2014/09/19

エボラ生存者の血液闇取引の懸念

WHOがエボラ治療・予防の可能性のある方法として列挙しているもののなかに、エボラ生存者の血液利用がある。
Convalescent plasma

Studies suggest blood transfusions from EVD survivors might prevent or treat Ebola virus infection in others, but the results of the studies are still difficult to interpret. It is not known whether antibodies in the plasma of survivors are sufficient to treat or prevent the disease. More research is needed.

Safe if provided by well-managed blood banks. Risks are like those associated with the use of any blood products, such as the transmission of blood-borne pathogens that cause disease. There is a theoretical concern about antibody-dependent enhancement of EVD infection, which can increase infectivity in the cells.

Blood transfusion is culturally acceptable in West Africa. Potential donors are Ebola survivors, but the logistics of blood collection are an issue. Options to conduct studies in patients are being explored. The first batches of convalescent plasma might be available by the end of 2014.

回復期血清

複数の研究が「エボラ生存者から輸血が、エボラ感染の予防あるいは治療に効果がある可能性」を示唆している。しかし、研究結果の解釈は依然として容易ではない。生存者の血清中の抗体に十分な治療あるいは予防の効果があるのかは不明である。さらなる研究が必要。

適切に管理された血液バンクからの血漿であれば安全である。リスクには、他の血液製剤の利用に伴うものと同様に、血液媒介病原体などがある。細胞内で感染性を高める可能性のある、抗体依存のエボラ感染力の強化についての理論的懸念がある。

輸血は、西アフリカでは文化的に容認されている。潜在的なドナーはエボラ生存者であるが、血液の物流は課題である。患者の研究実施方法を探求中である。2014年末に回復期血漿の最初のロットが利用可能となるかもしれない。

[WHO: "BACKGROUND DOCUMENT POTENTIAL EBOLA THERAPIES AND VACCINES" (2014/09/03) via CNN]
当然のことながら、血液の闇取引が行われる懸念が生じる。これについて、WHOのMargaret Chan事務局長は...
Kate Kelland:

... there seems to be some kind of black market emerging in blood from survivors. I wondered whether you, Ms Chan, could comment on whether that is appropriate.

エボラ生存者の血液の闇市場のようなものが出現しているようである。これについてコメントできるか?

Margaret Chan:

... this is something we need to work very closely with the affected countries to stem out black market trading of convalescent serum for two reasons; because it is in the interest of individuals not to just get convalescent serum without properly done going through the proper standard and the proper testing because it is important that there may be other infectious vectors that we need to look at. So, we will certainly bring this matter to the attention of governments and work with them to stamp out any black market activity. The use of convalescent serum has to be done properly and in evidence-based mechanisms ...

二つの理由から回復期血清の闇取引を阻止するために、エボラ感染諸国と緊密に連携する必要がある。これは個人の利益の問題であるとともに、適切な基準と検査に基づいて血清を入手しないと、他の感染症を媒介する可能性があるからである。したがって、関連各国に対して本件を警告するとともに、闇市場活動の撲滅のために、連携してことにあたる。回復期血清の使用は、適切かつ証拠に基づく方法で行われる必要がある。

[WHO: "Press conference on support to Ebola affected countries" (2014/09/12) via CNN]
現時点で、具体的に血液の闇取引の存在が確認されているわけではないが、当然、考慮すべき問題である。たとえば、成人のHIV感染率はCIAによれば、ギニア 1.7%, シエラレオネ 1.5%, リベリア 0.9%, ナイジェリア 3.1%, コンゴ民主共和国 1.1%, セネガル 0.5%であり、無視できる小ささではない。また、コンゴ民主共和国に隣接するタンザニアには、アルビノを殺して入手した血液を使うウィッチドクターたちがが活動している。陰惨な事態も気にかけておく必要がある。
posted by Kumicit at 2014/09/19 04:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。