2009/05/02

インテリジェントデザインの広まりに関心がないDiscovery Institute

あちこちで、"インテリジェントデザイン"が広まっているようだ:
  • Aveda Sets Groundbreaking Standard in Sustainability for Beauty Industry (2009/04/28)
    "As the first beauty company to achieve Cradle to Cradle endorsement, Aveda is recognized as a leader in intelligent design," said Aveda President, Dominique Conseil. "Designing and manufacturing products can be environmentally responsible when environmental goals are factored into the concept at the very beginning. At Aveda, we believe that authentic beauty cares for the environment which we inherited from elders, and will leave to generations that follow."
    なにやらエコな話らしい...

  • About Real Intent's Intelligent Design Verification Software (2009/04/28)
    Real Intent's software products : include Ascent(TM), automatic verification software; Conquest, static, formal Assertion-Based Verification (ABV) software; Meridian CDC(TM) and Meridian FPGA(TM) for Clock Domain Crossing (CDC) verification; and PureTime(TM), the most accurate verifier for Synopsys Design Constraint (SDC) timing exceptions, such as false and multi-cycle paths.
    こっちはソフトウェア開発用商品。

  • Rod Lotter: "Intelligent design: Art or Ad?" (2009/04/23)
    Floor plans of the Western Gallery were sent to Vanderbyl, who then chose how and where to place his prints. A member of Vanderbyl’s team came to Western’s art gallery and set up the exhibit.

    "Western Gallery"のフロアプランがVanderbylに送られ、彼は配置および展示方法を選択した。Vanderbylのチームのメンバーは"Western Gallery"に来て、展示品を設置した。
    Vanderbyl01_online.jpg


  • Emma Mohney: "Intelligent Design(s): A Night of Fashionable Sin" (2009/04/24)
    Last Thursday night, student designers and models dared their audience to “rethink all definitions of sin and fashion” during “A Night of Fashionable Sin,” the annual Wesleyan fashion show.
    先週木曜夜、学生なデザイナーとモデルたちが観客たちの前に年次Wesleyan fashion showである"A Night of Fashionable Sin"で、sinとfashionの定義の再考を求めて登場した。
    IntelligentDesign.bmp



そういえば、2年前にこんなのを取り上げた:

Adoption SF Campaign


インテリジェントデザイン

私たちは、家族を始める前に、すべてのオプションを考えました。
私たちは、ひとりで育っていた子供たちのことを考えました。
私たちは、いっしょに、ちょっと違った家族になれるとわかっていました。
あなたが家族を計画するとき、子供たちを養子にすることを考えてください
他にもこんなのもある。

でも、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery Instituteは、このようなインテリジェントデザインの広まりにまったく関心を持っていない。

わずかに、Cesium 137: "Intelligent Designを、Dr.William Dembskiと仲間たちのブログUncommon Descentscordovaが取り上げたのみ:
Intelligent Design by Cesium-137
(thanks to Joe Manzari for alerting me to this development.)

[scordova: "Intelligent Design becoming part of pop culture" (2006/05/03) on Uncommon Descent]
コメントは盛り上がらず、以後、インテリジェントデザインの広まりをエントリにした例は見られない。


タグ:DI id理論
posted by Kumicit at 2009/05/02 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック