2014/09/25

なかなか暴力事件がおさまらないエボラアウトブレイク中の西アフリカ

セネガルとナイジェリアのエボラアウトブレイクは終了し、これらとは独立なコンゴ民主共和国のエボラアウトブレイクもほぼ終了しつつある。また、リベリアの東側に隣接するコートジボワールはエボラ侵入阻止及び感染予防対策を続けており、今のところ感染者は出ていない。

一方、ギニア・シエラレオネ・リベリアでは引き続き、感染拡大が続いている。WHO及びリベリア保健省シエラレオネ保健省によるギニア・シエラレオネ・リベリアのエボラ感染者数と、それを週単位に割り振った推移は以下の通り:
Ebola_20140922gn.PNG

これらのうち、シエラレオネは、感染拡大抑止のための全土外出禁止(2014/09/20-22)を実施し、特に戸別訪問チームに関する暴力事件もなく、130人のエボラ感染を確認して、終了した。これについて...
Dr. David Heymann, an Ebola expert, said reaching so many people with information about Ebola could be crucial to stopping the outbreak. Six months into the world's largest-ever Ebola outbreak, confusion, fear and misunderstanding about the disease is still hindering efforts to control it.

"It's important for African governments to innovate and find new ways of getting messages out to the people," said Heymann, professor of infectious diseases at London School of Hygiene and Tropical Medicine. "(The lockdown) seemed to pass without violence and it went against much of international advice. Maybe it's the innovation that will make a difference."

エボラの専門家である、ロンドン大学衛生熱帯医学大学院の感染症研究の教授であるDr David Heymannは「エボラについての情報をこれだけの数の人々に届けることは、エボラアウトブレイクを止めるのに重要となるうる。6か月にも及ぶ世界最大のエボラアウトブレイクでは、エボラについての混乱と恐怖と誤解によって、いまだコントロールの努力が妨害されている。」と述べた。

「人々にメッセージを伝える新たな方法を開発・発見することがアフリカ諸国政府にとって重要である。国際的助言の多くが反対していたが、外出禁止は暴力事件なく完了したようである。おそらく、違いを生んだのがイノベーションだろう。」

[CLARENCE ROY-MACAULAY and MARIA CHENG: "Serra Leone: 130 Ebola cases found in lockdown" (2014/09/23) by The Associated Press]
これは一つの成果。ただし、この期間中に埋葬チームが襲われて、死体を遺棄して退避せざるをえなくなる事件が起きている

エボラアウトブレイクが最初に始まったギニアでも、感染者数が少なめであるものの、不穏な状態が続いている。2014年9月16日には、副知事や病院長などで構成された7名のエボラ広報チームが襲撃を受けて、6人が殺害される事件が、辺境の集落で起きている

そして、ギニアでは赤十字の死体回収チームが襲われている。
CONAKRY, Guinea (AP) − A Red Cross team was attacked while collecting bodies believed to be infected with Ebola in southeastern Guinea, the latest in a string of assaults that are hindering efforts to control West Africa's current outbreak.

One Red Cross worker is recovering after being wounded in in the neck in Tuesday's attack in Forecariah, according to Benoit Carpentier, a spokesman for the International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies.

Family members of the dead initially set upon the six volunteers and vandalized their cars, said Mariam Barry, a resident. Eventually a crowd went to the regional health office, where they threw rocks at the building.

ギニア南部でエボラ感染者と思われる死体回収をしている赤十字チームが襲撃された。これは西アフリカのエボラアウトブレイクをコントロールしようという努力を妨害する一連の暴力事件の一つである。

国際赤十字連盟の広報担当Benoit Carpentierによれば、赤十字の作業者1名は2014/09/23のForecariahでの襲撃で受けた首の負傷から回復中である。

近隣住民Mariam Barryによれば、遺族はまず6人のボランティアを襲撃し、彼らの自動車を破壊した。そして最後に群衆は地域の医療事務所におしかけて、投石した。
..

In April, Doctors Without Borders briefly pulled out its team from the Guinean town of Macenta after their clinic was stoned. In Liberia, the homes of some of the infected have been attacked. Last week, Red Cross workers were threatened in Sierra Leone, Carpentier, the Red Cross spokesman, said.

4月には、ギニアのMacentaで診療所に投石を受けて、国境なき医師団が一時的にチームを引き上げた。リベリアでは、感染者の家が数戸、襲われた。Carpentier広報担当によれば、シエラレオネで先週、赤十字の作業者が脅された。

["Red Cross team attacked while burying Ebola dead" (2014/09/24) by The Associated Press]
赤十字や国境なき医師団が、エボラ感染者だけに対処できる状況には、なかなか至らない。
posted by Kumicit at 2014/09/25 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。