2008/06/28

ルイジアナ州の反進化論州法SB733/Act473成立

反進化論州法SB733
にルイジアナ州Bobby Jindal知事が2008年6月25日に署名し、州法(Act 473)となった。

Is it a promoter of academic freedom, or a 'Trojan horse'?
学問の自由の推進かトロイの木馬か

Gov. Bobby Jindal attracted national attention and strongly worded advice about how he should deal with the Louisiana Science Education Act.

Bobby Jindal州知事はルイジアナ理科教育法について全米の関心をひき、どうすべきかについて強い要請を受けた。

Jindal ignored those calling for a veto and this week signed the law that will allow local school boards to approve supplemental materials for public school science classes as they discuss evolution, cloning and global warming.

Jidan州知事はこれらの拒否権発動を求める声を無視して、今週、進化論とクローニングと地球温暖化について公立学校の理科の授業で使う副教材を学区教育委員会が承認できるようにする州法に署名した。
....

Baton Rouge pollster Bernie Pinsonat said: "The ideal candidate is one who has broad appeal. . . . To become president today, you can't become isolated as the candidate of the religious right."

Baton Rouge pollsterのBernie Pinsonatは「理想的な候補者は広くアピールする人である。今日、大統領となるためには、宗教右翼の候補となるわけにはいかなのだ」

[Bill Barrow: "Science law could set the tone for Jindal" (2008/06/26) on nora--everything New Orleans ]
さて、Bobby Jindal州知事は共和党副大統領候補となるのを諦めたか?
posted by Kumicit at 2008/06/28 02:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101691766
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック