2009/01/31

2+2=5

「2 + 2 =5」といえば、最も有名なのは、ジョージ・オーウェルの"1984年"である:

'How many fingers am I holding up, Winston?'

'Four.'

'And if the party says that it is not four but five--then how many?'

'Four.'

...

'How many fingers, Winston?'

'Four.'

The needle went up to sixty.

'How many fingers, Winston?'

'Four! Four! What else can I say? Four!'

...

'How many fingers, Winston?'

'Four! Stop it, stop it! How can you go on? Four! Four!'

'How many fingers, Winston?'

'Five! Five! Five!'

'No, Winston, that is no use. You are lying. You still think there are
four. How many fingers, please?'

'Four! five! Four! Anything you like. Only stop it, stop the pain!'

...

'How many fingers, Winston?'

'Four. I suppose there are four. I would see five if I could. I am trying
to see five.'

'Which do you wish: to persuade me that you see five, or really to see
them?'

'Really to see them.'

'Again,' said O'Brien.

...

'How many fingers am I holding up, Winston?'

'I don't know. I don't know. You will kill me if you do that again. Four,
five, six--in all honesty I don't know.'

'Better,' said O'Brien.

FourFive1984.png
[Nineteen Eighty Four]
ただ、「2+2=5」はジョージ・オーウェルのオリジナルではなく、少なくとも2つの出典が指摘されている:
Indeed Lyons’ book[Eugene Lyons:"ASSIGMENT IN UTOPIA"] must have a made a lasting impression on Orwell. Lyons writes about a soviet slogan “2+2=5” used to describe that the 5-year plan could be achieved in four years. Orwell was to take this equation and incorporate it into his later novel 1984, where the main Character Winston Smith uses it to consider the possibility that the State might declare "two plus two makes five" as a fact; Winston ponders that if everybody believes in it, does that make it true?

Eugene Lyons[ソ連を賞賛した米国のジャーナリストで、後にソ連批判に回った]の本[Assignment in Utopia, ソ連で生活したときの記録, スターリンを徹底的に批判した]はジョージ・オーウェルに強い印象を残したはずだ。Eugene Lyonsは、5か年計画を4年で達成できるというソ連のスローガン「2+2=5」について書いている。ジョージ・オーウェルはこの数式を取り入れ、後の小説「1984年」で、「主人公ウィンストン・スミスが、国家が2+2=5を事実として主張する可能性を考える」ところで使った。ウィンストン・スミスは、もし誰もがこれを信じたら、2+2=5が真理になるのだろうかと、考えた。

[Nigel Linsan Colley: "James Mace Memorial Panel" (2005/06/19)]


Orwell may also have been influenced by Nazi Reichsmarschall Hermann Goring, who once, in a debatable hyperbolic display of loyalty to Adolf Hitler, declared, "If the Fuhrer wants it, two and two makes five!"

ジョージ・オーウェルは、ナチのヘルマン・ゲーリング帝国元帥の、アドルフ・ヒトラーへの忠誠競争の誇張表現「総統が欲するなら、2+2=5になります」に影響されたかもしれない。

[wikipedia: 2 + 2 = 5]
また、wikipedia: 2 + 2 = 5によれば、ジョージ・オーウェルが初出ではなく、ロシアを中心として、もう少し古くからある:
In Fyodor Dostoevsky's Notes from Underground, the protagonist implicitly supports the idea of two plus two making five, spending several paragraphs considering the implications of rejecting the statement "two times two makes four."

His purpose is not ideological, however. Instead, he proposes that it is the free will to choose or reject the logical as well as the illogical that makes mankind human. He adds: "I admit that two times two makes four is an excellent thing, but if we are to give everything its due, two times two makes five is sometimes a very charming thing too."

フョードル・ドストエフスキー[1821-1881]は、"地下室の手記"の中で、数パラグラフを費やして「2x2=4」を否定することの意味を考え、主人公が「2+2=5」という考えを暗黙のうちに支持している。

ドストエフスキーがそう書いた目的はイデオロギーではない。そうではなくて、非論理と同様に論理を選択あるいは否定する自由意志はが人間を人間たらしめると言うのが目的である。ドストエフスキーはさらにこう言う「私は2x2=4が素晴らしいと認めるが、我々に与えられるべきものが与えられるなら、2x2=5は非常に魅力的である」

Victor Hugo said "Now, get seven million five hundred thousand votes to declare that two and two make five, that the straight line is the longest road, that the whole is less than its part; get it declared by eight millions, by ten millions, by a hundred millions of votes, you will not have advanced a step."

ヴィクトル・ユーゴー[1802-1885]は言った。「すぐに、750万票が2+2=5に投票する。一直線が最も長い道のりであり、部分よりも全体の方が小さい。800万票になり、1000万票になり、1億票になれば、一歩も前へ進めなくなる。」[Victor Hugo
: "Napoleon the Little"
]

The idea seems to have been significant to Russian literature and culture. Ivan Turgenev wrote in prayer, one of his Poems in Prose "Whatever a man prays for, he prays for a miracle. Every prayer reduces itself to this: Great God, grant that twice two be not four."

この考えは、ロシア文学とロシア文化では重要だったようである。イワン・ツルゲーネフ[1818-1883]は散文詩のひとつである"祈り"で次のように書いている。「人が神が何を祈ったとしても、人は奇跡を祈る。すべての祈りは次で尽きている。偉大なる神よ、2x2≠4にしてください。」

Also similar sentiments are said to be among Leo Tolstoy's last words when urged to convert back to the Russian Orthodox Church: "Even in the valley of the shadow of death, two and two do not make six." Even turn-of-the-century Russian newspaper columnists used the phrase to suggest the moral confusion of the age (e.g. Novoe vremia (New Times), 31 October 1900.

ロシア正教会へと立ち返るように主張されたときの、レフ・トルストイ[1828-1910]の最後の言葉のひとつが同様な気分を示していると言われている:「死の闇の谷においても2+2=6にはならない。」 世紀の変わり目に、ロシアの新聞コラムニストはこのフレーズを、時代のモラルの混乱を示唆するのに使った[Novoe vremia 1900/10/31]。

[wikipedia: 2 + 2 = 5]
いずれも、「2+2=5」が非論理的・誤り・実現不可能などのネガティブな意味で使われている。自由意志は誤りを選択し、民衆は誤った投票をし、人々はありえざることを祈る。これをソ連が5か年計画のスローガンに採用していたことは、ブラックジョークという他ない。

posted by Kumicit at 2009/01/31 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113421418
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック