案は廃案・先送り・提案断念・棚上げ:




2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2014/03/22 06:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。