2009/02/21

古くからある創造論ネタを繰り返すインテリジェントデザイン支持者Dr. Michael Egnor

Forbesに、Discovery Institute公式ブログの執筆者のひとりMichael Egnorの寄稿が掲載された。内容はなく古来よりの創造論ネタを列挙しただけ:
The fossil record shows sharp discontinuity between species, not the gradual transitions that Darwinism inherently predicts. Darwin's theory offers no coherent, evidence-based explanation for the evolution of even a single molecular pathway from primordial components. The origin of the genetic code belies random causation. All codes with which we have experience arise from intelligent agency. Intricate biomolecules such as enzymes are so functionally complex that it's difficult to see how they could arise by random mutations.

化石記録は、ダーウィニズムが本質的に予測する漸進的移行ではなく、種の間のシャープな不連続を示している。ダーウィンの理論は、原始的構成要素からの一つの分子経路のさえ進化に対しても、首尾一貫した、証拠に基づく説明を提示していない。遺伝暗号の起源は、ランダムな原因と整合しない。我々が知っているコードはインテリジェントエージェントに起因する。酵素のような複雑な生体分子は、機能的に非常に複雑であり、どのようにランダムな突然変異によって出現したか創造することすら困難である。

[Michael Egnor: "A Neurosurgeon, Not A Darwinist" (2009/02/05) on Forbes]
3日後にはJerry A. Coyneによる反論が掲載されている。でも、せっかくなので、3つほど、毎度おなじみのMark Isaakの創造論者の主張を紹介しておこう。

Claim CA350:
Professional literature is silent on the subject of the evolution of biochemical systems.

専門家の文献は生化学システムの進化について沈黙している。

Source:
Behe, Michael J. 1996. Darwin's Black Box, New York: The Free Press, 68, 72, 97, 114, 115-116, 138, 185-186.

Response:

  1. The claim is simply false. Dozens of articles exist on the subjects for which Behe claims the literature is missing. David Ussery, for example, found 107 articles on cilia evolution, 125 on flagella evolution, 27 on the evolution of the entire coagulation system, 130 on the evolution of vesicle transport, and 84 on "molecular evolution of the immune system" (Ussery 1999).

    この主張はまったくの間違い。Beheが文献がないと言っている分野には数十の論文がある。たとえば、David Usseryは繊毛の進化について107本、鞭毛の進化について125本、血液凝固系の進化について27本、小胞輸送の進化について130本、免疫系の分子進化について84本の論文を見つけている。

  2. Behe tries to make his claim appear more dramatic by overstating our understanding of the molecular workings of the cell. For example, he says, "Over the past four decades modern biochemistry has uncovered the secrets of the cell" (1996, 232). But our understanding has only just begun. In the years since Behe wrote his book, journals have been filled with thousands of research articles uncovering new information, and much remains to be uncovered. When the complete Escherichia coli genome was sequenced in 1998, the functions of a third of its genes were still completely unknown, and E. coli is much simpler than human cells.

    Beheはこの主張を印象付けるために、細胞の分子の働きについて我々の理解を誇張している。たとえば、Beheは「過去40年に、現代生化学は細胞の秘密を明らかにした」と書いている。しかし、我々の理解は始まったばかりだ。Beheがその本を書いてから数年、幾千の研究論文が新たな情報を明らかにしてきたが、多くはまだ明らかではない。完全なE-coliのゲノムが解析されたのは1998年であり、1/3の遺伝子の機能は明らかではない。そして、E-coliは人間の細胞よりも単純である。

  3. Behe's work on intelligent design theory has produced no publications in scientific literature. In fact, there have been no scientific publications on intelligent design by any of its proponents (Gilchrist 1997).

    Beheはインテリジェントデザイン理論研究において、科学学術誌に1本も論文も出していない。事実、インテリジェントデザインおよびその支持者による科学的文献はない。


Links:

  1. Catalano, John (ed.). 1998. Publish or perish: Some published works on biochemical evolution.


See for Yourself:
You can do a search of biological and medical research yourself at PubMed ( http://www.ncbi.nlm.nih.gov/PubMed ). Try keywords such as "flagella" and "evolution".

References:

  1. Ussery, David. 1999. A biochemist's response to "The biochemical challenge to evolution". Bios 70: 40-45. http://www.cbs.dtu.dk/staff/dave/Behe.html
  2. Gilchrist, George W. 1997. The elusive scientific basis of intelligent design theory. Reports of the National Center for Science Education 17(3): 14-15. http://www.ncseweb.org/resources/articles/2083_the_elusive_scientific_basis_o_3_16_2001.asp

    Further Reading:

    1. Cavalier-Smith, Tom. 1997. The blind biochemist. Trends in Ecology and Evolution 12(4): 162-163.
    2. Li, Wen-Hsiung. 1997. Molecular Evolution. Sinauer Associates, Inc., Sunderland, MA.



Claim CB805:
Since evolution says organisms came from a common ancestor and since they lived in a continuity of environments, we should see a continuum of organisms. There should be a continuous series of animals between cats and dogs, so that one could not tell where cats left off and dogs began.

進化論は生物がひとつの共通祖先の末裔だと言っており、それらは連続した環境に生息していたので、我々は生物の連続性を見れるはずだ。ネコとイヌの間の中間の動物が存在して、どこからがネコで、どこからがイヌか言えないはずだ。

Source:
Morris, Henry M. 1985. Scientific Creationism. Green Forest, AR: Master Books, pp. 70-71.

Response:

  1. The claim might be true if there were no such thing as extinction. But since species do become extinct, intermediates that once existed do not exist today. Since extinction is a one-way street, species can only become less connected over time. This is clear if we look at the fossil record, in which early members of separate groups are much harder to tell apart.

    そのような種が絶眼することがなかったら、その主張は正しいかもしれない。しかし、種は絶滅し、かつて存在した中間種は今は存在しない。絶滅は一方通行であり、種は時間とともに、つながりが遠くなっていく。区別がつけにくい分岐したグループの初期の個体の化石記録を見れば、それは明らかだ。

  2. Environments (and ecological niches) are not really as continuous as the claim pretends. Dogs bring down their prey through long chases, and cats ambush their prey; dogs are made for long-distance running, and cats are made for short sprints with high acceleration from a standing start. These requirements are quite different, and it is hard to achieve both in a single body. Compromises between the two have disadvantages in competition with specialists for either type, and thus natural selection culls them. Intermediates are competitive only so long as specialists are absent; so when specialists evolve, the intermediates are likely to become extinct.

    環境および生態学的ニッチは、創造論者の主張が要求するほど、実際には連続的ではない。イヌは獲物を長時間追跡して倒すが、ネコは獲物を待ち伏せる。イヌは長距離走れるような体になっているが、ネコはスタンディングスタートから高加速で短距離を走るような体になっている。これらの必要条件はまったく違っており、両方の機能をひとつの殻で実現するのは困難である。この2つの間で妥協した種は、どちらのタイプに特化した種と競争しても勝てず、自然選択によって淘汰される。特化した種が存在しない場合にのみ中間種は競争に耐えられる。特化した種が進化すれば、中間種は絶滅することになる。

  3. In part, distinctness is an illusion caused by our choice of which groups to give names to. Groups with unclear boundaries tend not to get separate names, or groups in which intermediate forms exist are chopped in half arbitrarily (especially obvious if fossil forms are considered; e.g., the line between dinosaurs and birds is arbitrary, increasingly so as new fossils are discovered).

    区別は、どのグループにどう名づけるかという我々の選択によって生じた幻想である。境界がはっきりしない複数のグループには、我々は別々の名前をつけない傾向がある。あるいは中間形態がある場合には任意の点で分割されることになる。特に化石の形態を考えると、新たな化の発見により、恐竜と鳥類の境界は恣意的になっていく。

  4. There are indeed several cases of continua in nature. In many groups, such as some grasses and leafhoppers, different species are very hard to tell apart. At least ten percent of bird species are similar enough to another species to produce fertile hybrids (Weiner 1994, 198-199). The most obvious continua are called ring species, because in the classic case (the herring gull complex) they form a ring around the North Pole. If we start in Western Europe and move west, similar populations, capable of interbreeding, succeed each other geographically. When we have traveled all the way around the world and reach Western Europe again, the final population is different enough that we call it a separate species, and it is incapable of interbreeding with herring gulls, even though they are connected by a continuous chain of interbreeding populations. This is a big problem for creationists. We expect kinds to be easily determined if they were created separately, but there are no such obvious divisions:

    実際に、自然界には幾つかの連続性の例がある。草やヨコバイなどには、異なる種を区別するのがむつかしい例がある。少なとも鳥類の種の10%は別の種と類似していて、交雑可能である[Weiner 1994, 198-199]。最も明らかな連続性は、いわゆる環状種である。もっとも古典的な例はセグロカモメで、北極のまわりに環状種を形成している。我々は西ヨーロッパを出発して、西に行けば、交雑可能な類似した集団がいて、それが地理的に順次、入れ替わっていく。北極のまわりを一周して、西ヨーロッパにもどってくれば、最後の集団は、最初の集団と多く違っていて、我々はそれらを別種と呼ぶ。最後の集団は、連続的に交雑可能な集団とつながっているにもかかわらず、最初の集団のセグロカモメとは交雑不可能である。これは創造論者にとって大きな問題である。創造論者たちは、別種として創造されたものは、容易に区別がつくと考えているが、そのような明らかな境界は存在しない。
    They are mistaken, who repeat that the greater part of our species are clearly limited, and that the doubtful species are in a feeble minority. This seemed to be true, so long as a genus was imperfectly known, and its species were founded upon a few specimens, that is to say, were provisional. Just as we come to know them better, intermediate forms flow in, and doubts as to specific limits augment. (de Condolle, quoted in Darwin, 1872, chap. 2)

    大半の種の境界が明確で、境界が疑わしい種は少数派だと主張する人々は、間違っている。そのような主張は、知られている属が不完全で、標本が数個しかない場合にのみ正しく、いわば暫定的正しさである。より多くを知れば、中間種が見つかり、種の境界が明確であるという論は疑わしくなる。[de Condolle, Darwin 1872による引用]


References:

  1. Darwin, C., 1872. The Origin of Species, 1st Edition. Senate, London.
  2. Weiner, Jonathan, 1994. The Beak of the Finch: a story of evolution in our time. New York: Knopf.

Further Reading:

  1. Hazard, Evan B. 1998. Teaching about "intermediate forms." The American Biology Teacher 60(5): 359-361.
  2. Darwin, C., 1859. The Origin of Species, 1st Edition. Senate, London.



Claim CB180:
The genetic code is a language in the normal sense of the term, since it assigns meaning to arbitrary symbols. Language is obviously a non-material category of reality; the symbolic information is distinct from matter and energy. Therefore, life is a manifestation of non-material reality.

遺伝子コードは意味を任意の記号に割り当てているので、普通の意味で言語である。言語は明らかに、非物質カテゴリーの存在である。紀豪情報は物質やエネルギーとは別ものである。したがって、生命は非物質的存在の現れである。

Source:
"Baumgardner, John, 1995. Six problems with evolution: a response to Graham Mark. The Los Alamos Monitor, 31 Mar.
Baumgardner, John, 2001. Highlights of the Los Alamos origins debate.

Response:

  1. The genetic code is not a true code; it is more of a cypher. DNA is a sequence of four different bases (denoted A, C, G, and T) along a backbone. When DNA gets translated to protein, triplets of bases (codons) get converted sequentially to the amino acids that make up the protein, with some codons acting as a "stop" marker. The mapping from codon to amino acid is arbitrary (not completely arbitrary, but close enough for purposes of argument). However, that one mapping step -- from 64 possible codons to 20 amino acids and a stop signal -- is the only arbitrariness in the genetic code. The protein itself is a physical object whose function is determined by its physical properties.

    遺伝子コードは真のコードではない。より暗号的である。DNAは4つの異なる塩基(A,C,G,T)のシーケンスである。DNAがタンパク質に翻訳されるとき、3個の塩基(コドン)が順次、アミノ酸に変換され、タンパク質を形成していく。そして、幾つかのコドンが停止命令として機能する。コドンからアミノ酸へのマッピングは、任意である(完全ににんではなくが、論の目的上は、十分に任意と考えてよい)。しかし、64の可能な組み合わせのコドンから20種類のアミノ酸へのマッピングのみが、遺伝子コードにおける任意性である。タンパク質それ自体は、物理的物体であって、その物理特性によって機能を規定されている。

    Furthermore, DNA gets used for more than making proteins. Much DNA is transcribed directly to functional RNA. Other DNA acts to regulate genetic processes. The physical properties of the DNA and RNA, not any arbitrary meanings, determine how they act.

    さらに、DNAはタンパク質を作る以外にも使われている。多くのDNAは機能のあるRNAに直接的に転写される。遺伝過程を制御する働きを持つDNAもある。DNAとRNAの物理特性は、任意の意味を持つものではなく、どう働くかを決定するものである。

    An essential property of language is that any word can refer to any object. That is not true in genetics. The genetic code which maps codons to proteins could be changed, but doing so would change the meaning of all sequences that code for proteins, and it could not create arbitrary new meanings for all DNA sequences. Genetics is not true language.

    言語の不可欠な性質は、任意の単語が任意の物を指し示せることである。これは遺伝子には、あてはまらない。コドンからタンパク質にマップされている遺伝コードは変更可能かもしれない。しかし、そうすることは、タンパク質をコードしている全シーケンスの意味を変えることになるだろう。そして、全DNAシーケンスが任意の新しい意味を創りだすことはできないだろう。遺伝子は真の言語ではない。

  2. The word frequencies of all natural languages follow a power law (Zipf's Law). DNA does not follow this pattern (Tsonis et al. 1997).

    自然言語の単語の出現頻度は冪乗則(Zipfの法則)に従っている。しかし、DNAはこのパターンに従っていない[Tsonis et al.1997]。

  3. Language, although symbolic, is still material. For a word to have meaning, the link between the word and its meaning has to be recorded somewhere, usually in people's brains, books, and/or computer memories. Without this material manifestation, language cannot work.

    記号的ではあっても言語はなお物質的である。意味を持つ単語は、単語と意味の関係をどこかに記録されねばならず、ふつうは人間の脳内や本やコンピュータメモリに記録される。これらの物質的表現なしには、言語は機能しない。

References:

  1. Tsonis, A. A., J. B. Elsner and P. A. Tsonis, 1997. Is DNA a language? Journal of Theoretical Biology 184: 25-29.

なお、記事の終わりの方に至るも、既出品の項目列挙のみなMichael Egnorである:
I still consider religious explanations for biology to be unscientific at best, dogma at worst. But I understand now that Darwinism itself is a religious creed that masquerades as science. Darwin's theory of biological origins is atheism's creation myth, and atheists defend their dogma with religious fervor.

私は今でも、生物学についての宗教的説明は良くても非科学であり、悪ければドグマだと考えている。しかし、私は今やダーウィニズム自身が科学を偽装した宗教だと理解した。生物起源についてのダーウィンの理論は無神論者の創造神話であり、無神論者は宗教的な熱情で自らのドグマを墨守する。

[Michael Egnor: "A Neurosurgeon, Not A Darwinist" (2009/02/05) on Forbes]
こっちも古来よりの既出品。毎度おなじみMark Isaakの創造論者の主張はきっちりと反論している。

  • CA610. 価値観と究極的意味をもたらすので進化論は宗教である
  • CA612. 進化は観察されたことがないので、進化論は創造論と同じく信仰心を必要とする
  • CA602.2. 科学者は神を不要にしようとしている

==>忘却からの帰還: 創造論者の主張「進化論も宗教だ」 (2008/06/09)

どうも、Michael Egnorの仕事は、古くからある創造論者の主張の表題を並べ立ていることにあるらしい。

posted by Kumicit at 2009/02/21 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック