2009/02/02

"Metaphysics"

このブログ:忘却からの帰還最初のエントリ(2005/08/02)で取り上げたのが、University of Hwaii - Hilo の哲学科のRon Amundson教授の"The Hundredth Monkey Phenomenon"だった。

そのRon Amundson教授が担当講義"哲学310: 形而上学"について次のような注意書きを書いた[via Leiter Reports via Evolving Thoughts]。どうも、"ひのきのぼう"を装備した勇者たちが、Ron Amundson教授に挑んでいるらしい。
[Ron Amundson: Metaphysics DISCLAIMER (形而上学 免責条項)]

Phil 310, Metaphysics, is a course in some core topics in Western Philosophy, including the Free Will Problem, the Mind-Body Problem, related problems in Philosophy of Mind, and the Problem of Personal Identity. If you’re interested in what these involve, you can find long discussions online in the Stanford Encyclopedia of Philosophy: http://plato.stanford.edu/.

哲学310"形而上学"は、自由意志問題や心身問題や心の哲学に関連する問題や人格の同一性の問題などの西洋哲学の中核的話題を扱う講義です。これらに伴う話題に興味があるなら、 Stanford Encyclopedia of Philosophyに長い議論があるので参照ください。

However, even after this careful description, I still get students who misunderstand the nature of the course, and expect it to be about astrology, etc. etc. . For that reason, I have composed the following “boxed” statement.

しかし、この説明を見ても、この講義の内容を誤解し、占星術などを期待する学生がいると思います。なので、以下の注意書きを書きました。

IMPORTANT NOTICE (特記事項)

“Metaphysics” as a field of study within the academic area of Philosophy is very different from “Metaphysics” as the label of a bookshelf in Border’s Books. This is a Philosophy course. It is not about what Border’s Books calls Metaphysics.

"形而上学"は哲学の学術分野内の一分野であって、Border's Bookの書棚の"形而上学"コーナーにある内容とは全く違います。これは哲学の講義です。Border's Bookが形而上学と呼ぶものについてではありません。

The popular (Border’s Books) understanding of Metaphysics is that it is the study of paranormal phenomena, such as extrasensory perception, out-of-body travel, reincarnation, and auras. None of these topics will be seriously discussed in this course! It doesn’t much matter what my opinions are about the matter, but you may want to know. I believe in science. I do not believe in pseudoscience. I believe that no one has extra-sensory perception (even though perception is a very complicated and interesting thing). I do not believe in reincarnation, or in out-of-body travel. In fact I have published articles in anti-paranormal journals, and I’m somewhat famous for my skeptical refutation of the paranormal Hundredth Monkey Phenomenon. (See my web page for details if you’re interested.)

一般人(Border's Book)は形而上学を、ESPや体外離脱や輪廻やオーラなど超常現象を扱うものだと思っているようです。この講義では、それらをひとつも扱いません。これらは私が形而上学と考えるものとはマッチしていませんが、皆さんが知りたがるものかもしれません。私は科学を信じています。私は疑似科学を信じていません。認識が複雑かつ興味深いものですが、ESPを信じていません。私は輪廻も体外離脱も信じていません。事実、私は反超常現象雑誌に寄稿しており、超常現象「百匹目の猿」を懐疑的に撃破したことで名が知れています。

I do not believe that I’m any more narrow-minded than the next person on these topics. But if you are a fan of paranormal phenomenon, you will probably consider me to be very narrow-minded. That’s ok with me -- you have a right to consider me narrowminded if you want to. But the important thing is this: You should not take this course because you expect to study astrology, ESP, and so on. I will not ask my students to study topics that I consider foolish, and I consider astrology, etc., very foolish.

私は、これらの話題について最強に狭量というわけではないと思います。しかし、超常現象のファンなら、私を非常に狭量だと思うでしょう。それは構いません。私を狭量だと思いたければ、皆さんには、そう思う権利があります。しかし、重要点は、占星術やESPなどの学習をしたいと思って、この講義をとるべきではありません。私は学生たちに私が愚かだと考える話題を勉強してほしくありません。そして、私は占星術などを非常に愚かなものだと考えています。

I am stating this SO THAT YOU WILL KNOW WHAT TO EXPECT!!!


So if you signed up for the course because you are interested in the supernatural or paranormal, please drop the course. You will not be able to pass the course by concentrating your attention on the paranormal, and trying to prove its existence to me. Many people have tried. None of them has passed the course. Please don’t add your student record to the gruesome list of people who believed that they could convince Amundson that they possessed ESP.

もし、超自然や超常現象に興味があって、この講義の受講を申し込んだのであれば、取り下げてください。超常現象に注意を振り向けても、私に対して超常現象の存在の証明を試みても、合格できません。多くの学生たちが試みました。しかし、誰もこの講義を合格できませんでした。

I have had some bad experiences on this topic. Some very sincere students have gotten angry and even belligerant because I required them to study and write about theories that they disagreed with. I am teaching this course the way the American Philosophical Association affirms is the academically responsible way to teach Metaphysics. Please, if that is not a course that you want to take, do not take this one.

私には、この話題に関する悪い思い出があります。幾人かの非常に真摯な学生たちに対して、彼らが同意しない理論について探求しレポートを書くように求めたことに対して、彼らは怒って喧嘩になったことがあります。形而上学を学術的に信頼できる米国哲学会の主張する方法で、私はこの講義を教えます。皆さんが求めている内容でないなら、この講義を受講しないでください。
地図上で見ると、University of Hawaii - HiloとBorders Books Hiloの位置関係はこんなかんじ:
UHH-map.png
このあたりはGoogle Street Viewがないので、Borders BooksからHilo店を:
BordersBooksHiloHawaii.jpg
ここでは、"Metaphysics"のコーナーに超常現象や超自然ネタの本が並んでいるらしい。

まともな大学のまともな哲学の先生であるRon Amundson教授にとっては、それは論外だと思うけど、世の中そんなものかもしれない。たとえば、非認定な怪しい"大学のようなもの"[Quackwatch, Religious Distance Education]を見ると、完全にMetaphysics = 超常現象になっている。

==>The College of Metaphysical Studies
==>American Institute of Holistic Theology

また、インテリジェントデザインや創造論まわりでは、"metaphysical"は"超越的神の有無への言及"という意味合いで使われている。

Stanford Encyclopedia of Phylosophy: Metphysicswikipedia: Metphysicsは本来の意味を書いてあるが、世の中は既に、「Metaphysics = Paranormal」になりかかっているのかも。
posted by Kumicit at 2009/02/02 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Hundredth Monkey | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113538910
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック