2014/07/30

なかなか感染防止できないリベリアのエボラ対策

WHOによれば2014/07/23時点でアフリカ西部のエボラの感染者数及び死者数は以下の通りである。
感染者数うち死亡者数
ギニア427319
リベリア249129
シェラレオネ525224
このうち、リベリアでは国境閉鎖などの措置をとって感染拡大に対処しようとしている。
Liberian President Ellen Johnson Sirleaf ordered traffic to be channeled through a few entry points where people can be monitored and tested for Ebola. She said the airport would remain open, with passengers similarly screened. Arik Air Ltd., West Africa's largest carrier, canceled flights to Liberia on Sunday in response to the epidemic.

The president also banned large gatherings such as demonstrations. She is considering quarantining certain urban neighborhoods, said Tolbert Nyenswah, the assistant health minister.

Ellen Johnson Sirleaf大統領はエボラを監視・検査できるように、交通を少数の入国ポイントを通過するように命令を下している。大統領は空港は閉鎖しないが、乗客は同様にスクリーニングしていると述べた。アフリカ西部で最大の航空会社Arik Airは感染拡大に対応して、日曜日からリベリア便を休止している。

[DREW HINSHAW :"West Africa Strains to Contain Ebola Virus" (2014/07/29) on WSJ]
これまでも取り上げてきたように、ギニアとシェラレオネとリベリアでは国民がエボラの実在を否定したり、医療関係者の立ち入りを拒んだりして、対策がうまくいっていない。リベリアでも...
The outbreak has been raging off and on ever since, frustrating health officials on the ground and internationally who are up against sizable populations that move between countries and cities and harbor suspicions of Western medicine. Local belief systems encourage family members to care personally for the infected sick and engage in burial rites that bring them in contact with the still-contagious deceased.
...
Funerals in particular are a point of transmission: Custom among West Africa's Muslim population holds that bodies should be buried within 24 hours of death, with family members often handling the corpse.
...
Government attempts to alter funeral rites meet resistance from Liberians who refuse to let doctors in protective suits deal with the bodies of their loved ones. Quarantining sections of the capital, Monrovia, a densely packed city of 1.2 million people, would prove difficult as neighborhoods blend together, demarcated from one another by hard-to-police back alleys cutting between shacks.

エボラのアウトブレイクは断続的に猛威をふるい、大きな集団が国間や都市間を移動し、人々は西洋医学に疑いの目を向け続けていて、地元及び国外からの医療関係者たちを苛立たせている。地元の宗教は、病気に感染した人を家族が看護し、埋葬の時には未だ感染力を持つ遺体に触れることを奨めている。・・・ 特に葬儀は感染の機会となっている。アフリカ西部のイスラム教徒たちの習慣では、遺体は24時間以内に家族の手で葬らなければならない。... 葬儀の方法を変更しようとしている政府は、愛する家族を防護服に身を固めた医師たちが取り扱うのを拒否するリベリア人からの抵抗に直面している。

120万人の密集した都市モンロビアでは、警察が隣接する家屋の間を警察路地裏で互いに境界を定めて隔離することが困難であることが明らかになっている。

[DREW HINSHAW :"West Africa Strains to Contain Ebola Virus" (2014/07/29) on WSJ]
家族間の感染防止も、隔離もうまくいっていないようである。

そんな状況で詐欺師たちが活動しているもよう。
Local pastors and medicine makers have all claimed the power to cure the disease, facilitating its spread.

地元の聖職者や薬品製造業者は病気を治療できると主張して、感染拡大を助長している。

[DREW HINSHAW :"West Africa Strains to Contain Ebola Virus" (2014/07/29) on WSJ]
同様なことは他であって、感染者1名が死亡しただけで感染が広まっていないナイジェリアでも、エボラを治療できると主張する牧師が登場している。

これら感染拡大させる習慣や、国民のエボラ実在否定に直面するリベリア政府だが...
Liberian officials on Monday were hoping that the rising death toll had begun to persuade Liberians otherwise.

"I'm not sure people are prepared to stay in a state of denial for much longer," said the president's spokesman Jerolinmek Piah. "There'll be a change in attitude."

2014/07/28にはリベリア政府当局者が、いずれにせよ、増え続ける死者の数が、リベリア国民を説得することに望みをかけている。「さらに長い間、人々が否定を続けるとは思えない。国民は態度を変えるだろう」と大統領報道官Jerolinmek Piahは述べた。

... convincing Liberians that Ebola exists remains a challenge in a country where rumors fill the void left by the lack of formal education. Large numbers there believe Ebola is an evil spirit. One Liberia senator recently called it a scam by his government.

"People love rumors," said Mr. Nyenswah, the assistant health minister. "We're trying to do what we can."

Liberian government workers have been screening videos showing the effects of the disease in local movie theaters. The government has been airing constant radio spots explaining the Ebola virus. It has helped to change minds, Mr. Nyenswah said.

正式な教育を欠いていることによる隙間を噂が埋めていく国では、エボラが実在することを国民に納得させることは容易なことではない。リベリアの上院議員の一人は最近、政府による詐欺だと述べた。

保険副大臣Nyeswahは「人々は噂が好きだ。我々はできる限りのことをやっている」と述べた。

リベリア政府の役人たちは地域の映画館で、エボラの影響を示す動画を上映している。政府はエボラウィルスについて説明するラジオ広告をコンスタントに放送している。これらは人々が考えを変えるに役に立つだろうとNyenswah副大臣は述べた。

[DREW HINSHAW :"West Africa Strains to Contain Ebola Virus" (2014/07/29) on WSJ]
エボラの死亡率は高いが感染力は弱いので、把握されている感染者数249で済んでいるリベリア。しかし、この状況だと、感染防止できず、だらだらとアウトブレイクが続きそうである。
posted by Kumicit at 2014/07/30 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/07/27

ギニアとシェラレオネとリベリアでのエボラ対策への抵抗

今回のギアナ・リベリア・シェラレオネのエボラアウトブレイクでは、これまでのアウトブレイクの最大値である、1976年の旧ザイールでの死者280名、2000年のウガンダでの感染者425名(死者224名)を既に超えて、感染者1093名(うち死亡660名)となっている。

そして、リベリアからコートジボアール・トーゴ・ベニンを飛び越えて、感染者がナイジェリアに入国した事実に、エボラアウトブレイクが他人事ではないと気づいたAssociated Press配信記事...
The fact that the traveler from Liberia could board an international flight also raised new fears that other passengers could take the disease beyond Africa due to weak inspection of passengers and the fact Ebola's symptoms are similar to other diseases.

リベリアからの旅行者が国際便に乗ったという事実は、検問が不十分であり、症状もほかの病気と類似しているために、感染者がアフリカの外へウィルスを運び出してしまう可能性があるという恐怖を高めた・

[HEATHER MURDOCK: "Nigeria Death Shows Ebola Can Spread by Air Travel" (2014/07/26) by The Associated Press]
一方、感染地域であるシェラレオネの対策状況はおもわしくない。
Police were guarding an Ebola treatment centre in Sierra Leone on Saturday, the day after thousands marched on the clinic following allegations by a former nurse the deadly virus was invented to conceal "cannibalistic rituals" there, a regional police chief said.

元看護師が「致死的ウィルスは食人儀式を隠蔽するために作られた」と主張したことで、数千人のデモがエボラ治療センターに押し寄せたため、土曜日からセンターの警備を警察が行っていると、地域警察責任者は述べた。

[Umaru Fofana: "Ebola centre in Sierra Leona under guard after" (2014/07/27) on Reuters]
あいかわらず、政府不信は大きく、簡単に騒ぎになってしまっている。

さらに、同じくシェラレオネでは、エボラと診断された患者を家族が治療センターから連れ出すという事件が起きている。そして...
A Sierra Leone woman who fled hospital after testing positive for the Ebola virus has died after turning herself in, health officials have told the BBC.

Her family had forcibly removed her from a public hospital on Thursday.

保健省当局者がBBCに語ったところによれば、エボラウィルス感染陽性と診断された女性が治療センターから連れ出され、その後、自分で戻ってきた後、死亡した。彼女の家族が木曜日(2014/07/24)に彼女を治療センターから連れ出していた。

[Ebola outbreak: Sierra Leone escaped patient dies (2014/07/27) on BBC]
死亡した女性の家族が感染したかは不明。

このような治療活動への抵抗・妨害は当初から、ギニア・シェラレオネ・リベリアに広がっていた。ギニアでは...
In April, a mob claiming that foreigners were spreading diseases attacked a Doctors Without Borders clinic in rural Guinea and forced the Nobel Peace Prize-winning group to abandon its mission. The charity returned only after it had negotiated its safety with local religious leaders. Even the local Red Cross was forced to abandon a part of the country after men brandishing knives surrounded them.

4月には、外国人が病気をばらまいていると主張する群集が、ギニアの田舎にある国境なき医師団の診療所を襲って、ノーベル平和受賞団体のミッションを中断させた。地域の宗教指導者との交渉で安全が確保されてから、ようやく国境なき医師団はミッションを再開した。地元の赤十字も、一地方では、男たちにナイフで脅されて、診療を中断させられた。

[Laurie Garrett: "Why an Ebola epidemic is spinning out of control" (2014/07/24) on CNN]


Some local leaders spread rumors that "the white people" were conducting experiments, infecting Sierra Leonians or cutting off people's limbs. Doctors Without Borders warned that widespread belief that Ebola does not exist threatened to spread the disease regionally.

一部の地方の指導者たちは「白い人々が、シェラレオネ人に感染させたり、人々の四肢を切断したりという実験をしている」という噂を流している。国境なき医師団は「エボラが存在しないと信じること」は感染拡大の脅威となると警告した。

[Laurie Garrett: "Why an Ebola epidemic is spinning out of control" (2014/07/24) on CNN]
そして、6月にリベリアに感染が及ぶと...
By the end of June, the epidemic was exploding in Liberia, fueled by the same sorts of denial and wild rumors that were rampant in Sierra Leone and Guinea. In one county, men with weapons chased off government health workers.

6月末にリベリアに感染が拡大すると、シェラレオネやギニアと同様のエボラ実在否定やワイルドな噂が蔓延した。ある郡では、武器を持った男たちが政府のヘルスワーカーを追い回す事件も起きている。

[Laurie Garrett: "Why an Ebola epidemic is spinning out of control" (2014/07/24) on CNN]
死亡率は高いが、感染力は弱いので、いずれはこれまでのアウトブレイクと同様に制圧されると思われるが、それにはこれまでより時間がかかるかもしれない。
posted by Kumicit at 2014/07/27 23:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シェラレオネとリベリアとナイジェリアのエボラ

7月20日に、リベリアからナイジェリアに到着したリベリア人が空港で倒れた。
Patrick Sawyer, a 40-year-old Liberian civil servant, collapsed on arrival in Nigeria's main airport on Sunday, health officials said. His condition rapidly deteriorated before he died, said Abdulsalami Nasidi, project director at the Nigeria Centre for Disease Control, who attributed his death to ebola.

日曜日に、リベリアの40歳の公務員Patrick Sawyerがナイジェリアの主力空港に到着して倒れたと、保健省当局者が述べた。彼は急速に病状が悪化して死亡したと、ナイジェリアの疾病コントロールセンタのプロジェクト長であるAbdulsalami Nasidiは述べて、その死亡がエボラによるものだとした。

[Monica Mark:"First case of ebola reported in Africa's most populous city Lagos" (2014/07/25) on The Guardian]
この時点ではエボラ感染者であるか確認されていなかったが、7月25日には確認された。
Nigeria's health minister, Onyebuchi Chukwu, on Friday said the "patient was subjected to thorough medical tests ... which confirmed the virus of Ebola," as the cause of death.
Onyebuchi Chukwuナイジェリア保健相は「患者は医学検査に回され、そこで死因がエボラウィルスによるものであることが確認された」と述べた。

[Ebola reaches Nigeria with death of Liberian (2014/07/25) on Aljazeera

Surveillance has been stepped up at all "airports, seaports and land borders", says Health Minister Onyebuchi Chukwu.
監視対象を「空港や港や陸上の国境線へと拡大させている」とOnyebuchi Chukwuナイジェリア保健相は述べた。

[Nigeria 'on red alert' over Ebola death in Lagos (2014/07/26) on BBC]


2014年2月以来、ギニア南部から始まり、リベリアとシェラレオネへと感染拡大したエボラが、ナイジェリアにも到達した。ただし、今のところ、新たな感染者はナイジェリアでは確認されていない。

一方、リベリアとシェラレオネでは



リベリアとシェラレオネとギニアに共通する伝統がエボラの感染を拡大している面がある。
"The deaths have been increasing because of traditional burial rites in that region," said Tolbert Nyenswah, Liberia's deputy chief medical officer. The Kissi ethnicity, found in all three countries, traditionally keep their dead at home for several days, and mourners touch the deceased's head frequently before burial.

Kissi族はこれら三カ国に居住し、伝統的に死者を数日、自宅に置き、会葬者たちは埋葬前に死者の頭部に触れる。
...
A doctor in Sierra Leone said patients' families often tried to break them out of treatment centres. "Some of them are in denial and [say] it is something they can treat at home, and faith healers are one of the problems for us. When you have patients disappearing like that, you don't know where the virus will appear next."

[Fear and ignorance help spread of killer Ebola virus in west Africa(2014/07/03) on South China Morning Post]


シェラレオネあry医師によれば、患者の家族が患者を治療センターから連れ出すことがよくある。「エボラではなく、治療可能な別の病気だと言う者もいる。そして、信仰療法士は常に我々の問題だ。患者が治療センターから連れ出されると、次にどこで感染者が見つかるかわからなくなる。

一昨日も取り上げたように、政府不信もある。

シェラレオネのKailahun地方では...
Ebola was initially viewed as a government conspiracy to depopulate Sierra Leone's Kailahun district, and fierce resistance to the arrival of health workers culminated in the stoning of a Medecins Sans Frontieres vehicle.

エボラは最初は、シェラレオネのKailahun地方の人口を激減させようという政府の陰謀だと見られていた。そして、医療スタッフの到着に強く抵抗し、Medecins Sans Frontieresの車への投石に及んだ。

[
Fear and ignorance help spread of killer Ebola virus in west Africa
(2014/07/03) on South China Morning Post]
シェラレオネでは、さらに危険な陰謀論が広まっているという。Concern WorldwideのSierra Leone責任者によれば...
The tightly held myths we seek to dispel include the belief that the disease is politically motivated or spread by NGOs or the government. Some believe if they are diagnosed with Ebola, they will be given an injection in a medical clinic to hasten their death. 

This misinformation means that people who are diagnosed sometimes flee, rejecting the treatment that might save their lives, and simultaneously spreading the disease into untouched towns and villages.

我々が払拭しようとしている、エボラに関する誤った強固な信念のなかには、「エボラが政治的に動機づけられたもの、あるいはNGOや政府が拡散しているもの」だという信念もある。エボラだと診断されると、病院で死を早める注射をされると信じている者もいる。

そのようなことを信じている人々は、彼らの生命を救ってくれるかもしれない治療を拒否して、医療機関から逃げ出して、感染者のいない町や村で、エボラの感染を拡大させるかもしれない。

[Fiona McLysaght, Country Director, Concern Worldwide Sierra Leone: "Ebola Spread through Myth and Fear" (2014/07/23)]


リベリアでも状況は違わない。
In Liberia, many believe the outbreak is a hoax from government officials seeking to distract from scandals or corruption.

"The government of Liberia has come up with a new strategy to divert the Liberian people's mind," student Alfred Randall said. " The virus is very terrible, but Ebola is not in Liberia."

リベリアでは、多くの人々が「エボラの感染拡大は、スキャンダルや汚職から国民の目を逸らそうとする政府の虚偽宣伝だ」と信じている。学生Alfred Randallは「リベリア政府は国民の関心を逸らす新たな戦略をとっている。エボラウィルスは非常に恐ろしいが、リベリアには存在しない」と言う。

[Fear and ignorance help spread of killer Ebola virus in west Africa(2014/07/03) on South China Morning Post]
さらに、リベリアでも別の陰謀論が広まっている。
Recently, there have been public perceptions that the ministry was extracting parts of people dying of the deadly Ebola disease in the country and selling them abroad.

It is reported that the body parts of these dead people, such as kidneys, hearts and livers, among others, are being allegedly extracted by the ministry for business purposes.

But reacting to the claims Thursday at a press conference in Monrovia, Assistant Health Minister for Preventive Services, Tolbert Nyenswah denied the allegation and described it as 'wicked'.

最近、人々は「リベリア政府はエボラでリベリア国内で死亡した患者から臓器などを採取して、国外に販売している」と思っている。「保健省は営利目的で、死亡した人の腎臓や心臓や肝臓などの臓器を摘出している」と報じられている。

この主張に対して、7月24日のモンロヴィアでの記者会見で、予防担当保健副大臣Tolbert Nyenswahは主張を否定し、そのような主張が不道徳だと述べた。

[PHILIP K. WHOEWIEH:"Liberia: 'We Are Not Extracting Body Parts'"(2014/07/25) on  The NEWS (Monrovia) ]





posted by Kumicit at 2014/07/27 09:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/07/25

東京 31℃ (Update 2014/07/25)

過去50年の気象データを見る限り、たとえば東京では、最高気温が35℃を超える日数は増加している。老人たちが若かりし日の夏とは、もはや別物と言っていいだろう。
Tokyo2013TempSummerSP3.png
特に最高気温35℃以上の日数の多さは注目すべきもの。というのは、原則として運動すべきでない気温だから...
屋外:WBGT = 0.7×湿球温度+0.2×黒球温度+0.1×乾球温度
屋内:WBGT = 0.7×湿球温度+0.3×黒球温度

気温(参考)WBGT温度熱中症予防のための運動指針
35℃以上31度以上運動は原則中止WBGT温度が31度以上では、皮膚温より気温の方が高くなる。
特別の場合以外は運動は中止する。
31〜35℃28〜31度厳重警戒熱中症の危険が高いので激しい運動や持久走など熱負担の大きい運動は避ける。運動する場合には積極的に休息をとり水分補給を行う。
体力低いもの、暑さに慣れていないものは運動中止。
28〜31℃25〜28度警戒熱中症の危険が増すので、積極的に休息をとり、水分を補給する。
激しい運動では、30分おきくらいに休息をとる。
24〜28℃21〜25度注意熱中症による死亡事故が発生する可能性がある。
熱中症の兆候に注意するとともに運動の合間に積極的に水を飲むようにする。
24℃まで21度までほぼ安全通常は熱中症の危険性は小さいが、適宜水分の補給は必要である。
市民マラソンなどではこの条件でも熱中症が発生するので注意


[日本体育協会(1994) 熱中症予防のための運動指針より quoted by 国立環境研究所]
これらのうち、「激しい運動や持久走など熱負担の大きい運動は避ける。体力低いもの、暑さに慣れていないものは運動中止」という、事実上、運動をやめるべき31℃以上について見てみる。以下は、1日の内で、31℃以上である時間を2000〜2013年について、東京の気温を見たものである:
Tokyo2013TempSummerSP1.png
Tokyo2013TempSummerSP2.png

かなりの時間が31℃以上になっていることがわかる。集計すると...
Tokyo2013TempSummerSP4.png
31℃以上が1〜3時間程度なら、涼しい時間帯に運動することはありえる。しかし、4〜7時間ともなると、あまり運動を元気よくできる時間帯はなくなる。8時間以上ともなると、昼間運動できるのはごく限られた時間になる。

過去13年間を見る限り、東京では、おおよそ年間30日程度は、一日4時間以上、気温が31℃を上回っていると想定すべきだろう。すなわち、おおよそ年間30日程度は、あまり運動を元気よくできる昼間時間帯はあまりないと想定すべき。
posted by Kumicit at 2014/07/25 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound Science | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エボラの実在を否定する人々

アフリカ西部のエボラ出血熱のアウトブレイクが続いており、WHOの2914/07/24付けのアップデートによれば、1093名が感染し、うち660名が死亡している。

そんなアフリカ西部へ、アウトブレイクが始まった3月から派遣されている、米国CDCのViral Special Pathogens BranchのCraig Manningによれば、現地ではエボラ出血熱についての正しい知識が行き渡っていない。
“I don’t believe in Ebola,” Craig Manning’s local driver told him as he chauffeured the viral emergency specialist through Freetown, Sierra Leone, where infection rates are rising. The man came from a rural part of the country where people were already dying from the virus. He was adamant, like many others in his community, that “there is no such thing as Ebola.”

Craig Manningの現地運転手は、エボラ出血熱の感染者が増大中のシェラレオネのフリータウンを、感染症の専門家であるCraig Manningを乗せて車を走らせていたとき「私はエボラなんて病気があるとは信じてない」と言った。運転手は自分のコミュニティの他の者たち同様に「エボラなんてものは存在しない」と頑なに主張する。
...
Yet, as the Ebola virus continues to spread in West Africa, so do the rumors. Some say you can contract Ebola from a motorcycle helmet. Others say you can cure the deadly virus by drinking Nescafé mixed with cocoa and sugar − or with two large onions.

It’s Manning’s job to take onions out of the equation.

アフリカ西部にエボラウィルスが広まるにつれ、噂も広まる。エボラはバイクのヘルメットから感染すると言う者もいる。また、ココアと砂糖を混ぜたネッスル、あるいは2つの大きなタマネギを混ぜたネッスルで、致死的なエボラウィルスの感染を抑止できると言う者もいる。

そんなタマネギは効かないことを人々に知らしめるのが、Craig Manningの仕事だ。
...
Manning said aggressive intervention is necessary to prevent more people from becoming infected, but ensuring local populations understand Ebola first is essential. For instance, in areas where the virus has spread, relatives wash bodies by hand before funerals, putting families at risk of new infections.

Craig Manningは「アグレッシブな介入が感染防止必要なことだが、地元の人々にエボラを理解してもらうことが不可欠だ。たとえば、感染拡大地域では、遺体埋葬前に親族が遺体を素手で洗うので、親族に感染するリスクがある。」と言う。

[Caelainn Hogan:"'There is no such thing as Ebola'"(2014/07/18) on Washington Post]
アフリカ西部における、エボラ否定なセンチメントの理由として、政府不信などがあるとの指摘がある。
Despite Liberian Government’s warning and awareness programs to protect Liberians against the spread of Ebola, most Liberians think the government is using Ebola as a springboard to collect money from government’s coffer and from international donors for personal use. As a result of their doubt about the existence of Ebola, most Liberians do ignore all the measures the Ministry of Health put in place to curb Ebola spread. 

リベリア政府はエボラ出血熱から国民を守る警告及び周知プログラムを実施しているが、大半のリベリア人は政府がエボラを使って、政府金庫や海外からの寄付金をポケットに入れるための手段に使っていると考えている。エボラが実在することへの疑いのため、エボラ感染防止のために保健省の対策を、大半のリベリアの人々は無視している。
...
The existence of Ebola in Liberia continues to be doubted because the measures against the spread of Ebola are not observed due to their inconvenient nature and the virus is not widely spreading as Liberians thought it would have.  Family members of the alleged Ebola victim have dismissed the claim, saying their relative did not die of Ebola. Their argument is that all the measures against the spread of Ebola, were not observed, saying the nurses, and all those who came in contact with the deceased including they, family members would have contracted Ebola if their deceased relative had suffered from the virus.

リベリアでエボラの実在への疑いが続いている理由は、エボラ感染拡大防止策の面倒な性質の故にリベリアの人々から見えずらいことと、リベリアの人々が思うよりは感染が拡大していないこと。親族がエボラで死んでいないことを理由に、エボラで死亡したと思われる患者の家族は、死因がエボラであることを否定する。エボラ感染拡大防止策が見えなくて看護師や家族がエボラを発症した人に触れても感染していないことから、人々はエボラの実在を否定している。

[KAI TOTEH:"Liberians don't believe Ebola exists or is in Liberia-the conspiracy theory on Indight.vom]
米国CDCのCraig Manningのような人々の仕事は終わりそうにない。
posted by Kumicit at 2014/07/25 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。