2009/04/11

自然選択を理解していない米国人(7/7)

2009年03月14日に「『自然選択を信じると主張する多くの米国人は、自然選択の働きを正しく記述できない』については、またの機会に」と書いたのの続きで、Shtulman [2006]が米国人の自然選択の理解度調査に使ったネタの紹介。

6. Extinctionの回答状況



まずは昨日のExtinctionの回答状況から:
Question 1. “Compared to the number of living bacteria species, the number of extinct bacteria species is which of the following? (a) Greater; (b) smaller; (c) either greater or smaller; neither situation is more likely. Please explain your answer.” Variational responses (scored +1): choice (a) because bacteria has existed for billions of years; choice (a) because there are more ways to go extinct than to adapt. Transformational responses (scored -1): choice (b) because each extinct species gave rise to many new species; choice (b) because species usually adapt; choice (c) because evolution is random.

問題1: 現存する細菌の種類の数と比較して、絶滅した細菌の種類の数はどうだろうか?その理由は?

(a) 絶滅した細菌の種類の方が多い
(b) 絶滅した細菌の種類の方が少ない
(c) 絶滅した細菌の種類の方が多い、あるいは、少ない。どちらでもない

回答:
変異(Variational)な回答(スコア+1) :
(a) 細菌は数十億年にわたって存在しているから。
(a) 適応するより、絶滅する方が多いから。
変容(Transformational)な回答(スコア−1):
(b) ひとつの種の絶滅が多くの新種の登場を引き起こしたから。
(b) 種は通常、適応するから。
(c) 進化はランダムだから。


No. Content -1 0 +1 Mean
1 No. of extinct bacteria species 13 8 24 0.24


Question 2. “Compared to the number of bacteria species in existence today, the number of bacteria species in existence ten million years from now will be which of the following? (a) Greater; (b) smaller; (c) either greater or smaller; neither situation is more likely. Please explain your answer.” Variational responses (scored +1): choice (c) because extinction depends upon the availability of resources; choice (c) because new species will fill any ecological niches made available by extinct species. Transformational responses (scored -1): choice (a) because many new species will come into being; choice (b) because human beings will kill off most of the existing species.

問題2: 現存する細菌の種類の数と比較して、1000万年前から現在まで存在し続けている細菌の種類の数はどうだろうか?その理由は?

(a) 1000万年前から存在している細菌の種類の方が多い
(b) 1000万年前から存在している細菌の種類の方が少ない
(c) 1000万年前から存在している細菌の種類の方が多い、あるいは、少ない。どちらでもない。

回答:
変異(Variational)な回答(スコア+1) :
(c) 絶滅は資源の利用可能性に依存しているから。
(c) 新しい種は、種の絶滅によってできたニッチを埋めるから。
変容(Transformational)な回答(スコア−1):
(a) 多くの種が出現するから。
(b) 人間が既存の細菌を滅ぼすから。


No. Content -1 0 +1 Mean
2 No. of future bacteria species 19 8 18 -0.02


Questions 3-5. “Imagine scientists discover a new species of bacteria (specimen A in Fig. 3) and eight fossils similar in appearance to the newly discovered species (specimens B-H in Fig. 3). Various methods of fossil dating reveal the timeline depicted below in which a picture of each fossil is displayed next to its date of origin and a picture of the living species is displayed at the top. Assuming the living species is a direct descendant of the species represented by the oldest fossil, arrange the remaining fossils into a sensible evolutionary “family tree.” Variational response for question 3 (scored +1): specimen A is depicted as the most immediate ancestor of specimen C. Transformational response for question 3 (scored -1): specimen A is not depicted as the most immediate ancestor of specimen C. Variational response for question 4 (scored +1): specimen D is depicted as the most immediate ancestor of specimen G. Transformational response for question 4 (scored -1): specimen D is not depicted as the most immediate ancestor of specimen G. Variational response for question 5 (scored +1): specimen B is depicted as the most immediate ancestor of specimen F. Transformational response for question 5 (scored -1): specimen B is not depicted as the most immediate ancestor of specimen F.

問題3-5: 科学者が図に示す新種の細菌と外見が良く似た8種の化石を発見したとしよう。様々な方法で年代推定され、図に示されるような年代であることがわかったとしよう。現生種が最古種の直系の子孫だとしたとき、残りの化石を系統樹に配置してみよう。

問題3: 標本Cの位置
問題4: 標本Gの位置
問題5: 標本Fの位置

Fig3_s_Shtulman2006.png

回答:
変異(Variational)な回答(スコア+1) :
標本Cを標本Aの直系に
 標本Gを標本Dの直系に
 標本Hを標本Bの直系に
変容(Transformational)な回答(スコア−1):
標本Cを標本Aの直系ではない
 標本Gを標本Dの直系ではない
 標本Hを標本Bの直系ではない

Fig3_Shtulman2006a.png


Section
No. Content -1 0 +1 Mean
Extinction
3 Ancestry of specimen C 21 NA 24 0.07
4 Ancestry of specimen G 31 NA 14 -0.38
5 Ancestry of specimen F 29 NA 16 -0.29




まとめ



Shtulman [2006]の研究内容は、回答パターンのクラスタ分析をして、グループ分けして、グループごとの回答傾向を見るものである。米国人の理解度調査が主たる目的ではない。

それはそれとして、Harvard Summer School参加の高校生・大学生42名と別途依頼の生物の博士学位取得者3名の成績分布は以下の通り:Fig4_Shtulman2006.png

全体としては、蛾の色の変化(1. Variation)や人間とチンパンジー(5. Sepciation)や系統樹(6. Extinction)の成績が悪め。

-1 0 +1 Mean
1. Variation 125 5 95 -0.13
2. Inheritance 79 43 103 0.11
3. Adaptation 117 0 108 -0.04
4. Domestication 90 18 117 0.12
5. Speciation 97 48 80 -0.08
6. Extinction 113 16 96 -0.08
自然選択はシンプルな原則だが、理解はむつかしいようである。






posted by Kumicit at 2009/04/11 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック