2008/11/25

創造論者の主張「進化論者は観察と解釈を混同している」

「進化論者は証拠を先入観に基づいて解釈する」に続いて、創造論者の主張「証拠の解釈は観察とは同じではない」を紹介する:
Claim CA230:
Evidence for evolution has not been observed. Claims that it has confuse observation with interpretation. What is observed has to be interpreted to fit the hypotheses.

進化の証拠は観察されていない。その主張は観察と解釈を混同している。観察されたものが仮説に合うように解釈されている。

Source:
Wallace, Timothy. 2002. Five major evolutionist misconceptions about evolution. [URL]

Response:

  1. All observation requires interpretation. Even something as seemingly simple as seeing an object in front of you requires a great deal of interpretation to determine what it is, what properties it exhibits, how far away it is, and so forth (Sacks 1995). To dismiss absolutely everything we know because it is interpretation would be ludicrous.

    あらゆる観察/観測は解釈を必要とする。目の前のものを見ているだけという単純だと思われることであっても、それが何であり、どのような性質を持っていて、それがどれだけ離れているか等を定めるには、多くの解釈が必要である。それが解釈だと言う理由で我々が知っていることすべてを捨てるのは、おかしなことだ。

  2. Most of the evidence of evolution is not the sort about which interpretation is in question. The evidence consists of such things as the following:

    進化論の証拠の大半は解釈が問題になるようなものではない。証拠は次のようなもので構成される。

    • certain trilobite species are found in certain geological formations;
      特定の三葉虫種は、特定の地層で見つかる
    • many more varieties of marsupials are found in Australia than elsewhere;
      有袋類の種はオーストラリアに最も多く生息している。
    • bacteria in test tubes have been seen to change in certain ways over time;
      試験管内の細菌は時間とともに特定の方向に変化することが観察された
    • flies share some traits that other insects do not;
      ハエたちはほかの昆虫にない特徴を共有している

    and millions of other such facts, none of which are in dispute.
    そして、同様に幾百万もの事実があり、それらはいずれも論駁されていない。

    The sort of interpretation to which creationists object is how all the evidence fits together. They do not deny the evidence (not most of it, anyway); they deny that it is evidence for evolution.

    創造論者が異を唱える類の解釈は、すべての証拠をどう継ぎ合わせるかについてである。創造論者たちはほとんどの場合、証拠を否定しない。創造論者たちはそれが進化の証拠だという点を否定する。

    However, a fact gets to be considered evidence for a theory if it fits that theory and does not fit or is not covered by competing theories. (Ideally, the theory should predict the fact before the fact is known, but that is not essential for the fact to be evidence.) The millions of facts referred to above fit this criterion, so they qualify as evidence for evolution.

    しかし、その理論に合致し、対抗理論に合致しないか、カバーされていない事実であれば、その理論を支持する証拠と考えられる。理想的には、その理論が、事実が知られる前に、その事実を予測すべきだが、それはその事実が証拠たるための不可欠な条件ではない。幾百万の事実がこの規則にあっており、従って、それらは進化論を支持する証拠となっている。

  3. The interpretation on which creationism depends, in contrast, is based only on highly questionable and subjective ideas that do not fit together into a coherent whole.

    創造論者が依存する解釈は、これに対して、非常に疑わしく、かつ、組み合わせると、全体として首尾一貫しない主観的な考えに基づいている。


Links:

  1. Wilkins, John. 1997. Evolution and philosophy: Is evolution science, and what does 'science' mean? [URL]

References:

  1. Sacks, Oliver. 1995. An Anthropologist on Mars. New York: Vintage Books.





posted by Kumicit at 2008/11/25 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック