2008/09/05

バスの広告を訴える世界カイロプラクティック連合

昨日Simon Singhを訴えるBritish Chiropractic Associationの話を取り上げた。

そのついでに、2年前に始まったChiropractic Stroke Victims Awareness Group(カイロプラクティック脳卒中犠牲者周知グループ)の広告をめぐるGBTA(ブリッジポート交通局)とWorld Chiropractic Allianceの裁判について、Stephen Barrett, M.D.主宰のQuackwatchのカイロプラクティック専用サイトであるStephen Barrett, MD, and Samuel Homola, DCが管理するChiroBase記事を見てみることにしよう:
[Stephen Barrett, M.D. : "Chiropractors Angry about Bus Ad" (2006/05/27) on ChiroBase]

The World Chiropractic Alliance (WCA), an organization dedicated to "preserving and strengthening subluxation-based chiropractic around the world," is upset about a conspicuous ad appearing on the outside of a bus in Bridgeport and Waterbury, Connecticut. On May 8th, a lawyer acting on its behalf notified the Greater Bridgeport Transit Authority (GBTA) that if the ad ws not immediately removed, the WCA and several local chiropractors would file suit and ask state and federal authorities to investigate [1]. The ad was placed by the Chiropractic Stroke Victims Awareness Group.

世界の関節ベースのカイロプラクティックの維持強化を目的とする機関である"World Chiropracic Alliance(WCA)"は、コネチカット州BridgeportとWaterburyの1台のバスの外側に目に付くように描かれた広告に、WCAは怒っている。5月8日にその代理人として働く弁護士はGreater Bridgeport Transit Authority (GBTA)[ブリッジポート交通局]に対して、この宣伝がただちに除去されなければ、WCAと当該地域のカイロプラクターが訴訟を起こし、州政府および連邦当局に調査を要求するだろうと通告した。その広告はChiropractic Stroke Victims Awareness Group(カイロプラクティック脳卒中犠牲者周知グループ)によるものだった。

bus_ad_chiropractic.gif

It appears to me that the GBTA has done nothing wrong and will not be intimidated. Its official position is that:

私が思うに、GBTA(ブリッジポート交通局)は何も悪いことはしておらず、脅されることもない。GBTAの公式な立場は次のとおり:
The advertising space on our fleet of buses is considered “public forum” as is any advertising billboard, therefore protected by the first amendment of the US Constitution of “free speech.” This amendment therefore limits advertisers that can be rejected regardless of the concerns of any one body in the community. The GBTA could not and will not engage in any form whatsoever that could be construed as prejudicial or bias. GBTA does not condone or support any of our advertiser’s claims. The advertisement in question defames no one; it merely sets forth a rhetorical question common in lawyer and professional mass media advertising, which asks whether the reader was injured by a chiropractor. We thank you for your correspondence.

我が社のバスの広告スペースは広告板と同様にパブリックフォーラムと考えられ、従って、米国憲法修正第1条の言論の自由により保護されます。この修正第1条は、コミュニティのいかなる構成員の懸念に関わらず、拒否されうる広告を制限されます。GBTAは、偏見あるいはバイアスのかかったと見なされるものに、いかなる関与もしません。GBTAは広告主の主張を大目に見ることも、支持することもありません。問題となっている広告は、誰も誹謗していません。読者がカイロプラクターで被害を受けたかを問うているだけの、弁護士やプロのマスメディアの広告によくある修辞的質問です。お問い合わせありがとうございます。
Because the ad points to the Neck911 Web site, many chiropractors assume the Chiropractic Stroke Victims Awareness Group owns the site. That is not true, however. Neck911 is a network of professionals who provide consultations on complications due to neck manipulation [2]. Its Web site is operated by John W. Kinsinger, M.D., an anesthesiologist who has investigated many chiropractors [3]. Dr. Kinsinger told me that neither he nor Neck911 had anything to do with the content or placing of the ads.

広告にはNeck 911のサイトのアドレスが書かれているので、多くのカイロプラクターはNeck 911がChiropractic Stroke Victims Awareness Group(カイロプラクティック脳卒中犠牲者周知グループ)によるサイトだと考えた。しかし、これは間違いだ。Neck911は首のマニピュレーションによる合併症についてコンサルテーションを行っている専門家のネットワークである。

Last year, the Chiropractic Stroke Victims Awareness Group placed other ads that angered chiropractors. One used the billboard pictured to the right. The other advertised in the Hartford Courant that:

昨年、Chiropractic Stroke Victims Awareness Group(カイロプラクティック脳卒中犠牲者周知グループ)は他の広告でもカイロプラクターたちを起こらせた。そのひとつは以下の写真のようなものだった。また他にも、次のようなHartford Courantの広告があった:
Our mission is to warn people of the risks involved with chiropractic adjustments and to help victims, like us, their families try to get back some degree of normalcy in their lives. Unfortunately, chiropractic adjustments are not completely safe and without risk. We are the proof. If you or a loved one have been affected, We Want to Hear from You."

我々のミッションは、カイロプラクティック治療に内在するリスクを人々に警告し、我々のような被害者を援助し、少しでも正常な状態に戻そうとする家族たちを援助することである。不幸なことに、カイロプラクティックは完全に安全というわけではなく、リスクがないわけでもない。我々自身がその証拠である。もし、あなた自身、あるいは、あなたの愛する人が被害を受けたのであれば、我々は、あなたの話を聞きたい。

board_ad_chiropractic.gif
The Connecticut Chiropractic Association complained to the billboard company and the newspaper and published a newspaper counter-ad which claimed that chiropractors' "proven safety record" and "focus on education and patient improvement, as research now shows, are important factors in the success of chiropractic management. . . " [4]

コネチカットカイロプラクティック協会は広告板会社や新聞社に文句を言い、新聞に「協会はカイロプラクターたちの安全の証明を記録している。また協会は、研究が示すように、カイロプラクティック管理の成功に重要な要素である教育と患者の状態改善にフォーカスしている」という対抗広告を出した。

Stroke from chiropractic neck manipulation occurs when an artery to the brain ruptures or becomes blocked as a result of being stretched. Speculations exist that the odds of a serious complication due to neck manipulation are somewhere between one in 5,000 and one in 10 million manipulations. No one really knows, however, because there has been little systematic study of its frequency [5]. Neck911 has summed up the situation this way:

カイロプラクティックの首のマニピュレーションによる脳卒中は、脳への動脈の破壊あるいはストレッチされた結果としての閉塞によって起きる。首のマニピュレーションによる重篤な合併症の発生確率は1/5000〜1/1000万という推測がある。その発生頻度についての系統的研究がほとんどないために、誰もその数字はわからない。Neck911はこれらの状況を次のようにまとめている:
The chiropractic profession has attempted to ignore, or minimize the realities of this devastating consequence. They often state that it occurs in only one out of a million cervical manipulations, or that a person is more likely to be struck by lightning. Recently an administrator at a prominent chiropractic college in the midwest was asked about stroke following chiropractic upper cervical manipulation. He responded that this phenomenon has NEVER happened. Of course this is totally false as prestigious medical journals from around the world have documented these cases for the past sixty years.

カイロプラクティックの専門家は、この破滅的な結末の現実を無視あるいは過小評価しようとしている。彼らは頻繁に、100万回の首の間にピュレーションで1回起きたに過ぎないとか、稲妻に打たれた可能性の方が大きいと言う。最近も、中西部の著名なカイロプラクティック大学の代表者が、首上部のマニピュレーションのあとに起きる脳卒中について質問された。彼はそのような現象はまったく起きていないと応えた。この主張はまったくの誤りだ。過去60年にわたり、世界中の権威ある医学学術誌がこのような症例を掲載している。

The real concern should not focus on the frequency of this occurrence but rather on risk/benefit ratio. No matter how infrequent the complication, if there is little or no benefit to the procedure, then a complication as severe as death can not be risked. This is the case with regard to chiropractic manipulation of the highest part of the neck. It is a procedure that is used to treat everything from ear infections in babies to high blood pressure and epilepsy in adults. There is no evidence of any benefit for the majority of the ailments that this procedure is utilized for [6].

現実問題として考えるべきは、脳卒中に頻度ではなく、脳卒中のリスクとカイロプラクティックの効果のバランスである。合併症の確率が小さくても、マニピュレーションの効果がほとんどなければ、死亡のような重大な合併症のリスクはとれない。この症例は、カイロプラクティックのマニピュレーションの対象として最も多い首についてである。首のマニピュレーションは、乳児の耳の感染症から成人の高血圧や癲癇の治療にまで使われる。これらの治療が適用される大多数の症状にとって、効果があるという証拠はない。
On May 24, WTNH-TV aired a program about the bus ad which described the Chiropractic Stroke Victims Awareness Group as "victims, family members and friends who have been traumatized" by chiropractic treatment and "whose lives have been destroyed." [7] Two members appeared on the program. The first, identified as "Britt," said she had reached an out-of-court settlement after having a stroke about three years ago in her chiropractor's office. Britt continues to receive physical therapy and requires a feeding tube because she' has lost the ability to swallow. The other member is Linda Solsbury, a former nurse who won a jury award after suffering a stroke during an adjustment 20 years ago. She is partially paralyzed, can't speak, and must use a keyboard to communicate. The book Chiropractic: The Greatest Hoax of the Century? has a chapter about her case [8].

2006年5月24日にWTNH-TVは「Chiropractic Stroke Victims Awareness Groupをカイロプラクティック治療によってトラウマになり、生活を破壊された犠牲者とその家族と友人たちの集まりだという」バスの広告について取り上げた番組を放映した。2名の会員が番組に出演した。まず、Brittという名の女性は、カイロプラクティック治療所での3年前の脳卒中について、法廷外の解決に到達したと述べた。Brittはその後も理学療法を受け続け、食物を飲み込めなくなったためにチューブを挿入されている。もう一人の会員はLinda Solsburyで、20年前の治療で脳卒中になったあと、陪審で勝利した元看護婦である。彼女は部分麻痺であり、話すことができず、会話のためにキーボードが必要である。"Chiropractic: The Greatest Hoax of the Century?"(カイロプラクティック:世紀最大の詐欺?)という本のひとつの章で、彼女の症例が取り上げられている。

References

Negrete CF. Letter to Vincent J. Biondi and Ronald Kilcoyne, May 8, 2006.
About Neck911. Neck911 Web page, accessed May 19, 2006.
Kinsinger JW. My experiences with nine chiropractors. Chirobase, Dec 25, 2003.
Connecticut State News. Dynamic Chiropractic Web site, accessed May 20, 2006.
Barrett S. Chiropractic's dirty secret: Neck manipulation and strokes. Quackwatch, Jan 27, 2004.
What chiropractors are saying. Neck911 Web site, accessed May 20, 2006.
Injured by a chiropractor? WTNH-TV, May 24, 2006.
The crippling of Linda Solsbury. In Chotkowski LA. Chiropractic: The Greatest Hoax of the Century? Kensington, CT: New England Books, 2005.
BridgeportはMetro NorthのNew Have Line沿線の街で、ManhattanのGrand Centralから1時間半ほどの北東に進んだところにある。New YorkのMTAやNew JerseyのNJ Transitと似たような組織と思われるGBTA(Greater Bridgeport Transit Authority)がバスを運行している。このGBTAの回答「問題となっている広告は、誰も誹謗していません。読者がカイロプラクターで被害を受けたかを問うているだけの、弁護士やプロのマスメディアの広告によくある修辞的質問です。」は、いいボケで、World Chiropractic Allianceをあしらった形になっている。

それはさておき、カイロプラクティックによる脳卒中被害は深刻な問題である。日本では厚生労働省の通達(1991年6月28日 医事58号)で、「頚椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は、患者の身体に損傷を加える危険が大きいため、こうした危険の高い行為は禁止する必要があること」などを述べている:
[医業類似行為に対する取扱いについて (平成三年六月二八日) (医事第五八号)]

2 いわゆるカイロプラクティック療法に対する取扱いについて

近時、カイロプラクティックと称して多様な療法を行う者が増加してきているが、カイロプラクティック療法については、従来よりその有効性や危険性が明らかでなかったため、当省に「脊椎原性疾患の施術に関する医学的研究」のための研究会を設けて検討を行ってきたところである。今般、同研究会より別添のとおり報告書がとりまとめられたが、同報告においては、カイロプラクティック療法の医学的効果についての科学的評価は未だ定まっておらず、今後とも検討が必要であるとの認識を示す一方で、同療法による事故を未然に防止するために必要な事項を指摘している。

こうした報告内容を踏まえ、今後のカイロプラクティック療法に対する取扱いについては、以下のとおりとする。

(1) 禁忌対象疾患の認識

カイロプラクティック療法の対象とすることが適当でない疾患としては、一般には腫瘍性、出血性、感染性疾患、リュウマチ、筋萎縮性疾患、心疾患等とされているが、このほか徒手調整の手技によって症状を悪化しうる頻度の高い疾患、例えば、椎間板ヘルニア、後縦靭帯骨化症、変形性脊椎症、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症、環軸椎亜脱臼、不安定脊椎、側彎症、二分脊椎症、脊椎すべり症などと明確な診断がなされているものについては、カイロプラクティック療法の対象とすることは適当ではないこと。

(2) 一部の危険な手技の禁止

カイロプラクティック療法の手技には様々なものがあり、中には危険な手技が含まれているが、とりわけ頚椎に対する急激な回転伸展操作を加えるスラスト法は、患者の身体に損傷を加える危険が大きいため、こうした危険の高い行為は禁止する必要があること。

(3) 適切な医療受療の遅延防止

長期間あるいは頻回のカイロプラクティック療法による施術によっても症状が増悪する場合はもとより、腰痛等の症状が軽減、消失しない場合には、滞在的に器質的疾患を有している可能性があるので、施術を中止して速やかに医療機関において精査を受けること。

(4) 誇大広告の規制

カイロプラクティック療法に関して行われている誇大広告、とりわけがんの治癒等医学的有効性をうたった広告については、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律第十二条の二第二項において準用する第七条第一項又は医療法(昭和二十三年法律第二百五号)第六十九条第一項に基づく規制の対象となるものであること。
患者サイドとしては(3)が重要だと思われる。海外でも、同様で、カナダの神経科医たちも、一般の人々に対して、首のマニピュレーションの後に、突然の首の痛みや視覚障害や吐気が起きたら、正常な状態ではないことを認識するように求めている。

WCAとGBTAの対決やBCAとSimon Singhの対決はさておいても、カイロプラクティックと脳卒中の問題は気にかけておく必要があるかもしれない。


posted by Kumicit at 2008/09/05 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。