2014/08/20

"Ebola is real"

2014年8月17日に襲撃されたリベリアのエボラ隔離施設は、内戦の難民が流れ込んだ首都モンロビィアのスラム"ウェストポイント"にある。そのことが象徴するよに、現在エボラがアウトブレイクしているギニア・リベリア・シエラレオネは、内戦や政治腐敗により、国民は政府を信用していない。人々はエボラの実在を否定し、犠牲者が増えてきてもなお、強固にエボラの存在を否定する者もいる。

リベリアのジャーナリストWade Williamsは...
“In the first outbreak, people didn’t really understand what Ebola is,” says Wade Williams, an award-winning Liberian journalist. “The Ministry of Health came out and said they needed a million dollars to fight it, which made people say [the ministry] only wanted money.”

「アウトブレイクが始まったとき、人々はエボラが何なのか理解していなかった。保健省が登場して、戦うのに数百万ドル必要だと言ったとき、人々はお金がほしいだけなのだと言った。」

“People are beginning to know that the disease is here, and they’re getting paranoid,” Williams says.

「エボラが実際にここにあるのだと知り始めると、人々は偏執的になってきた」

[Ashoka Mukpo: "Why Don't West Africans Believe Ebola Is Real?" (2014/07/04) on VICE New]
また、僻地などにもよく出かけるリベリアの人権運動家Daniel Krakueは...
“People's thinking is that the whole situation is being made up by the government to get money from the international community,” says Daniel Krakue, a Liberian community rights advocate who frequently travels to remote parts of the country. “There is a whole lot of skepticism about the central government in rural areas, especially in terms of providing health services.”

「この状況は国際社会から銭を手に入れるために政府がでっちあげたものだというのが、人々の考えだ。特に医療サービス提供に関して、地方には中央政府への懐疑が満ちている。」



[Ashoka Mukpo: "Why Don't West Africans Believe Ebola Is Real?" (2014/07/04) on VICE New]


もちろん、ギニア・リベリア・シエラレオネには呪などのウィッチクラフトや伝統的治療師という古い世界があり、それもまたエボラ感染拡大を招いている。やはり、大きいのは政府への不信。政府の広報が「Ebola is real」であることが、それを象徴している。
EbolaIsReal_Liberia.jpg
[Ahmed Jallanzo, EPA on [USA Today (2014/07/27)]

posted by Kumicit at 2014/08/20 08:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/08/19

襲撃されたエボラ隔離施設のあるウェストポイントという場所

昨日取り上げた、2014年8月17日に起きたリベリアの首都モンロヴィアのエボラ隔離施設襲撃について:

BBCによれば、現地には矛盾する情報がある。そもそも、逃走した感染(が疑われる)者たちの行方について...
Mr Nyenswah said after the attack that 29 patients at the centre were being relocated and readmitted to an Ebola treatment centre located in the facility of the country's John F Kennedy Memorial Medical Center.

However, Jina Moore, a journalist for Buzzfeed who is in Monrovia, told the BBC that 10 people had been freed by their relatives on Friday night and 17 had escaped during the looting the next day.

Rebecca Wesseh, who witnessed the attack, told the AFP news agency: "They broke down the door and looted the place. The patients have all gone.

保健省副大臣Tolbert Nyenswahは、「襲撃後29名は、国内のJohn F Kennedy Memorial Medical Centerに設置されたエボラ治療センターに移され、再入院した」と述べた。

しかし、モンロヴィア滞在中のBuzzfeedのジャーナリストJina MooreはBBCに「10人が家族によって金曜夜に連れ出され、17名が翌日の襲撃で逃走した」と述べた。

襲撃を目撃したrebecca WessehはAFPに「彼らは扉を壊して押し入った。患者は全員逃走した」と述べた。

["Ebola crisis: Confusion as patients vanish in Liberia" (2014/08/17 updated) on BBC]
エボラ感染(が疑われ)者たちを政府が身柄確保したのか否か不明状態。APの報道によれば、保健省副大臣は、何人が逃走したのかも、どうやって特定・身柄確保したのかも明らかにしなかった。
During the raid, as many as 30 suspected Ebola patients fled, but some have now been brought to another hospital, Assistant Health Minister Tolbert Nyenswah said late Sunday. It wasn't clear how many of those who fled had been tracked down or how authorities were identifying them.

None of those who fled had been confirmed with Ebola and the process of screening them is continuing, Mr. Nyenswah said.

[Ebola Virus: Liberian Authorities Start Re-Hospitalizing Patients Who Fled Clinic (2014/08/18) by The Associated Press]
どうも、保健省副大臣の発言は疑わしく、続報待ち状態。

この他、BBCによれば、襲撃の理由についても矛盾する主張がなされている。
Assistant Health Minister Tolbert Nyenswah said protesters had been unhappy that patients were being brought in from other parts of the capital.

Other reports suggested the protesters had believed Ebola was a hoax and wanted to force the quarantine centre to close

保健省副大臣Tolbert Nyenswahは「抵抗者たちは、患者が首都の他地区から、ここ(West Point)に運ばれてきたことが不満だった」と述べた。

別の報道では「抵抗者たちはエボラはホラであり、隔離センターの閉鎖を求めていた」と示唆している。

["Ebola crisis: Confusion as patients vanish in Liberia" (2014/08/17 updated) on BBC]
今のところ、「エボラは存在しない」と襲撃者たちは叫んでいたという報道が多く、この保健省副大臣の動機推定は疑わしい。たとえば...
“They said, ‘The president says you have Ebola, but you don’t have Ebola; you have malaria. Get up and go out!’” Jemimah Kargbo, who works at the clinic next door, told Buzzfeed.

診療所の隣で働いているJemimah KargboはBuzzfeedに「彼らは言っていた。『大統領は君らはエボラに感染していると言っている。しかし、君らはエボラに感染していない。マラリアだ。目を覚ませ! ここを出ろ!』」と語った。

[Terrence McCoy: "Why the escape of numerous Ebola patients in Liberia’s worst slum is so terrifying" (2014/08/18) on WashingtonPost]



West point, Monrovia



ところで、問題のWest pointはこのあたりにある:


Washington Postによれば、ウェストポイントはリベリア内戦のときに難民が流れ込んで、人口過剰のスラムとなった。
The slum of West Point, which health officials have considered quarantining, is populated by some of the poorest people in West Africa, most of whom have few resources or training to adequately treat or quarantine sick residents. Dominated by rusted shanties of corrugated iron, crime and drug abuse, analysts contend the overcrowded and densely populated peninsula could become another hot zone in the worst Ebola outbreak in history.

“It’s an informal community, a ‘slum,’ with no running water or toilets,” wrote Moore. “People can live seven or more to a single dwelling, and the density is dangerous: A positive Ebola patient disappearing into the maze of metal shacks can be a public health horror story.”

Residents agreed. “As I speak, the police station is deserted,” one resident named Moses Teah claimed in an interview with FrontPageAfrica. “There is no security now in West Point. I said to myself, ‘What a place.’ West Point people really shocked me yesterday.”

West Point’s population surged during Liberia’s civil war between 1989 and 2003, which killed a quarter-million people and displaced 1.3 million. Thousands fled fighting in the countryside and pushed into West Point, populating the community with refugees and child soldiers who grew into adulthood in the slum. It became one of the least hospitable places in the country.

“West point is the worst slum in Liberia,” commented Vice Media journalist Shane Smith in a documentary he did on Liberia. “Which makes it one of the worst slums in Africa, which makes it one of the worst slums in the world.”

保健省当局者たちが検疫隔離を検討した、ウェストポイントのスラムには、西アフリカでも最も貧しい人々が住んでおり、その大半は病人を治療したり隔離したりするに足る資材もなければ、訓練も受けていない。錆びたトタン屋根の小屋ばかりで、犯罪と薬物乱用に満ちていて、アナリストたちは、過密状態のこの半島は、史上最悪のエボラアウトブレイクにおける、新たなホットゾーンとなる可能性があると、強く主張している。

Getty ImageのJohn Mooreは「そこは非公式コミュニティ、すなわちスラムであり、流水もトイレもない。人々は一軒の家に7人以上住んでいる。危険なほどの人口密度だ。エボラ陽性患者が、この迷路のような町にまぎれこんだら、公衆衛生上のホラーストーリになりうる」と述べた。

住人たちも同意する。FrontPageAfricaとのインタビューで、住人の一人Moses Teahは「言ったように、警察署には人がほとんどいない。ウェストポイントに安全はない。『なんて場所だ』と。ウェストポイントの人々には昨日、本当に衝撃を受けた」と述べた。

25万人が死亡し、130万人が難民になった1989年から2003年のリベリアの内戦のときに、ウェストポイントの人口は増大した。幾千の人々が田園地帯での戦闘を逃れて、ウェストポイントに押し込まれた。ここには難民やスラムで成長した少年兵たちが住んでいる。ウェストポイントは国内でも最低の居住地のひとつになった。

リベリアで撮ったドキュメンタリーで、Vice MediaのジャーナリストShane Smithは「ウェストポイントはリベリア最悪のスラムだ。アフリカ最悪のスラムのひとつであり、世界最悪のスラムのひとつだ」と述べている。

[Terrence McCoy: "Why the escape of numerous Ebola patients in Liberia’s worst slum is so terrifying" (2014/08/18) on WashingtonPost]
内戦の被害者たちが、今度はエボラの被害にあいかねない状態になっている。そして、リベリア政府には今のところ、ウェストポイントの貧しい人々を気遣う余裕はなさそう。
posted by Kumicit at 2014/08/19 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/08/18

リベリアのエボラ隔離施設が襲撃され、感染が疑われる20〜29人が逃走し、血まみれベッドが略奪された

2014年8月17日に、リベリアの首都モンロヴィアのエボラ隔離施設が武装した集団に襲われ、少なくとも20名、最大29名の感染が疑われる人々が逃走した。CBSNewsによれば...
Local witnesses told Agence France Presse that there were armed men among the group that attacked the clinic. As many as 29 potentially Ebola-infected patients fled, the news agency reported.

目撃者がAgence France Presseに語ったところによれば、武装した集団が診療施設を襲った。エボラに感染している可能性のある患者が最大29名逃走したと地元報道機関が報道している。

"They broke down the doors and looted the place. The patients all fled," said Rebecca Wesseh, who witnessed the attack and whose report was confirmed by residents and the head of Health Workers Association of Liberian, George Williams.

「男たちはドアを壊して、略奪しました。患者はみんな逃げました」と襲撃を目撃したRebecca Wessehは述べた。これは周辺住民及び、Health Workers Association of Liberian代表George Williamsによって確認された。

The attack comes just one day after a report of a crowd of several hundred local residents, chanting, 'No Ebola in West Point,' drove away a burial team and their police escort that had come to collect the bodies of suspected Ebola victims in a slum in the capital, Reuters reports. The mob then forced open an Ebola isolation ward and took several patients out, many saying that the Ebola epidemic is a hoax.

この襲撃は「『エボラはWest Point(Monroviaの地区名)にはエボラは存在しない』と叫ぶ数百名の地元の群集が、首都のスラムでエボラ感染が疑われる死体を収集しに来た埋葬チーム及び護衛警官隊を追い出した」というReutersの報道があった翌日に起きた。群集はエボラ隔離施設に押入り、患者を連れ出した。多くがエボラ流行はホラだと言っていた。

[Report: Armed men attack Liberia Ebola clinic, freeing patients (2014/08/17) on CBS News]
また、BBCなどの報道によれば、警官隊は威嚇射撃を行ったが、群集を解散させられなかった。さらに、「Officials said blood-stained bedding looted from the centre posed a serious infection risk (当局者によれば、センターから略奪された血まみれのベッドは深刻な感染リスクである)」

同様な事件は今月に入って、ギニアでも起きている。ギニア南部の町Macentaで、国境なき医師団がエボラをギニアに持ち込んだと主張する群集が医療センターを襲っている。
A crowd of people angry about an Ebola outbreak that has killed 86 people across Guinea attacked a centre where people were being held in isolation, prompting an international aid group to evacuate its team, officials said Saturday.

The violence took place in the southern town of Macenta, where at least 14 people have died since the outbreak emerged last month. The mob of people who descended upon the clinic accused Doctors Without Borders health workers of bringing Ebola to Guinea, where there had never previously been any cases.

ギニアで86名を死なせているエボラアウトブレイクに怒った群集が、感染者を隔離しているセンターを襲い、国際援助団体がチームを退避させたと、当局者が土曜日(2014/08/02)に述べた。

暴動は、アウトブレイクが先月(2014/07)に始まってから14名が死亡している、南部の町Macentaで起きた。群集は国境なき医師団の医療関係者がエボラを、これまでエボラアウトブレイクの起きたことのないギニアに持ち込んだと非難して、医療センターに押しかけた。

[Ebola clinic in Guinea evacuated after attack (2014/08/05) by The Associated Press]
また、2014年7月時点で、ギニアには保安上の理由で立ち入れない村落が20あり、12は感染者が居住していると推定されている。
This month, Doctors Without Borders classified 12 villages in Guinea as “red,” meaning they might harbor Ebola but were inaccessible for safety reasons.

今月(2014/07)、国境なき医師団はギニアの12村落を"red"すなわち、エボラ感染者が居住しているが、保安上の理由で近づけない場所に分類している。

[NY Times 2014/07/28 via CBS News]

There are 20 villages in southern Guinea where Doctors Without Borders, the main humanitarian agency fighting the crisis, can no longer go because of deep hostility toward healthcare workers.

医療関係者に対して非常に敵対的であるため、危機と戦う人道的組織である国境なき医師団が立ち入れない村落が、ギニア南部に20ある。

[LA Times 2014/07/03 via CBS News]
赤十字や人類学者などが現地にアプローチしているものの、なかなか強固に敵対している人々には対処できていないようである。
posted by Kumicit at 2014/08/18 00:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/08/17

エボラを治療できると主張するサプリ業者がナイジェリア政府にアプローチしているもよう

具体的な商品を捕捉したわけではないが、毎度のことなので、FDAはエボラの予防・治癒・治療できると称する詐欺商品について警告を出している。また、WHOも同様の警告を出して「All rumours of any other effective products or practices are false. Their use can be dangerous. (これ以外に有効な製品や治療法があるという噂はすべて誤りである。その使用には危険性がある)」と呼びかけている。

そんな中で、米国のサプリ業者"Natural Solutions Foundation"がナイジェリアに売り込みをかけているもよう。
Nigeria’s health minister was widely reported on Thursday to have endorsed an American nutritional supplement, one that the W.H.O. said was an example of the sort of “false rumors of effective products” it was trying to quell.

Earlier this week, a W.H.O. expert panel ruled it ethical to try some experimental drugs to fight this outbreak; some supplement makers have implied that ruling constituted permission for use of their products, though a top W.H.O. official emphasized that it did not.

木曜日(2014/08/14)に、ナイジェリア保健相が、WHOが「効果のある製品だという誤った噂」の類の例として挙げた、米国の栄養サプリメントを推奨したと広く報道された。

今週初め、WHOの専門家委員会はエボラアウトブレイクと戦うために、いくつかの実験医薬品を試すことは倫理的であるとの判断をくだした。いくつかのサプリメント製造業者は、この判断は自分たちの製品の利用許可を意味するとしたが、WHOのトップはそれを強く否定している。

While discussing the shipment to Liberia of an experimental drug the panel did endorse, ZMapp, Nigeria’s health minister, Onyebuchi Chukwu, said an unidentified Nigerian scientist living overseas had arranged for Nigeria to get a different experimental medicine, according to Nigerian news outlets. They identified it as NanoSilver, a supplement offered by the Natural Solutions Foundation, which said that it contains microscopic silver particles, although, as a food supplement, it is not tested by regulatory agencies. Silver kills some microbes on surfaces and in wounds, but it can be toxic and is not F.D.A.-approved for systemic use against viruses. ... NanoSilver is for sale on the foundation’s website alongside hemp oil, ear candles, chocolate and “mental clarity packs.”


専門家委員会が推奨した実験医薬品ZMappのリベリアへの出荷が論じられているときに、ナイジェリアの報道によれば、ナイジェリア保健相Onyebuchi Chukwuは、海外に住むナイジェリア人科学者(名前は明示されていない)が、別の実験医薬品をアレンジしたと述べた。それは、Natural Solutions Foundationが提案したサプリメントNanoSilver(ナノ銀)であると特定された。これは、微小な銀粒子が含まれていると言われていて、ダイエットサプリであり、規制当局によって検査されていない。銀は表面でいくつかの微生物を殺すが、それ自体は有害であり、ウィルスに対して系統的に利用することをFDAは認証していない。... NanoSilverは、麻実油や耳キャンドルやチョコと一緒にNatural Solutions Foundationのサイトで販売されている。

Recently, the foundation’s medical director, Dr. Rima E. Laibow, posted an “open letter to heads of Ebola-impacted states,” dated July 29, claiming that NanoSilver cured Ebola. She also claimed to have addressed 47 African health ministers at a 2007 conference and to be in touch with “West African governments and their advisers.”

Dr. Laibow could not be reached for comment. On Friday afternoon, after The New York Times emailed her a series of questions, two of her websites briefly became unavailable, then reappeared with headlines saying they were “under attack” and directing readers to other sites selling a different product, Silver Solution.

最近、Natural Solutions Foundationの医療部長Dr. Rima E. Laibowは2014年7月29日付の「エボラ感染国家への公開書簡」で、NanoSilverはエボラを治癒できると主張している。彼女は、2007年の会議でアフリカ47か国の保健相と会話し、西アフリカ諸国政府及び顧問と連絡が取れていると主張した。

NY TimesはDr. Rima E. Laibowのコメントをとれなかった。金曜午後(2014/08/15)、NY Timesが彼女に一連の質問メールを出した後で、彼女のウェブサイトのうち2つが一時的にアクセスできなくなり、復活後、「このサイトは攻撃を受けている」と書かれ、読者を別のサイト"Silver Solution"へ誘導する記載が出現した。

[DONALD G. McNEIL Jr.:"Agencies Issue Warnings Over Bogus Ebola Cures" (2014/08/16) on NY Times]
同様なことは南アフリカのHIVでも起きている。今回は、米国当局が早期に粉砕してくれるとよいのだが。

posted by Kumicit at 2014/08/17 22:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メモ 1980年代の米国とカナダの「全面核戦争 or 共産主義者の支配下」

核戦争についての1956〜1987年の米国の世論調査は、米国人が核戦争に決して楽観的でなかったことを示している。それでも米国人は、共産主義者の支配下で生きるよりも、全面核戦争を選好した。

一方、隣国カナダ(Ottawa Citizen - Mar 22, 1984)では...
-全面核戦争共産主義者の支配下で生きるわからない/未定
米国(1987)72%19%9%
カナダ(1984)32%34%34%
カナダ(1982)40%25%34%
カナダ(1962)65%11%24%

自国が戦略核ミサイルをぶっ放すわけではないせいか、かなり弱気である。

特に1982年と1984年の間で、急激に弱気になっている。この時期には、1983年の米国ABCの"The day after"が放映されている。当時の印象的な映像であるBBCのThreadsはこの世論調査のあと、チェルノブイリ原発事故もまだ起きていない。これだけ変化させる冷戦状況の変化は何かあったかな?
posted by Kumicit at 2014/08/17 14:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。