2014/04/06

サウスカロライナ州の「ウーリーマンモスに創造された」州法案

米国の進化論教育及び気象教育を守るNCSEによれば、サウスカロライナ州上院が、ウーリーマンモスの化石を州公式化石に指定する州下院提案のHB4482に創造論な修正を加えた。
HB 4482, as introduced in the House on January 14, 2014, designated the woolly mammoth as the official state fossil of South Carolina. According to The State (April 2, 2014), the proposal was due to eight-year-old paleontology enthusiast Olivia McConnell, in part because "its teeth were one of the first vertebra[t]e fossils found in North America, dug up by slaves on a South Carolina plantation in 1725."

Amended to specify that the Columbian mammoth (Mammuthus columbi) would be the official state fossil, HB 4482 passed the House on a 94-3 vote on February 19, 2014, and proceeded to the Senate. The Senate Committee on Judiciary tinkered slightly with the language of the bill, but reported it favorably to the Senate. When the bill reached the Senate floor in late March 2014, however, controversy ensued.

2014年1月14日に、サウスカロライナ州下院に提案されたHB4482はウーリーマンモスの化石を州公式化石に指定する。TheStateの報道によれば、提案は8歳の化石ファンOlivia McConnellによるもので、「その歯は北米で最初に発見された脊椎動物の化石で、1725年にサウスカロライナ州のプランテーションで奴隷によって掘り当てらてた」ことも理由である。

Columbian mammothを州公式化石に指定するように修正されて、HB4482は2014年2月19日に94-3で州下院本会議を通過し、州上院に送られた。州上院司法委員会は州法案の記述を少し修正して、支持意見を付けて州上院本会議へ送った。2014年3月遅くに州法案が州上院本会議に到達して、問題が起きた。

On March 25, 2014, while HB 4482 was under discussion, Kevin L. Bryant (R-District 3) sought to amend the bill to designate Genesis 1:24-25, which describes the sixth day of creation, as the official state passage from an ancient historical text. His amendment was ruled out of order as introducing "new and independent matter." NPR (April 2, 2014) reported that Bryant explained on his website, "I attempted to recognize the creator."

2014年3月25日のHB4482の審議で、共和党District3のKevin L. Bryant州上院議員が、6日間の創造を記述した創世記1章24-25節を古文書記述の州公式記述に指定しようとした。彼の修正案は「新規かつ独立な事項」として除外された。NPRの報道によれば、Bryant州上院議員は自分のサイトで「私は創造主を認識させようとした」と説明した。

Regrouping, Bryant sought to amend the bill to add "as created on the Sixth Day with the other beasts of the field" after each instance of "mammoth." He told the Greenville News (April 1, 2014), "Since we're dealing with the fossil of the woolly mammoth then this amendment would deal with the beginning of the woolly mammoth." He also suggested that the bill would survive constitutional scrutiny "because it doesn't point to a single religion."

The bill with Bryant's amendment, along with a further amendment establishing "a moratorium on the enactment of legislation establishing official state symbols and emblems," proposed by a senator who told The State, "It's past time for the state of South Carolina to recognize we have enough state official whatevers," was passed by the Senate on a 35-0 vote on April 2, 2014. 

考え直したBryant州上院議員は「マンモス」に「他の獣とともに創造の6日間に創造された」と加える修正を試みた。彼はGreenville Newsに対して、「我々はウーリーマンモスについて論じており、この修正はウーリーマンモスの起源に関するものだ。一つの宗教を指定したものではないので、憲法問題にはあたらない」と述べた。

Bryant州上院議員による修正と、「州公式が多くなりすぎたことに気付くべきときだ」とTheStateに語った別の州上院議員による「州公式シンボルとエンブレムを制定する州法を一時停止」させる修正が35-0で州上院本会議を2014年4月2日に通過した。

[A mammoth debate in South Carolina(2014/04/04) on NCSE]
事実上、公式化石指定を無力化する修正と、無力化されなければ意味を持つ創造論な修正という何がしたいのかわからない州上院修正が通過。州下院がこの修正を可決しなければ、州上下両院の調整が行われる。

Bryant州上院議員による修正は憲法修正第1条を回避できているとは考えにくい。また、州下院が審議し、州上下両院の調整を行うスケジュールが確保されない限り、州法案自体が成立しない。このまま行くと、HB4482は立ち消えそうだが。


posted by Kumicit at 2014/04/06 06:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。