2015/08/19

米国の原発関連世論の推移

「Gallup:利用, PEW:利用増加, ABC: 建設」という質問が少しずつ違う、原子力発電に関する米国世論調査...
the use of nuclear energy as one of the ways to provide electricity for the U.S.?
[Gallup Poll 2015]

Promoting the increased use of nuclear power
[PEW 2014]

In general, would you favor or oppose building more nuclear power plants at this time?
[ABC via polling report]

PollUsNukePowerOppose2014.PNG
PollUsNukePowerFavor2014.PNG
Gallupの今世紀の傾向を見ると、2010年頃に向かって原子力支持に緩慢に傾き、その後、元にもどっているように見える。

また、調査間隔の短めなPEWだと、F1事故あたりの変動を捕捉できている。長めに見ると、Gallupほど明瞭ではないが、平均回帰している傾向が見える。

長期の数字のあるが、調査間隔が長いABCだと、今世紀の傾向は読み取れない。チェルノブイリの頃に比べれば、原子力不支持は高くないことは読み取れる。

で、この今世紀のトレンドだが、Gallup Pollのエネルギー関連の調査の「化石燃料を燃やしてエネルギーをつくる vs エネルギーを節約する」が同様の動きをしている。
GallupNukeFossil2014.PNG
エネルギー源の間を世論が動いているのではなく、ProductionとConservationの間で動いているようである。
posted by Kumicit at 2015/08/19 07:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする