2008/09/02

創造論も教えるべきなSarah Palin副大統領候補

共和党大統領候補John McCain連邦上院議員の副大統領候補Sarah Palinアラスカ州知事は、創造論教育を支持している。

2006年秋のアラスカ州知事選のとき、Anchorage Daily Newsの報道によれば、2006年10月25日のテレビ討論会KAKM Channel 7で、次のように創造論と進化論の両方を教えることを支持する発言をした:
PALIN: "Teach both. You know, don't be afraid of information. "Healthy debate is so important and it's so valuable in our schools. I am a proponent of teaching both. And you know, I say this too as the daughter of a science teacher. Growing up with being so privileged and blessed to be given a lot of information on, on both sides of the subject -- creationism and evolution. It's been a healthy foundation for me. But don't be afraid of information and let kids debate both sides."

共和党Sarah Palin:「両方とも教えます。情報を怖がらないでください。健全な論争は我々の学校において、とても重要で価値あるものです。私は、両論を教えることを支持しています。これは理科の先生の娘としての発言でもあります。創造論と進化論の両方について、多くの情報を与えられて成長することは、とてもよいことです。私の健全な基盤となっています。情報を怖がらないでください。子供たちに両論を議論させてください。」

[TOM KIZZIA: "'Creation science' enters the race" (2006/10/27) on Anchorage Daily News]
しかし、翌日にへたれて主張を弱めている:
In an interview Thursday, Palin said she meant only to say that discussion of alternative views should be allowed to arise in Alaska classrooms:
"I don't think there should be a prohibition against debate if it comes up in class. It doesn't have to be part of the curriculum."
She added that, if elected, she would not push the state Board of Education to add such creation-based alternatives to the state's required curriculum.
...
Palin has occasionally discussed her lifelong Christian faith during the governor's race but said teaching creationism is nothing she has campaigned about or even given much thought to.

木曜日のインタビューで、Sarah Palinは「アラスカの学校で代替理論についての議論をしてもよいと言いたかっただけです。授業での論争を禁止すべきだとは考えていません。カリキュラムの一部である必要はありません。当選しても州の必須カリキュラムとして創造論ベースの代替理論を加えるように、州教育委員会に対して圧力をかけません。
...
(知事選において生涯にわたるキリスト教信仰について論じることはあったが) 創造論は知事選において重視していません」と発言した。

[TOM KIZZIA: "'Creation science' enters the race" (2006/10/27) on Anchorage Daily News]
このAnchorage Daily Newsの報道を引用する形で、Wiredが、John McCain連邦上院議員が副大統領候補にSarah Palinアラスカ州知事をすえることを批判する記事を出した:
"It's unfortunate McCain would pick someone who shares those particular anti-science views, but it's not a surprise," said Barbara Forrest, a Southeastern Lousiana University philosophy professor and prominent critic of creationist science. "She's a choice that pleases the religious right. And the religious right has been the chief force against teaching evolution."

Southeastern Lousiana Universityの哲学教授で、創造論科学の強力な批判者であるBarbara Forrestは「McCainが特定の反科学な見方を持つような者を選ぶことは不幸なことだ。彼女(Sarah Palin)を選ぶことは宗教右翼を喜ばせるだろう。そして、宗教右翼は進化論教育に反対する主勢力である。」と述べた。
...

According to Fordham Institute science education expert Lawrence Lerner, Palin's nomination is less worrisome in terms of education than the broad relationship of science and government.

"In the direct sense, vice presidents don't have much to do with what goes on in classrooms. But a person who's a creationist doesn't understand science and technology at all," said Lerner. "It doesn't bode well for science, and doesn't bode well for interaction between science and government."

Fordham Instituteの理科教育の専門家であるLawrence Lernerは「Sarah Palinの副大統領候補推薦を、科学と政府の広い関係に比べれば、教育については大きな問題ではない。直接的な意味では、副大統領は授業の内容に大して関わらない。しかし、創造論者な人は科学と技術をまったく理解しない。それは科学にとって好ましいことではなく、科学と政府の関係にとっても好ましいことではない。

[Brandon Keim: "McCain's VP Wants Creationism Taught in School" (2008/08/29) on Wired (COPY)]
さらに、Wiredの記事は、McCain連邦上院議員に対しても批判する:
President Bush has been publicly skeptical of evolution, while Democratic Presidential candidate Barack Obama has professed support. "I think it's a mistake to try to cloud the teachings of science with theories that frankly don't hold up to scientific inquiry," he said in April.

John McCain's campaign did not respond in time for publication.

ブッシュ大統領は公然と進化論に懐疑的であるのに対して、民主党大統領候補Barack Obamaが進化論支持である。4月にBarack Obamaは「科学的探究に耐えないような理論で、理科教育を混乱させようとするのは誤りだと考えている」と述べている。

これに対して、John McCainは何も公的に反応していない。

[Brandon Keim: "McCain's VP Wants Creationism Taught in School" (2008/08/29) on Wired (COPY)]
John McCain連邦上院議員は、これまでもインテリジェントデザインについての態度をふらふらさせてきている。2005年8月には教えるべきと言い、2006年7月には創造論を教えるべきでないと言い、2007年5月4日のテレビ討論では、妙なよろめき具合だった。、Jason Rosehouse助教授によれば次のようなものだったという:
John McCain was asked directly, “Do you believe in evolution?”

John McCain上院議員が「進化論を信じているか?」と直接質問された。

The answer, after a brief pause, was a simple, if somewhat uncomfortable, Yes.

困ったように、ひといきついてから、答えは、シンプルにイエス。

At this point Chris Matthews asked the ten candidates as a group to raise their hand if they did not believe in evolution. Kansas senator Sam Brownback raised his hand very quickly, closely followed by former Arkansas governor Mike Huckabee. A moment later, after hesitating to see how many other people would raise their hands, came Tom Tancredo. No one else raised his hand.

ここで、司会者Chris Matthewsが10人の候補者たちに、進化論を信じないなら手を挙げるように求めた。カンザス州の上院議員Sam Brownbackはただちに挙手した。すぐに続いて、前アーカンソー州知事Mike Huckabeeも挙手した。ひといきおいて、他に何人が挙手したかを見てから、Tom Tancredoが挙手した。他は挙手しなかった。

At this point, McCain decided that he'd better embellish his answer a bit. So he said, “I believe in evolution, but I also believe that when I hike the Grand Canyon and see a sunset that the hand of God is there also.”

ここで、McCain上院議員が自分の答えを飾る必要があると感じた。それでMcCain上院議員は「私は進化論を信じるが、グランドキャニオンに登って、日没を眺めると、そこに神の手があると信じる。」と付け加えた。

Translation: Whoops! I might have offended religious voters. Better throw in some canned, cliched, insincere remark about God.

翻訳:おっと。宗教的な有権者を敵に回したかもしれない。神について、月並みな発言をちょっとしておこう。

[Jason Rosehouse: "The Republicans on Evolution" (2007/05/04) on EvolutionBlog]
このあたりからすると、Sarah Palinアラスカ州知事を副大統領候補にする効果は、John McCain連邦上院議員が高齢であることの対策および、共和党は女性大統領の可能性を容認するというメッセージ以外に、宗教右翼対策の意味があるように見える。

palin_mccain_660x.jpg


関連エントリ



posted by Kumicit at 2008/09/02 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック