2008/12/11

42億年前あたりで準備済み

42億年前までには、地球は陸地と海洋がある、かなり穏やかな場所になっており、40億年以上前からプレートテクトニクスも始まっていた:

AgesAgo.jpg
Left, Bruce Watson; right, Don Dixon
AGES AGO Analyses of crystals in rocks in Australia, left, have formed a new picture of the early Earth, depicted with young oceans in the painting at right.
...

Geologists now almost universally agree that by 4.2 billion years ago, the Earth was a pretty placid place, with both land and oceans. Instead of hellishly hot, it may have frozen over. Because the young Sun put out 30 percent less energy than it does today, temperatures on Earth might have been cold enough for parts of the surface to have been covered by expanses of ice.

42億年前までには、地球は陸地と海洋がある、かなり穏やかな場所になっていたことに、ほとんどの地質学者が同意している。地獄のように焦熱ではなく、凍りついていたかもしれない。というのは、若い太陽は今日の30%程度のエネルギーを放射していて、地上の気温は十分に低く、一部の地表が氷で覆われていたかもしれない。

In a new analysis, published in the current issue of the journal Nature, the zircons, the only bits of earth older than 4 billion years definitively known to have survived, provide another tantalizing hint about the Hadean period. Dr. Harrison and two U.C.L.A. colleagues, Michelle Hopkins, a graduate student, and Craig Manning, a professor of geology and geochemistry, report that minerals trapped inside zircons offer evidence that the processes of plate tectonics -- the forces that push around the planet’s outer crust, forming and shaping the continents and oceans -- had already begun.

Nature誌の最新号で発表された新しい分析では、40億年以上前から明らかに残っていたことがわかっている地球の欠片であるジルコンが、冥王代[45〜38億年前]について、非常に良い手がかりを与える。Dr. HarissonとUCLAの共同研究者で大学院生のMichelle Hopkinsと、地質学と地球化学の教授であるCraig Manningは、ジルコンの内部に捕捉された鉱物から、大陸と海洋を形成する惑星外殻のまわりを押す力である、プレートテクトニクスの過程が既に始まっていた証拠を見出したことを報告している。

[KENNETH CHANG:"A New Picture of the Early Earth" (2008/12/02) on Newyork Times, 魚拓 page1, 魚拓 page2]
アミノ酸の準備も隕石落下で可能だという研究がある:
The researchers report in Nature Geoscience today that they replicated the impact of a chondrite, a common type of meteorite, striking the ocean at about 1.25 miles (two kilometers) per second. The team did this by subjecting chemical constituents of chondrites (iron, nickel and carbon), as well as water and nitrogen, believed to be plentiful in the early atmosphere, to shock compression. The resulting pressures and temperatures, which likely exceeded 5,000 degrees Fahrenheit (2,760 degrees Celsius), yielded a variety of organic (carbon-based) compounds, such as fatty acids and amines. And when ammonia, which a previous study showed impacts could produce, was added to the starting mix, the experiment also yielded glycine (a simple amino acid).

本日のNature Geiscienceに掲載された報告によれば、よくある隕石であるコンドライトが2km/sで海洋に衝突した状態を再現した。研究チームはこれをコンドライトの化学組成(鉄とニッケルと炭素)および原始大気に十分あったと考えられる水と窒素を圧縮することで行った。2760℃をこえる衝突による温度と圧力により、脂肪酸やアミノ酸などの炭素をベースとする多様な有機化合物が生成された。従来の研究によって隕石衝突で生成されることがわかっているアンモニアを加えた場合、実験では単純なアミノ酸であるグリシンが生成された。

Rock and Roil: Meteorites Hitting Early Earth's Oceans May Have Helped Spawn Life (2008/12/07) on Scientific American]
これらをあわせると、生命誕生可能な状態は42億年前には実現していたと考えてよいようだ。




posted by Kumicit at 2008/12/11 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック