2008/12/27

Ground Zero

Wired ScienceによればCarlos Lab社が、核爆発の威力をGoogle Mapに表示するGroundZeroを公開している:
[Google Maps Mashup Combines Your Address, Nuclear Blast (2008/12/22) on Wired Science]

Nuclear weapons are often measured in kilotons, but that doesn't really tell the story of a weapon's destructive power.

核兵器はキロトンで大きさを表示されることが多いが、兵器の破壊力がそれではわからない。

Now, a new Google Maps mashup called Ground Zero lets you see the radius of thermal damage caused by a nuclear weapons blast centered at the address of your choice. In the screenshot at the right, we can see that an American-made B61 bomb hitting Wired HQ would knock out most of San Francisco.

そこで、Ground Zeroと呼ばれる新たなGoogle Maps mashupが、選択した地点を爆心とする核爆発による熱線のダメージ範囲を表示する。スクリーンショットでは、米国製B61爆弾が、Wired本社の直撃して、サンフランシスコの大半を破壊しているのが見れる。

The visualization tool comes courtesy of Carlos Labs, an Australian coding firm. It appears that they used the same (or similar) data as the Federation of American Scientists. The FAS writes that most buildings within the inner circle will be "completely destroyed." The next circle will be fire-filled, and the outer regions would experience major damage from the blast shockwave.

可視化ツールはオーストラリアのコーディング会社であるCarlos Labsの好意によるものである。彼らはFederation of American Scientistsが使ったデータと同じ(もしくは同様の)データを用いている。FASでは、内側の円内の建物の大半は完全破壊を示している。その外側にある円は、火炎領域。さらに外側の円内では核爆発の衝撃波により大きな損害を被る。

If you want to understand what these colored circles mean, head over to the Department of Energy's Historical Test Films page and take a look at some of the footage of the American military's nuclear weapons tests.

各色の円の意味を理解したいときは、エネルギー省のHistorical Test Filmsのページで、米国の核実験の場面を見てほしい。
ツールとしては、被害領域をオーバーレイしているシンプルなものだが、データはNuclear Weapon Effects Calculator(at FAS)なので、信頼できる値である。

ということで、とある街に15ktと50mtの核攻撃をしてみた:
GroundZero-Pyongyang-15kt.png
GroundZero-Pyongyang-50mt.png

posted by Kumicit at 2008/12/27 01:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。