2014/09/05

ナイジェリア南部の、エボラを治療できると主張する伝統的治療師たち

エボラ感染者を出したナイジェリアでは、エボラを治療できるという牧師が登場し、2014年7月末には政府が警告し、その牧師も回避行動をとったことがあった。また、感染者の血液のウィルスのシーケンシングから、シエラレオネにおけるエボラ感染拡大の起点が伝統的治療師であったとの研究が発表されている

そのような状況で、ナイジェリアのデルタ州で、エボラを治療できると主張する伝統的治療師がでてきたようで、2014年9月4日には、州政府が逮捕も辞さないと警告している。
Delta State Government today dismissed claims by some traditional medicine practitioners in the state that they could cure Ebola Virus Disease, EVD and prohibited the broadcast of jingles and promotional programmes that claim to have a cure for the affliction.

The Commissioner for Information in the state, Mr. Chike Ogeah, in a press release he issued said, “The claims are completely false, untenable, dangerous and represent a threat to public health.

“It is hereby restated that there is no known cure yet for the Ebola Virus Disease. The media, especially television and radio broadcast houses should refrain from promoting any claim of cure for EVD by any unorthodox medical practitioner.”

The Commissioner cautioned traditional medical practitioners and spiritual healers to desist from making any claim of cure for EVD, stressing that “anybody that makes such claims again will be considered a threat to public health and arrested by the relevant security agencies.”

ナイジェリアのデルタ州政府は今日(2014/09/04)、州内の伝統的治療師によるエボラを治癒できるという主張を否定し、エボラの治療法があると主張する広告や宣伝番組の放送を禁じた。

デルタ州情報責任者Chike Ogeahはプレスリリースで「そのような主張は全く誤りであり、デタラメであり、危険であり、公衆衛生の脅威である。あらためてここで、エボラの治療法は現在知られていないことを述べておく。メディア、特にテレビやラジオ局は、非正当な治療師たちによるエボラ治療の主張の宣伝を差し控えるべきだ」と述べた。

さらにデルタ州情報責任者は、伝統的治療師及びスピリチュアル治療師に対して、エボラを治療できるという主張をすることを思いとどまるよう警告した。「そのような主張を再び行った者がいれば、それが誰であれ、関連安全部局はそれを公衆衛生への脅威と判断し、逮捕するだろう」と述べた。

[Ali Adoyi: "Delta Government warns traditional healers over claims that they cure Ebola" (2014/09/04) on DailyPost Nigeria]
この警告は、デルタ州Ika北東地方政府地区のIgbo言語圏の伝統的治療師たちに向けたもの。

この警告の前の週に、IkaのAkumaziの伝統的治療師たちが治療法を持っていると主張しているという英語報道があった。
Asaba − The panic over Ebola Virus Disease (EVD) ravaging part of West Africa and giving Nigerians sleepless nights may have got a cure if the claims by traditional healers under the aegis of the Otu Odozi Elu Doctors Association in Akumazi, Ika North East Local Government Area of Delta State, is anything to go by.

ナイジェリアのデルタ州Ika北東地方政府地区のAkumaziのOtu Odozi Elu医師会の後援のもとある伝統的治療師たちの主張が看過できないものであれば、西アフリカのエボラ感染パニックと、それにより眠れぬ夜を送るナイジェリア人たちはエボラ治療法を得られるかもしれない。

The traditional doctors numbering over 300 urged Nigerians not to panic but to bring to them any report cases of the disease, which they called isamisan disease to them.

300人をこえる伝統的治療師たちはナイジェリア人に対して、パニックにならず、isamisan病と彼らが呼ぶ病気の症例を自分たちに報告するよう求めている。

The group led by the Okairoro of Akumazi, Chief Moses Dibie, said isamisan disease is an age long tropical disease which existed before the coming of the white people to African, adding that it the disease is older than yaws which the World Health Organisation (WHO) fought and defeated.

AkumaziのOkairoroであるChief Moses Dibieに率いられたグループは「isamisan病は白人がアフリカに来る前からある古い病気であり、WHOが戦って根絶したyawsよりも古い病気である」と言っている。

Corroborating this view, the Esame of Akumazi Kingdom, Chief Eric Ekabudike, said WHO should not mislead the people because EVD is a recurrence of isamisan or smallpox, which killed many children due to ignorance, poor living conditions, overcrowding and lack of adequate medical attention.

この見方に合わせて、AkumaziのEsameであるChief Eric Ekabudikeは「エボラは、無知と貧しい生活条件と高い人口密度と適切な診察の欠如によって、多くの子供たちを死に至らしめてきたisamisanあるいは天然痘の再発であるので、WHOは人々をミスリードしてはならない」と言っている。
...

[Felix Igbekoyi: "Nigeria: We Have Cure for Ebola, Say Delta Traditional Healers" (2014/08/30) on Daily Independent (Lagos)]
感染者が極少数である現時点では、こんな調子の伝統的治療師たちが何をしても影響はないかもしれない。しかし、感染が拡大すれば、これらの伝統的治療師たちが、さらなる感染拡大を引き起こす危険性がある。

広告や宣伝番組を禁じ、主張者を逮捕も辞さないと州政府は断固たる姿勢をとっているが、それで伝統的治療師たちが思いとどまるのかはわからない。

posted by Kumicit at 2014/09/05 06:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。