2014/09/19

エボラ生存者の血液闇取引の懸念

WHOがエボラ治療・予防の可能性のある方法として列挙しているもののなかに、エボラ生存者の血液利用がある。
Convalescent plasma

Studies suggest blood transfusions from EVD survivors might prevent or treat Ebola virus infection in others, but the results of the studies are still difficult to interpret. It is not known whether antibodies in the plasma of survivors are sufficient to treat or prevent the disease. More research is needed.

Safe if provided by well-managed blood banks. Risks are like those associated with the use of any blood products, such as the transmission of blood-borne pathogens that cause disease. There is a theoretical concern about antibody-dependent enhancement of EVD infection, which can increase infectivity in the cells.

Blood transfusion is culturally acceptable in West Africa. Potential donors are Ebola survivors, but the logistics of blood collection are an issue. Options to conduct studies in patients are being explored. The first batches of convalescent plasma might be available by the end of 2014.

回復期血清

複数の研究が「エボラ生存者から輸血が、エボラ感染の予防あるいは治療に効果がある可能性」を示唆している。しかし、研究結果の解釈は依然として容易ではない。生存者の血清中の抗体に十分な治療あるいは予防の効果があるのかは不明である。さらなる研究が必要。

適切に管理された血液バンクからの血漿であれば安全である。リスクには、他の血液製剤の利用に伴うものと同様に、血液媒介病原体などがある。細胞内で感染性を高める可能性のある、抗体依存のエボラ感染力の強化についての理論的懸念がある。

輸血は、西アフリカでは文化的に容認されている。潜在的なドナーはエボラ生存者であるが、血液の物流は課題である。患者の研究実施方法を探求中である。2014年末に回復期血漿の最初のロットが利用可能となるかもしれない。

[WHO: "BACKGROUND DOCUMENT POTENTIAL EBOLA THERAPIES AND VACCINES" (2014/09/03) via CNN]
当然のことながら、血液の闇取引が行われる懸念が生じる。これについて、WHOのMargaret Chan事務局長は...
Kate Kelland:

... there seems to be some kind of black market emerging in blood from survivors. I wondered whether you, Ms Chan, could comment on whether that is appropriate.

エボラ生存者の血液の闇市場のようなものが出現しているようである。これについてコメントできるか?

Margaret Chan:

... this is something we need to work very closely with the affected countries to stem out black market trading of convalescent serum for two reasons; because it is in the interest of individuals not to just get convalescent serum without properly done going through the proper standard and the proper testing because it is important that there may be other infectious vectors that we need to look at. So, we will certainly bring this matter to the attention of governments and work with them to stamp out any black market activity. The use of convalescent serum has to be done properly and in evidence-based mechanisms ...

二つの理由から回復期血清の闇取引を阻止するために、エボラ感染諸国と緊密に連携する必要がある。これは個人の利益の問題であるとともに、適切な基準と検査に基づいて血清を入手しないと、他の感染症を媒介する可能性があるからである。したがって、関連各国に対して本件を警告するとともに、闇市場活動の撲滅のために、連携してことにあたる。回復期血清の使用は、適切かつ証拠に基づく方法で行われる必要がある。

[WHO: "Press conference on support to Ebola affected countries" (2014/09/12) via CNN]
現時点で、具体的に血液の闇取引の存在が確認されているわけではないが、当然、考慮すべき問題である。たとえば、成人のHIV感染率はCIAによれば、ギニア 1.7%, シエラレオネ 1.5%, リベリア 0.9%, ナイジェリア 3.1%, コンゴ民主共和国 1.1%, セネガル 0.5%であり、無視できる小ささではない。また、コンゴ民主共和国に隣接するタンザニアには、アルビノを殺して入手した血液を使うウィッチドクターたちがが活動している。陰惨な事態も気にかけておく必要がある。
posted by Kumicit at 2014/09/19 04:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/09/17

シブトラミンやフェノールフタレインを含むダイエットサプリ4製品について、米国FDAが警告

米国FDAは、ラベルに記載のない禁止成分シブトラミンを含む2つのサプリについて、消費者に購入・使用しないように警告している。
The Food and Drug Administration (FDA) is advising consumers not to purchase or use Best Line Suplemento Alimenticio Capsules, a product promoted and sold for weight loss on various websites and in some retail stores.

FDA laboratory analysis confirmed that Best Line Suplemento Alimenticio Capsules contains sibutramine. Sibutramine is a controlled substance that was removed from the market in October 2010 for safety reasons. The product poses a threat to consumers because sibutramine is known to substantially increase blood pressure and/or pulse rate in some patients and may present a significant risk for patients with a history of coronary artery disease, congestive heart failure, arrhythmias, or stroke. These products may also interact, in life-threatening ways, with other medications a consumer may be taking.

FDAは消費者に対して、多くのウェブサイトや小売店で宣伝・販売されている体重減量を謳った製品Best Line Suplemento Alimenticio Capsulesを買ったり、使ったりしないように助言している。

FDAのラボ分析により、Best Line Suplemento Alimenticio Capsulesにはシブトラミンが含まれていることが確認された。シブトラミンは規制物質であり、安全上の理由で2010年に市場から排除された。シブトラミンは実際に、一部の服用者の血圧を上昇させ、心拍数を増大させることを知られており、冠状動脈不全や鬱血性心不全や不整脈や脳卒中の既往歴がある場合、重大なリスクとなるおそれがあることから、この製品は消費者に対して脅威となっている。また、消費者が別の医薬品を服用している場合、生命の危険となる相互作用を起こす可能性がある。

Alimenticio_BestLineSuplemento.png

[Public Notification: Best Line Suplemento Alimenticio Capsules Contains Hidden Drug Ingredient (2014/09/15) on FDA]


The Food and Drug Administration (FDA) is advising consumers not to purchase or use Mezo, a product promoted and sold for weight loss on various websites and in some retail stores.

FDA laboratory analysis confirmed that Mezo contains benzylsibutramine, a substance structurally similar to sibutramine. Sibutramine is a controlled substance that was removed from the market in October 2010 for safety reasons. Sibutramine is known to substantially increase blood pressure and/or pulse rate in some patients and may present a significant risk for patients with a history of coronary artery disease, congestive heart failure, arrhythmias, or stroke. This product may also interact, in life-threatening ways, with other medications a consumer may be taking.

FDAは消費者に対して、多くのウェブサイトや小売店で宣伝・販売されている体重減量を謳った製品MEZOを買ったり、使ったりしないように助言している。

FDAのラボ分析により、Best Line Suplemento Alimenticio Capsulesにはシブトラミンによく似たベンジルシブトラミンが含まれていることが確認された。シブトラミンは規制物質であり、安全上の理由で2010年に市場から排除された。シブトラミンは実際に、一部の服用者の血圧を上昇させ、心拍数を増大させることを知られており、冠状動脈不全や鬱血性心不全や不整脈や脳卒中の既往歴がある場合、重大なリスクとなるおそれがあることから、この製品は消費者に対して脅威となっている。また、消費者が別の医薬品を服用している場合、生命の危険となる相互作用を起こす可能性がある。

MEZO.jpg

[Public Notification: Mezo Contains Hidden Drug Ingredient (2014/09/15) on FDA]
危険性が指摘され、これを含むサプリがリコールとなっているDMAAだが、またもラベルに記載なく、配合しているサプリが見つかり、米国FDAは警告を出している。
The Food and Drug Administration (FDA) is advising consumers not to purchase or use LX1, a product promoted and sold for weight loss on various websites, including Dr. Skin Secretsdisclaimer icon, and possibly in some retail stores.

FDA laboratory analysis confirmed that LX1 contains undeclared DMAA, also known as 1,3-dimethylamylamine, methylhexanamine or geranium extract. Ingestion of DMAA can elevate blood pressure and could lead to cardiovascular problems, including heart attack, shortness of breath and tightening of the chest.

FDAは消費者に対して、Dr. Skin Secretsdisclaimer iconを含む多くのウェブサイトや、おそらく一部の小売店で宣伝・販売されている体重減量を謳った製品LX1を買ったり、使ったりしないように助言している。

FDAのラボ分析により、LX1には1,3-ジメチルアミルアミンあるいはメチルヘキサアミンあるいはゼラニウム抽出物としても知られるDMAAが、ラベルに記載なしに、含まれていることを確認した。DMAAの服用に降り、血圧が上昇する可能性があり、心臓発作や息切れや胸の締め付けなどの心循環系に問題を起こす可能性がある。

LX1.png

[Public Notification: LX1 Contains Hidden Drug Ingredient (2014/09/15) on FDA]
さらに、おなじみシブトラミンとフェノールフタレインとともに、ベンゾカインとジクロフェナクを含むサプリに対しても、警告が出ている。
The Food and Drug Administration (FDA) is advising consumers not to purchase or use Japan Hokkaido Slimming Weight Loss Pills, a product promoted and sold for weight loss on various websites and in some retail stores.

FDA laboratory analysis confirmed that Japan Hokkaido Slimming Weight Loss Pills contain sibutramine, benzocaine, phenolphthalein and diclofenac.

FDAは消費者に対して、多くのウェブサイトや小売店で宣伝・販売されている体重減量を謳った製品Japan Hokkaido Slimming Weight Loss Pillsを買ったり、使ったりしないように助言している。

FDAのラボ分析により、Japan Hokkaido Slimming Weight Loss Pillsにはシブトラミンがとベンゾカインとフェノールフタレインとジクロフェナクが含まれていることが確認された。

Sibutramine is a controlled substance that was removed from the market in October 2010 for safety reasons. The product poses a threat to consumers because sibutramine is known to substantially increase blood pressure and/or pulse rate in some patients and may present a significant risk for patients with a history of coronary artery disease, congestive heart failure, arrhythmias, or stroke. These products may also interact, in life-threatening ways, with other medications a consumer may be taking.

Benzocaine is a local anesthetic. It is the active ingredient in many over-the-counter (OTC) products used to relieve pain in the mouth and gums from a variety of conditions. Benzocaine use may cause methemoglobinemia, a rare, but serious and possibly fatal condition where the amount of oxygen that can be carried through the blood stream is greatly reduced.

Phenolphthalein is a chemical that is not an active ingredient in any approved drug in the United States. Studies have indicated that it presents a cancer-causing risk.

Diclofenac is a non-steroidal anti-inflammatory (NSAID) drug that can cause increased risk of cardiovascular events, such as heart attack and stroke. Diclofenac, like other NSAID drugs, can also lead to serious gastrointestinal (GI) adverse events, including bleeding, ulceration, and fatal perforation of the stomach and intestines.

シブトラミンは規制物質であり、安全上の理由で2010年に市場から排除された。シブトラミンは実際に、一部の服用者の血圧を上昇させ、心拍数を増大させることを知られており、冠状動脈不全や鬱血性心不全や不整脈や脳卒中の既往歴がある場合、重大なリスクとなるおそれがあることから、この製品は消費者に対して脅威となっている。また、消費者が別の医薬品を服用している場合、生命の危険となる相互作用を起こす可能性がある。

ベンゾカインは局所麻酔薬である。多様な症状での口内や歯茎の鎮痛のために使用される多くの店頭薬(OTC薬品)に使われている有効成分である。ベンゾカインを服用すると、まれであるが、重篤で、場合によっては致命的である、血流を通して運ばれる酸素量が大幅に減少させるメトヘモグロビン血症をおこすことがある。

フェノールフタレインは、米国内の承認薬で使用できない有効成分である。研究で、フェノールフタレインには癌を引き起こすリスクがあることが示されている。

ジクロフェナクは、心臓発作や脳卒中などの心血管事象のリスクを高める可能性がある非ステロイド性抗炎症薬剤(NSAID)である。ジクロフェナクは他の非ステロイド性抗炎症薬剤と同様に、出血や潰瘍や、胃腸の致命的な穿孔などの重篤な胃腸の有害事象を起こす可能性がある。

JapanHokkaidoSliming.png

[Public Notification: Japan Hokkaido Slimming Weight Loss Pills Contain Hidden Drug Ingredients (2014/09/15) on FDA]
この製品は、以前にもシブトラミンとフェノールフタレインを含むことが確認され、米国FDAは購入・使用しないように警告を出している(2012/11/08, 2013/02/13)。国立健康栄養研究所の安全性・有効性情報によれば、この製品は日本名は「スリム・ストーリー 痩身の丸」である。また、製造元の名称は"Japan Hokkaido"だが、中国企業である。販売サイトには所在地について記載がないので、おそらく意図的に日本企業だと誤認させていると思われる。
posted by Kumicit at 2014/09/17 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/09/15

通常医療忌避で信者を死なせた宗教団体が、建物崩壊で信者を死なせた

2011年秋に、英国で、HIVを祈りで治癒できると主張して、信者に通常医療を忌避させて死なせる事件が起きていることを取り上げた。この事件はSynagogue Church Of All Nations (SCOAN)という宗教団体によるもの。このSCOANの本拠地はナイジェリアだが、英国ロンドンにも拠点を持っていて、あやしい水を販売している。

そのSCOANの本拠地敷地内の外人ゲストハウスが崩壊して、少なくとも44名が死亡するという事故が2014年9月12日にあった。ただし、AFPの報道によれば、宗教団体側が抵抗して、救出作業は9月14日になってからだった。
同団体を率いる牧師・テレビ説教師のTBジョシュア(TB Joshua)氏は、予知能力と癒しの力を持つとされており、熱狂的な信者からは「預言者」と呼ばれている。現場に駆けつけた救急隊員や報道関係者らは、団体の警備要員から襲撃を受けたと話しており、本格的な救助活動が始まったのは14日になってからだった。

[宗教施設倒壊で42人死亡、直前に不審な飛行機? ナイジェリア (2014/09/15) on AFPBB]
SCOAN側は、不審な航空機が飛んでいたと主張しているが、ナイジェリア政府国家緊急事態管理機関NEMAによれば...
Operations at the collapsed Foregin Guest House section' collapsed building at the Church of All Nations a.k.a Synagogue that occurred around 12:44 p.m on the 12 September, 2014.
...
the building had 2 storeys being added to it without fortification of initial foundation for d former structure. This have high probability of causing the building to collapsed.

2014年9月12日12:44に、Church of All Nations(通称Synagougue)の外人ゲストハウスの崩壊現場での作業。
...
建物は2階建てを、当初の基盤を強化することなく、増築が行われていた。これが建物の崩壊の原因の可能性が高い。

[NEMA SOUTH WEST (2014/09/14)]

NEMAphoto.jpg
[NEMA SOUTH WEST (2014/09/14)]
これが正しければ、SCOANは手抜き工事で、自らの信者を死なせたことになる。
posted by Kumicit at 2014/09/15 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/09/13

イタリアからリベリアへのエボラ対策支援にホメオパシーレメディが紛れ込んだもよう

リベリア政府外務省は2014年9月8日に、イタリア政府からエボラ対策支援を受けることを公表した。そこにはには「homeopathic Ebola treatment drugs」という記述があった。
The Government of Italy has begun enhancing the Liberian Government’s fight against the Ebola virus through several assistance packages to include the dispatching of a mobile laboratory team, additional dispatching of homeopathic Ebola treatment drugs and food.

イタリア政府は、複数の援助パッケージにより、リベリア政府のエボラウィルスとの戦いの支援を開始した。これには移動ラボチームや、ホメオパシーエボラ治療薬や食料などがある。

According to the release, the National Institute for Infectious Disease “Lazzaro Spollanzani” (IRCCS) of Italy in collaboration with the Italian Ministry of Foreign Affairs and Cooperation disclosed the dispatching of a mobile laboratory team to the MSF Treatment Center in Foya, Lofa County, the epicenter of the deadly Ebola disease.

The release further adds that the team of four member medical experts being headed by Dr. Antonino Dicaro, the Director of the Microbiology Laboratory and Infectious Disease Biorepository arrived in the country Friday, September 5, 2014 at the Roberts International Airport in Margibi County and was received upon arrival by the Foreign Ministry Protocol Officers. Other members of the team include Dr. Frances Colavita, Dr. Angela Cannas, and Ms. Serena Quartu, (a laboratory technician).

The release further discloses that a box containing some homeopathic Ebola treatment drugs has been sent to the Liberian Embassy in Rome, Italy by Dr. Alessandra Manini of the International Emergency Management Organization for onward transmission to the Liberian Health Minister, Dr. Walter Gwenigale.

リリースによれば、イタリアの国立感染症研究所"Lazzaro Spollanzani"(IRCCS)は、イタリア外務省とともに、エボラ感染の中心地であるLofa郡のFoyaにある国境なき医師団の治療センターへ移動ラボチームを派遣することを明らかにした。

リリースには、さらに、微生物ラボ感染症バイオレポジトリーのDr. Antonino Dicaroをリーダーとする4名の医療専門家のチームが、2014年9月5日にMargibi郡のRoberts国際空港に到着し、外務省儀典官の出迎えを受けた。チームの他のメンバーは、Dr. Frances ColavitaとDr. Angela Cannasとラボ技術者Ms. Serena Quartuである。

リリースには、さらに、IEMO(国際緊急事態管理機関)のDr. Alessandra Maniniから、イタリアのローマのリベリア大使館に送られたホメオパシーエボラ治療薬一箱が、リベリア保健相Dr. Walter Gwenigaleへ送られていることを明らかにした。

[Italy Enhances Liberia’s Ebola Fight; Dispatches Mobile Lab Team, Food, Drugs (2014/09/08) on Liberia Ministry of Foreign Affairs, Government of the Republic of Liberia via ublftbo]
イタリア政府サイトをさがしてみたが、ホメオパシー(omeopatia)に該当するような記述を見つけられなかった。

また、IEMOのサイトにはホメオパシーへの言及は見つからなかったが、TheNewDawnというニュースサイトがIEMO代表者の記事を載せていた。
The IEMO says the consignment is an aqueous alternative medicine that promotes homeopathic cure with no side effect.

IEMO President, Dr. Alessandro Manini, in a phone conversation last Friday with Foreign Minister Ngafuan intimated that once the effectiveness of the remedy is confirmed by the Ministry of Health, his organization is ready to supply more at no cost to Liberia.

Meanwhile, Dr. Manini has lauded President Ellen Johnson Sirleaf and her Government for the efforts thus far to curb the Ebola virus, and pledged the full support of the IEMO and his personal commitment to the people of Liberia during this difficult period in arresting the spread of the virus.

送られるものは、副作用のないホメオパシー治療を促進する水性代替医薬品であるとIEMOは言う。

先週金曜のリベリアNgafuan外相との電話会話で、IEMO代表Dr. Alessandro Maniniは、レメディの効果が保健省により確認されれば、IEMOはリベリアに対して無償で追加提供する用意があると示唆した。

一方、IEMOのDr. Manini代表は、エボラウィルス抑制のための努力を続けるEllen Johnson Sirleaf大統領と政府を称賛し、ウィルス感染拡大を封じ込める困難な時期において、リベリアに対する、IEMOの全面支援と個人的関与を約束した。

[More experimental Ebola drugs arrive (2014/09/05) on TheNewDawn]
イタリア政府を通しているとしても、ホメオパシーレメディ提供の実態は、IEMOからリベリア政府への提供のようである。

なんにせよ、リベリア政府保健省がホメオパシーレメディをさっさとゴミ箱に捨ててくれれば、それで終わるが...


なお、先月末にシエラレオネに移動ラボチームを派遣するというイタリア語報道があったが、それにもホメオパシー(omeopatia)への言及は見られない。
Dovrebbe partire nei prossimi giorni, dall’Istituto “Spallanzani” di Roma, il laboratorio mobile europeo per aiutare a contenere la diffusione del virus ebola nell’Africa occidentale.

Destinazione, la Sierra Leone, uno dei paesi maggiormenti colpiti dalla nuova ondata dell’epidemia per ora localizzata nella zona centro settentrionale del continente nero.

[Ebola, dall’Italia il lab mobile per fermare il virus (2014/08/26) on Europaquotidian]
このときはIEMOは何もしてなかったのか、誰も触れなかったのか..


posted by Kumicit at 2014/09/13 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/09/12

西アフリカのエボラアウトブレイクの相応の敗因

ウィルスはこれまでもアウトブレイクを繰り返してきた、いつものエボラザイールなのに、ギニア・シエラレオネ・リベリアでコントロールできていない。それには、相応の敗因がある。

政府不信植民地支配の影響で、エボラの実在を否定したり、陰謀論を信じたりする人々。伝統的治療師や、親族が死体を洗浄する葬儀の習慣。そもそも、医療体制が脆弱な貧しい国々だが、かつてそれを補ってきたWHOから即応体制が失われた

さらに、国境なき医師団の熱帯疾病アドバイザであるEstrella Lasryは、西アフリカ諸国はエボラに不慣れであることを挙げる。
[Estrella Lasry, a tropical medicine adviser at MSF]: One of the reasons is Ebola was not known in this part of Africa so it took longer to identify as the cause than it usually would have. You see now what’s happened in [the Democratic Republic of] Congo, immediately the samples were sent to test for Ebola. Ebola is a known disease in that area. But it took longer for people to consult and to identify this as a potential infectious disease [in West Africa].

[最悪のエボラアウトブレイクとなった]理由の一つは、アフリカのこの地域ではエボラは知られておらず、原因を特定するのに通常よりも時間がかかったこと。コンゴ民主共和国では、ただちにサンプルがエボラ検査に回された。そちらでエボラは既知の病気だった。西アフリカでは、人々が医師を訪れ、感染症であることが特定されるまでに時間がかかった。

[Priyanka Boghani: "MSF on Ebola: “This is the Biggest Outbreak We’ve Ever Known”" (2014/09/09) on PBS]
実際、2014年7月半ばに始まったコンゴ民主共和国のエボラアウトブレイクは、今のところ、コントロール下にある。同様に過去にエボラアウトブレイクがウガンダなどでは、次第にエボラ対応に習熟している

この他、現在、西アフリカのエボラ最前線で、国境なき医師団などが苦慮しているのが、住所情報である。
The process that's helped stop diseases like SARS and smallpox seems simple: Find everyone who had close contact with infected individuals and track them for 21 days. If any of these contacts comes down with the disease, isolate them from the community and repeat the process by tracking the contacts' contacts.

SARSや天然痘などのような病気の感染を止めるプロセスは簡単である。感染者と接触した人々を見つけて、21日間追跡する。接触者が発症したら、地域から隔離する。そして、この接触者と接触した人々を追跡することを繰り返す。
...
Many contacts' addresses were missing or were vague like "down by the farm road." In all, only 20% to 30% of the contacts in the database had a usable address. That meant the local contact tracers weren't able to do their jobs properly. ... According to the United Nations, only 16 of 44 zones in West Africa have sufficient contact tracing.

This inability to do complete contact tracing is a major reason -- perhaps the major reason -- that the Ebola outbreak continues to spiral out of control, according to public health officials and experts.

多くの接触者の住所は欠落しているか、「農道を下ったところ」といった曖昧なものだった。接触者住所情報の20-30%程度しか使えるものがない。これは、地域で接触者の追跡を担当する人々が、その任をまともに果たせない。... 国連によれば、西アフリカの44の地域のうち16でしか、十分な接触者追跡が行えていない。この接触者追跡を完結できないことが、エボラがコントロール不能状態に陥っている大きな理由のひとつ、あるいは最大の理由だと、公衆衛生当局や専門家たちは言う。

[Elizabeth Cohen and John Bonifield: "The reason Ebola isn't being stopped" (2014/09/11) on CNN]


posted by Kumicit at 2014/09/12 06:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。