2014/08/19

襲撃されたエボラ隔離施設のあるウェストポイントという場所

昨日取り上げた、2014年8月17日に起きたリベリアの首都モンロヴィアのエボラ隔離施設襲撃について:

BBCによれば、現地には矛盾する情報がある。そもそも、逃走した感染(が疑われる)者たちの行方について...
Mr Nyenswah said after the attack that 29 patients at the centre were being relocated and readmitted to an Ebola treatment centre located in the facility of the country's John F Kennedy Memorial Medical Center.

However, Jina Moore, a journalist for Buzzfeed who is in Monrovia, told the BBC that 10 people had been freed by their relatives on Friday night and 17 had escaped during the looting the next day.

Rebecca Wesseh, who witnessed the attack, told the AFP news agency: "They broke down the door and looted the place. The patients have all gone.

保健省副大臣Tolbert Nyenswahは、「襲撃後29名は、国内のJohn F Kennedy Memorial Medical Centerに設置されたエボラ治療センターに移され、再入院した」と述べた。

しかし、モンロヴィア滞在中のBuzzfeedのジャーナリストJina MooreはBBCに「10人が家族によって金曜夜に連れ出され、17名が翌日の襲撃で逃走した」と述べた。

襲撃を目撃したrebecca WessehはAFPに「彼らは扉を壊して押し入った。患者は全員逃走した」と述べた。

["Ebola crisis: Confusion as patients vanish in Liberia" (2014/08/17 updated) on BBC]
エボラ感染(が疑われ)者たちを政府が身柄確保したのか否か不明状態。APの報道によれば、保健省副大臣は、何人が逃走したのかも、どうやって特定・身柄確保したのかも明らかにしなかった。
During the raid, as many as 30 suspected Ebola patients fled, but some have now been brought to another hospital, Assistant Health Minister Tolbert Nyenswah said late Sunday. It wasn't clear how many of those who fled had been tracked down or how authorities were identifying them.

None of those who fled had been confirmed with Ebola and the process of screening them is continuing, Mr. Nyenswah said.

[Ebola Virus: Liberian Authorities Start Re-Hospitalizing Patients Who Fled Clinic (2014/08/18) by The Associated Press]
どうも、保健省副大臣の発言は疑わしく、続報待ち状態。

この他、BBCによれば、襲撃の理由についても矛盾する主張がなされている。
Assistant Health Minister Tolbert Nyenswah said protesters had been unhappy that patients were being brought in from other parts of the capital.

Other reports suggested the protesters had believed Ebola was a hoax and wanted to force the quarantine centre to close

保健省副大臣Tolbert Nyenswahは「抵抗者たちは、患者が首都の他地区から、ここ(West Point)に運ばれてきたことが不満だった」と述べた。

別の報道では「抵抗者たちはエボラはホラであり、隔離センターの閉鎖を求めていた」と示唆している。

["Ebola crisis: Confusion as patients vanish in Liberia" (2014/08/17 updated) on BBC]
今のところ、「エボラは存在しない」と襲撃者たちは叫んでいたという報道が多く、この保健省副大臣の動機推定は疑わしい。たとえば...
“They said, ‘The president says you have Ebola, but you don’t have Ebola; you have malaria. Get up and go out!’” Jemimah Kargbo, who works at the clinic next door, told Buzzfeed.

診療所の隣で働いているJemimah KargboはBuzzfeedに「彼らは言っていた。『大統領は君らはエボラに感染していると言っている。しかし、君らはエボラに感染していない。マラリアだ。目を覚ませ! ここを出ろ!』」と語った。

[Terrence McCoy: "Why the escape of numerous Ebola patients in Liberia’s worst slum is so terrifying" (2014/08/18) on WashingtonPost]



West point, Monrovia



ところで、問題のWest pointはこのあたりにある:


Washington Postによれば、ウェストポイントはリベリア内戦のときに難民が流れ込んで、人口過剰のスラムとなった。
The slum of West Point, which health officials have considered quarantining, is populated by some of the poorest people in West Africa, most of whom have few resources or training to adequately treat or quarantine sick residents. Dominated by rusted shanties of corrugated iron, crime and drug abuse, analysts contend the overcrowded and densely populated peninsula could become another hot zone in the worst Ebola outbreak in history.

“It’s an informal community, a ‘slum,’ with no running water or toilets,” wrote Moore. “People can live seven or more to a single dwelling, and the density is dangerous: A positive Ebola patient disappearing into the maze of metal shacks can be a public health horror story.”

Residents agreed. “As I speak, the police station is deserted,” one resident named Moses Teah claimed in an interview with FrontPageAfrica. “There is no security now in West Point. I said to myself, ‘What a place.’ West Point people really shocked me yesterday.”

West Point’s population surged during Liberia’s civil war between 1989 and 2003, which killed a quarter-million people and displaced 1.3 million. Thousands fled fighting in the countryside and pushed into West Point, populating the community with refugees and child soldiers who grew into adulthood in the slum. It became one of the least hospitable places in the country.

“West point is the worst slum in Liberia,” commented Vice Media journalist Shane Smith in a documentary he did on Liberia. “Which makes it one of the worst slums in Africa, which makes it one of the worst slums in the world.”

保健省当局者たちが検疫隔離を検討した、ウェストポイントのスラムには、西アフリカでも最も貧しい人々が住んでおり、その大半は病人を治療したり隔離したりするに足る資材もなければ、訓練も受けていない。錆びたトタン屋根の小屋ばかりで、犯罪と薬物乱用に満ちていて、アナリストたちは、過密状態のこの半島は、史上最悪のエボラアウトブレイクにおける、新たなホットゾーンとなる可能性があると、強く主張している。

Getty ImageのJohn Mooreは「そこは非公式コミュニティ、すなわちスラムであり、流水もトイレもない。人々は一軒の家に7人以上住んでいる。危険なほどの人口密度だ。エボラ陽性患者が、この迷路のような町にまぎれこんだら、公衆衛生上のホラーストーリになりうる」と述べた。

住人たちも同意する。FrontPageAfricaとのインタビューで、住人の一人Moses Teahは「言ったように、警察署には人がほとんどいない。ウェストポイントに安全はない。『なんて場所だ』と。ウェストポイントの人々には昨日、本当に衝撃を受けた」と述べた。

25万人が死亡し、130万人が難民になった1989年から2003年のリベリアの内戦のときに、ウェストポイントの人口は増大した。幾千の人々が田園地帯での戦闘を逃れて、ウェストポイントに押し込まれた。ここには難民やスラムで成長した少年兵たちが住んでいる。ウェストポイントは国内でも最低の居住地のひとつになった。

リベリアで撮ったドキュメンタリーで、Vice MediaのジャーナリストShane Smithは「ウェストポイントはリベリア最悪のスラムだ。アフリカ最悪のスラムのひとつであり、世界最悪のスラムのひとつだ」と述べている。

[Terrence McCoy: "Why the escape of numerous Ebola patients in Liberia’s worst slum is so terrifying" (2014/08/18) on WashingtonPost]
内戦の被害者たちが、今度はエボラの被害にあいかねない状態になっている。そして、リベリア政府には今のところ、ウェストポイントの貧しい人々を気遣う余裕はなさそう。
posted by Kumicit at 2014/08/19 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。