2014/08/16

エボラ感染者数の一週間単位の増加

WHOエボラ集計(2014/08/09時点)の感染者数は以下のように推移している。
Ebola_20140815g.JPG
この数字は実態を過少評価しているとWHOのリリースにはあるが、把握分として見ておく。
Elsewhere, the outbreak is expected to continue for some time. WHO’s operational response plan extends over the next several months. Staff at the outbreak sites see evidence that the numbers of reported cases and deaths vastly underestimate the magnitude of the outbreak.

[WHO Ebola News 2014/08/14]
シエラレオネとリベリアの感染者数はほぼ同じだが、明らかにリベリアが急増に見える。このような状況を、国境なき医師団PresidentのJoanne Liuは「常に動き続ける最前線」と評している。
MSF President Joanne Liu, speaking after a 10-day trip to West Africa, compared the current Ebola outbreak to a "wartime" situation. "It's like a front line, it's moving, it's advancing, but we have no clue as to how it is going to go around."
...
MSF's Liu said the "emergency within the emergency" of the current outbreak was the heavy toll inflicted on health workers. ... What we face today ... is that people don't have access to basic health care. So more today are dying of malaria than are dying of Ebola," Liu said.


[STEPHANIE NEBEHAY AND UMARU FOFANA: "Ebola-hit states plead for more help, WHO rebuked for slow response" (2014/08/15) by Reuters]


で、WHOが把握している感染者数の増加を、一週間単位に振り分けてみる(WHOの発表間隔は不定なので)。
Ebola_20140815n.JPG
  • ギニアの状況は春から変わらず、だらだらと新たな感染者を出している。
  • シェラレオネでは7月まで新規神瀬者数が増大していたが、7月中旬以降は、週間100名程度で推移。
  • リベリアは7月下旬から急激に悪化。

エボラウィルスが特に大きな変化をしたわけではないのに、これまでのアウトブレイクの規模をあっさり上回って、感染拡大中なのは、ウガンダ2000年のエボラアウトブレイクと違って、これまで取り上げてきたように、ギニア・リベリア・シエラレオネでは、エボラ非実在論などの政府不信の陰謀論や死体に触れる伝統宗教の葬儀などによるもの。

もちろん、その状況はWHOなどは当初より把握して、2014年4月の時点で、「宗教指導者・部族指導者・伝統的治療師・地域指導者を巻き込むこと、特に伝統的治療師との対話が重要」だとして、対処を始めていた。赤十字も伝統的治療師の取り込みの成功事例を広報している

それはそれとして、感染拡大が止まらず、"Cordon sanitaire"(感染地域の検疫封鎖)をギニア・リベリア・シエラレオネは最初の感染地帯である国境地帯に対して行っている。
Plans for the new cordon were announced on Aug. 1 at an emergency meeting in Conakry, Guinea, of the Mano River Union, a regional association of Guinea, Sierra Leone and Liberia, the three countries hardest hit by Ebola, according to Agence France-Presse. The plan was to isolate a triangular area where the three countries meet, separated only by porous borders, and where 70 percent of the cases known at that time had been found.

[Dobald G. McNeil Jr.; "Using a Tactic Unseen in a Century, Countries Cordon Off Ebola-Racked Areas" (2014/08/12) on NY Times]
Cordon sanitaireは、封鎖地域内には飢餓が起きて、さらなる犠牲者を出すこともありうる。それでも、感染を制圧できるだろうが。
posted by Kumicit at 2014/08/16 08:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メモ ウガンダ2000年のエボラアウトブレイク

2000年のウガンダでのエボラアウトブレイクでは、ほぼ1地域に感染が限定された。
Table 2: Summary of Ebola cases and Contacts in Uganda by District

Affected DistrictsCases Detected Laboratory confirmed casesContacts identifiedDeathsCFR
Gulu393188560820351.7
Mbarara5456480
Masindi27241571763
Total425216582122452.7


[Containing Hemorrhagic Fever Epidemic, The Ebola Experience in Uganda (October 2000 – January 2001) (2002/03) by WHO]
これは、軍による地区レベルの検疫や封鎖などを行った結果ではない。
While in the Zairean outbreak it was impossible to follow contacts and movement of people in between villages had to be stopped by employing soldiers, in Uganda there was no quarantine instituted and emphasis was on isolation of cases and close monitoring of contacts. The role of the media was greatly recognized than in previous outbreaks and helped to minimize rumors.

ザイールのアウトブレイクでは、接触者の追跡は不可能であり、軍隊を使って村の間の移動を止めなければならなかった。ウガンダでは、検疫は行われず、感染者の隔離と接触者のモニタリングが強調された。メディアの役割はこれまでのアウトブレイクよりも重要になり、噂の拡散抑制に寄与した。

[Containing Hemorrhagic Fever Epidemic, The Ebola Experience in Uganda (October 2000 – January 2001) (2002/03) by WHO]
また、コミュニティもうなく機能していたようである。
Control interventions were very successful in containing the epidemic. The community structures used to contain the epidemic have continued to perform well after containment of the outbreak and have proved useful in the identification of other outbreaks as well.

コントロール介入は感染封じ込めに成功した。感染封じ込めのために使われたコミュニティ構造は、アウトブレイク封じ込め後も活動を続け、次のアウトブレイクの特定についても有効であることが示された。

[Containing Hemorrhagic Fever Epidemic, The Ebola Experience in Uganda (October 2000 – January 2001) (2002/03) by WHO]
そして、このとき課題として挙げられていたのは...
Challenges to control efforts included in-adequate and poor quality of protective materials, especially at the beginning of the outbreak, nosocomial transmission of EHF. The quality of protective materials especially masks and goggles, in future outbreaks, needs to be taken into consideration. Other challenges to the outbreak control included deaths of health workers, numerous rumors and rejection of the convalescent cases by community members.

エボラコントロールの課題には、特にアウトブレイクの始まりでは、不適切かつ貧弱な品質の防護装備、エボラ出血熱の院内感染がある。今後のアウトブレイクでは、特にマスクとゴーグルなどの防護装備の品質を考慮する必要がある。ほかの課題には、医療関係者の死亡や多くの噂や、回復期の患者の受け入れをコミュニティのメンバーが拒否するといったことがある。

[Containing Hemorrhagic Fever Epidemic, The Ebola Experience in Uganda (October 2000 – January 2001) (2002/03) by WHO]
今回のギニア・シエラレオネ・リベリアのアウトブレイクでは、ザイールと同様に接触者の追跡がうまくいかず、軍による地域レベルの検疫・封鎖が行われている。そして、エボラ非実在論や陰謀論が事実を圧倒していて、噂拡散抑制どころではない。
posted by Kumicit at 2014/08/16 01:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。