2009/03/21

"最も力の強いもの"を追って...

2008年2月15日時点で、"It is not the strongest of the species that survives..."は、Clarence Darrowの言葉ではないかと、されている。
[wikiquote:Charles Darwin]

Misattributed (誤ってダーウィンの言葉とされたもの)



  • It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent, but rather the one most adaptable to change.

    この世に生き残る生き物は、最も力の強いものか。そうではない。最も頭のいいものか。そうでもない。それは、変化に最も適応した生き物だ

    • Attributed to Clarence Darrow in Improving the Quality of Life for the Black Elderly: Challenges and Opportunities : Hearing before the Select Committee on Aging, House of Representatives, One Hundredth Congress, first session, September 25, 1987 (1988), this and a slight variant of it ("...rather the one most responsive to change") have become attributed to Darwin since at least 1997, but without any citation of an original source.

      第100連邦議会第1セッション 1987年9月25日 連邦下院アメリカ高齢化問題特別委員会の前の公聴会"Improving the Quality of Life for the Black Elderly: Challenges and Opportunities"において、Clarence Darrowの言葉とされたもので、これ及び少し違う変種(それは、変化に対応できる生き物だ)が遅くとも1997年までに、出典なしにダーウィンの言葉とされるようになった。
ただし、Clarence Darrowについても一次ソースは見つかっていない。
[Talk:Charles Darwin]

The Strongest Of The Species



This quote appears to be dicey and despite being all over the internet is not found in a primary source. Ryz 17:32, 15 February 2008 (UTC)

この引用はあやしいもので、一次ソースがネット上に存在しない (2008/02/15)

I have just found an earlier source than was previously found [Improving the Quality of Life for the Black Elderly: Challenges and Opportunities : Hearing before the Select Committee on Aging, House of Representatives, One Hundredth Congress, first session, September 25, 1987 (1988)] attributing it to Clarence Darrow, who seems a more likely author, as it seems a paraphrase of some of Darwin's ideas, and have moved it to the misattributed section. ~ Kalki 17:47, 15 February 2008 (UTC)

これまでよりも過去のソースを見つけた。ダーウィンの考えの何ならかを表現したものとして、より発言者らしいと思われる、Clarence Darrowの言葉とされていた。
この特別委員会の議事録は存在しているもよう:

==>Improving the quality of life for the Black elderly (Published 1988, Degitized 2007)

一方、これをダーウィンの言葉だといって紹介したのがIBMのLouis V. Gerstner, Jrだという説がある:
[オープン・ソリューション推進協議会の理事長の挨拶(2001/11/03時点アーカイヴ) via NATROM]

かつて、IBMのガースナー氏がダーウィンの『種の起源』の一節として引用した言葉があります。「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残るのは、変化できる者である」と。出典に関して原著を詳細に調べた方がおり、 ネットワーク上で大激論が起こりました。そして、結論が出ました。『種の起源』にはこの言葉はなかったそうです。しかしその来歴はともかくとして、現在を実に見事に言い当てた警鐘に満ちた言葉であるため、警句として大切に使っていこうということになりました。
しかし、Google/Yahooなどで検索しても、Louis V. Gerstner, JrがDarwinに言及したページは見つからない。

"It is not the strongest of the species that survives..."は、IBMのSOAのプレゼンHPのCarly Fiorinaの挨拶OracleのプレゼンMicrosoftの記事などに見られるので、Louis V. Gerstner, Jrが言及していたとしても不思議ではないが、証拠は見つからない。

これとは別に、Google Booksで調べてみたところ、1998年と1997年の本に使用例があった:
Handbook of economic development
By Kuotsai Tom Liou
Edition: illustrated
Published by CRC Press, 1998
ISBN 082470181X, 9780824701819
746 pages

Page:
Strongest_1998.png

Stress for success: the proven program for transforming stress into positive energy at work
By James E. Loehr
Edition: illustrated
Published by Times Business, 1997
ISBN 0812926757, 9780812926750
260 pages

Strongest_1997.png


2013/04/11 以下、撤回

さらに、1950年にも使用例があった:
Armor
By United States Armor Association, US Army Armor School, US Army Armor Center
Published by U.S. Armor Association, 1950
Item notes: v. 116
Original from the University of Virginia
Digitized Oct 4, 2008

Strongest_Army_1950.png
Strongest_1950.png
ということで、遅くとも1950年までには知られた表現になっていたもよう。

ここからが面倒。Google Booksは1874年の使用例として断片的な情報も出してきた:
Journal of Proceedings of the ... Annual Session of the New York

Journal of Proceedings of the ... Annual Session of the New York State Grange of the Patrons of Husbandry
By New York State Grange
Published 1874
Item notes: v. 116-120
Original from Cornell University
Digitized Dec 16, 2008

Journal of Proceedings of the ... Annual Session of the New York State ...‎
by New York State Grange - Agriculture - 1874

Page 36
Charles Darwin said, "It is not the strongest of the species that survives, nor
the most intelligent. It is the one that is most adaptable to change* . In a time when life needs to be less complicated, we looked at how we can make the NYS Grange more visible in Albany and make legislators more aware of ...

Cornell Universityドメインを探してみたが、オンラインではないようで、見つからなかった。断片的に表示されるGoogle Booksの検索結果から見ると、1874年時点で既にダーウィンの言葉とされていたようだ。

一方、Clarence Darrowの言葉だとしているのは、あの特別委員会議事録のみ。Clarence Darrowは1857年オハイオ州生まれで、1874年だと17歳である。Google Booksのデータが正しければ、Clarence Darrowの言葉だというのは、ありえそうにない。

従って、"It is not the strongest of the species that survives..."が誰の言葉かは不明だが、ダーウィン存命中の1874年にはダーウィンの言葉だとされていたと思われる。





posted by Kumicit at 2009/03/21 14:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック