2014/07/24

FDAはラベルに記載のないバイアグラ有効成分を含む精力増強剤O.M.G.を使用しないよう警告


米国食品医薬品局(FDA)は、ラベルに記載のない、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルが含まれている精力増強剤O.M.G.を使用しないよう警告を出した。
The Food and Drug Administration (FDA) is advising consumers not to purchase or use O.M.G., a product promoted and sold for sexual enhancement on various websites, including www.sears.com , and possibly in retail stores.

FDA laboratory analysis confirmed that O.M.G. contains sildenafil, the active ingredient in the FDA-approved prescription drug Viagra, used to treat erectile dysfunction (ED). This undeclared ingredient may interact with nitrates found in some prescription drugs such as nitroglycerin and may lower blood pressure to dangerous levels. Men with diabetes, high blood pressure, high cholesterol, or heart disease often take nitrates.

米国食品医薬品局(FDA)は消費者に対して、www.sears.comなどのウェブサイトや小売店で精力増強剤として販売されているO.M.G.を買ったり使ったりしないよう広報している。

FDAのラボはO.M.G.に、勃起不全(ED)治療に使われるFDA承認処方薬バイアグラの有効成分であるシルデナフィルが含まれていることを確認した。このラベルに記載のない有効成分は、ニトログリセリンなどの処方薬に含まれている硝酸塩と相互作用する可能性があり、血圧を危険水準まで下げる可能性がある。糖尿病や高血圧や高コレステロールや心臓疾患の人々は硝酸塩を服用していることが多い。
image.jpg

[Public Notification: O.M.G. Contains Hidden Drug Ingredient(2014/07/22) on FDA]
これまでにも、天然成分のみと宣伝されるハーブ製品"Man Up Now"に、ラベルに記載のないバイアグラの有効成分シルデナフィルに類似した化学物質スルフォアイルデナフィルが含まれていたり、Black Ant製品群及びXZen製品群にラベルに記載のない薬効成分シルデナフィル(ED治療薬バイアグラの成分)とタダラフィル(ED治療薬シアリスの成分)が含まれていて、FDAが警告したり、製品がリコールされたりしている。

減量・筋肉増強サプリとともに、精力増強サプリは、ラベルに記載のない禁止成分や医薬成分を含んでいる場合がある。客は安全だと思い込ませるために、天然由来と宣伝されることも多い。何らかの根拠に基づき安全だと言えるサプリはないと思うべき。



posted by Kumicit at 2014/07/24 07:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メモ「Ipsos Global Trend 2014」

世界主要国で社会・政治・科学・技術・環境・宗教など多岐にわたる世論調査を行ったIpsos Global Trend 2014の結果が公表されている。その中から、ちょっと笑えるものを3つ:

「私は科学及び科学の発展について、よく知っている」
ipsos3.png

「私は、新たな技術について本当に知りたい」
ipsos2.png

「私は技術の発展についていこうとしている」
ipsos1.png
おおよそ途上国の方が、「Agree」の比率が高くなる傾向がみられる。

他の質問項目の回答比率を見る限り、日本は特にアンチサイエンス・アンチテクノロジーな傾向は見られないが、「自分が知る」気はあまりなようだ。

タグ:poll
posted by Kumicit at 2014/07/24 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/07/23

台湾食品安全局はアルコール9-10%入りハーブレメディをコンビニなどでの販売を禁じた


中華民国食品安全局は、アルコールを9-10%含むハーブレメディを、コンビニなど薬局免許のない店やスタンドでの販売を禁じた。これは、建設現場などで疲労回復にために飲む現場作業者がいるため。すなわち、飲酒して重機を運転することがあるため。
Popular herbal remedy drinks Paolyta B (保力達B) and Sanyo Whisbih (維士比) are alcoholic beverages categorized as a non-prescription medication and are prohibited from being sold at convenience stores, betel nut stands or other business establishments without a drug company license, the Food and Drug Administration (FDA) said yesterday.

“The administration and local health departments inspected a total of 105 betel nut stands in Taipei City, Greater Taichung and Greater Kaohsiung last month, of which 14 were found illegally selling the herbal liquors without a permit,” FDA Northern Center section head Wu Ming-mei (吳明美) told a press conference in Taipei yesterday morning.

人気のハーブレメディドリンクPaolyta B (保力達B) とSanyo Whisbih (維士比) は、非処方薬に分類されるアルコール飲料であり、薬局免許のないコンビニやビンランタン(ビンロウジ売りスタンド)などで販売してはならないと、昨日、中華民国食品安全局は述べた。

「先月、食品安全局及び地方健康部局は台北市と台中市と高雄市の105のビンランタンを調査し、うち14が許可なくハーブリキュールを販売していた」と昨朝の台北での記者会見で、中華民国食品安全局北部センターの呉明美セクター長は述べた。
...
Wu said the herbal beverages are often consumed by construction site workers before or during work because they are believed to be effective in relieving fatigue.

“However, as such drinks contain an alcohol content of about 9 or 10 percent, which could impede the workers’ concentration during work, most of which involves operating heavy construction equipment, it therefore puts their safety at risk,” Wu said.

There have also been multiple cases in which blue-collar workers have been sentenced to several months in prison for driving under the influence after drinking the herbal drinks, she said.

呉明美セクター長は「ハーブ飲料は建設現場で作業開始前や作業中に、疲労回復に効くと信じて使われることが多い。しかし、このようなドリンクには9-10%のアルコールが含まれており、重機を運転する作業にあたる労働者の集中力を妨げ、安全性を損なう。ハーブ飲料を飲んで車を運転して、禁固数ヶ月の判決を受けたブルーカラー労働者もいる」と述べた。

[Stacy Hsu:"Two herbal remedies banned from convenience stores"(2014/07/17)
アルコール入りドリンク剤はありがちだが、ハーブレメディと称して、9-10%のアルコールを売るのは、あまりないかも。

なお、アルコール稀釈ホメオパシーレメディというのが世の中にがある。これも飲んで車を運転すると、飲酒運転になる。


posted by Kumicit at 2014/07/23 08:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/07/19

シブトラミンやフェノルフタレインを含むビーポーレン(蜂花粉)サプリについて警告する米国FDA

米国食品医薬品局FDAは改めて、ラベルに記載のない「心臓発作や脳卒中のリスクを増大させるシブトラミンや癌の要因となる疑いのあるフェノルフタレイン」を含む、減量に効くと宣伝されている「ビーポーレン(蜂花粉)」サプリメントについて警告をしている。
[Some Bee Pollen Weight Loss Products Are a Dangerous Scam on FDA]

Products labeled to contain bee pollen that promise to help you lose weight or reshape your body could actually harm you, warns the Food and Drug Administration (FDA).
Bee pollen is the pollen that bees collect from flowers; it is the food that nourishes bee larvae. But it’s not a miracle ingredient, says Gary Coody, R.Ph., FDA’s national health fraud coordinator.

「減量に効くというビーポーレン(蜂花粉)を含んでいるとラベルに書かれた製品は実際には有害である可能性があると米国食品医薬品局FDAは警告している。ビーポーレン(蜂花粉)はミツバチが花から集めた花粉である。これはミツバチの幼虫を育てる食料である。しかし、これは奇跡の成分ではない」とFDAの全米健康詐欺調整官Gary Coody, R.Ph.は述べた。

Some bee pollen products marketed for weight loss have been found to contain hidden and potentially dangerous ingredients that may be harmful for people who have conditions such as irregular heartbeat, high blood pressure and bipolar disorders (a brain disorder that causes unusual shifts in mood), says Coody.

「減量に効くと宣伝されているビーポーレン(蜂花粉)製品の中には、ラベルに記載のない、有害となりうる成分が含まれていて、不整脈や高血圧や双極性障害の人々には有害となりうる」とGary Coody, R.Ph.は述べた。

FDA recently warned consumers to immediately stop using one of these products−Zi Xiu Tang Bee Pollen−because it contains at least one potentially harmful ingredient that is not listed on the product’s label.

FDAは最近、これらの危険な成分を少なくとも一つ含んでいるが、ラベルに記載のないZi Xiu Tang Bee Pollenの使用を直ちに中止するよう警告した。

Zi Xiu Tang is just one of several bee pollen products that the FDA has found to contain undeclared sibutramine and/or phenolphthalein. Others include Ultimate Formula, Fat Zero, Bella Vi Amp’d Up, Insane Amp’d Up, Slim Trim U, Infinity, Perfect Body Solution, Asset Extreme, Asset Extreme Plus, Asset Bold and Asset Bee Pollen. All these products marketed for weight loss included bee pollen in the list of ingredients.

Zi Xiu Tang Bee PollenはFDAがシブトラミンやフェノルフタレインを含んでいることを発見した複数の製品の一つである。Ultimate FormulaやFat ZeroやBella Vi Amp’d UpやInsane Amp’d UpやSlim Trim U, InfinityやPerfect Body SolutionやAsset ExtremeやAsset Extreme PlusやAsset BoldやAsset Bee Pollenにも、シブトラミンやフェノルフタレインが含まれている。これらの製品は全て、減量に効くと宣伝され、成分にビーポーレン(蜂花粉)が含まれていると記載されている。
...
Sibutramine is a controlled substance that was removed from the market in October 2010 after clinical data indicated that it posed an increased risk of heart attack and stroke. Sibutramine substantially increases the blood pressure and/or pulse in some people and can be risky for patients with a history of coronary artery disease, congestive heart failure, heart arrhythmias or stroke, says Jason Humbert, a senior regulatory manager with FDA’s Office of Regulatory Affairs.

「シブトラミンは、心臓発作や脳卒中のリスクを増大させることを示す臨床データが得られた2010年10月に市場から排除された規制物資である。シブトラミンは一部の人々の血圧や心拍数を増大させ、冠状動脈疾患や充血性心臓疾患や不整脈や脳卒中の症歴がある人々にはリスクとなりうる。」とFDA規制局Jason Humbert主任規制管理官は述べた。

Phenolphthalein, a laxative and a suspected cancer-causing agent, isn’t approved in the United States. FDA has classified phenolphthalein as not generally recognized as safe and effective.

便秘薬であり、癌の要因となる疑いのあるフェノルフタレインは米国では承認されていない。FDAはフェノルフタレインを、安全あるいは効果あるとは認められないものに分類している。
これまでにシブトラミンやフェノルフタレインを含んでいるとして、消費者に使用しないように警告されている製品は以下の通りで、漢方薬っぽいものから、ありがちなダイエットサプリっぽいものまである。
[FDA warns consumers not to use Zi Xiu Tang Bee Pollen capsules -- Tainted product contains undeclared drug ingredients with health risks on FDA]

The U.S. Food and Drug Administration is warning consumers to immediately stop using Zi Xiu Tang Bee Pollen, marketed as a product for weight loss and body reshaping. The product contains at least one potentially harmful active pharmaceutical ingredient that is not listed on the product’s label. The FDA has tested multiple Zi Xiu Tang Bee Pollen products from various distributors in the United States. All products that have been tested, including those that claim to be “genuine” and “anti-counterfeit,” have been found to contain one or both of the following undeclared drug ingredients:
Sibutramine
Phenolphthalein
FDAは消費者に対して、減量に効くと販売されているZi Xiu Tang Bee Pollenの使用を直ちに中止するよう警告している。これらの製品は、ラベルに記載のない有害となりうる医薬成分を少なくとも一つ含んでいる。FDAは多くの販売業者の複数のZi Xiu Tang Bee Pollenを検査した。「真正」や「偽造防止」と書かれた製品を含め、検査した全製品から、ラベルに記載のないシブトラミンとフェノルフタレインのいずれか、あるいは両方を検出した。
image.jpg


[Public Notification: “Ultimate Formula Bee Pollen Capsules” Contains Hidden Drug Ingredient (2012/10/24) on FDA]

The Food and Drug Administration (FDA) is advising consumers not to purchase or use “Ultimate Formula Bee Pollen Capsules (Ultimate Formula),” a product promoted and sold for weight loss. This product is promoted on www.zixiutangsuccess.com, and possibly sold in some retail stores. FDA laboratory analysis confirmed that “Ultimate Formula” contains sibutramine.
FDAは消費者に対して、Ultimate Formula Bee Pollen Capsules (Ultimate Formula)を買ったり、使ったりしないように助言している。これらの製品はwww.zixiutangsuccess.comとおそらく小売店で、減量に効くと宣伝・販売されている。FDAはUltimate Formula Bee Pollen Capsules検査し、シブトラミンが含まれていることを確認した。
image.jpg}


[Public Notification: “Fat Zero” Contains Hidden Drug Ingredient on FDA]

The Food and Drug Administration (FDA) is advising consumers not to purchase or use Fat Zero, a product promoted and sold for weight loss on various websites and in some retail stores.FDA laboratory analysis confirmed that Fat Zero contains sibutramine. ... Laboratory analysis also confirmed that Fat Zero contains phenolphthalein.
FDAは消費者に対して、多数のウェブサイトや小売店で、減量に効くと宣伝・販売されているFat Zeroを買ったり、使ったりしないように助言している。FDAはFat Zeroを検査し、シブトラミンが含まれていることを確認した。さらにFat Zeroがフェノルフタレインを含んでいることを確認した。
image.jpg


[Public Notification: “Bella Vi Insane Amp’d” and “Bella Vi Amp’d Up” Contain Hidden Drug Ingredients(2013/10/10) on FDA]

The Food and Drug Administration (FDA) is advising consumers not to purchase or use Bella Vi Insane Amp’d or Bella Vi Amp’d Up. These products are promoted for weight loss and sold on various websites, including www.pureedgenutrition.com and www.newedgenutrition.com, as well as in retail stores. FDA laboratory analyses confirmed that Bella Vi Insane Amp’d and Bella Vi Amp’d Up contain sibutramine. ... Laboratory analyses also confirmed that Bella Vi Insane Amp’d and Bella Vi Amp’d Up contain phenolphthalein.
FDAは消費者に対して、Bella Vi Insane Amp’dysBella Vi Amp’d Upを買ったり、使ったりしないように助言している。これらの製品はwww.pureedgenutrition.comやwww.newedgenutrition.comなどの多数のウェブサイトや小売店で、減量に効くと宣伝・販売されている。FDAはAsset Extremeを検査し、シブトラミンが含まれていることを確認した。さらに分析でBella Vi Insane Amp’dとBella Vi Amp’d Upにはフェノルフタレインが含まれていることを確認した。
image.jpg


[Public Notification: Slim Trim U Contains Hidden Drug Ingredient (2014/05/05) on FDA]

The Food and Drug Administration (FDA) is advising consumers not to purchase or use Slim Trim U, a product promoted and sold for weight loss and sold on various websites and in some retail stores. FDA laboratory analysis confirmed that Slim Trim U contains sibutramine.
FDAは消費者に対して、多数のウェブサイトや小売店で、減量に効くと宣伝・販売されているSlim Trim U を買ったり、使ったりしないように助言している。FDAはSlim Trim U を検査し、シブトラミンが含まれていることを確認した。
image.jpg


[Public Notification: “Perfect Body Solutions” and “Burn 7” Contain Hidden Drug Ingredient (2013/10/10) on FDA]

The Food and Drug Administration (FDA) is advising consumers not to purchase or use Perfect Body Solutions or Burn 7. These products are promoted for weight loss and sold on various websites and in some retail stores. FDA laboratory analyses confirmed that Perfect Body Solutions and Burn 7 contain sibutramine.
FDAは消費者に対して、Perfect Body SolutionsとBurn 7を買ったり、使ったりしないように助言している。これらの製品は多数のウェブサイトや小売店で、減量に効くと宣伝・販売されている。FDAはPerfect Body SolutionsとBurn 7を検査し、シブトラミンが含まれていることを確認した。
image.jpg


[Public Notification: Asset Extreme Contains Hidden Drug Ingredients (2013/12/19) on FDA]

The Food and Drug Administration (FDA) is advising consumers not to purchase or use Asset Extreme, a product promoted and sold for weight loss on various websites, including www.assetcapsules4u.com, and in some retail stores. FDA laboratory analysis confirmed that Asset Extreme contains sibutramine.
FDAは消費者に対して、www.assetcapsules4u.comなどの多数のウェブサイトや小売店で、減量に効くと宣伝・販売されているAsset Extremeを買ったり、使ったりしないように助言している。FDAはAsset Extremeを検査し、シブトラミンが含まれていることを確認した。
image.jpg
なお、シブトラミンやフェノルフタレインを含まないビーポーレン(蜂花粉)の安全性や効果は誰も関知していない。
posted by Kumicit at 2014/07/19 10:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/07/10

エジプトとパキスタンのだうじんぐマシン 2014/06


エジプト軍のAIDS及びC型肝炎検出治療器



2014年2月にエジプト軍がAIDS検出治療器及びC型肝炎検出治療器だと称して"だうじんぐマシン"を登場させ、国内外から批判を浴びつつも撤退せず、実問題化しはじめていた。

これらの"だうじんぐマシン"はその後、いまだ実用にはなっておらず、患者に使うのは延期となっている。
A pseudo-medical device which Egypt's military had previously claimed, in the face of widespread ridicule, would cure both Aids and hepatitis C, has been delayed for "further tests" after it was slated to be made available to patients yesterday.

Serious concerns remain about the military's continued backing for a second device, meant to detect the diseases and apparently based around the same novelty golfball detector which was used as the basis for a fraudulent bomb detector.

以前エジプト軍が自信をもってAIDSとC型肝炎を治療できると主張し、広く笑いものになったニセ医療装置は、さらなる検証のため、患者に適用は遅れると昨日(2014/06/30)発表された。

詐欺な爆弾検出器の基礎として使われているノベルティゴルフボール検出器と同様の原理に基づくと見られる、病気を検出できると称する2つ目のマシンを軍が支持し続けていることに関して、重大な懸念が残っている。

[Egypt's military delays device that 'cures' Aids amid ridicule (2014/07/01) on NZ Herald]
本当に病院で使われるよりは、だらだらと先延ばしされて、フェードアウトしてくれる方がずっと良いのだが...

このような怪しい"だうじんぐマシン"をエジプト軍が支持する理由は不明だが、背景にはエジプト人の1/10がC型肝炎感染者であるという数の問題があるかもしれない。一発逆転の低コスト高効率対策によろめきたくなる状況ではある。


パキスタンのカラチ空港でも"だうじんぐマシン"が使われている



カラチ空港でのテロに絡んで、カラチ空港警備に"だうじんぐマシン"が使われているとの報道があった。
The initial assault at Jinnah international airport in Pakistan's southern port city began late on Sunday and raged until dawn, when the military said that at least 24 people – including all 10 attackers – had been killed....

Security measures at the airport have been criticised in the past. The outer perimeter of the building is guarded by security forces armed with dowsing rods similar to the fake bomb detectors sold around the world by British conman Jim McCormick, jailed for fraud last year.

カラチ空港のセキュリティ対策は過去にも批判されてきた。建物の外周は、昨年に詐欺で有罪になり投獄された英国のJim McCormickによって世界中に販売された、いんちき爆発物検知器と同様のダウジングロッドを装備した治安部隊によって警備されている。

[Jon Boone: "Karachi airport: Pakistani Taliban claim responsibility for attack" (2014/06/09) on Guardian]
機種についての記載はないので、GT200なのかHEDD1なのか、それとも別かは不明である。


関連エントリ




posted by Kumicit at 2014/07/10 07:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。