2008/10/23

南アフリカのHIV否定論者たちの退場

Kumcitが最初に南アフリカのHIV否定論を取り上げたのは昨夏のこと

==>ニセ科学「AIDS再評価運動」〜南アフリカの場合〜 (2007/08/15)

このときの主要な登場人物は3名:

  • Thabo Mbeki 南アフリカ共和国大統領[1999〜]
    HIVはAIDSの原因ではないというAIDS再評価運動を擁護する
  • Manto Tshabalala-Msimang 南アフリカ共和国厚生相
    抗レトロウィルス剤によるAIDS対策に消極的で、レモン・ガーリック・テービルビートの効用を主張する。
  • Matthias Rath, MD
    ガンやAIDSに関するニセ医学を広めている。Dr. Rath Foundation South Africaは抗レトロウィルス剤を有害だと宣伝

Mbeki_SA Manto_SA Rath_SA

2008年6月18日のBBCの報道によれば、これらのうち、Matthias Rathによるビタミン治療に対して、ケープタウン高裁は禁止する判決を出した。
[S Africa bans Aids vitamin trials (2008/06/18) on BBC]

A South African court has banned unauthorised trials of vitamin therapies for Aids, which some say are a health risk.

南アフリカの法廷が。医療リスクのある、非認可のAIDSビタミン治療法の試行を禁止した。

The High Court in Cape Town ruled against German physician Matthias Rath and US doctor David Rasnick, a former adviser to President Thabo Mbeki.

ケープタウン高裁は、ドイツ人医師Matthias Rathと、Thabo Mbeki大統領[当時]の元顧問だった米国人医師David Rasnickに不利な判決を下した。

The case was brought by the pressure group the Treatment Action Campaign and the South African Medical Association.

この裁判は圧力団体Treatment Action Campaign(TAC)とSouth African Medical Association(SAMS)によって起こされたものである。

They accused Dr Rath of conducting illegal trials among poor communities.

TACとSAMSはDr. Rathが違法な試行を貧しい人々に対して行っていると告発した。

"It is declared that the clinical trials conducted in South Africa are unlawful," Judge Dumisani Zondi said in his ruling.

「南アフリカで行われた医療試行は違法である」とDumisani Zondi判事は判決の中で述べた。

Matthias Rath and his Rath Foundation promote vitamin pills and minerals which they say can reverse the development of HIV/Aids.

Matthias Rathと彼のRath Foundationは、ビタミン剤とミネラルでHIV/Aidsの進行を逆転させられると宣伝・推進していた。

But critics say such trials had led to unnecessary deaths when HIV-positive people stopped using anti-retroviral drugs.

しかし、批判者たちは、この試行のために、HIV感染者が抗レトルウィルス剤を使用するのを止めることで、不必要に死ぬことになると言っている。...
HIV否定論(HIVはAIDSの原因ではない)をとるThabo Mbeki大統領は既に昨年冬、南アフリカ与党ANCの党首選で、「AIDS感染予防はシャワー」なJacob Zumaに敗れた

==>「AIDS感染予防はシャワー」なJacob Zumaが事実上、次期南アフリカ共和国大統領に (2007/12/21)

大統領選挙は2009年の予定だったが、BBCの2008年9月21日の報道によれば、敵を作りすぎて、地位を追われることになった:
[Martin Plaut: "Why Mbeki had to go" (2008/09/21) on BBC]

The African National Congress's decision to sack President Thabo Mbeki has been described by some South African commentators as "regicide".
そして、Telegraphの2008年9月25日の報道によれば、与党ANCのKgalema Motlantheが、大統領選挙までの臨時大統領に選出された:
[Sebastien Berger: "Thabo Mbeki's successor Kgalema Motlanthe sworn in as South Africa president" (2008/09/25) on Telegraph]

South Africa's third post-apartheid president, Kgalema Motlanthe, was sworn in as the ruling African National Congress tried to move on from the ousting of Thabo Mbeki.

Mr Motlanthe, 59, is a former agent of the ANC's armed wing Umkhonto we Sizwe, a Robben Islander prisoner and trade unionist. He was elected to the post by parliament, defeating Joe Seremane of the opposition Democratic Alliance 269-50, with 41 abstentions.
そして、Telegraphによれば、レモンとガーリックのManto Tshabalala-Msimangは厚生相から大統領府へ異動になった。
The health minister Manto Tshabalala-Msimang, a key Mbeki ally whose advocacy of beetroot, wild garlic and the African potato as treatments for HIV has long been ridiculed, was stripped of her post and moved to the presidential office, in a move that will be welcomed by activists fighting a disease that kills almost 1,000 South Africans every day.
The Associated Pressは、Tshabalala-Msimang厚生相解任を祝う記事を配信した:
[CLARE NULLIS: "South Africa's removal of health minister praised" by Associated Press (2008/09/25)]

CAPE TOWN, South Africa (AP) — AIDS activists on Friday celebrated the removal of South Africa's health minister, accused of causing countless unnecessary deaths by promoting nutritional supplements instead of conventional medicine for people with HIV.

AIDS運動家たちは金曜日に、通常のHIV薬品の代りに栄養サプリメントを推奨することで無数の無用の死者を出してきたと批判されてきた、南アフリカの厚生相解任を祝った。

New President Kgalema Motlanthe, within hours of taking office Thursday, won instant praise by announcing that Manto Tshabalala-Msimang would be removed as health minister and given a lesser post in his office.

新大統領Kgalema Motlantheは木曜日に就任して数時間で、Manto Tshabalala-Msimangが厚生相から大統領府へ異動することを発表することで、賞賛を得た。

...
代わって、厚生相に就任したのが与党ANCに所属する56歳の白人女性Barbara Hoganである。TIMEの2008年10月15日の報道によれば、Barbara Hogan厚生相はMbeki政権の方針から大きく転換し、まっとうなAIDS対策をとるという声明を出している:
[Claire Suddath: "South Africa's AIDS Truthsayer" (2008/10/15) on TIME]
This week, South African health minister Barbara Hogan got her country up to speed with the rest of the world with one statement: "We know that HIV causes AIDS." For years, South African officials had denied the link between the HIV and AIDS, and even recommended unconventional treatments like eating beetroot instead of taking antiretroviral medication.

今週、南アフリカ厚生相Barbara Hoganは世界と歩調を合わせるという声明を出した「我々はHIVがAIDSの原因であると知っている。」 長年にわたって、南アフリカ当局はHIVとAIDSの関係を否定し、抗レトロウィルス薬ではなく、ビートルートを食べると言う通常ではない治療法を推奨してきた。

...

Spoke out against former president Thabo Mbeki's denial of AIDS/HIV

Thabo Mbeki前大統領のAIDS/HIV否定論に反対する発言をした。

Chaired the finance committee between 1999-2004 but was removed by Mbeki, reportedly over of her public stance on HIV/AIDS

財政委員長を1999年から2004年まで務めたが、HIV/AIDSに対するスタンスにより、Mbeki大統領によって解任されたと報道された。
声明全文はTACのサイトで読める。
[Andrew Warlick: "Health Minister Barbara Hogan delivers landmark speech at HIV Vaccine Conference" (2008/10/16) on TAC

We know that HIV causes AIDS. The science of HIV and AIDS is one of one of the most researched subject in the medical field. The social science of the epidemic is still to catch up to this level. Since its discovery as the cause of AIDS in the early 1980s, the end is still not near in the road towards the discovery of an effective vaccine against HIV.

...
ということで、南アフリカのHIV否定論の主要人物たちは退場することとなった。

これで解決するほど、成人の20%がHIV感染者という南アフリカのAIDSの状況は簡単なものではないけれど、それでも良い方向には向かうだろう...と思いたい。


タグ:HIV denialism
posted by Kumicit at 2008/10/23 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。