2009/02/14

「ワクチンが自閉症の原因」という訴えを退ける米国法廷

2009年2月12日付で、ReutersThe Associated Pressなどが、米国で、ワクチンは自閉症の原因だという、自閉症児の両親の訴えを退ける判決が出たことを報じた:
U.S. vaccine court denies autism cases

WASHINGTON (Reuters) - A special U.S. court ruled against three families on Thursday who claimed vaccines caused their children's autism.

The Vaccine Court Omnibus Autism Proceeding ruled against the parents of Michelle Cedillo, Colten Snyder and William Yates Hazlehurst, who had claimed that a measles, mumps and rubella vaccine had combined with other vaccine ingredients to damage the three children.

"Unfortunately, the Cedillos have been misled by physicians who are guilty, in my view, of gross medical misjudgment," Special Master George Hastings, a former tax claims expert at the Department of Justice, wrote in the 183-page Cedillo ruling.

The families sought payment under the National Vaccine Injury Compensation Program, a no-fault system that has a $2.5 billion fund built up from a 75-cent-per-dose tax on vaccines.

米国の特別法廷は、ワクチンが自分たちの子供の自閉症を引き起こしたと主張した3家族の訴えを、木曜日に退ける判決を下した。

麻疹・流行性耳下腺炎・風疹のワクチンが他のワクチンの成分と結合して、子供たちの障害を与えたと訴えていた、Michelle CedilloとColten Snyder とWilliam Yates Hazlehurstの両親たちに、"Vaccine Court Omnibus Autism Proceeding"は判決を下した。

元司法省の税控除/請求の専門家である専門判事補佐George Hastingsは、183ページのCedillo判決で「残念ながら、著しく誤った医学的判断をした医者たちによって、Cedillos夫妻は誤解することになった」と書いた。

3家族は、ワクチンに対する75セントの税金による25億ドルの基金を持つ無過失損害賠償制度である、政府ワクチン被害補償プログラム(National Vaccine Injury Compensation Program)のもとでの支払を求めた。

Instead of judges, three "special masters" heard the three test cases representing thousands of other petitioners.

They asked whether a combination vaccine for measles, mumps and rubella, or MMR, plus a mercury-containing preservative called thimerosal, caused the children's symptoms.

"The evidence does not support the general proposition that thimerosal-containing vaccines can damage infants' immune systems," Hastings wrote, after reviewing tens of thousands of documents and hours of oral arguments.

"I further conclude that while Michelle Cedillo has tragically suffered from autism and other severe conditions, the petitioners have also failed to demonstrate that her vaccinations played any role at all in causing those problems."

裁判官に代わって3名の専門判事補佐が、他の数千の訴訟を代表例である3つの裁判の聴取を行った。彼らは、麻疹・流行性耳下腺炎・風疹の複合ワクチンあるいはMMR、チメロサールと呼ばれる水銀を含有する防腐剤によって子供たちに症状ができるか聴取した。

数万の文献のレビューと数時間の聴取を行った後に、「チメロサールを含むワクチンが子供たちの免疫系を損傷させるという一般的主張を証拠は支持しない。Michelle Cedilloが悲劇的にも自閉症やその他のひどい症状に苦しんでいるが、原告はMichelleの予防接種が、それらの問題の発生に何らかの役割を果たしたことを示せなかったと結論した。」とHastingsは書いた。

[Maggie Fox, Health and Science Editor: "U.S. vaccine court denies autism cases" (2009/02/12) on Reuters]
もちろん、これで「MMRワクチンは自閉症の原因だ」という主張は消えることはない。
The Institute of Medicine reviewed the evidence in 2001 and 2004, and determined there was no link between vaccines and autism. Many other studies have shown no link, but a small and vocal group of parents continues to press the case.

The advocacy group Autism Speaks said the ruling did not necessarily clear vaccines, or any other potential cause.

"We will continue to support authoritative research that addresses unanswered questions about whether certain subgroups of individuals with particular underlying medical or genetic conditions may be more vulnerable to adverse effects of vaccines," the group said in a statement.

"The Institute of Medicine"は2001年と2004年に、証拠をレビューして、ワクチンと自閉症に何らの関係もないと判断した。その他の多くの研究もワクチンと自閉症の関係を否定しているが、少数の声の大きいグループは訴訟を続ける。

活動グループAutism Speaksは「判決が、必ずしもワクチンが潔白だと示したわけでも、他の潜在的な原因がないとも示したわけでもない。特定の医学的あるいは遺伝的条件を持つ特定集団がワクチンの副作用に脆弱かどうかという答えの出ていない問題に答えを出す信頼すべき研究を支援し続ける。」という声明を出した。

[Maggie Fox, Health and Science Editor: "U.S. vaccine court denies autism cases" (2009/02/12) on Reuters]
予防接種を受けなかったのに自閉症になった子供が何人いようとも、ワクチンと自閉症の関連性がないことを示す研究がどれだけ為されようとも、「ワクチンと自閉症の関連性は否定されない」という反証不能な方向に進む反ワクチン団体"Autism Speaks"の主張。

同じく反ワクチン団体であるGeneration Rescueも、この判決を批判する:
In contrast, J.B. Handley, the founder of Generation Rescue, a group that blames vaccines for autism and advocates treating children with wheat- and dairy-free diets, vitamins and chelation to remove mercury from their bodies, wrote on the blog Age of Autism that the decision not to compensate the Cedillos was “an incomprehensible injustice.”

ワクチンが自閉症のの原因だと批難し、小麦と乳製品を含まない食餌療法とビタミンとキレート化が体内から水銀を除去するのだと主張する団体"Generation Rescue"の設立者であるJ.B. Handleyは、ブログ Age of Autismに「Cedillosに補償しないという判決は理解できない不正だ」と書いている。

[Donald G. McNeil Jr.: "Court Says Vaccine Not to Blame for Autism" (2009/02/12) on NewYork Times]
こっちはmQuckaryの世界に入り込んでしまっているようだ。

Dr. Brady said he would “not be surprised if lawyers for parents would look for a different wrinkle in future cases.”

Dr. Bradyは言う「両親の言語士たちが、将来の裁判で別のネタを追及したとしても驚かない。

[Donald G. McNeil Jr.: "Court Says Vaccine Not to Blame for Autism" (2009/02/12) on NewYork Times]



関連エントリ




posted by Kumicit at 2009/02/14 02:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

[自閉症]ワクチン裁判
Excerpt: 米国における、ワクチンのせいで自閉症になったという訴えに対し、2月12日合衆国連邦請求裁判所がワクチンと自閉症との因果関係を否定し、原告敗訴の判決を下したとのことです。 ■自閉症に関する決定と背景情..
Weblog: ベムのメモ帳
Tracked: 2009-02-14 18:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。