2008/11/22

テキサス州の理科教育標準をめぐる戦い継続中 (つづき)

米国の進化論教育を守るNational Center for Science Educationの記事によれば、テキサス州の新理科カリキュラム標準案に創造論用語"strengths and weaknesses of evolution"がちょっと言い方を変えて復活していた:
The standards under consideration were not the version released in September 2008, but a revised version drafted in November 2008 and not posted on the Texas Education Agency's website until November 17, 2008. A significant difference is that the September version omitted the "strengths and weaknesses" language of the old standards, which was selectively applied in 2003 by members of the board seeking to dilute the treatment of evolution in biology textbooks, while the November version includes a variant of it: "strengths and limitations."

現在検討中の理科カリキュラム標準は2008年9月に公表されたバージョンではなく、2008年11月17日まで公表されていなかった2008年11月バージョンである。2003年の標準では生物学教科書の進化論の扱いを弱めようとした州教育委員たちによって選択的に適用された"strengths and weaknesses"(進化論の強い点と弱点)という表現が、2008年9月バージョンでは削除されたが、2008年11月バージョンでは"strengths and limitations"(強さと限界)という変形した形で含められた。これが大きな違いである。

[Testimony in Texas (2008/11/20) on National Center for Science Education]
この動きは、州教育委員長を含む創造論教育を支持する州教育委員たちによるものと思われる。たとえば...
For board member Ken Mercer, R-San Antonio, the issue involves academic freedom and allowing students to ask questions.
"I'm a big fan of academic freedom," Mercer said. "We're not putting religion in books."

San Antonio選出の共和党のKen Mercer州教育委員は、問題は生徒たちに質問を許す学問の自由を含むと言う「私は学問の自由の大ファンである。我々は宗教を教科書に入れようと言うのではない。」

[Gart Scharrer: "Board of Education challenged over evolution" (2008/11/19) on Houston Chronicle]
この「進化論に対する学問の自由」という最新の創造論用語の大ファンな創造論支持教育委員Ken Mercerである。

これに対して、Houston Chronicleの報道によれば、来春に決定されるテキサス州の新しい理科教育標準に"weakness of evolution"を入れないようにという要望をテキサス州の科学者・理科教師・州民が州教育委員会に申し入れた:
AUSTIN — Texas risks becoming a national joke if state educators insist on clouding the teaching of evolution, scores of scientists, science teachers and concerned residents Texans told the State Board of Education on Wednesday.

テキサス州教育委員会が進化論教育をあいまいにするなら、全米の笑いものになるだろうと、多くの科学者と理科教師とテキサス州民が水曜日(2008/11/19)にテキサス州教育委員会に告げた。

They pleaded with the 15-member board not to confuse public schoolchildren with a watered-down teaching of evolution by requiring teachers to teach the weaknesses or limitations of evolution.

彼らは、進化論の弱点あるいは限界を教えることを教師に義務付けることで進化論教育を弱めて、公立学校の生徒たちを混乱させるようなことをしないように、15名の州教育委員たちに嘆願した。

The board is expected to take a preliminary vote in January on new science curriculum standards that will dictate new science books for the state's 4.5 million students.

1月に州教育委員会は州450万の生徒たちの新しい理科教科書の記述を定める新しい理科カリキュラム標準について予備投票を行うことになっている。

...;

The issue for most critics focuses on the provision requiring both the strengths and weaknesses of evolution.

論点は、進化論の強さと弱さを教えることを義務付ける条項にある。

"Scientists want to get rid of this weaknesses wording. It's just bad science," Schafersman said. "Scientific theories don't have weaknesses."
Some science hypotheses have weaknesses, he said. But he and other experts emphasized that such theories governing atomic, germ or plate tectonics don't have weaknesses.

「科学者たちは"weaknesses"という記述を何とか従っている。その表現はまさに悪い科学である。科学的仮説には弱点を持つものもある。しかし、原子や細菌やプレートテクトニクスを支配する理論は弱点を持たない。」と[Texas Citizens for Science代表であるSteven] Schafersmanは述べた。
...

Nearly 90 people signed up to testify before the board. By early evening, only one person embraced the weaknesses provision.

90人近くが、州教育委員会で証言するために登録した。夕方早くまでに登録した人々のうち、一人だけが弱点を教えることの義務付けを受けれていた。

[Gart Scharrer: "Board of Education challenged over evolution" (2008/11/19) on Houston Chronicle]




関連エントリ


posted by Kumicit at 2008/11/22 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。