2009/02/12

「フェイクな、自閉症とMMRワクチン」の報道がかけめぐる

2009年2月8日に英国Timesが、MMRワクチンと自閉症に関連があるとするAndrew Wakefieldの研究がフェイクであることを確認したと報道した。これを追いかける形で、報道が地球を一周した:一方、震源である英国では、予防接種率の低下とその影響へと報道の焦点が移っている:
[Measles still highest in Wandsworth as parents shun MMR jab (2009/02/09) Wandsworth Guardian]

More cases of measles were confirmed in Wandsworth than anywhere else in south west London last year. ... There have been 35 confirmed cases of the viral infection in the last 12 months, compared with just 11 in the whole of 2007 - the highest in 10 years.

昨年、ロンドン内政部のどこよりもWandsworthで多くの麻疹の感染例が確認された。過去12か月でウィルス感染例が35確認された。これに対して過去10年で最大だった2007年は11例だった。

This comes after the Wandsworth Guardian reported in November the uptake of measles, mumps and rubella jab was only 70 per cent, compared with a national average of 83 per cent. ... MMR vaccination rates in London are the lowest in the country, with few boroughs reaching the 80 per cent mark, but to avoid an epidemic experts say at least 95 per cent of the population must be immunised.

麻疹・流行性耳下腺炎・風疹の予防接種率が全英平均83%に対してWandsworthの73%であると11月にWandsworth Guardianが報じた後、わかったことである。ロンドンのMMR三種混合ワクチン接種率は全英最低であり、80%を超えた町はほとんどない。専門家は少なくとも人口の95%が免疫を持っていないと大流行を防げないと言う。

Worryingly, there were 662 confirmed cases of measles in London in 2008 - more than three times the number for the rest of England and Wales.

気がかりなのは、2008年のロンドンの麻疹感染例662が、ロンドン以外のイングランドおよびウェールズの合計の3倍であること。

[Experts warn of measles epidemic (2009/02/09) on Clacton Gazette]

Dr Joe Kearney, Health Protection Agency regional director for the East of England, said: “We’ve been fortunate to see fewer cases in 2008, but the evidence shows there’s a real risk of a large-scale measles epidemic because of the low coverage of MMR.

“We need that coverage to be up to 90 to 95 per cent to stop the virus spreading.
“Relatively low uptake over the past decade means there are now a large number of children not fully protected.
“As a result, measles is spreading easily among unvaccinated children.”

Health Protection Agencyの東部イングランドの長であるDr Joe Kearneyは言う「2008年の感染数は運よく少なかったが、MMR接種率の低下により、麻疹の大流行のリスクがあることは証拠の示すところである。我々は接種率を90〜95%にして、ウィルスの拡散を防ぐ必要がある。過去10年の予防接種率の低さは、多くの子供たちがウィルスから保護されていないことを意味する。結果として、予防接種を受けていない子供たちに、簡単には麻疹が広まってしまう。
[MMR vaccine: 'No jab, no school' (2009/02/10) on Guardian]

As measles cases in the UK hit a record high, Joanna Walters reports from the US, where unvaccinated children are barred from school - and their parents could face jail
このような感染状況を受けて、ZDnetでDana Blankenhornは次のようにまとめている:
But my rule remains that extraordinary claims require extraordinary proof. Wakefield never offered any. Instead, he created a mini-industry of lawyers and activists around one study, with as few a 12 participants, and caused millions of children to risk their lives on the result.

しかし、私のルールは、途方もない主張には途方もない証明が必要であるということに変わりはない。Wakefieldはそんなものは提示したことがない。やったことは、研究のまわりに、たった12人の被験者と、弁護士と活動家の小さな産業を作り上げて、結果として幾百万の子供たちの生命を危険にさらしたことだ。

[Dana Blankenhorn: "Was the vaccine-autism link a fraud?" (2009/02/10) on Healthcare ZDnet]





関連エントリ






posted by Kumicit at 2009/02/12 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。