2009/04/08

自然選択を理解していない米国人(4/7)

2009年03月14日に「『自然選択を信じると主張する多くの米国人は、自然選択の働きを正しく記述できない』については、またの機会に」と書いたのの続きで、Shtulman [2006]が米国人の自然選択の理解度調査に使ったネタの紹介。

3. Adaptationの回答状況



まずは昨日のAdaptationの回答状況から。ここでは、良い結果が出た理由として、選択・力・意図・成長という説明がなされる。4つの選択肢のうち、どれが(自然)選択に対応しているかを回答させるものである:
Question 1. “A youth basketball team scores more points per game this season than they did the previous season. Which explanation for this change is most analogous to Darwin’s explanation for the adaptation of species? (a) Each returning team member grew taller over the summer; (b) any athlete who participates in a sport for more than one season will improve at that sport; (c) more people tried out for the same number of spots this year; (d) on average, each team member practiced harder this season.” Variational response (scored +1): choice (c), the selection analogy. Transformational responses (scored -1): choice (a) the growth analogy; choice (b) the force analogy; choice (d) the intention analogy.

問題1: とあるユースバスケットボールチームが今シーズンは、前シーズンよりも、試合当たりの得点数が増加した。この変化について、次の説明のどれが、ダーウィンのよる種の適応の説明の類似しているだろうか?

(a) 夏の間に背が伸びたメンバーがチームに帰ってきた。
(b) ワンシーズン以上、そのスポーツに参加したアスリートは能力を高める。
(c) 今シーズンは、より多くの人々が、チームに参加しようとした。
(d) 平均して、チームメンバーは今シーズンは、よりハードに練習した。

回答:
変異(Variational)な回答(スコア+1) :
 (c): 選択のアナロジー
変容(Transformational)な回答(スコア−1):
(a): 成長のアナロジー
(b): 力のアナロジー
(d): 意図のアナロジー


No. Content -1 0 +1 Mean
1 Basketball team analogy 22 NA 23 0.02
バスケットボールチームの得点数が増えた本当の理由ではなく、ダーウィンの自然選択のアナロジーになっているのはどれかという設問。(c)は「参加枠一定、参加希望者増加」という形なので、自然選択をイメージしやすい。

Question 2. “A magazine attains a wider circulation than it did last year. Which explanation for this change is most analogous to Darwin’s explanation for the adaptation of species? (a) The magazine maintained the same number of writers but decreased the number of articles it published; (b) the length and complexity of a writer’s sentences will increase the longer he/she writes; (c) the magazine’s staff vowed to work harder this year; (d) the style of each staff writer gradually matured throughout the year.” Variational response (scored +1): choice (a) the selection analogy. Transformational responses (scored -1): choice (b) the force analogy; choice (c) the intention analogy; choice (d) the growth analogy.

問題2: とある雑誌の発行部数が昨年より増加した。この変化について、次の説明のどれが、ダーウィンのよる種の適応の説明の類似しているだろうか?

(a) 執筆陣は昨年と同じだが、記事数を減らした。
(b) 執筆陣の文の長さと複雑さが、執筆原稿を長くした。
(c) 編集部がより一生懸命に働くと誓った。
(d) 執筆陣が年とともに成熟してきた。

回答:
変異(Variational)な回答(スコア+1) :
 (a): 選択のアナロジー
変容(Transformational)な回答(スコア−1):
(b): 力のアナロジー
(c): 意図のアナロジー
(d): 成長のアナロジー


No. Content -1 0 +1 Mean
2 Magazine staV analogy 27 NA 18 -0.20
これは選択肢がむつかしい。記事数を減らすことで、ダメな原稿をボツにして、より優れた記事だけで雑誌を構成したという(a)が、自然選択のアナロジーになっている。しかし、そこまで考えが回らないと、答えにたどり着けない。

Question 3. “Within a year the average SAT score at a private high school increased by thirty points. Which explanation for this change is most analogous to Darwin’s explanation for the adaptation of species? (a) Every student was offered a $100 reward for increasing their SAT score; (b) the school recently amended its admissions policy, holding legacies to the same standards as non-legacies; (c) since the last test, each returning student had grown more knowledgeable; (d) a student’s score will increase with every test he / she takes.” Variational response (scored +1): choice (b) the selection analogy. Transformational responses (scored -1): choice (a) the intention analogy; choice (c) the growth analogy; choice (d) the force analogy.

問題3: とある私立高校で、SAT平均点が30点増加した。この変化について、次の説明のどれが、ダーウィンのよる種の適応の説明の類似しているだろうか?

(a) SAT得点が増えた生徒に、$100の報償を出すことにした。
(b) 高校が入学基準を変更し、卒業生に血縁者がいる場合といない場合を同一条件にした
(c) 前回のテストの後、帰ってきた生徒たちは知識を増やしていた。
(d) 試験を受けるたびに、生徒の得点は増加する。

回答:
変異(Variational)な回答(スコア+1) :
 (b): 選択のアナロジー
変容(Transformational)な回答(スコア−1):
(a): 意図のアナロジー
(c): 成長のアナロジー
(d): 力のアナロジー


No. Content -1 0 +1 Mean
3 Private school analogy 23 NA 22 -0.02
同じパターンの繰り返しになっているので、(b)が選択のアナロジーになっていることに気付きやすくなったかも。

Question 4. “A symphony orchestra received more critical acclaim this season than they did last season. Which explanation for this change is most analogous to Darwin’s explanation for the adaptation of species? (a) A musician’s speed and accuracy will increase the longer he / she plays an instrument; (b) over the course of the previous season, each player’s sense of pitch became more precise; (c) the orchestra filled many vacant seats with principal players from a recently defunct orchestra; (d) outside of rehearsals, each player practiced twice as long this year.” Variational response (scored +1): choice (c) the selection analogy. Transformational responses (scored -1): choice (a) the force analogy; choice (b) the growth analogy; choice (d) the intention analogy.

問題3: とある交響楽団が今シーズンは昨シーズンよりも、重要な称賛をうけるようになった。この変化について、次の説明のどれが、ダーウィンのよる種の適応の説明の類似しているだろうか?

(a) 演奏者のスピードと正確さにより、楽器演奏時間が長くなった。
(b) 昨シーズンよりも、メンバーの音感が正確になった。
(c) 交響楽団の空席を、最近解散したオーケストラの主要なメンバーで補充した。
(d) 今年はリハーサル以外の演奏者の練習時間を2倍にした。

回答:
変異(Variational)な回答(スコア+1) :
 (c): 選択のアナロジー
変容(Transformational)な回答(スコア−1):
(a): 力のアナロジー
(b): 成長のアナロジー
(d): 意図のアナロジー


No. Content -1 0 +1 Mean
4 Symphony orchestra analogy 22 NA 23 0.02
これは選択のアナロジーは明確な気もするが、あまり正解率はよくない。

Question 5. “A toy company conducted a longitudinal study on the speed at which children complete jigsaw puzzles and discovered that, within a year, the child participants were able to complete the puzzles twice as fast as they had been able to at the beginning of the study. Which explanation for this change is most analogous to Darwin’s explanation for the adaptation of species? (a) Each child’s brain continued to grow and develop throughout the study; (b) the children became more interested in the task and were thus more motivated to complete it; (c) the speed at which a person completes a puzzle will increase each time he/she attempts one; (d) children who disliked the task tended to drop out of the study.” Variational response (scored +1): choice (d) the selection analogy. Transformational response (scored -1): choice (a) the growth analogy; choice (b) the intention analogy; choice (c) the force analogy.

問題5: おもちゃ会社が子供がジグソーパズルを完成する速さについての長期的な調査を行ったとしよう。そして、1年以内に調査に参加した子どもたちは、研究当初よりも2倍の速さで完成するようになることを発見したとしよう。この変化について、次の説明のどれが、ダーウィンのよる種の適応の説明の類似しているだろうか?

(a) 研究機関を通じて、子供たちの脳が成長して、発達し続けた。
(b) 子どもたちはパズルの作業に関心を持つようになって、歓声しようという動機が強くなった。
(c) パズルを完成する能力は、時間とともに増大する。
(d) パズルを完成する作業が嫌いな子供たちは、研究から脱落した。

回答:
変異(Variational)な回答(スコア+1) :
 (d): 選択のアナロジー
変容(Transformational)な回答(スコア−1):
(a): 成長のアナロジー
(b): 意図のアナロジー
(c): 力のアナロジー


No. Content -1 0 +1 Mean
5 Psychology study analogy 23 NA 22 -0.02
これも容易かも。

以上は、「日常では成長・意図・力・選択などによって、"良き状態"を実現していく」のだが、「そのアナロジーで進化を見てしまうと、誤解を招く」という例。



4. Domesticationの設問



Questions 1-3. “Corn is an entirely artificial food. Over a period of thousands of years, Native Americans purposefully transformed maize through special cultivation techniques, modifying corn from a wild grass (Teosinte) which grew in Central America 7000 years ago. In contrast to modern maize, which yields hundreds of plump kernels per cob, each Teosinte plant yielded a handful of small, hard kernels. Below are six factors that may or may not have been relevant to the domestication of corn. Please rank these factors according to their estimated relevance (1.most relevant, 6.least relevant): (a) the degree of similarity among plants of the same generation; (b) the average amount of time each plant was exposed to direct sunlight; (c) the preferences of those who decided which kernels to plant; (d) The fertility of the soil in which the kernels were planted; (e) the average rainfall per year; (f) the percentage of each crop used to breed the next generation.” Question 1 consisted of the ranking of factor (b); question 2 consisted of the ranking of factor (d); question 3 consisted of the ranking of factor (e).


問題1-3: トウモロコシはまったくの人的な食物である。数千年かけて、ネイティブアメリカンが目的を持って、特別な耕作技術で、中米に生息する野生の草(ブタモロコシ)を変化させて、トウモロコシを作り出した。1本の穂軸に数百の実をつける現代のトウモロコシと比べると、ブタモロコシは数個の小さくて硬い実をつける。以下は、トウモロコシの栽培植物化に関係があったり、なかったりするかもしれない6つの要素である。関連性の順に(1. 最も関係がある ... 6. 最も関係がない)並べてほしい。

(a) 同じ世代のトウモロコシの類似性の程度
(b) 各々の植物が直射日光を浴びた平均時間
(c) どのトウモロコシの実を栽培するか決めた人々の選択
(d) トウモロコシの実が植えられた土壌の豊かさ
(e) 年間平均降水量
(f) 次世代の栽培に使う実の比率

問題1: 要素(b)の順位
問題2: 要素(d)の順位
問題3: 要素(e)の順位


Question 4. “Would it be possible to change corn back into a plant like Teosinte? Why or why not?”

問題4: トウモロコシからブタモロコシのような植物を作れるだろうか?その理由は?


Question 5. “Select the ‘odd man out’ and describe what makes that item different from the others: (a) corn selectively bred to produce purple kernels; (b) corn genetically engineered to produce purple kernels; (c) corn grown in a special soil to produce purple kernels.”

問題5: 次の3つから仲間はずれを選択して、その理由を言ってみよう。

(a) 選択的に栽培された紫の実をつけるトウモロコシ
(b) 遺伝子工学で作られた紫の実をつけるトウモロコシ
(c) 特別な土壌で紫の実をつけるトウモロコシ



続きは第5回に。


関連エントリ



posted by Kumicit at 2009/04/08 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック