2015/07/03

東京電力の公表している電力使用量と東京の気温 (2015/06)

東京電力の過去の電力使用実績の最大需要と、気象庁の過去の気象データの東京(地点番号47662)の日平均気温を平日についてプロットした。
TepcoTokyo_201506.PNG
直近の最大電力使用量がこれまでよりも少ないことが見える。

これは日単位の電力使用量でも同様:
TepcoTokyo_201506_D.PNG

2012年以降だけを見ると...
TepcoTokyo_201506_Da.PNG
2012年と2013年はほとんど差がないが、2014年に入ると差異が見える。そして、2015年に入ると明瞭な電力使用量の減少が見られる。

そこで、2004年以降のPPSの送電端供給量の月次推移を、資源エネルギー庁の電力調査統計の「2-(8)特定規模電気事業者」の年度別Excelファイルを結合してグラフ化してみると...
PPS_201504.PNG
2010年〜2013年前半までは、PPSの商売に大きな変化は見られないが、2013年後半から送電端供給量が目立って増大している(圧倒的シェアをエネットが占める状況は変わりないが、それ以外のPPSが供給量を増加させている)。もちろん、東京電力と比べれば、ごく小さなものだが、PPS全体合計すれば、四国電力・北陸電力と同程度。
PPSPower2014.PNG
この影響が、目に見える差異になってきているもよう。
posted by Kumicit at 2015/07/03 08:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。