2009/01/10

Survival Under Atomic Attack (1951)

1951年の米国政府による「Survival Under Atomic Attack (1951) U.S. Office of Civil Defense」という短編をたまたま見つけた。ツッコミどころ満載というか、すべてがツッコミどころ。



映画版よりも1年前に出たテキストバージョンはこう始まっている:
SURVIVAL UNDER ATOMIC ATTACK -- THE OFFICIAL U.S. GOVERNMENT BOOKLET (1950)]

Executive Office of the President
National Security Resources Board
Civil Defense Office
NSRB Doc. 130

You can survive



You can live through an atom bomb raid and you won't have to have a Geiger counter, protective clothing, or special training in order to do it.

キミは核攻撃を生き抜ける。ガイガーカウンターも、防護服も、特別な訓練も必要ない。

The secrets of survival are:
その秘密は:
KNOW THE BOMB'S TRUE DANGERS. KNOW THE STEPS YOU CAN TAKE TO ESCAPE THEM.
爆弾の真の危険性を知ること。この危険からのがれるためにできることを知ること。


To begin with, you must realize that atom splitting is just another way of causing an explosion. While an atom bomb holds more death and destruction than man has ever before wrapped in a single package, its total power is definitely limited. Not even hydrogen bombs could blow the earth apart or kill us all by mysterious radiation. Because the power of all bombs is limited, your chances of living through an atomic attack are much better than you may have thought. In the city of Hiroshima, slightly over half the people who were a mile from the atomic explosion are still alive. At Nagasaki, almost 70 percent of the people a mile from the bomb lived to tell their experiences. Today thousands of survivors of these two atomic attacks live in new houses built right where their old ones once stood. The war may have changed their way of life, but they are not riddled with cancer. Their children are normal. Those who were temporarily unable to have children because of the radiation now are having children again.

まず始めに、核分裂は爆発を起こすための別の方法にすぎないことを知ってほしい。シングルパッケージでは"atom bomb"は史上最大の死と破壊をもたらすが、その総合力は決定的に限定的である。"hydrogen bomb"であろうとも、地球を吹きとばしたり、ミステリアスな放射能で我々を死滅させるわけではない。爆弾の力は限定的であるため、思ったよりも、核攻撃を生き抜く可能性は大きい。Hiroshimaの街では、核爆発から1マイルの距離にいた人々の半数以上が今も生きている。Nagasakiでは爆弾から1マイルの距離にいた70%近くが生きて、経験を語っている。今日では、これら2つの核攻撃を生き延びた人々が、新しい家を昔住んでいた場所に建てている。戦争は彼らの生き方を変えたかもしれないが、ガンを患ってはいない。子供たちは正常である。放射能のために一時的に子供が持てなかった人々も子供を持てている。

....

posted by Kumicit at 2009/01/10 01:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。