2014/10/09

DMAAによく似た成分の入っているサプリ12種

心臓などに障害をもたらす症例があり、米国FDAが使用を禁じたDMAAとよく似た1,3-dimethylbutylamine(DMBA, AMP Citrate, 4-amino-2-methylpentane citrate, Pouchong tea)が12種のサプリから見つかったという研究をLiveScienceが紹介している(癌研究で使われるDMBA=dimethylbenzanthraceneとは別物)。
The synthetic compound, called 1,3-dimethylbutylamine (or DMBA), is extremely similar to another stimulant called DMAA, the researchers say. In 2012 the Food and Drug Administration banned DMAA because of reports of its side effects, including heart problems, nervous system disorders and death.

In the new study, the researchers found that 12 out of the 14 weight loss and sport supplement products that they tested contained large amounts of DMBA, in the range of 13 to 120 milligrams per serving. Molecules of DMBA are very structurally similar to those of DMAA but with some tweaks, such as one fewer carbon atom, the researchers said. The compound has only been tested in a few animal studies, the researchers said.

It is concerning that many consumers may be using these supplements, unaware that they contain untested stimulants, said Dr. Pieter Cohen, an assistant professor of medicine at Harvard Medical School and a general internist at Cambridge Health Alliance in Boston, who co-authored the new study.

"There's not a single experiment that we are aware of, in which this substance was given to humans," Cohen told Live Science.

Because of the structural similarity of DMBA to DMAA, it is highly possible that the drugs have similar effects, Cohen said. Both drugs can be stimulating in a way similar to amphetamines, but have a different chemical structure from that class of compounds.

研究者たちによれば、合成化学物質1,3-dimethylbutylamine (DMBA)は興奮剤DMAAと非常によく似ている。2012年に米国FDAは、心臓や神経系の障害や死亡を含む副作用報告があったため、DMAAの使用を禁じている。

新たな研究では、研究者たちが検査した14の減量あるいはスポーツサプリのうち12から、1回服用あたり13mg〜120mgの大量のDBMAを検出した。研究者たちによれば、DBMA分子は構造的にDMAAとよく似ているが、炭素原子が1個少ないといった些細な差がある。

研究の共著者であり、Harvard Medical Schoolの医学助教授で、BostonのCambridge Health Allianceの内科医であるDr. Pieter Cohenは、「消費者が、安全性を実験されていない興奮剤が含まれていることを知らないで利用していることは問題だ」と述べた。

Dr. CohenはLiveScienceに「この物質を人間に投与したという実験を我々はまったく関知していない」と語った。

DBMAとDMAAの構造が似ているので、同様の効果が持つ可能性が非常に高いと考えられるとDr. Cohenは言う。いずれも、同じ化学物質群で構造の異なるアンフェタミンと同様に興奮剤として機能しうる。
...
DMBA came to researchers' attention when a consumer in the Netherlands reported to health authorities about feeling side effects such as jitteryness after using a supplement called Unstoppable, the researchers said.

研究者たちによれば、DBMAが関心を惹いたのは、オランダの消費者が、Unstoppableというサプリを使った後で、神経過敏のような副作用の気分について、保健当局に報告したことによる。
...
An entirely different drug that is used in cancer studies is also called DMBA, but has a different full name and chemical structure.

癌研究でDBMAと呼ばれる全く異なる薬品があるが、これはフルネーム(7,12-dimethylbenzanthracene)と化学構造は別物である。

[Bahar Gholipour: "Untested Stimulant Found in 12 Supplements" (2014/10/08) on LiveScience]
サプリの成分記述にありがちな、「天然由来の成分は安全である」という幻想を前提とした表現として、この1,3-dimethylbutylamine(DMBA)も、Pouchong tea (文山包種茶)抽出物と記載される。たとえ、実際にPouchong teaに含まれていたとしても、ごく微量であり、それを大量に摂取したときに、何が起こるかは誰も知らない。

なお、DMBA(1,3-dimethylbutylamine)が含まれている商品は以下の通り:
DBMA_fenzy.PNG
Frenzy (Driven Sports)
DBMA_Contraband.jpg
Contraband (Iron Forged Nutrition)
DBMA_RedlineWhiteHeat.jpg
Redline White Heat (Vital Pharmaceuticals Inc)
DBMA_MD2Meltdown.jpg
MD2 Meltdown (Vital Pharmaceuticals Inc)
DBMA_Evol.jpg
Evol (Genomyx LLC)
DBMA_OxyfitXtreme.jpg
Oxyfit Xtreme ( planetary nutrition.com)
DBMA_Synetherm.jpg
Synetherm ( planetary nutrition.com)
DBMA_DecimateAmplified.jpeg
Decimate Amplified (Genomyx LLC)
DBMA_AMPitropin.jpg
AMPitropin (Lecheek Nutrition)
DBMA_AMPilean.png
AMPilean (Lecheek Nutrition)
DBMA_oxythermpro.jpg
OxyTHERMPro (deNOVOLABS)
DBMA_OxyphenXR.png
OxyphenXR AMP’D (Beta Labs, LTD)

posted by Kumicit at 2014/10/09 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。