2014/08/30

エボラアウトブレイク中のリベリアが首都のスラムの封鎖隔離を解除

リベリア政府は首都モンロヴィアの半島地形なスラムWest Pointの封鎖隔離を解除した。
MONROVIA, Liberia − Liberia’s government announced Friday night that it would lift an Ebola quarantine on a large slum here in the capital, 10 days after attempts to cordon off the neighborhood from the rest of the city sparked deadly clashes and fueled doubts about President Ellen Johnson Sirleaf’s ability to handle the outbreak.

Residents of the neighborhood, West Point, will be free to move in and out starting Saturday at 6 a.m., said Lewis Brown, the minister of information. The army, which had pressed for the quarantine and took the lead in enforcing it in the first two days, will be removed from West Point, leaving only the police, Mr. Brown said.

A nationwide curfew, from 9 p.m. to 6 a.m., will remain in place, he said.

リベリア政府は2014年8月29日夜に、首都の大規模スラムに対するエボラ封鎖隔離を解除すると発表した。この封鎖隔離は10日前に首都のその他の地域から切り離し、死者を出す衝突を起こし、Ellen Johnson Sirleaf大統領のアウトブレイク対処能力に疑問を抱かせていた。

「West pointの住人は2014年8月30日6:00以降は自由に出入りできる。封鎖隔離を実行し、当初2日間は事態を主導していた軍は撤退し、警察だけを残すことになる。全国の21:00-06:00の夜間外出禁止令は継続する」と、Lewis Brown情報相は述べた。

[NORIMITSU ONISHIAUG: "Quarantine for Ebola Lifted in Liberia Slum" (2014/08/24) on NY Times]
大規模な犠牲者を積み上げる前に、大統領は撤回した。

そもそも、この封鎖隔離は専門家たちの助言を拒否して、強行されたものだった。
Ms. Johnson Sirleaf ordered the quarantine on Aug. 20, rejecting the advice of international Ebola experts and her own health officials who argued that such a large-scale quarantine, especially one led by the military, would be unmanageable and could exacerbate the spread of the disease. The quarantine immediately led to running battles between residents and the security forces; Shakie Kamara, a 15-year-old boy caught in the violence, died after suffering bullet wounds to both legs.

During the quarantine, many residents have sneaked out of West Point by paying bribes to soldiers and police officers. Prices of food and basic goods have doubled, causing living conditions in the slum to degrade further.


「そのような大規模な封鎖隔離、特に軍によるものは、管理不能であり、感染拡大を悪化させる」という国際的なエボラ専門家や政府保健当局者の助言を無視して、Ellen Johnson Sirleaf大統領は2014年8月20日に、封鎖隔離を命令した。封鎖隔離はただちに住民と治安部隊の戦いを招いた。この衝突に巻き込まれた15歳の少年Shakie Kameraは両脚に銃弾を受けて死亡した。

封鎖隔離されていた期間、住民は兵士や警官に賄賂を渡して、West Pointを抜け出していた。食料や必需品の価格は2倍になり、スラムの関克状況はさらに悪化していた。

[NORIMITSU ONISHIAUG: "Quarantine for Ebola Lifted in Liberia Slum" (2014/08/24) on NY Times]
実態は封鎖に失敗していて、人々は首都の他の地域へと労働や物資調達に出ていた。したがって、これ以上、封鎖隔離を継続しても、首都の他の地域への感染拡大を阻止できそうにない。

解除しても大差なく、続行しても、フィクションでよく見る「封鎖隔離地区内部での蔓延・流血の衝突」へ突き進むリスクがあるので、解除は順当なところのようである。
posted by Kumicit at 2014/08/30 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。