2014/11/17

ホメオパシー団体2つのエボラに対する立場

英国のホメオパス団体"Faculty of Homeopathy"は最近、「ホメオパシーだけをエボラに使うのではなく、通常医療とともに使うことを支持する」との声明を出した。
The Faculty of Homeopathy denounces the use of homeopathy as an alternative in the management of the Ebola outbreak. We support the use of homeopathy alongside conventional care in order to make a difference for any individual. Good public health has always been a cornerstone of high quality homeopathic practice.

Faculty of Homeopathyはエボラアウトブレイク対策において、代替策としてホメオパシーを用いることを非難する。力を発揮するために、我々はホメオパシーを通常医療とともに用いることを支持する。良き公衆衛生は、高品質ホメオパシー実践の基礎である。

{Position Statement - Ebola (2014/11/15) on Faculty of Homeopathy]
リベリアに4人のホメオパスが行った後に出されており、ホメオパスによるエボラ感染拡大リスクという批判をかわす意図があるかも。

一方、米国ヴァージニア州を本拠地とするホメオパス団体"National Center for Homeopathy"は「ホメオパシーはエボラに効くはずだが、どのレメディが効くかはわかっていない」という立場を表明している。
Homeopathy has had a longstanding record in our over 200 year history in the successful treatment of a wide variety of epidemic diseases, including hemorrhagic fevers, some of which are in many ways very similar to Ebola. In our tradition of working with epidemics, homeopaths attempt to determine a central or core remedy that proves effective for most individuals who have contracted the disease, which is named the “genus epidemicus.” ... While there is ample reason to expect that such a remedy can be found for Ebola, to date our homeopathic world community has not yet determined what that remedy or remedies might be.
...
The good news is that a small international team of experienced and heroic homeopaths have arrived in West Africa, and are currently on the ground working hard to examine patients, work out the “genus epidemicus,” and initiate clinical trials.

ホメオパシーには、エボラと多くの点でよく似た出血熱など、多様な感染症の治療に成功してきた200年以上の歴史がある。感染症に取り組む我々の伝統において、ホメオパスは"genus epidmicus"と呼ぶ、感染症に感染した人々の大半に効果が示された中心あるいはコアレメディを決定しようと試みる。... エボラに対して、そのようなレメディが見つかること期待する十分な理由はあるが、現時点では、我々ホメオパシー世界コミュニティは、どのレメディがそれであるか、決定できていない。
...
グッドニュースは、経験豊富で英雄的なホメオパスの国際的な小チームが西アフリカに到着し、患者を検査し、"genus epidemicus"決定の活動を行い、臨床試験を始めようとしていることだ。

[The Ebola Crisis & the Homeopathic Community (2014/10/24) on National Center for Homeopathy]
ここに書かれた国際的な小チームは、エボラ感染者に接触することができずに帰国した4人のホメオパスたちのことだと思われる。もちろん、彼らはエボラに効くレメディを試すことすらできていないので、今のところホメオパシーはエボラに効くはずだが、どのレメディが効くかはわかっていない」という状況のままということになる。

今回のエボラアウトブレイクでは医療体制の悪いところでも1/4は生存しており、ホメオパスたちは、たまたま生存した感染者に使ったレメディが、エボラに効くレメディだと決定してしまう可能性がある。そうなれば、一気にホメオパスたちによるエボラ感染拡大という事態も起きうる。
posted by Kumicit at 2014/11/17 07:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/11/16

「エボラは黄熱の一種だ」というホメオパスたちは、リベリアでエボラ感染者に接触することはなかった

先月取り上げた「"エボラは黄熱の一種だ"というホメオパスたちがリベリアに入国、Ganta Hospitalで治療に従事することになった」件のつづき。

その後の情報はほぼ皆無。むしろ、存在していた情報も消えている。

残っているのはホメオパス団体LMHIの、4人がリベリアに入国したときの記事出国後の記事のみ。その出国後の記事によれば、2週間ほど現地に滞在したものの、エボラ感染者に接触していない。
Our team returned from the mission healthy and well, but with different results than we had intended. Having arrive on 17 October, the four volunteers had received six days of introduction to national health authorities and instruction in Ebola safety protocol before proceeding to the Hospital in which they were supposed to work. But, somewhat surprisingly and due to a few diplomatic problems, they were not allowed to administer homeopathic remedies to the EVD patients as an adjunct to the WHO protocols.

我々のチームは健康と幸福のミッションから帰還したが、意図したものと結果は違っていた。2014/10/17に到着し、4人のボランティアは、彼らが活動することになっていた病院に行く前に、6日間の政府健康当局への紹介とエボラ安全手順の指導を受けた。しかし、少し驚くことに、外交手続き上の問題で、WHOの手順への追加としてエボラ感染者にホメオパシーレメディを処方することは許可されなかった。

Existing EVD patients, already treated under WHO protocols, had to be managed under that therapy without homeopathic intervention because our volunteers were not allowed to enter the ETU’s (Ebola Treatment Units).Thus, we were unable to apply homeopathy on Ebola patients during this mission.

