2014/08/28

メモ「ギニアのエボラアウトブレイクの発端患者は追跡不能」

ギニア・シエラレオネ・リベリアのエボラアウトブレイクの始まりは2013年12月...
Back in early December, a little boy in southern Guinea caught a mysterious disease. He had a fever, was vomiting and had blood in his stool.

The boy died a few days later. Before he did, he passed the disease to his 3-year-old sister, his mother, his grandmother and a midwife. The latter was eventually hospitalized in Gueckedou, a nearby city of 200,000 people.

By March, the disease spread to four cities. And international health officials realized they had an Ebola outbreak on their hands.

昨年12月頃、ギニア南部で幼い少年(2歳)が謎の病気になった。熱が出て、嘔吐して、便に血が出ていた。少年は数日後に死亡した。死亡前に、3歳の姉と母と祖母と助産師に感染した。助産師が近くの20万人の都市Gueckedouの病院に入院した。3月までに、4都市に感染が拡大し、WHOはエボラのアウトブレイクが起きていることを知った。

[MICHAELEEN DOUCLEFF: "Could A 2-Year-Old Boy Be 'Patient Zero' For The Ebola Outbreak?" (2014/08/25) on NPR]
2014年3月23日にはWHOのリリースが出て、4月16日付で、ここまでの追跡結果が論文発表されている。しかし、この2歳の少年は発端患者ではなく、それより前の感染者は不明だという。現地から米国に戻ったばかりのCDCの感染症専門医のPierre Rollinによれば...
Rollin thinks these two kids were likely early cases of the outbreak but not the first cases. "Lots of people are talking about patient zero," Rollin says. "It's not patient zero. It's [that] the chain stopped there [at the boy] because we cannot find anybody else or nobody can remember anything."

Rollin医師はこれら2人の子供たちがアウトブレイクの初期の症例であるが、最初の症例ではないと考えている。「多くの人々がこの少年Patient-zeroについて話しているが、それはpatient-zeroではない。これ以上を記憶している人がいないので、この少年で感染連鎖の追跡がとまっただけである。」

To find the origin of the outbreak, a team with Doctors Without Borders went to Gueckedou and interviewed people whose relatives had died of what looked like Ebola. "So it was a virtual chain," Rollin says. None of the cases were confirmed in the lab. And by the time researchers reached people, many had a hard time remembering what had happened months ago.

アウトブレイクの始まりを求めて、国境なき医師団がGueckedouに行って、エボラと思われる死者の関係者に聞き取り調査を行った。「これらは仮想感染経路である。いずれもラボで確認された症例ではない。調査者たちがこれらの人々にあった時点では、数か月が経過していて、誰も何が起きたかとても覚えていられなかった。」

[MICHAELEEN DOUCLEFF: "Could A 2-Year-Old Boy Be 'Patient Zero' For The Ebola Outbreak?" (2014/08/25) on NPR]

posted by Kumicit at 2014/08/28 08:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コンゴ民主共和国の7回目のエボラアウトブレイクの発端患者

コンゴ民主共和国(人口7743万人, GDP $400/人)(DR Congo, 旧ザイール)でのアウトブレイクは、WHOの発表によれば、最初に野生動物から感染した人が死亡したのは2014年8月11日で、接触者80名がフォローアップされている。
The index case was a pregnant woman from Ikanamongo Village who butchered a bush animal that had been killed and given to her by her husband. She became ill with symptoms of EVD and reported to a private clinic in Isaka Village. On 11 August 2014, she died of a then-unidentified haemorrhagic fever. Local customs and rituals associated with death meant that several health-care workers were exposed and presented with similar symptoms in the following week.

Between 28 July and 18 August 2014, a total of 24 suspected cases of haemorrhagic fever, including 13 deaths, have been identified. Human-to-human transmission has been established and includes the health-care personnel who were exposed to the deceased pregnant woman during surgery (one doctor and two nurses) in addition to the hygienist and a ward boy, all of whom developed symptoms and died. Other deaths have been recorded among the relatives who attended the index case, individuals who were in contact with the clinic staff, and those who handled the bodies of the deceased during funerals. The other 11 cases are currently being treated in isolation centres.

Samples have been sent to laboratories in Kinshasa and in Gabon for confirmation of EVD and to identify the strain. The index case and the 80 contacts have no history of travel to the EVD-affected countries in West Africa (Guinea, Liberia, Nigeria, or Sierra Leone) or history of contact with individuals from the affected areas. At this time, it is believed that the outbreak in DRC is unrelated to the ongoing outbreak in west Africa.


発端患者はIkanamongo村の妊娠女性で、彼女は夫から仕留めた野生動物を渡されて、解体した。彼女はエボラの症状の病気となり、Isaka村の開業医に報告された。2014年8月11日に、彼女は病名不特定の出血熱で死亡した。死亡に伴う地域の収監と儀式により、数名の医療関係者が接触し、その後の数週間で同様の症状を呈した。

2014年7月28日〜8月18日に、13人の死亡を含む出血熱の可能性のある24症例のが特定されている。人間の間での感染が起きていて、手術でこの病気の妊娠女性と接触した医療関係者(医師1と看護師2)と、衛生士1名と病棟の少年1名が感染し、全員に症状が出て、死亡した。発端患者の葬儀に出席した親戚、診療所のスタッフと接触した人々、葬儀で死体に触れた人々の間にも死者が記録されている。その他、11人の症例について隔離センターで検査中である。

エボラの確認及び株特定のために、サンプルがキンシャサとガボンのラボに送られた。発端患者及び80名の接触者には、アフリカ西部のエボラ感染諸国ギニア・シエラレオネ・リベリア・ナイジェリアへの渡航歴及び、それらの国々から来た人々との接触歴はない。現時点で、コンゴ民主共和国のアウトブレイクは、アフリカ西部で進行中のアウトブレイクとは無関係だと考えられる。

[WHO 2014/08/27]
既に死者13名となっているが、首都キンシャサから遠い国境地帯の村であり、地域レベル隔離封鎖も始められており、現時点で、さらなる感染拡大の報告はない。

Isaka_Kinshasa.PNG
posted by Kumicit at 2014/08/28 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。