2008/06/23

有進論的進化を論じて、フロントローディングを許容してしまうUncommon DescnetのThomas Cudworth

有神論的進化論とは以下のようなポジションを指し、自然科学と両立する。ただし、人によって主張には差異がある:

  • 神は存在する
  • 神は、知的生命が存在できるような物理定数を定めて、140億年前に宇宙を創造した。
  • 地球は45億年前に、神がつくったプロセスに従って、生まれた。
  • 小進化は事実
  • 大進化は、すべての生物は進化過程(ネオダーウィニズムを含む)により出現できるように神が定数や自然法則を定めたことによる。進化は神が人間を創るために使った。
このポジションを、インテリジェントデザイン運動は非常に嫌っている。

あらためて、その理由を、インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon DescentThomas Cudworthが書いた
This has a theological consequence. If evolution is out of God’s control, it is incompatible with the notion of providence – the notion that God provides for the future needs of the earth and its inhabitants. God can hardly, for example, provide for the need of Hagar in the desert, if he can’t even guarantee that the human race, of which Hagar is a member, will ever emerge from the primordial seas. (The radical contingency of the Darwinian mechanism is captured well by Darwinist Stephen Jay Gould, when he wrote that if the tape of evolution were rewound and played again, the results would be entirely different. Once God sets a truly Darwinian process in motion, he has no control over whether it will produce Adam and Eve, a race of pointy-eared Vulcans, or just an ocean full of bacteria.)

これには神学的帰結がある。進化が神の制御のもとにないなら、神が地球とその上の居住者のために将来必要なものを与えるという、摂理の概念とは相いれない。たとえば、神はハガル[創世記16章: Abrahamとの間にIshmaelをもうけた女性]が構成員である人類が原始の海から出現することすら保証できないので、ハガルが砂漠で必要とするものを準備できない。(ダーウィンのメカニズムの根源的な偶発性はダーウィニストSteven J. Gouldによてうまく表現されている。彼は進化のテープが巻き戻されて、再生されるなら、結果はまったく違うものになるだろうと書いている。神がひとたびAdamとEveを生み出す過程を起動したら、AdamとEveが生み出されるか、尖った耳のバルカン人が生み出されるのか、あるいは細菌に満ちた海が生み出されるのか、神は制御できない。)

A non-providential God is clearly not an orthodox Christian God, and it therefore appears that theistic evolutionism generates heretical Christianity. As I see it, the only way for theistic evolutionists to escape this consequence is to argue that mutations seem like chance events from the human perspective, but from God’s perspective are foreordained. But in that case, “evolution” is really just the actualization of a foreseen design over a very long time frame; the “purely natural causes” spoken of by the TEs are really just the unrecognized fingertips of the very long arm of God. This view, which we might call “apparent Darwinism,” fails to get God out of the process of natural causation, which was (as Cornelius Hunter has argued) Darwinism’s historical raison d’être.

摂理なき神は明らかに正統的キリスト教の神ではない。したがって、有神論的進化論は異端的キリスト教を生み出すようだ。私の見たところ、有神論的進化論がこの帰結を逃れるには、人類から見ると突然変異は偶然に見えるが、神の視点からは定められた運命と論じるしかない。しかし、この場合は、「進化」はまさに、はるかな時間フレームの中で予め予定されたものを現実化するものになる。有神論的進化論者が「純自然原因」というとき、それは神の長き腕の見えない指先を意味する。我々が「見かけのダーウィニズム」とでも呼ぶべき、この見方は、(Cornelius Hunterが言うところの)歴史的レゾンデートルたる「自然の因果律から神を排除」を実現できていない。

Thomas Cudworth: "Theistic Evolutionists, Your Position Is Incoherent — But We Can Help You!" (2008/06/21) on Uncommon Descent]
Thomas Cudworthの主張は神学についてはそれらしいが、有神論的進化論の意義として「自然の因果律から神を排除」を述べたところで、おそらく意図的に間違えている。

有神論的進化論とインテリジェントデザインを分かつのは、フロントローディング(Front loading)と介入(Intervention)である。超越的が、自然法則と初期値という形で宇宙(あるいはインフレーション宇宙の群れでも、高エネルギーの真空でもいけど)を実装しているのか、それとも宇宙誕生後に超自然的に宇宙へ介入したかである。そして、有神論的進化論は、「因果律から神を排除」するのではなく「神の介入を排除」する。

あまり正確ではないが、あえて言うと、この世界がモンテカルロシミュレーションとするなら、

  • この世界は、ある乱数系列のもとでは人類は出現するようになっているというのが有神論的進化論。
  • この世界は、乱数系列をどう選択しても人類は登場しないので、「デバッガをアタッチして、変数の値を書き換える」のがインテリジェントデザイン。

これをあいまいにしたまま論を進めるThomas Cudworthは、インテリジェントデザインを意味のない主張に変えてしまう。Thomas Cudworthは有神論的進化論者に対して:
You can keep evolution (understood as common descent) and all its evidences, including the fossil record, Darwin’s arguments about biogeographical distribution, and a 4.5-billion-year-old earth. We don’t even ask you to pledge allegiance to intelligent design; we just ask you to abandon your a priori prejudice that design in nature can’t possibly be detectable, and to join us in investigating the question.

共通祖先として理解される進化論と、化石やダーウィンによる生物学的地理分布や45億年の地球などを含む証拠全てをそのまま維持できる。インテリジェントデザインを認める必要すらない。自然界にあるデザインが検出不可能だという偏見を捨てて、この問の探求に加わってほしい。

[Thomas Cudworth: "Theistic Evolutionists, Your Position Is Incoherent — But We Can Help You!" (2008/06/21) on Uncommon Descent]
Thomas Cudworthは、フロントローディング(Front loading)と介入(Intervention)を判別すること、すなわち生物および生物器官はデザインのように見えるが、それが誰かが直接実装したのか、進化過程によって出現したかの議論を棚上げしようとしている。

それを棚上げしたら、インテリジェントデザインの主張は何も残らない。インテリジェントデザイン運動が好んで使う「進化論はunguided, undirected, purposelss」という論点を棚上げしたことになるからだ。


タグ:UCD
posted by Kumicit at 2008/06/23 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック