2008/07/21

民主的に科学理論を葬り去ること

インテリジェントデザインの父たる法学者Phillip Johnsonは1996年のインテリジェントデザインのイベント"Mere Creation"で、進化論対創造論の戦いが、科学についての論争ではないと言った:
A conference on "Mere Creation" at Biola University in suburban Los Angeles brought together an unprecedented cross-disciplinary gathering of 200 men and women--mostly academics and mostly Christians--interested in building a credible origins model based on "theistic design."

ロサンゼルス郊外のBiola Universityで開かれた"純創造論"会議に、「有神論のデザイン」に基づく信じられる起源モデルを作ろうとしている、主として科学者およびキリスト教徒の200名の男女を宗旨を超えて集まった。

"This isn't really, and never has been, a debate about science," says the conference's prime mover, law professor Phillip Johnson of the University of California at Berkeley. "It's about religion and philosophy." Mr. Johnson also insists the real issue in the century-old debate isn't even about the early chapters of Genesis. "I turn instead to John 1," says the astute Presbyterian layman, "where we're told that 'In the beginning was the word.'"

「これは真に、そして絶対に、科学についての論争ではない。」と会議の第1発言者たるカリフォルニア大学バークレイ校の法学教授Phillip Johnsonは言った。「これは宗教と哲学について論争だ。」Phillip Johnsonは一世紀にわたる論争の真の議題が、創世記の始めの章についてものですらないと主張した。「代わりにヨハネによる福音書1節、『始めに言葉ありき』を挙げよう。」と長老派教会の信者(であるPhillip Johnson)は言った。

[Jay Grelen: "Witnesses for the prosecution" (1996/11/30) on World Magazine]
このポジションは、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteから流出したWedge Documentにおいても示されている:
The proposition that human beings are created in the image of God is one of the bedrock principles on which Western civilization was built. Its influence can be detected in most, if not all, of the West's greatest achievements, including representative democracy, human rights, free enterprise, and progress in the arts and sciences.

人間が神の形に似せて創られたという命題は、西洋文明が構築された基盤原則のひとつである。その影響は、そのすべてでないにせよ、代議制民主主義、人権、企業活動の自由や芸術および科学の発展を含む西洋の偉大な業績の多くに見られる。

Yet a little over a century ago, this cardinal idea came under wholesale attack by intellectuals drawing on the discoveries of modern science. Debunking the traditional conceptions of both God and man, thinkers such as Charles Darwin, Karl Marx, and Sigmund Freud portrayed humans not as moral and spiritual beings, but as animals or machines who inhabited a universe ruled by purely impersonal forces and whose behavior and very thoughts were dictated by the unbending forces of biology, chemistry, and environment. This materialistic conception of reality eventually infected virtually every area of our culture, from politics and economics to literature and art.

一世紀少し前に、この基本的な考え方は、現代科学の発見に近づく知識人による大規模の攻撃を受けた。伝統的な神と人間の概念の両方をデバンクし、チャールス・ダーウィンやカール・マルクスおよびジーグムント・フロイトのような思想家は、人間をモラルと精神的な存在ではなく、純粋に非人格な力によって規定された宇宙に居住する動物や機械であって、その挙動とまさに思考が確固たる生物学と化学と環境に支配されていると描写した。現実に対するこの唯物論的考え方は結局、政治家や経済から文学や芸術まで我々の文化の事実上すべてに感染した。

[コピー, Discovery Instituteによる言い訳つきバージョン]
ここでは「西洋文明が構築された基盤原則のひとつ」である「人間が神の形に似せて創られたという命題」に対する攻撃者として、進化論が位置づけられている。

そして、Phillip Johnsonは、この戦いを"民主的"な手段で勝利しようとしている:
Phillip Johnson's strategy stretches like a would-be eclipse over most of the differences. "We can't afford to be shooting incessantly at each other over old-earth and young-earth disagreements," he says wherever he goes among evangelical Christians. "The real enemy is naturalistic, impersonal Darwinism that deliberately and consciously seeks to set God on the sideline of our culture." Mr. Johnson suggests there will be time enough for settling the details of creation once Darwinism has been denied its century-old dominance.

Phillip Johnsonの戦略は、ほとんどの(キリスト教の)差異にを超えて蝕の影のように伸びていく。彼は福音主義キリスト教徒の中のどこへ行っても「我々には、古い地球の創造論と若い地球の創造論の違いについて互いに撃ち合っている余裕はない。真の敵は、故意に意図的に、神を我々の文化のサイドラインの外側に追いやろうとする自然主義、非個性のダーウィニズムだ。」と言う。Johnsonは一世紀にわたるダーウィニズムの優位を打ち砕けば、創造論の細かい点について決着をつける時間はいくらでもあると示唆している。

[Jay Grelen: "Witnesses for the prosecution" (1996/11/30) on World Magazine]
この報道記事を裏付けるように、Phillip Johnson自身も同様のこと書いている:
By controlling the terminology, then, Darwinists have given the world the impression that the significant divide in public opinion about evolution is that between the Genesis literalists and everybody else. This is a sorry misunderstanding. For the fundamental disagreement is not over the age of the earth or the method of creation; it is over whether we owe our existence to a purposeful Creator or a blind materialistic process. The 47 percent in the 1991 Gallup Poll who say that God created suddenly and the 40 percent who say that God created gradually are basically in agreement- in comparison to the 9 percent who say that God did not create at all. When the majority finally understands this, it will become possible to challenge the monopoly of evolutionary naturalism both in the media and the educational system.

用語をコントロールすることにより、ダーウィン論者は進化論についての世論を、文字通りの創世記解釈とそれ以外のみんなに決定的に分かたれるという印象を与えた。これは悲しい誤解だ。基本的な不一致は、地球の年齢や創造の方法ではない。基本的な不一致は、我々の存在が、目的を持った創造主によるものなのか、盲目の機械論的過程によるものかなのだ。1991年のGallupの世論調査での、神は全く創造をしていないと答えた9%と比べれば、神が突如に創造したと答えた47%と時間をかけて神が創造したと答えた40%は基本的な考えは一致している。このことを多数派が理解すれば、メディアと教育の分野で進化論的自然主義の独占への挑戦が可能となるだろう。

[Phillip Johnson: "Creator or Blind Watchmaker? (1993/01) on First Thing]
まさに、世論の圧倒的支持によって、科学理論を葬り去ろうとしていることを自ら表明している。

このような"民主的"な方法の実例が、1923年のオクラホマ州法・1923年のオクラホマおよびフロリダ州法・1925年のテネシー州法のような進化論教育を禁じる反進化論州法である[ie Anti-Evolution and the Law]。

このような反進化論州法が違憲だと認定されると、創造科学やインテリジェントデザインという形で、「進化論に対抗する有効な科学理論が存在する」と人々に思わせる方法がとられてきた。思わせるだけだから実体は不要。Discovery InstiuteのシニアフェローであるGorge Gilderはインテリジェントデザインに内容不要と言い放っている:
"I'm not pushing to have [ID] taught as an 'alternative' to Darwin, and neither are they," he says in response to one question about Discovery's agenda. "What's being pushed is to have Darwinism critiqued, to teach there's a controversy. Intelligent design itself does not have any content."

Discovery Instituteの方針について問われたとき、彼(George Gilder)は「私はダーウィンの代替としてインテリジェントデザインを教えることを推進していない。そして彼らもだ。推進しているのはダーウィニズムを批判することであり、論争があることを教えることだ。インテリジェントデザイン自体に中味はない」と答えた。

[The evolution of George Gilder (Boston.com 2005/07/27)]
インテリジェントデザインの父たるPhillip Johnsonもインテリジェントデザインに教える内容がないと昨年発言している:
GALESBURG - The father of intelligent design says his child is not ready for school.
The hypothesis of intelligent design, while being developed, is not complete enough to be taught in the classroom, Phillip Johnson, professor emeritus of law at the University of California at Berkeley, said during a lecture at Knox College Friday.
インテリジェントデザインの父は、彼の子供がまだ学校へ行く準備ができていないと言った。インテリジェントデザイン仮説は発展途上であり、授業で教えるに十分には完成していないと、カリフォリニア大学バークレー校の法学名誉教授Phillip Johnsonは、金曜のKnox Collegeでの講義で発言した。

[Intelligent design founder argues against evolution (Register-Mail 2006/02/18)]
なので、実際にはインテリジェントデザイン研究などなきに等しい。

インテリジェントデザイン運動サイドが出していた"インテリジェントデザイン学術誌"Origins and Design(発行元: Access Research Network)は最大でも年間7本しか掲載論文がなく2000年に消滅。これの後を継いで2002年にスタートしたProgress in Complexity, Information and Design (発行元 ISCID)も2005年で消滅。最大で年間23本だった。これらすべてあわせても81本。しかも、Granville Sewellのポエムのような"Evolution and the Second Law of Thermodynamics"なども含んでのこと。「インテリジェントデザインの研究が実際に行われている」フリ以上のものではない。

実際に研究を進めて進化論を打倒す意志などみられない。それは当然といえば当然で、インテリジェントデザイン運動サイドにとって、この戦いが、「西洋文明が構築された基盤原則のひとつである、人間が神の形に似せて創られたという命題への大規模な攻撃たるダーウィニズム」に対する「科学ではなく、宗教と哲学」としての戦いだから。


そして、民主党優位のルイジアナ州議会で圧倒的多数で可決され、共和党Bobby Jindal州知事が署名して成立した、創造論の理科教育への持ち込みを容認可能なルイジアナ州法Act473は、まさに"民主的"勝利。

posted by Kumicit at 2008/07/21 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック