2014/09/09

人員も物資も足りないエボラアウトブレイク最前線

西アフリカのエボラアウトブレイクの要因として、"The Guardianは、1976年のザイールのエボラアウトブレイクや2003年の東アジアのSARSのときから、大きく弱体化したWHOを挙げる。
A devastating report in the New York Times shows that WHO has been savagely run down in recent years, with the most eviscerating cuts made in the very departments vital for the containment of epidemics. One department was closed down entirely, another key section had its staff cut by two-thirds, and staff in the field, especially in Africa, were similarly reduced. The reasons were both financial and ideological. Countries cut contributions to WHO after the financial crisis and, at the same time, the idea took hold that the organisation should concentrate its efforts on helping nations build their own capacity to respond to emergencies rather than providing that capacity itself in the first instance.

ューヨーク・タイムズ紙での壊滅的なレポートが示すように、感染拡大を封じ込めるのに不可欠な部門の削減により、ここ数年でWHOは弱体化した。一部門は完全に廃止され、別の重要な部門のスタッフは2/3削減され、特にアフリカの現地スタッフも同様に削減された。理由は財政的なもの及び、イデオロギー的なものである。金融危機以降、各国はWHOへの拠出を削減した。同時に、最初の時点で対処能力を提供するのではなく、各国が緊急事態に対応する独自能力を構築することを支援することに徹するべきだという考えが支配的になった。

This was theoretically reasonable, but did not happen in practice, especially in poorer parts of the world. The result was that WHO simply walked away from the lessons of its own successes, stripping itself of the means to act effectively when Ebola emerged again. Tellingly, the disease spread for three months before it was spotted, and it was an NGO, Médecins sans Frontières, that first categorised it as a major outbreak. The head of MSF, Dr Joanne Liu, told the UN last week that the battle to contain Ebola was being lost.

これは理論的には合理的だったが、特に世界の貧しい地域で、実際には実現しなかった。結果として、WHOは自らの成功の教訓から歩み去り、エボラが再出現したときには有効に機能する手段を失った。そして、エボラの感染拡大に気づくまでに3か月を要し、大規模なアウトブレイクであると最初に判断したのは国境なき医師団だった。国境なき医師団の代表者Dr. Joanne Liuは国連に対して、先週、エボラ封じ込めの戦いに負けつつあると述べた。

The weak health systems of Liberia, Sierra Leone and Guinea, she implied, have become centres for the spread of Ebola rather than its control, as carers fall ill and patients flee. Dr Liu called on wealthy countries to send military biohazard teams to west Africa, a measure worth immediate consideration. Beyond that, there must be a resolve never to let the WHO fall into such an eroded state again.

Dr. Joanne Liuの言うところ、リベリア・シエラレオネ・ギニアの脆弱な医療体制は、医療関係者が感染し、患者が逃走するという形で、エボラの制御ではなく感染拡大の中心となっている。Dr. Joanne Liuは豊かな国々に対して、ただちに検討する価値のある手段たる、軍のバイオハザード部隊の西アフリカへの派遣を求めている。さらに、再びWHOが弱体化するような状況に陥らせない決意が必要である。

["The Guardian view on why the Ebola epidemic is spreading"(Editorial) (2014/09/07) on The Guardian]
最前線では物資不足は深刻であり、リベリアでは...
Nurses at Liberia's largest hospital have gone on strike, demanding better pay and equipment to protect them against the Ebola epidemic which has killed hundreds in the west African state.

よりより給与支払いと、西アフリカ諸国で数千名を死に至らしめているエボラに対する防護装備・機材を求めて、リベリア最大の病院で看護師がストライキを起こした。

["Ebola: Liberian nurses strike over lack of protective equipment" (2014/09/02) by AFP]
防護装備・機材不足は医療関係者はもとより、入院患者への感染拡大を招く。

さらに、治療施設では収容した感染者(あるいは感染が疑われる人々)の食料さえ不足している。そのため...
When a starving Ebola patient escaped from a treatment center in Monrovia and staggered through a crowded market in search of food, bystanders who scattered in his path voiced their anger − not at him but at Liberia's president. To many in this impoverished West African country, President Ellen Johnson Sirleaf's government has not done enough to protect them from the deadly virus.

Ebola has killed more than 1,000 people in Liberia since its arrival six months ago. Across West Africa, the death toll from the world's worst Ebola outbreak has surpassed 1,900. Panicked residents said the patient was the fifth to escape in recent weeks from the understaffed ELWA hospital. Dozens watched anxiously as workers in protective clothes bundled the struggling patient into a truck and drove him back. "The patients are hungry, they are starving. No food, no water," said one terrified woman in the crowd.

飢えたエボラ患者がモンロヴィアの治療センタを抜け出して、食べ物を求めて、市場の人混みに紛れ込んだ。そのとき、彼の行く道にいた傍観者たちは、彼にではなく、リベリアの大統領に怒りの声を上げた。この貧しい西アフリカの国の多くの人々にとって、Ellen Johnson Sirleaf大統領の政権は、エボラ対策を十分に行っているとは言えない。

エボラがリベリアに侵入してから6か月で、エボラで1000名以上の人々が死亡した。西アフリカ全域で、世界最悪のエボラのアウトブレイクによる死者は1900名を超えた。パニックに陥った住民たちは、この人手不足のELWA病院から、ここ数週間で逃走したエボラ感染者は5人だと言う。防護服に身を固めた作業者たちが、抗う患者ををトラックに運び込んで、帰っていくのを数十人が苛立つを持って目撃した。「患者たちは空腹だ。彼らは飢えている。食料も水もない」と群集の中で怯えた女性は言った。

[JAMES HARDING GIAHYUE AND BATE FELIX: "Ebola outbreak stirs anger in fragile Liberia" (2014/09/06) by Reuters]
人員不足も深刻であり、国境なき医師団の代表者Dr Joanne Liuは2014年9月2日には、各国に軍の派遣を求めた。
"Six months into the worst Ebola epidemic in history, the world is losing the battle to contain it," Liu said.

"In west Africa, cases and deaths continue to surge," she said. "Riots are breaking out. Isolation centres are overwhelmed. Health workers on the frontline are becoming infected and are dying in shocking numbers.

"Others have fled in fear, leaving people without care for even the most common illnesses. Entire health systems have crumbled."

She said Ebola treatment centres had been reduced to places where people went to die alone.

"It is impossible to keep up with the sheer number of infected people pouring into facilities. In Sierra Leone, infectious bodies are rotting in the streets," she said. "Rather than building new Ebola care centres in Liberia, we are forced to build crematoria."

「史上最悪のエボラ感染拡大は6か月目に入り、世界は封じ込めの戦いに敗北しつつある。西アフリカでは、感染者数及び死者数が増大し続けている。」
「暴動が起き、隔離施設は感染者であふれている。最前線では医療関係者が感染し、衝撃的な数が死亡している。」
「恐怖が満ち溢れていて、人々は普通の病気すら治療を受けられず放置されている。医療体制全体が崩壊している。」
「エボラ治療センターは、人々が死を待つだけの場所になっている。」
「施設になだれこんでくるつ感染者の膨大な数に対処するのは不可能である。シエラレオネでは、感謝者の死体が路上で腐敗している。リベリアでは感染者治療センターを建てるよりも、火葬場を作ることを強いられている。」
...
"To curb the epidemic, it is imperative that states immediately deploy civilian and military assets with expertise in biohazard containment. I call upon you to dispatch your disaster response teams, backed by the full weight of your logistical capabilities. This should be done in close collaboration with the affected countries. Without this deployment, we will never get the epidemic under control."

「流行を抑制するには、各国がただちにバイオハザード封じ込めの専門知識を持つ民間および軍事部隊を派遣することが不可欠である。ロジスティック全機能に支援された、災害即応部隊の派遣を求める。これは感染拡大中の諸国と緊密な連携を以って行われなければならない。この派遣がなければ、感染拡大を制御できない。」

[Sarah Boseley:"Ebola outbreak: call to send in military to west Africa to help curb epidemic" (2014/09/02) on The Guardian]
これに応じて、米英が軍派遣を表明した。

物資不足と人員不足がまず解決に向かわないと、エボラアウトブレイクの制御はおぼつかない。それでなくとも、旧世紀末から今世紀初頭の内戦などで、ギニア・シエラレオネ・リベリアでは政府不信が強く、エボラの実在を強固に否定する人々がいる。それには、植民地支配の時代の影響もあるとの指摘もある。そろそろ、"Too little, Too late"を脱することができれば...
posted by Kumicit at 2014/09/09 07:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。