2009/02/10

「自閉症とMMRワクチンの関連を示す」論文をめぐって

一昨日、英国Timesが、MMRワクチンと自閉症に関連があるとするAndrew Wakefieldの研究がフェイクであることを確認したと報道した件を取り上げた。

==>「自閉症とMMRワクチンの関連を示す」論文のデータがフェイクだった by Times (2009/02/08)

これに関する過去のネタを少し見てみた。まずはオリジナルから:
[A J Wakefield et al.: "Ileal-lymphoid-nodular hyperplasia, non-specific colitis, and pervasive developmental disorder in children", Lancet 1998; 351: 637–41]

We have identified a chronic enterocolitis in children that may be related to neuropsychiatric dysfunction. In most cases, onset of symptoms was after measles, mumps, and rubella immunisation.


2004年2月 Brian Deer



The Sunday TimesのBrian Deerは、Andrew Wakefieldの研究に対する批判を進めていた:
[Brian Deer: "REVEALED: MMR RESEARCH SCANDAL" (2004/02/22) on The Sunday Times (London)]

Andrew Wakefield, the doctor who champions the alleged link between measles, mumps and rubella vaccine and autism in young children, stands discredited for misleading his medical colleagues and The Lancet, the professional journal that published his findings.

麻疹・耳下腺炎・風疹ワクチンと幼児の自閉症の関連性を主張を擁護する医師Andrew Wakefieldは、医学の同僚研究者たちと自らの発見を掲載した学術誌The Lancetをミスリードしたとして、信用を落としている。

The investigation has found that when he warned parents to avoid MMR, and published research claiming a link with autism, he did not disclose he was being funded through solicitors seeking evidence to use against vaccine manufacturers.

彼が親たちにMMRワクチンを避けるように警告したとき、そして自閉症との関連を主張する研究を発表したとき、ワクチン製造会社に対抗する証拠をさがしている弁護士を通じて研究資金を援助されていたことを明らかにしなかったことが、調査でわかった。

The Lancet said yesterday that The Sunday Times's evidence meant that the finding linking MMR and autism was "entirely flawed" and should never have been published. Last night, John Reid, the health secretary, called for an inquiry by the General Medical Council (GMC) "as a matter of urgency".

The Sunday Timesの証拠は「MMRワクチンと自閉症の関連についての発見が完全に誤りであり、掲載すべきではなかった」こと意味するものであると、昨日The Lancetは述べた。昨夜、John Reid厚生長官は、緊急の問題として、General Medical Council (GMC)による調査を要請した。...
この研究資金援助が明らかになったことにより、Wakefield et al.[1998]の共著者のうち10名がその解釈を撤回した:
[Lancet. 2004 Mar 6;363(9411):750]

Comment in:
Lancet. 2004 Mar 6;363(9411):747-9.
Lancet. 2004 Mar 6;363(9411):824.

Partial retraction of:

Wakefield AJ, Murch SH, Anthony A, Linnell J, Casson DM, Malik M, Berelowitz M, Dhillon AP, Thomson MA, Harvey P, Valentine A, Davies SE, Walker-Smith JA. Lancet. 1998 Feb 28;351(9103):637-41.

Retraction of an interpretation.
Murch SH, Anthony A, Casson DH, Malik M, Berelowitz M, Dhillon AP, Thomson MA, Valentine A, Davies SE, Walker-Smith JA.



2008年3月 研究における利益相反問題での告発を否定するAndrew Wakefield



BBCの報道によれば、倫理ガイドライン違反・利益相反でDr. Andrew Wakefieldは告発されている:
[MMR doctor defends his research (2008/03/27) on BBC]

Dr Wakefield, and two colleagues, deny charges of professional misconduct.

The 51-year-old, who is now working in the US, is accused of violating ethical guidelines, and of acting against the clinical interests of the children who took part in his trial.

He is also accused of acting dishonestly in failing to disclose to the Lancet that he was advising solicitors acting for parents who had alleged their children had been damaged by MMR.

Dr. Andrew Wakefieldと二人の共同研究者は告発された不正行為を否定した。

51歳で、現在は米国で働いているDr. Andrew Wakefieldは、倫理ガイドライン違反と、参加した子供たちの臨床利益に反した行動をしたとして、告発されている。

Dr. Andrew Wakefieldは「子供たちがMMRワクチンによって被害を受けたと主張した両親たちの代理をしている弁護士に助言をしていたことをLancetに明らかにしなかった」という不正行為をしたことでも告発されている。
研究資金が弁護士を通して出ていたとThe Sunday TimesのBrian Deerが調査していた件がここにつながっている。

2008年9月 再現実験でDr. Andrew Wakefieldの結果は再現されず



Mady Hornigたちによる再現実験の結果がPLoSに掲載された:
[Mady Hornig et al.:"Lack of Association between Measles Virus Vaccine and Autism with Enteropathy: A Case-Control Study", PloS one, 3 (9) DOI: 10.1371/journal.pone.0003140]

This study provides strong evidence against association of autism with persistent MV RNA in the GI tract or MMR exposure. Autism with GI disturbances is associated with elevated rates of regression in language or other skills and may represent an endophenotype distinct from other ASD.

本研究は、消化管中の持続的なMV RNAあるいはMMRワクチンへの露出と自閉症の関係に不利な強い証拠を与える。消化管障害を伴う自閉症は、言語あるいは他のスキルの高率の退行と関係していて、他のASD(自閉症スペクトラム障害)とは別の中間表現型を意味するかもしれない。

[via Aetiology]



そして、2009年2月8日のTimes Onlineの記事へ:
MMR doctor Andrew Wakefield fixed data on autism
MMRの医師Andrew Wakefieldは自閉症のデータを仕組んだ

The doctor who sparked the scare over the safety of the MMR vaccine for children changed and misreported results in his research, creating the appearance of a possible link with autism, a Sunday Times investigation has found.

Sunday Timesの調査で「子供たちへのMMRワクチンの安全性について恐慌を誘発した医師が、自身の研究で結果を変えて報告し、自閉症との関連性の可能性を創った」ことが明らかになった。




なお、このDr.Andrew WakefieldとMMRワクチン=自閉症問題については、英語版wikipediaの項目がある(2009/02/10時点では編集合戦にはなっていない)。

==>wikipedia:MMR vaccine_controversy

また、この問題を追いかけるBrian Deer自身によるまとめページもある。

==>Brian Deer: the Wakefield factor



posted by Kumicit at 2009/02/10 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。