2009/03/27

ドイツの私学へ侵入する創造論

The Local Germany's News in Englishの報道によれば、ドイツの福音主義キリスト教系の私学の半数が、進化論と並べる形で創造論を教えている。このような事態をこれまで科学者たちは放置してきたが、ここ最近、それがまずかったと認識されるようになったという。
Private schools run by conservative evangelical Christians – the flavour of faith associated in the United States with fundamentalist and creationist beliefs – are growing in number and prominence in Germany. Some 26,000 students attend about 80 evangelical schools (not to be confused with Germany’s mainstream Evangelisch Protestant churches). Half of these schools are represented by the new Association of Evangelical Schools, which advocates teaching creationism alongside evolution.

原理主義と創造論を信じる米国の信仰の色合いを持つ、保守的福音主義キリスト教とによって運営される私学がドイツでも数を増やし、目立ってきた。ドイツのメインストリームの福音主義キリスト教会ではない、80の福音主義の私学に約26000名の生徒たちが通っている。これらの私学のうち、Association of Evangelical Schoolsに代表される半数が、創造論と進化論をいっしょに教えることを主張している。

"The problem is very much underestimated in Germany," says Thomas Junker, a professor of history of science at the University of Tübingen. "In Germany, most scientists and biologists have tried to ignore it … Only now we're realising that's not the best way."

「ドイツでは、この問題は過小評価されている。ドイツでは大半の科学者と生物学者が、この動きを無視しようとしてきた。そして今ようやく、それが最善の道ではないことに気付いている」とUniversity of Tübingenの科学史Thomas Junker教授は言う。

In February, scientists held a conference at the University of Dortmund to discuss the issue. Dittmar Graf, who helped organise the meeting and also conducted the survey on teaching students, says that, based on anecdotal evidence from teachers, church groups and sociologists, he was "really sure that the percentage of Germans who doubt evolution is going up and up."

Graf says an evangelical teacher had admitted to him that some schools used a textbook with a creationist slant alongside an official biology textbook approved by Germany's education department.

2月に科学者たちは、この問題を議論するためにUniversity of Dortmundで会議を開いた。この会議の開催を手伝い、生徒たちの教育についての調査を行ったDittmar Grafは「教師たちの逸話的な証拠に基づいて、教会グループと社会学者は、進化論を疑う比率がどんどん増大していることを確信している。福音主義の教師たちはドイツ教育省が認可した公式の生物学教書とともに創造論に傾いた教科書を幾つかの学校で使うことを認めている」と言う。

In response, the association's secretary-general, Berthold Meier, insists the schools follow all the government requirements on teaching science. But he also made it clear that students were immersed in an evangelical outlook that prompted them to question evolution and see creationism as an equally valid alternative theory. The schools hire only evangelical teachers and take the view that the Bible is literally true and a credible authority in "the natural sciences debate."

"The students should … grasp the ways in which the theory of evolution does not match the statements of the Bible and what alternatives creationist models can offer," Mr Meier said. "The theory of evolution is seen as unsatisfying regarding the emergence of life out of matter, the emergence of man and spirit and the emergence of basic forms (of life)."

これに対して、協会の事務局長であるBerthold Meierは、「学校は理科教育についての政府の義務付けを遵守している。しかし、生徒たちは、進化論に疑問を呈し、創造論を進化論と並ぶ理論とみなすことを推奨する福音主義の見方に没頭している。これらの私学は、福音主義の教師のみを雇用し、聖書は字義どおりに正しく、自然科学の論争における信頼できる権威だという見方を採用している。生徒たちは、進化論が聖書の記述とマッチしておらず、創造論者の代替モデルが何を提唱しているかを把握している。物質から生命の出現や人間と魂の出現や生物の基本形状の出現について、進化論は満足できるものではない」と言う。

[Creationists taking on evolution in Germany (2009/03/26) on The Local Germany's News]
英国は米国の創造論に対する言語障壁がないため、既に侵入されている。フランスは最近まで言語障壁によって守られていたが、イスラム系創造論者Harun Yahyaが創造論本のフランス語版を作成し、無料配布したことで聖域ではなくなった。そして、ドイツでも、創造論が強まっているもよう。


タグ:創造論
posted by Kumicit at 2009/03/27 21:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。