Since the incidence of Ebola Virus Disease was already declining in that district, and Liberia in general, no new patients with Ebola were admitted to that hospital during the volunteers’ stay, which lasted until 7 November 2014.

既存のエボラ感染者は、既にWHOの手順で治療されており、ホメオパシー治療なしになんとかしなければならなかった。というのは我々のボランティアたちはETU(エボラ治療ユニット)への立ち入りを認められなかったからだ。したがって、我々はこのミッション期間中に、ホメオパシーをエボラ感染者に処方できなかった。

その地域及びリベリア全域で、エボラの新規感染者数が減少しており、2014/11/07までの、ボランティアたちが滞在中に、新たなエボラ感染者が病院に収容されることはなかった。

While awaiting decisions from the Health Ministry, the team treated very severe non-EVD patients who did arrive, regardless of their disease. Both hospital and clinic out-patients were seen and treated, with impressive results. The results were so promising that the LMHI were requested on departure to establish a program of homeopathic teaching and treatment in the Hospital The mission’s broader goal of bringing homeopathy to Liberia is therefore underway, thanks to the four volunteers and their work.

We wish to thank the volunteers, the donors, our hosts in Liberia who supported us, and everyone who participated in the effort to get this team to Liberia, and to bring them home again safely.

リベリア保健省の裁可を待っている間、我々のチームはエボラ感染以外の理由で、病院に来た重篤な患者を、病気の種類を問わず、治療した。入院及び外来の患者を診察・治療し、印象的な結果を残した。とても良好な結果だったので、出立の際に、病院でのホメオパシー教育と治療プログラムの確立を要請された。4人のボランティアの働きにより、リベリアにホメオパシーをもたらすという、ミッションの広い意味での目的は進行中である。、

我々は、ボランティアたちと、寄付をしていたただいた人々と、我々をリベリアでサポートして受け入れ側と、チームをリベリに派遣及び安全な帰国の実現に尽力した人々に感謝する。

[Mission to West Africa (2014/11/11) on LMHI]
リベリア保健当局はホメオパスたちの活動を阻止したもよう。これはまた、4人のホメオパスたちがエボラに感染するリスクをほぼ無に等しくしたという点でも、彼らの祖国にとっても、良い結果だった。

なお、本件に関して、おなじみDailyMailが長々しい記事を掲載している。ただし、その大半は、オンラインの検索結果であり、現地取材は...
When Mail Online went to the hospital to find the doctors, assistant administrator Patrick Mantor said they had left. 'There were four of them. One left earlier and three of them left last Friday.

'They came first to do some homeopathic treatment but the paper arrangement was not made with the ministry of health. They said another group might come.

'They were seeing people with pains and weakness. I wasn't present when they were doing this so I don't know how they treated them. I don't know anything about homeopathy.

'The process is going on in their absence so that they can come back with the proper paperwork.'

デイリーメイルが病院で医師たちに会おうとしたが、副責任者Patrick Mantorによれば、既に出立していた。「4人がここにいた。1人は先に、3人は先週金曜日(2014/11/07)に出立した。彼らは、もともと何らかのホメオパシー治療をしに来たが、保健省の許可は下りなかった。彼らは別のチームが来るかもしれないと言っていた。彼らは痛みのある人々や衰弱した人々を診ていた。彼らが診ていたとき、私はいなかったので、どう治療していたかはわからない。私はホメオパシーについて何も知らない。彼らがいない間に手続きが進んでいるので、適切な書類処理すれば戻ってこれるだろう」

Dr Moses Massaquoi, head of Ebola case management for the Liberian health ministry, confirmed that the homeopaths had gone to Ganta but he said he was unaware that they were homeopaths when they first arrived.

'I didn't know that they were going to do homeopathy,' he said.

He said that the homeopaths had been told that they were not to try to practice homeopathy on Ebola patients, but they were allowed to go to the hospital to help out as physicians.

'They said they wouldn't use any homeopathy,' he said.

リベリア保健省のエボラ感染者管理責任者のDr. Moses Massaquoiは、4人のホメオパスたちがGanta病院を離れたことを確認したが、彼らが最初に来た時はホメオパスだとは知らなかったと述べた。「彼らがほめおパシーをやるとは知らなかった」

彼は、ホメオパスたちに、ホメオパシーをエボラ感染者に使わによう通告したが、医師として病院を支援することは許可した。「彼らはホメオパシーを使わないと言っていた」

[Gethin Chamberlain (Ganta, Liberia) And Simon Tomlinson (London): "EXCLUSIVE: Homeopaths sent to deadly Ebola hotspot to treat victims with ARSENIC and SNAKE VENOM" (2014/11/14) on DailyMail]
4人のホメオパスたちは、ホメオパシーは使わないと当局に告げたが、LMHIの記述によれば、実際には使ったもよう。
posted by Kumicit at 2014/11/16 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリの2回目のエボラ感染

WHOの発表(2014/11/12)及び各種報道によれば、マリのエボラアウトブレイクは以下のように進行したもよう。
2014/10/17ギニアのSiguiri県Kourémalé村在住のイマーム(70歳)が、診断未確定の病気を発症。
2014/10/18Siguiri県の鉱山町の私立病院に入院(Siguiri県はエボラ感染地域)
2014/10/25症状が改善しないため、イマームはマリのPasteur Clinicに入院。イマームは、エボラ後期症状に見られる急性腎臓不全になっていた。移動の自動車には家族4人が同乗。
2014/10/27イマームがPasteur Clinicで死亡。血液サンプルがなく、エボラ検査不可。
-イマームをPasteur Clinicで見舞った友人が突如死亡。血液サンプルがなく、エボラ検査不可。
-Pasteur Clinicの患者が死亡。血液サンプルがなく、エボラ検査不可[LA Times 2014/11/12]。
-グランドイマームという宗教上の地位により、聖職者の洗浄の儀式のため、死体はBamakoのモスクに送られた。
2014/11/01死体は正式葬儀及び埋葬のため故郷のKourémalé村に送られた。[BBC 2014/11/14]
2014/11/06イマームの第1夫人が診断未確定の病気で死亡。(イマームのBamakoへの移動に同乗していた)
その後、イマームの第2夫人とイマームの兄弟1名がギニアのGueckedouのエボラ治療センターに収容。(いずれも、イマームのBamakoへの移動に同乗していた)
2014/11/10イマームの娘が診断未確定の病気で死亡。家族は安全な埋葬を拒否。
Pasteur Clinicの看護師がエボラらしき症状が出たため隔離。(ギニア保健当局よりの通報があった)
2014/11/11Pasteur Clinicの看護師がエボラ検査陽性。夜に死亡。
イマームの息子が、EUの移動レベル3ラボの検査でエボラ陽性。エボラ治療センターに収容。第1夫人もエボラ感染していた可能性が高まった。
Pasteur Clinicのスタッフ及び患者を隔離。
2014/11/12Pasteur Clinicの医師1名がエボラ陽性で、Bamakoのエボラ治療センターに収容[Sante.gov.ml 2014/11/12]
2014/11/13イマームの死体洗浄を手伝った女性がBamakoのGabriel Toure Hospitalで死亡。エボラ検査初期テストで陽性[Reuters 2014/11/14]。

このギニアのSiguiri県Kourémalé村はギニアとマリの国境線上の両国にまたがる村であり、ギニアの首都コナクリよりも、マリの首都Bamakoにはるかに近い。都市部の病院での治療を求めるなら、国境を越えてBamakoに行くことは不自然には見えない。

また、ギニアのSiguiri県はエボラ感染が広まっているが、葬儀・埋葬でエボラ感染を抑止しようとしておらず、エボラであると思ってなかったようにみえる。
EbolaWHO_20141114.PNG
[WHO: Situation Report (2014/11/14)]



posted by Kumicit at 2014/11/16 07:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014/11/03

ギニア・シエラレオネ・リベリア・マリのエボラアウトブレイク Update 2014/11/01

WHOはエボラ感染者のデータを見直したたため、発表値から感染者数の推移の連続性が失われている。さらに、ギニアの感染者数を下方修正した。
Ebola_20141031.PNG

これらのもととなっている各国政府の数値を見てみると...

シエラレオネ保健省発表値には、過去に遡った感染者数の見直しは含まれておらず、累積感染者数の推移は連続性を保っている。おおよそ2014月下旬以降は68人/日程度の線形推移で、EXPではない。
Ebola_20141031S.PNG

一方、リベリア保健省発表値は感染者数見直しが行われ、連続性が失われている。発表値に欠落があるが、日次の新規感染者数をたどると、9月中旬をピークに、新規感染者数は減少傾向にある。暗数があるにせよ、現地報道などのインプレッションとも整合している。
Ebola_20141029L.PNG

また、マリ保健省の2014/11/01付け発表によれば、2014/10/23の感染者確認(のちに死亡)以後、接触者追跡を続け、モニタリング対象は108名となっている。しかし、この感染者(母親がギニアで死亡した2歳の少女)をマリに連れてきた祖母を含め、新たな感染者は見つかっていない。あと10日ほど何もなければ、おおよそ状況終了。来月初めには終息宣言となるはずだが...

ギニアは、以前は大統領府で感染者数を発表したが、ここのところ、それらしいニュースリリースがない。直近だと...
[Le Président du Mali à Conakry ≪ Je suis venu ici pour dire au peuple de Guinée que nous sommes ensemble, nous ne fermerons jamais les frontières du Mali (2014/10/31) on presidence.gov.gn]

マリ大統領がコナクリに到着し「我々はともにあり、マリは国境を決して閉鎖しないと、ギニアの人々に告げるためにやってきた」
なお、セネガルは今もギニアとの国境を閉鎖してるようだがマリとの国境は閉鎖していない。一方、マリと国境を接するモーリタニアが国境を閉鎖している。このため内陸国であるマリは、モーリタニア経由の輸送が止まり、セネガル及びギニア経由の輸送を増強する必要がある。

posted by Kumicit at 2014/11/03 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Disease | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする